霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 不審(ふしん)使神(ししん)〔一〇五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第3篇 ロツキー山 よみ:ろっきーざん
章:第5章 不審の使神 よみ:ふしんのししん 通し章番号:105
口述日:1921(大正10)年11月14日(旧10月15日) 口述場所: 筆録者:栗原七蔵 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ロッキー山は八王神・貴治彦のもと、八頭神・靖国別、靖国姫のもとに治まっていた。
ある夜、靖国姫の居間に地の高天原の密使と称し小島彦と名乗る神がやってきた。そして、地の高天原では悪神によって天使長・大八洲彦命が昇天し、国直姫命が窮地に陥った、と報告を伝えた。
貴治彦、靖国別はこの密使をいぶかったが、たちまち城下に十曜の神旗を押し立てた軍勢が到着すると、密使が城内にやってきて、国直姫命が地の高天原を追われて、ロッキー山に落ち延びてきた、と伝えた。
貴治彦、靖国別はこの様を見て、ただちに国直姫命一行をロッキー山に迎えた。この国直姫命は貴治彦と靖国別に命じ、地の高天原の惨状を視察するように、といって使いに出してしまった。
しかし一方で、貴治彦は竜宮城に先に密かに使いを出して、事の真相を確かめさせていた。
実際には地の高天原は平穏無事に治まっており、大八洲彦命は貴治彦の使いからこのことを聞いて大いに驚いた。そして言霊別命をロッキー山に使わした。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0305
愛善世界社版:29頁 八幡書店版:第1輯 270頁 修補版: 校定版:31頁 普及版:12頁 初版: ページ備考:
001 ロツキー(ざん)紺色(こんいろ)(たま)を、002荘厳(さうごん)なる神殿(しんでん)建立(こんりふ)して鎮祭(ちんさい)され、003貴治彦(たかはるひこ)八王神(やつわうじん)となり、004靖国別(やすくにわけ)八頭神(やつがしらがみ)となり、005律法(りつぱう)遵守(じゆんしゆ)して、006きはめて平穏(へいおん)神事(しんじ)007神政(しんせい)(おこな)はれけり。
008 ある(とき)009靖国姫(やすくにひめ)居間(ゐま)()を、010ひそかに(たた)(もの)あり。011靖国姫(やすくにひめ)侍女(じぢよ)とともに(とびら)(ひら)き、
012『かかる深夜(しんや)()(たた)くは何者(なにもの)ぞ』
013()ひただせば、014(こゑ)(おう)じて、
015(わたくし)()高天原(たかあまはら)なる国直姫命(くになほひめのみこと)密使(みつし)にして、016小島彦(をじまひこ)(まを)(もの)なり』
017附言(ふげん)018小島彦(をじまひこ)(しよう)するは(じつ)偽名(ぎめい)にて、019常世彦(とこよひこ)間者(かんじや)020玉醜別(たましこわけ)といふ曲者(くせもの)なりける)
021 靖国姫(やすくにひめ)小島彦(をじまひこ)一面識(いちめんしき)もなければその真偽(しんぎ)()らず、022国直姫命(くになほひめのみこと)急使(きふし)()きて(おほ)いに(おどろ)き、
023『かかる夜陰(やいん)にひそかに(きた)りたまふは、024()高天原(たかあまはら)何事(なにごと)急変(きふへん)おこりしならむ。025まづわが居間(ゐま)に』
026小島彦(をじまひこ)引入(ひきい)れ、027その用務(ようむ)をあわただしく(いき)をはづませ()ひかくれば、028小島彦(をじまひこ)(こゑ)(ひく)ふし四辺(あたり)()(くば)り、029かつ(おそ)れながら、
030隣神(りんしん)(とほ)ざけたまへ』
031仔細(しさい)ありげなり。
032 靖国姫(やすくにひめ)はその(げん)のごとく隣神(りんしん)(とほ)ざけ、033小島彦(をじまひこ)としづかに対座(たいざ)したり。034小島彦(をじまひこ)(こゑ)(ひく)ふしていふ、
035()高天原(たかあまはら)には大変事(たいへんじ)出来(しゆつたい)し、036天使長(てんしちやう)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)は、037八王大神(やつわうだいじん)部下(ぶか)(かみ)悪辣(あくらつ)なる計略(けいりやく)におちいり、038つひに上天(しようてん)せり。039その()天使(てんし)善後策(ぜんごさく)につき協議中(けふぎちう)にして、040一歩(いつぽ)外出(ぐわいしゆつ)することを()ず。041(うへ)(した)への大騒(おほさわ)ぎなれば、042(われ)をして天使(てんし)代理(だいり)として(つか)はしたまふ。043ゆゑに()(げん)国直姫命(くになほひめのみこと)神言(しんげん)にして、044天使(てんし)(げん)同様(どうやう)なり。045一時(いちじ)(はや)靖国別(やすくにわけ)貴下(きか)より伝言(でんごん)せられたし』
046顔色(がんしよく)(へん)じていひければ、047靖国姫(やすくにひめ)はそのまま使者(ししや)をわが居間(ゐま)()たせおき、048靖国別(やすくにわけ)寝殿(しんでん)にいたり、049密使(みつし)次第(しだい)逐一(ちくいち)進言(しんげん)したりけり。050靖国別(やすくにわけ)(おほ)いに(おどろ)きしばらく双手(もろて)()ンで思案(しあん)(てい)なりし。051たちまち()()つて、052貴治彦(たかはるひこ)御殿(ごでん)参向(さんかう)し、053密使(みつし)次第(しだい)逐一(ちくいち)奏上(そうじやう)したりける。
054 貴治彦(たかはるひこ)はこれを()きて(おほ)いに(いぶ)かり、
055国直姫命(くになほひめのみこと)密使(みつし)ならば、056第一着(だいいちちやく)()れに(つた)へらるべきはずなり。057しかるに如何(いか)なる変事(へんじ)ありとて()れを()しおき、058しかも女性(ぢよせい)居間(ゐま)をたたき、059かかる一大事(いちだいじ)報告(はうこく)すべき理由(りいう)なし。060(おも)ふに反逆(はんぎやく)(くはだ)つる(もの)奸手段(かんしゆだん)なるべし。061(なんぢ)らはすみやかに、062その密使(みつし)()(まへ)にともなひ(きた)れ。063(われ)(かれ)()実否(じつぴ)調査(てうさ)せむ』
064言葉(ことば)(のこ)して殿中(でんちう)(すす)()りける。
065 靖国別(やすくにわけ)(めい)(ほう)じ、066小島彦(をじまひこ)(とも)なひひそかに殿中(でんちう)伺候(しこう)し、067貴治彦(たかはるひこ)にむかつて(えつ)()ひしに、068(みこと)小島彦(をじまひこ)にむかつて密使(みつし)次第(しだい)詳細(しやうさい)訊問(じんもん)したりける。069小島彦(をじまひこ)低頭平身(ていとうへいしん)して言葉(ことば)たくみに、070前述(ぜんじゆつ)次第(しだい)奏上(そうじやう)し、071一時(いちじ)もはやく貴治彦(たかはるひこ)()高天原(たかあまはら)へのぼられることを懇請(こんせい)し、072かついふ。
073(いたづら)躊躇(ちうちよ)逡巡(しゆんじゆん)して(とき)(うつ)さば一層(いつそう)大事変(だいじへん)惹起(じやくき)し、074つひには国直姫命(くになほひめのみこと)御身辺(ごしんぺん)(あやふ)からむ。075大神(おほかみ)一大事(いちだいじ)076(はや)くこの()()つて、077(われ)らとともに()高天原(たかあまはら)参向(さんかう)されたし』
078進言(しんげん)せる。
079 (をり)からたちまち城下(じやうか)におこる(とき)(こゑ)080(みこと)(いそ)勾欄(こうらん)にのぼり山下(さんか)はるかに見渡(みわた)せば、081夜陰(やいん)のため(たし)かにそれと判別(はんべつ)はつかざれども、082()ちならぶ無数(むすう)高張(たかはり)は、083十曜(とえう)神紋(しんもん)(しる)されありき。084ただごとならじと(もと)()にかへり、085靖国別(やすくにわけ)何事(なにごと)耳語(じご)したまひける。086矢叫(やさけ)びの(こゑ)087(とき)(こゑ)088次第(しだい)(ちか)づききたる。089そのとき()高天原(たかあまはら)従神司(じゆうしん)豊彦(とよひこ)(じつ)常世姫(とこよひめ)間者(かんじや))は軽装(けいさう)のまま(はし)りきたり階下(かいか)平伏(へいふく)し、
090(おそ)れながら八王(やつわう)(かみ)注進(ちうしん)(たてまつ)る。091()高天原(たかあまはら)はほとんど破壊(はくわい)運命(うんめい)逢着(ほうちやく)し、092国治立命(くにはるたちのみこと)行衛(ゆくへ)不明(ふめい)となり、093大混乱(だいこんらん)状態(じやうたい)におちいり、094収拾(しうしふ)すべからざる惨状(さんじやう)なり。095国直姫命(くになほひめのみこと)従者(じゆうしや)をしたがへ小島彦(をじまひこ)(あと)()ひ、096ただ(いま)出御(しゆつぎよ)(あひ)なりたり。097相当(さうたう)(れい)をつくして諸神司(しよしん)をして城門(じやうもん)奉迎(ほうげい)せしめたまへ』
098とあはただしく奏上(そうじやう)したるにぞ、099(みこと)寝耳(ねみみ)(みづ)注進(ちうしん)にしばし茫然(ばうぜん)としてゐたりしが、100ただちに靖国別(やすくにわけ)(めい)じて城内(じやうない)諸神司(しよしん)非常(ひじやう)召集(せうしふ)(めい)じ、101国直姫命(くになほひめのみこと)城門(じやうもん)(むか)へたてまつるの準備(じゆんび)着手(ちやくしゆ)されたりける。
102 (みこと)命令一下(めいれいいつか)とともに、103諸神(しよしん)各自(かくじ)礼装(れいさう)をととのへ、104城門(じやうもん)奉迎(ほうげい)したり。
105 ここに国直姫命(くになほひめのみこと)諸神司(しよしん)とともに悠然(いうぜん)として()りきたり、106慇懃(いんぎん)挨拶(あいさつ)()べ、107()高天原(たかあまはら)惨状(さんじやう)物語(ものがた)られける。108ここに国直姫命(くになほひめのみこと)命令(めいれい)(ほう)じて貴治彦(たかはるひこ)109靖国別(やすくにわけ)少数(せうすう)神軍(しんぐん)をひきゐ、110()高天原(たかあまはら)応援(おうゑん)のため参向(さんかう)することに(けつ)したり。
111 あまたの諸神(しよしん)将卒(しやうそつ)靖国姫(やすくにひめ)守護(しゆご)し、112ロツキー(ざん)城中(じやうちう)にとどまり、113しばらく形勢(けいせい)観望(くわんばう)することとはなりける。
114 これよりさきに貴治彦(たかはるひこ)は、115国彦(くにひこ)をひそかに()高天原(たかあまはら)につかはし、116実否(じつぴ)(ただ)さしめ、117かつ小島彦(をじまひこ)密使(みつし)真偽(しんぎ)調査(てうさ)せしめゐたりしなり。
118 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)国彦(くにひこ)(げん)()いておほいに(おどろ)き、
119()高天原(たかあまはら)はかくのごとく平穏(へいおん)無事(ぶじ)なるに、120かかる密使(みつし)をだすべき理由(りいう)なし。121(さつ)するところ邪神(じやしん)奸策(かんさく)ならむ。122このままに()ておかば、123ロツキー(ざん)は、124いかなる運命(うんめい)逢着(ほうちやく)するや(はか)りがたし』
125と、126言霊別命(ことたまわけのみこと)に、127国彦(くにひこ)()へ、128あまたの従神(じゆうしん)とともに、129ロツキー(ざん)(いそ)出発(しゆつぱつ)せしめられたるぞ(かし)こけれ。
130大正一〇・一一・一四 旧一〇・一五 栗原七蔵録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。