霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三三章 巴形(ともゑがた)斑紋(はんもん)〔一三三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第9篇 隠神の活動 よみ:いんしんのかつどう
章:第33章 巴形の斑紋 よみ:ともえがたのはんもん 通し章番号:133
口述日:1921(大正10)年12月06日(旧11月08日) 口述場所: 筆録者:栗原七蔵 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0333
愛善世界社版:197頁 八幡書店版:第1輯 330頁 修補版: 校定版:201頁 普及版:88頁 初版: ページ備考:
001 大道別(おほみちわけ)は、002常世(とこよ)(くに)邪神(じやしん)変化(へんげ)たる春日姫(かすがひめ)(ほろ)ぼし、003偉勲(ゐくん)()てたる(さい)004邪神(じやしん)血液(けつえき)一滴(いつてき)口中(こうちう)()()り、005ために全身(ぜんしん)血液(けつえき)けがれて聾唖(ろうあ)となり痴呆(ちはう)となり、006かつ発狂者(はつきやうしや)となりてモスコーを立出(たちい)で、007地上(ちじやう)各山各川(かくざんかくせん)漂浪(へうらう)し、008長年月(ちやうねんげつ)()て、009南高山(なんかうざん)(ふか)谷間(たにま)(まよ)()りける。
010 この(とき)いづこともなく、011巨大(きよだい)なる(うめ)(ごゑ)(おこ)りしよと(おも)瞬間(しゆんかん)012幾万(いくまん)ともかぎりなき猛虎(まうこ)(あら)はれきたり、013大道別(おほみちわけ)前後(ぜんご)左右(さいう)より()みつききたる。014聾者(ろうしや)となりし大道別(おほみちわけ)もこの(うな)(ごゑ)は、015()きとほるごとく(みみ)()りければ、016心得(こころえ)たりと大道別(おほみちわけ)()みつきたる猛虎(まうこ)首筋(くびすぢ)(ひき)つかみ谷間(たにま)岩角(いはかど)()ちつけ、017これを(ほろ)ぼすこと(かぞ)ふるにいとまなきほどなりき。018猛虎(まうこ)(むれ)はますます(いか)(たけ)(くる)ひ、019(いのち)かぎりに()びついてくるを、020大道別(おほみちわけ)縦横無尽(じゆうわうむじん)(たたか)ひけるが、021つひに心身(しんしん)ともに(おほ)いに疲労(ひらう)(かん)じ、022千仭(せんじん)谷間(たにま)真逆様(まつさかさま)転倒(てんたう)し、023頭部(とうぶ)大負傷(だいふしやう)をなし、024多量(たりやう)出血(しゆつけつ)して、025谷間(たにま)失心(しつしん)のまま(よこ)たはりける。
026 数万(すうまん)猛虎(まうこ)はそれと同時(どうじ)()()すごとく姿(すがた)(かく)し、027あとには南高山(なんかうざん)松風(まつかぜ)と、028谷川(たにがは)激流(げきりう)(おと)ばかりなりける。
029 南高山(なんかうざん)(やま)つづきなる此方(こなた)高山(かうざん)(おく)に、030荒河(あらかは)(みや)といふ社殿(しやでん)()ちをり、031その神名(しんめい)荒河明神(あらかはみやうじん)ととなへ、032年々(ねんねん)地方(ちはう)神人(かみがみ)をして犠牲(いけにえ)(きよう)せしむるを、033慣例(くわんれい)となしをりける。034毎年(まいねん)(ふゆ)のはじめに、035南高山(なんかうざん)一帯(いつたい)神人(かみがみ)犠牲(いけにへ)をささげて盛大(せいだい)なる祭典(さいてん)執行(しつかう)することとなれり。036万一(まんいち)037一回(いつくわい)にてもこの祭典(さいてん)(おこた)りしときは、038南高山(なんかうざん)一帯(いつたい)暴風(ばうふう)()きおこり猛雨(まうう)()りそそぎ、039たちまち大洪水(だいこうずゐ)をおこして、040神人(しんじん)樹草(じゆさう)その()生物(せいぶつ)(くる)しむる暴悪(ばうあく)無比(むひ)(かみ)なりける。
041 南高山(なんかうざん)守神(しゆしん)大島別(おほしまわけ)は、042一切(いつさい)危難(きなん)(まぬが)れしめむがために、043毎年(まいねん)犠牲(いけにへ)祭祀(さいし)(おこた)らず執行(しつかう)されゐたりける。044大島別(おほしまわけ)()八島彦(やしまひこ)045八島姫(やしまひめ)といふ二人(ふたり)子女(しぢよ)ありき。046八島姫(やしまひめ)(ひたひ)に、047たちまち巴形(ともゑがた)(くろ)斑点(はんてん)(あら)はれたるが、048上下(じやうげ)貴賤(きせん)区別(くべつ)なく、049この斑点(はんてん)(あら)はれたる(もの)は、050その(とし)祭典(さいてん)犠牲者(ぎせいしや)たるべき運命(うんめい)(さだ)まりしものとせられゐたり。
051 大島別(おほしまわけ)052大島姫(おほしまひめ)をはじめ数多(あまた)神司(かみがみ)は、053八島姫(やしまひめ)(ひたひ)斑点(はんてん)()て、054悲歎(ひたん)やるかたなく、055部下(ぶか)神司(かみがみ)をあつめ種々(しゆじゆ)協議(けふぎ)結果(けつくわ)056その身代(みがは)りを()てむと、057地方(ちはう)一般(いつぱん)神司(かみがみ)()して、058()巴形(ともゑがた)斑紋(はんもん)ある(をんな)はなきやと、059昼夜(ちうや)間断(かんだん)なく山野河川(さんやかせん)捜索(さうさく)しつつありき。
060 (とき)しも、061南高山(なんかうざん)谷川(たにがは)(わた)るとき、062平素(へいそ)(きよ)けき川水(かはみづ)は、063血液(けつえき)(いろ)()びゐるを(みと)めたる玉純彦(たますみひこ)064高山彦(たかやまひこ)は、065(なが)れの(かは)りたるを(いぶ)かり、066あまたの神司(かみがみ)とともに渓流(ながれ)をつたひ、067(いは)()068()()()みさくみ(のぼ)りゆく。069谷川(たにがは)(そこ)にあたりて、070(なん)とも()れぬ(うめ)(ごゑ)(きこ)えきたるにぞ、071諸神司(しよしん)は、072巌壁(がんぺき)をつたひ、073(から)うじて谷底(たにぞこ)(くだ)りみれば、074仁王(にわう)のごとき容貌(ようばう)骨格(こつかく)のたくましき一人(ひとり)男子(だんし)岩角(いはかど)(あたま)をうち出血(しゆつけつ)して、075ほとんど(むし)(いき)となり(うめ)きゐたりける。
076 玉純彦(たますみひこ)(ただ)ちに谷水(たにみづ)(すく)(きた)りて(くち)()ませ、077かつ伊吹(いぶ)きの狭霧(さぎり)()きかけなど種々(いろいろ)介抱(かいはう)()をつくしたる結果(けつくわ)さいはひに蘇生(そせい)し、078()をギロギロとみはり、079ものをもいはず茫然(ばうぜん)として神司(かみがみ)らの(かほ)(なが)めゐたり。
080 高山彦(たかやまひこ)は、081この(をとこ)(ひたひ)巴形(ともゑがた)斑紋(はんもん)歴然(れきぜん)として(あら)はれをることを目撃(もくげき)し、082欣喜雀躍(きんきじやくやく)しながら、083玉純彦(たますみひこ)(みみ)(くち)をよせ、084何事(なにごと)をか私語(ささや)きける。085あまたの従者(じゆうしや)(かほ)にも(なん)となく(はれ)やかなる気分(きぶん)のただよひ()えゐたるなり。
086 大道別(おほみちわけ)神司(かみがみ)らに(さそ)はれ、087南高山(なんかうざん)城塞(じやうさい)()れゆかれ、088その()鄭重(ていちやう)なる饗応(きやうおう)()け、089かつ再生(さいせい)(おん)(しや)したりしが、090この(とき)すでに大道別(おほみちわけ)精神(せいしん)状態(じやうたい)は、091出血(しゆつけつ)のため(あらた)まり、092(みみ)漸次(ぜんじ)(きこ)えだし、093(くち)はものをいふことを()094視力(しりよく)はますます正確(せいかく)になりゐたりける。
095 大道別(おほみちわけ)は、096モスコーを(いで)しより、097無我無中(むがむちう)幾千里(いくせんり)跋渉(ばつせふ)しつつありしが、098(いま)この南高山(なんかうざん)において病気(びやうき)恢復(くわいふく)したれば、099(いま)()()は、100その()のいづれの()にあるやも(わか)らざりしなり。
101 大道別(おほみちわけ)玉純彦(たますみひこ)にむかひ、
102『ここの地名(ちめい)(なん)といふや、103(われ)(なが)らく病気(びやうき)のため夢中(むちう)旅行(りよかう)をなし、104突然(とつぜん)精神(せいしん)状態(じやうたい)正気(しやうき)にかへりたる(さい)なれば、105はじめて(うま)(いで)たるごとく、106何事(なにごと)分明(ぶんめい)せず』
107()ふにぞ、108玉純彦(たますみひこ)は、
109『ここは南高山(なんかうざん)城塞(じやうさい)なり』
110(こた)へけるにぞ、111大道別(おほみちわけ)はその長途(ちやうと)旅行(りよかう)に、112みづから(おどろ)きゐたりける。
113大正一〇・一二・六 旧一一・八 栗原七蔵録)
114(第三二章~第三三章 昭和一〇・一・一七 於延岡市 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。