霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二七章 沙漠(さばく)〔三七七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 篇:第4篇 巴留の国 よみ(新仮名遣い):はるのくに
章:第27章 沙漠 よみ(新仮名遣い):さばく 通し章番号:377
口述日:1922(大正11)年02月09日(旧01月13日) 口述場所: 筆録者:森良仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
空には一点の雲もない青空の下、四人の宣伝使(淤縢山津見、蚊々虎、駒山彦、高彦)は数十頭の駱駝に荷物を積んで、闇山津見夫婦に別れを告げ、大沙漠を横断して巴留の都に進もうとしていた。
そのとき五月姫は見送りの歌を歌ったが、そこには、神の教えを伝えるために一緒に宣伝の旅に出たいという思いが込められていた。
闇山津見は娘の心を察して、五月姫に駱駝を引き出して与え、宣伝使たちとともに宣伝の旅に行くことを許した。
蚊々虎が出任せの宣伝歌を歌うと、沙漠に吹いていた風はぴたりと止んだ。一行は雑談にふけり、あるいは宣伝歌を歌いながら沙漠を横断し、巴留の都に到着した。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2020-06-07 14:58:21 OBC :rm0827
愛善世界社版:184頁 八幡書店版:第2輯 216頁 修補版: 校定版:186頁 普及版:82頁 初版: ページ備考:
001 蒼空一天(さうくういつてん)雲翳(うんえい)()く、002天津(あまつ)()中天(ちうてん)(かがや)(たま)真昼時(まひるどき)
003 (ここ)四人(よにん)宣伝使(せんでんし)は、004数十頭(すうじつとう)駱駝(らくだ)数多(あまた)食物(しよくもつ)()み、005駱駝(らくだ)()にヒラリと(またが)つて闇山津見(くらやまづみ)夫婦(ふうふ)名残(なごり)()しみ、006大沙漠(だいさばく)横断(わうだん)して、007巴留(はる)(みやこ)(すす)まむとする(とき)008五月姫(さつきひめ)名残(なごり)()しげに門口(かどぐち)(おく)()で、
009五月姫堅磐常磐(かきはときは)(かは)()
010()久方(ひさかた)大空(おほぞら)
011(あま)河原(かはら)(さを)さして
012エデンの(かは)天降(あも)りまし
013(めぐみ)(ふか)顕恩(けんおん)
014(さと)(しづ)まる南天王(なんてんわう)
015()出神(でのかみ)(あら)はれて
016四方(よも)国々(くにぐに)(くま)もなく
017(かみ)御教(みのり)(かがや)かし
018千尋(ちひろ)(うみ)(そこ)(みや)
019(たつ)(みやこ)()でまして
020憂瀬(うきせ)(なや)神人(かみびと)
021(すく)(たま)ひし生神(いきがみ)
022(をしへ)御子(みこ)宣伝使(せんでんし)
023淤縢山津見司様(おどやまづみのつかささま)
024その(ほか)三人(みたり)宣伝使(せんでんし)
025名残(なごり)()しき(なつ)(そら)
026五月(さつき)(やみ)()(くも)
027(こころ)(かな)しき五月姫(さつきひめ)
028()()(おも)ひの杜鵑(ほととぎす)
029(おも)ひは(おな)()(すく)
030(かみ)身魂(みたま)()()ぎし
031(わらは)(をんな)()なれども
032(かみ)御言(みこと)()(つた)
033(きよ)(つかさ)()らざらめ
034常世(とこよ)(やみ)()らさむと
035(おも)(こころ)仇曇(あだぐも)
036()らさせ(たま)淤縢山津見(おどやまづみ)
037(のり)(つかさ)宣伝使(せんでんし)
038(なれ)(みやこ)()(あと)
039(のこ)りて(なに)(たのし)まむ
040明日(あす)をも()れぬ(ひと)()
041(むな)しき月日(つきひ)(おく)るべき
042荒野(あらの)(つゆ)()ゆるとも
043沙漠(さばく)(ちり)(うづ)むとも
044世人(よびと)(おも)村肝(むらきも)
045(こころ)(くも)五月闇(さつきやみ)
046()()らさせよ宣伝使(せんでんし)
047(こゑ)しとやかに(うた)ひて、048名残(なごり)(をし)む。049闇山津見(くらやまづみ)はこの(うた)()いて五月姫(さつきひめ)心中(しんちう)(さつ)し、050(あらた)駱駝(らくだ)曳出(ひきだ)(きた)り、051五月姫(さつきひめ)(あた)へ、052淤縢山津見(おどやまづみ)一行(いつかう)(とも)に、053宣伝使(せんでんし)として天下(てんか)教化(けうくわ)することを(ゆる)したり。054五月姫(さつきひめ)(てん)へも(のぼ)心地(ここち)し、055(ここ)男女(なんによ)五人(ごにん)宣伝使(せんでんし)(くつわ)(なら)べて、056さしもに(ひろ)巴留(はる)大沙漠(だいさばく)横断(わうだん)することと()りにけり。
057 (ここ)五人(ごにん)宣伝使(せんでんし)は、058闇山津見(くらやまづみ)をはじめ数多(あまた)国人(くにびと)に『ウロー ウロー』の(こゑ)(おく)られ、059意気(いき)揚々(やうやう)として、060闇山津見(くらやまづみ)(やかた)(あと)に、061宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)(すす)()く。062いよいよ大沙漠(だいさばく)差懸(さしかか)りたれば、063前方(ぜんぱう)よりは(はげ)しき(かぜ)()(すさ)砂煙(すなけぶり)()て、064(おもて)()くべきやうも()かりけり。
065 蚊々虎(かがとら)大音声(だいおんじやう)()()げて、
066蚊々虎(かぜ)()()旋風(まひかぜ)()けよ
067(すな)()()(てん)まで()てよ
068(あめ)()()れイクラデモ()れよ
069たとへ沙漠(さばく)(うみ)()
070(てん)(くだ)りて(つち)()
071(つち)(のぼ)りて(てん)()
072如何(いか)なる大難(だいなん)(きた)るとも
073(かみ)(もら)うた蚊々虎(かがとら)
074この言霊(ことたま)()()らし
075()いで(はら)うて巴留(はる)(くに)
076(なび)()せなむ(かみ)(とく)
077蚊々虎(かがとら)さまの神力(しんりき)
078(いづ)れの(かみ)諸人(もろびと)
079(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
080青菜(あをな)(しほ)のその(ごと)
081(ちぢ)んで(しほ)れてペコペコと
082(あやま)()るは()(あた)
083(かぜ)()()(なん)ぼなと()けよ
084(すな)()()(なん)ぼなと()てよ
085ソンナ(こと)には(こた)へぬ(かみ)
086(こた)へぬ(はず)だよ(まこと)(かみ)
087(をしへ)(つた)へる宣伝使(せんでんし)
088淤縢山津見(おどやまづみ)司様(つかささま)
089(いさ)(こころ)駒山彦(こまやまひこ)
090天狗(てんぐ)(はな)高彦(たかひこ)
091天女(てんによ)(まが)五月姫(さつきひめ)
092ちつとも(おそ)れぬ金剛力(こんがうりき)
093蚊々虎(かがとら)さまがござるぞよ
094(すす)めや(すす)めいざ(すす)め』
095(くち)から出任(でまか)せに、096大法螺(おほぼら)()きながら駱駝(らくだ)()(またが)り、097(いきほひ)よく(かぜ)(をか)して(すす)んで()く。098(やうや)くにして(かぜ)はピタリと()んだ。099(なつ)太陽(たいやう)(また)もや煌々(くわうくわう)(かがや)(はじ)めたり。
100駒山彦(こまやまひこ)『オイオイ蚊々虎(かがとら)宣伝使(せんでんし)101豪勢(がうせい)なものだな。102(まへ)のその大法螺(おほぼら)には、103(かぜ)(かみ)だつて(なん)だつて萎縮(ゐしゆく)して(しま)ふわ。104よくも()いたものだなー』
105蚊々虎(かがとら)(むか)ふが()きよるから()いたのだ。106滅多矢鱈(めつたやたら)()いて、107(おい)らを砂煙(すなけぶり)(まき)よつたから、108(おれ)(また)(ひと)(かぜ)(かみ)(むか)つて、109大法螺(おほぼら)()いて()いて、110(かぜ)(かみ)もお前達(まへたち)一緒(いつしよ)(けぶり)()いたのだよ』
111高彦(たかひこ)『ハヽヽヽ相変(あひかは)らず、112空威張(からいばり)上手(じやうづ)(をとこ)だネー』
113蚊々虎矢釜敷(やかまし)()ふない、114(さき)()(もら)はうかい。115(さき)になつて(おどろ)くな、116()んな(はたら)きをなさるか()つて()るかい』
117高彦『オホン刹那心(せつなしん)だ。118(さき)(こと)()つたつて(わか)るものか。119(いま)(うち)(せい)()して法螺(ほら)でも()いて()くが()からう。120万緑(ばんりよく)叢中(そうちゆう)紅一点(こういつてん)五月姫(さつきひめ)女宣伝使(をんなせんでんし)()ると(おも)つて、121(にはか)元気(げんき)づきよつて、122(こゑ)自慢(じまん)法螺歌(ほらうた)(うた)つたつて、123(かぜ)(かみ)なら往生(わうじやう)するならむも、124五月姫(さつきひめ)さまはソンナ(こと)では一寸(ちよつと)()でぬぞ』
125蚊々虎馬鹿(ばか)()ふな。126オイオイ、127際限(さいげん)()いこの沙漠(さばく)だ。128一体(いつたい)何日(なんにち)(ほど)(はし)つたら、129巴留(はる)(みやこ)()くか()つて()るかい』
130高彦『ソンナ(こと)()らぬワイ。131(まへ)神懸(かむがかり)さまぢやないか、132宇宙(うちう)一切(いつさい)(こと)判明(わか)るなら、133その(くらゐ)(こと)(かがみ)()けた(ごと)()れさうなものでないか』
134 一行(いつかう)(たがひ)駱駝(らくだ)(またが)り、135(あるひ)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひ、136雑談(ざつだん)(ふけ)りながら、137(やうや)くにして巴留(はる)(みやこ)()きにける。
138大正一一・二・九 旧一・一三 森良仁録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト

霊界物語ネットに掲載するテキストの作成や校正を手伝っていただける方を募集しています!
まだまだ王仁三郎文献はたくさんありますので、手伝っていただけると嬉しいです。
メールでご連絡ください。oni_do@ybb.ne.jp
オニド関連サイト最新更新情報
12/17霊界物語音読第11~13巻をユーチューブにアップしました。再生リストはまとめサイトにまとめてあります。
9/8飯塚弘明.comブログ更新。「三鏡解説」を011まで載せました。目次はこちら
9/1飯塚弘明.com「霊界物語スーパーメールマガジン」に昨年から連載している三鏡の解説を、加筆訂正してブログに順次掲載して行きます。「三鏡解説 目次
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→