霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二八章 苦心(くしん)惨憺(さんたん)〔一二八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第8篇 神界の変動 よみ:しんかいのへんどう
章:第28章 苦心惨憺 よみ:くしんさんたん 通し章番号:128
口述日:1921(大正10)年11月28日(旧10月29日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0328
愛善世界社版:165頁 八幡書店版:第1輯 319頁 修補版: 校定版:169頁 普及版:74頁 初版: ページ備考:
001 竜宮城(りゆうぐうじやう)従臣(じゆうしん)與彦(ともひこ)002田依彦(たよりひこ)003與若(ともわか)004木糸姫(こいとひめ)005竜国別(たつくにわけ)006三国別(みくにわけ)007高杉別(たかすぎわけ)らの役員等(かみがみら)は、008国直姫命(くになほひめのみこと)上天後(しやうてんご)009その去就(きよしう)(まよ)ひつつありける。
010 そこへ常世姫(とこよひめ)は、011種々(しゆじゆ)手段(しゆだん)をめぐらしてこれらの神司(かみがみ)自己(じこ)部下(ぶか)引入(ひきい)れ、012大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)013神国別命(かみくにわけのみこと)014大足彦(おほだるひこ)極力(きよくりよく)反対(はんたい)行動(かうどう)()るにいたれり。
015 一方(いつぱう)ローマ城内(じやうない)にては、016四分五裂(しぶんごれつ)窮状(きゆうじやう)曝露(ばくろ)し、017外部(ぐわいぶ)よりは八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)強力(きやうりよく)なる魔軍(まぐん)包囲(はうゐ)され、018ほとンど落城(らくじやう)せむとするの光景(くわうけい)なりき。019言霊別命(ことたまわけのみこと)(あま)鳥船(とりぶね)()り、020急遽(きふきよ)ローマにむかひ(ただ)ちに入城(にふじやう)したりしが、021十二(じふに)八王神(やつわうじん)は、022言霊別命(ことたまわけのみこと)不意(ふい)来城(らいじやう)にほとンど狼狽(らうばい)(てい)なりき。023ここに言霊別命(ことたまわけのみこと)城内(じやうない)諸神将(しよしんしよう)をあつめて統一(とういつ)をはかり、024ふたたび勢力(せいりよく)盛返(もりかへ)し、025協力(けふりよく)一致(いつち)積極的(せつきよくてき)行動(かうどう)をとりければ、026八王大神(やつわうだいじん)魔軍(まぐん)は、027その勢力(せいりよく)辟易(へきえき)して退却(たいきやく)し、028遠方(ゑんぱう)よりこれを包囲(はうゐ)監視(かんし)しつつあるのみなりけり。
029 さて()高天原(たかあまはら)は、030常世姫(とこよひめ)横暴(わうばう)きはまる行動(かうどう)に、031諸神司(しよしん)(とほ)四方(しはう)散乱(さんらん)し、032常世姫(とこよひめ)()(うへ)(こぶ)はほとンど(はら)はれけり。033常世姫(とこよひめ)は、034(うち)竜宮城(りゆうぐうじやう)攪乱(かくらん)せしめ、035魔我彦(まがひこ)036魔我姫(まがひめ)037美山彦(みやまひこ)038国照姫(くにてるひめ)をして大国彦(おほくにひこ)(つう)じ、039大国彦(おほくにひこ)をして外部(ぐわいぶ)より竜宮城(りゆうぐうじやう)および()高天原(たかあまはら)攻撃(こうげき)せしめたり。040大国彦(おほくにひこ)松代別(まつよわけ)041国代別(くによわけ)部将(ぶしやう)とし、042あまたの魔軍(まぐん)(くま)(くわ)し、043不意(ふい)にこれを(おそ)ひ、044つひに城内(じやうない)くまなく探索(たんさく)して大足彦(おほだるひこ)(とら)へ、045凱歌(がいか)(そう)して帰陣(きぢん)せり。046あとに常世姫(とこよひめ)は、047ほとンど竜宮城(りゆうぐうじやう)主宰者(しゆさいしや)となり、048()高天原(たかあまはら)をも蹂躙(じうりん)せむと、049着々(ちやくちやく)として()(すす)めつつあり。
050 このとき大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)051真澄姫(ますみひめ)052言霊姫(ことたまひめ)053広国別(ひろくにわけ)054広宮彦(ひろみやひこ)055照代姫(てるよひめ)部将(ぶしやう)は、056()高天原(たかあまはら)厳守(げんしゆ)して、057魔軍(まぐん)一指(いつし)をもつけさせざりけり。058されど常世姫(とこよひめ)執拗(しつえう)にも、059高杉別(たかすぎわけ)060與彦(ともひこ)061與若(ともわか)062魔我彦(まがひこ)063魔我姫(まがひめ)などを煽動(せんどう)して()高天原(たかあまはら)一角(いつかく)崩壊(ほうくわい)せむとし、064ほぼその目的(もくてき)(たつ)せむとしたり。
065
066 このときローマに(やぶ)れ、067一時(いちじ)退却(たいきやく)したる常世彦(とこよひこ)は、068到底(たうてい)ローマの容易(ようい)陥落(かんらく)せざるを()鬼雲別(おにくもわけ)069蚊取別(かとりわけ)らをして、070大国彦(おほくにひこ)(ちから)()り、071これを鏖滅(おうめつ)せむと(はか)りぬ。072大国彦(おほくにひこ)はただちに承諾(しようだく)し、073数多(あまた)魔軍(まぐん)二人(ふたり)(あた)へ、074常世彦(とこよひこ)(とも)三方(さんぱう)よりローマ(じやう)包囲(はうゐ)攻撃(こうげき)したりける。
075 このとき万寿山城(まんじゆざんじやう)をのぞく十一(じふいち)八王神(やつわうじん)はほとンど遁走(とんそう)し、076以下(いか)神卒(しんそつ)四方(しはう)散乱(さんらん)したり。077言霊別命(ことたまわけのみこと)(てき)猛烈(まうれつ)なる攻撃(こうげき)にすこしもひるむ(いろ)なく力戦奮闘(りきせんふんとう)をつづけたまふ。078しかるに火弾(くわだん)(むな)しく、079(ゆみ)()れ、080()()き、081(てき)のために(とら)はれ俘虜(ふりよ)となり、082つひに常世(とこよ)(くに)(おく)られける。
083 言霊姫(ことたまひめ)は、084言霊別命(ことたまわけのみこと)常世城(とこよじやう)(とら)はれしを(うれ)ひ、085大神(おほかみ)祈願(きぐわん)されつつありし。
086 をりしも常世姫(とこよひめ)魔我彦(まがひこ)087魔我姫(まがひめ)をともなひ、088言霊姫(ことたまひめ)(いの)れる(まへ)意気(いき)揚々(やうやう)として(あら)はれきたり、089やや軽侮(けいぶ)(いろ)面色(めんしよく)(あら)はしていふ。
090(なんぢ)言霊別命(ことたまわけのみこと)(すく)はむとする(こころ)なきや。091(なんぢ)決心(けつしん)次第(しだい)にて、092(をつと)(なん)(すく)はむ』
093(こころ)あり()(くち)()りぬ。094言霊姫(ことたまひめ)はよろこびて、
095『いかにせば(をつと)(すく)(みち)ありや』
096反問(はんもん)しけるに、097魔我姫(まがひめ)はここぞと()はむばかりの(かほ)つきにて、098(かた)をいからせながら、
099貴女(あなた)竜宮城(りゆうぐうじやう)()(わた)し、100大島彦(おほしまひこ)以下(いか)神司(かみがみ)(ひき)ゐて、101万寿山(まんじゆざん)転居(てんきよ)すべし。102しからば(わらは)はその改心(かいしん)(しやう)として、103常世城(とこよじやう)にます八王大神(やつわうだいじん)常世彦(とこよひこ)歎願(たんぐわん)し、104言霊別命(ことたまわけのみこと)(すく)(あた)へむ』
105得意然(とくいぜん)としていふ。
106 ここに言霊姫(ことたまひめ)はその去就(きよしう)(まよ)はざるを()ざりけるが、107魔我彦(まがひこ)108魔我姫(まがひめ)は、109(くち)をそろへて言霊姫(ことたまひめ)決心(けつしん)をうながすべく、110(べん)にまかせて()きつけたれば、111(うれ)ひに(しづ)みたる言霊姫(ことたまひめ)はつひに魔我姫(まがひめ)(げん)にしたがひ、112竜宮城(りゆうぐうじやう)開放(かいはう)万寿山(まんじゆざん)(のが)れむと決心(けつしん)(さだ)め、113あまたの従者(じゆうしや)にその()(つた)へしめむとしたりける。
114 このとき国若姫(くにわかひめ)115広国別(ひろくにわけ)らの神将(しんしやう)は、116極力(きよくりよく)これを諫止(かんし)し、117かつ大神(おほかみ)(いの)神力(しんりき)をえて、118つひに常世姫(とこよひめ)一派(いつぱ)鬼神(きしん)をやうやく退場(たいぢやう)せしめける。119常世姫(とこよひめ)は、120ただちに常世(とこよ)(くに)()(かへ)り、121戦備(せんび)をととのへ(ふたた)捲土重来(けんどぢうらい)()()ちつつありける。
122大正一〇・一一・二八 旧一〇・二九 外山豊二録)
123(第二六章~第二八章 昭和一〇・一・一七 於亀の井旅館 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。