霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

凡例

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:前付 よみ:
章:凡例 よみ:はんれい 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年01月29日(旧01月02日) 口述場所:竜宮館 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
本巻の前半は、亀岡の瑞祥閣で口述された。後半は綾部の竜宮館である。
谷口正治氏が第二巻完了とともに、出口教祖伝編集のために、筆録者から抜けている。
盤古大神は、支那の人民が天王聖母として尊崇する盤古大神のことである。盤古大神は体主霊従(われよし)、国常立命は霊主体従(ひのもと)である。本書では国常立尊は、「国治立命」と申し上げている。
大自在天は力主体霊(つよいものがち)である。バラモン教徒が言う世界の造物主である。仏教で大自在天と命名された神である。
常世の国は、海外の絶域を指している。日本から見ればアメリカが常世であり、アメリカから見れば日本が常世である。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm030002
愛善世界社版:前付 15頁 八幡書店版:第1輯 修補版: 校定版:301頁 普及版:前付 6頁 初版: ページ備考:校定版では『あとがき』になっている。
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第一巻 皇道編 > 第七篇 高天原 > 第五章 正神と邪神
001一、002本巻(ほんくわん)はその前半(ぜんはん)亀岡(かめをか)瑞翔閣(ずゐしやうかく)において口述(こうじゆつ)筆録(ひつろく)せしめられ、003後半(こうはん)綾部(あやべ)竜宮館(りゆうぐうやかた)において完成(くわんせい)されたものであります。004恒定(かうてい)筆録者(ひつろくしや)(うち)005谷口(たにぐち)正治(まさはる)()第二巻(だいにくわん)完了(かんれう)とともに、006出口(でぐち)教祖(けうそ)詳伝(しやうでん)編集(へんしふ)(にん)にあたることとなり、007霊界(れいかい)物語(ものがたり)関係(くわんけい)せざるにいたりましたことを、008筆録者(ひつろくしや)一同(いちどう)遺憾(ゐかん)(おも)ひますとともに、009前巻(ぜんくわん)まで筆録(ひつろく)されし(らう)多謝(たしや)する次第(しだい)であります。
010一、011第一巻(だいいつくわん)国治立命(くにはるたちのみこと)012盤古大神(ばんこだいじん)013大自在天(だいじざいてん)各派(かくは)が、014()(どもえ)となつて悪戦苦闘(あくせんくとう)をつづけ、015神界(しんかい)混乱(こんらん)せしめたる記録(きろく)()み、016盤古大神(ばんこだいじん)および大自在天(だいじざいてん)につきその真相(しんさう)()らむとする人々(ひとびと)のために、017ちよつと説明(せつめい)(くは)へておきたいと(おも)ひます。
018 盤古大神(ばんこだいじん)とか、019盤古神王(ばんこしんわう)とか、020また盤古真王(ばんこしんわう)といふのは、021平田(ひらた)篤胤(あつたね)(をう)赤県太古伝成文(もろこしたいこでんせいぶん)といふ著書(ちよしよ)の、022盤古真王記(ばんこしんわうき)に、
023古昔(こせき)天地(てんち)(いま)(わか)れず、024渾沌(こんとん)として鶏子(けいし)(ごと)し。025盤古(ばんこ)()()(なか)(しやう)ず。026九万八千歳(きうまんはつせんざい)にして天地(てんち)開闢(かいびやく)せり。027清軽(せいけい)のものは(あが)つて(てん)となり、028濁重(だくぢう)のものは(くだ)つて()となる。029盤古(ばんこ)()(なか)()り。030一日(いちにち)九変(きうへん)して、031(てん)(おい)ては(かみ)に、032()(おい)ては(せい)なり。033(てん)()(たか)きこと一丈(いちぢやう)034()()(あつ)きこと一丈(いちぢやう)035盤古(ばんこ)()(ちやう)ずること一丈(いちぢやう)036(かく)(ごと)きこと九万八千歳(きうまんはつせんざい)037(てん)(きは)めて(たか)く、038()(きは)めて(ふか)く、039盤古(ばんこ)(きは)めて(ちやう)ぜり。040(すう)(いち)(おこ)りて(さん)()ち、041()(おい)()り、042(なな)(おい)(さか)りに、043()(おい)(しよ)す。
044 盤古(ばんこ)()夫妻(ふさい)陰陽(いんやう)(はじ)めなり。045大荒(たいくわう)(しやう)じて()(はじ)めを()ること()し。046(けだ)陶鎔(たうよう)造化(ざうくわ)(しゆ)にして、047天地(てんち)万物(ばんぶつ)()なり。048(すなは)元始(げんし)天王(てんわう)049大元(だいげん)聖母(せいぼ)()れなり。050盤古(ばんこ)()(のち)三皇(さんくわう)あり、051これ天地人(てんちじん)(はじ)めなり』
052とあるごとく、053支那(しな)」の人民(じんみん)天王(てんわう)聖母(せいぼ)として尊崇(そんすう)するところのものが盤古大神(ばんこだいじん)であります。
054 さうして盤古大神(ばんこだいじん)体主霊従(たいしゆれいじゆう)(われよし)で、055国常立尊(くにとこたちのみこと)霊主体従(れいしゆたいじゆう)(ひのもと)であります。056しかし本書(ほんしよ)には神名(しんめい)国治立命(くにはるたちのみこと)(まを)()げてあります。
057 つぎに大自在天(だいじざいてん)は、058力主体霊(りよくしゆたいれい)(つよいものがち)であつて、059仏典(ぶつてん)によりますと波羅門教徒(ばらもんけうと)は、060この(かみ)世界(せかい)万物(ばんぶつ)造物主(ざうぶつしゆ)であり、061また世界(せかい)本体(ほんたい)であり、062この(かみ)支配(しはい)のままに吾人(ごじん)苦楽(くらく)果報(くわはう)()(あて)らるるのであるといつて、063あらむ(かぎ)りの崇拝(すうはい)(まと)としてをるのであります。064ところが仏教(ぶつけう)(おこ)つてから(のち)といふものは、065大自在天神(だいじざいてんじん)命名(めいめい)されて、066やうやく第六天(だいろくてん)統治者(とうぢしや)として、067きはめて平凡(へいぼん)取扱(とりあつか)ひを()くるものとなつたのです。
068一、069(つぎ)常世(とこよ)(くに)について一言(いちごん)しておきます。070稽古要略(けいこえうりやく)」といふ書物(しよもつ)に、
071少彦名神(すくなひこなのかみ)072粟茎(あはくき)方船(はこふね)のこと)に()りて、073常世(とこよ)(くに)(わた)りき。074(あん)ずるに常世(とこよ)(くに)とは本神仙(もとしんせん)幽境(いうきやう)をいふ。075()つて(もつ)海外(かいぐわい)絶域(ぜつゐき)076(ひと)(いた)(やす)からざる()(しよう)す』
077とありますから、078日本(にほん)からいへば海外(かいぐわい)絶域(ぜつゐき)たる亜米利加(アメリカ)常世(とこよ)(くに)となりますが、079亜米利加(アメリカ)からいへば日本(にほん)常世(とこよ)(くに)となるわけです。080ゆゑに霊界(れいかい)物語(ものがたり)古文書(こぶんしよ)比較(ひかく)研究(けんきう)して()ることが肝要(かんえう)だと(おも)ひます。
081  大正十一年一月廿九日
082竜宮館に於て 識す
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。