霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三六章 豊日別(とよひわけ)〔三三六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 篇:第7篇 日出神 よみ(新仮名遣い):ひのでのかみ
章:第36章 豊日別 よみ(新仮名遣い):とよひわけ 通し章番号:336
口述日:1922(大正11)年02月01日(旧01月05日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年5月31日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です(一部加筆訂正してあります)。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
日の出神と八島別は、虎転別の改心を喜んだ。虎転別は日の出神に許しを乞い、受け入れられると、館を取り巻く群衆のところへ走って行き、悪を放して善に返れ、と呼ばわった。
群集は拍子抜けしておのおの家路に帰って行った。八島別は純世姫の神霊を祀り、肥の国の守護神・建日向別となった。虎転別は後に豊の国の守護職・豊日別になる。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2020-05-06 19:18:46 OBC :rm0736
愛善世界社版:219頁 八幡書店版:第2輯 112頁 修補版: 校定版:226頁 普及版:93頁 初版: ページ備考:
001 ()出神(でのかみ)002八島別(やしまわけの)宣使(かみ)は、003虎転別(とらてんわけ)(こころ)よりの改心(かいしん)(よろこ)び、004神前(しんぜん)御饌(みけ)御酒(みき)種々(くさぐさ)(もの)(そな)(たら)はし、005祝詞(のりと)奏上(そうじやう)(たがひ)(こころ)打明(うちあ)けて兄弟(きやうだい)(ごと)(むつ)()ひける。006虎転別(とらてんわけ)は、007()出神(でのかみ)(むか)ひ、
008虎転別『お(かげ)(もつ)()()憑依(ひようい)せる八岐(やまた)大蛇(をろち)悪霊(あくれい)は、009貴下(きか)神力(しんりき)()つて(のこ)らず脱出(だつしゆつ)しました。010(いま)となつては(なん)となく精神(せいしん)清々(すがすが)しく()(かる)心地(ここち)(いた)します。011(いま)まで(わたくし)悪神(あくがみ)(とりこ)となり、012数多(あまた)国人(くにびと)(そその)かし、013(おそ)(おほ)くも(かみ)(をしへ)()(つた)宣伝使(せんでんし)()(なや)めむとしたる重々(ぢうぢう)(ふか)我身(わがみ)(つみ)014何卒(なにとぞ)見直(みなほ)()(なほ)して(くだ)さいませ』
015(なみだ)(とも)詫入(わびい)るにぞ、016()出神(でのかみ)(あは)れを(もよ)ほして、
017日の出神人間(にんげん)(すべ)(かみ)(さま)分霊(ぶんれい)であります。018(うま)れつき悪人(あくにん)一人(ひとり)()い。019(ただ)(こころ)(ゆる)みより種々(いろいろ)悪魔(あくま)左右(さいう)されて、020悪行(あくぎやう)()すのであつて、021(けつ)して肉体(にくたい)所作(しよさ)ではない。022肉体(にくたい)(みな)その悪神(あくがみ)使(つか)はれるのであるから、023そこで(かみ)(さま)直日(なほひ)見直(みなほ)し、024()(なほ)し、025()(なほ)(たま)ふのである。026(また)その悪魔(あくま)(いへど)も、027(こころ)(あらた)むればきつと()(ゆる)しになるのである。028()して(かみ)分霊(わけみたま)たる人間(にんげん)貴方(あなた)029(かなら)()心配(しんぱい)あるな』
030(ねんごろ)教理(けうり)()(さと)せば、031虎転別(とらてんわけ)()(よろこ)()(さと)り、
032虎転別『あゝ(かたじけ)なき()言葉(ことば)033(わたくし)()うしては()られませぬ。034数多(あまた)群衆(ぐんしう)(むか)つて、035(いま)までの曲事(まがごと)()(なほ)さねばなりませぬ。036()(まを)(あひだ)(こころ)(いそ)ぐ。037暫時(しばし)()(ゆる)(くだ)されよ』
038()ひながら、039韋駄天(ゐだてん)(ばし)りに(もん)()()で、040十重(とへ)二十重(はたへ)(むら)がる群衆(ぐんしう)(むか)つて、041(こゑ)張上(はりあ)げ、
042虎転別(かみ)(おもて)(あら)はれて
043(ぜん)(あく)とを立別(たてわけ)
044この()(つく)りし神直日(かむなほひ)
045(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
046ただ何事(なにごと)(ひと)()
047直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
048()(あやま)ちは()(なほ)
049虎転別(とらてんわけ)曲事(まがごと)
050(いま)()(なほ)神直日(かむなほひ)
051(いま)()(なほ)大直日(おほなほひ)
052これに(むら)がる人々(ひとびと)
053われに(なら)つて()(なほ)
054()しき(こころ)立替(たてか)へよ
055()らき言葉(ことば)立直(たてなほ)
056(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)
057(うた)へば、058群衆(ぐんしう)口々(くちぐち)(やぶ)から(ぼう)虎転別(とらてんわけ)言霊(ことたま)に、059アフンとして(くち)(ひら)き、
060一同『ヤヽヤイ(なん)だい。061一体(いつたい)薩張(さつぱり)こンだ。062テンツクテンだ、063テンテラテンだ、064テンプクだ、065天狗(てんぐ)だ、066天界(てんかい)だ、067回天(くわいてん)だ。068てン(わけ)(わか)らぬぢやないか』
069虎転別(とらてんわけ)は、070なほも言葉(ことば)()いで、
071虎転別(あく)(なか)にも(ぜん)がある
072(ぜん)(おも)ふても(あく)がある
073(おれ)(いま)まで(あく)だつた
074八島別(やしまわけの)宣使(かみ)さまや
075()出神(でのかみ)御教(みをしへ)
076(あく)(かへ)つて(ぜん)となり
077(いま)(こころ)清々(すがすが)
078(ぜん)(かへ)れよ(みな)(もの)
079(あく)(ほか)せよ(みな)(もの)
080大音声(だいおんじやう)()ばはりければ、081(いま)まで(たけ)()つて(この)(やかた)()(かこ)んでゐた群衆(ぐんしう)は、082この言葉(ことば)拍子(へうし)()けがし口々(くちぐち)(つぶや)きながら、083各々(おのおの)家路(いへぢ)(かへ)()く。084ここに八島別(やしまわけ)は、085純世姫(すみよひめの)(みこと)神霊(しんれい)(まつ)り、086()(くに)守護神(しゆごじん)となり、087建日向別(たけひむかわけ)御校正本・愛世版では「建日別」になっているが、校定版・八幡版では「建日向別」に直されている。ストーリー上は「建日向別」が正しい。第35巻第8章では、八島別は火の国に降り「建日向別」になったと記されている。「建日別」は熊襲の国の守護職である(第7巻第25章、第28章を参照)。となり、088また虎転別(とらてんわけ)(こころ)(あらた)めて、089(とよ)(くに)守護職(しゆごしよく)となり、090豊日別(とよひわけ)となりにける。
091大正一一・二・一 旧一・五 外山豊二録)
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
オニド関連サイト最新更新情報
8/6王仁DB王仁DBの「書誌リスト」は廃止しました。オニペディアの「書籍」カテゴリをご利用下さい。
8/2霊界物語音読第28~32巻の朗読をユーチューブにアップしました。
7/20飯塚弘明.com二年前にメルマガに連載した「世界大家族制とベーシックインカム」を加筆訂正してブログに掲載しました。
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→