霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三九章 乗合舟(のりあひぶね)〔一三九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第9篇 隠神の活動 よみ:いんしんのかつどう
章:第39章 乗合舟 よみ:のりあいぶね 通し章番号:139
口述日:1921(大正10)年12月07日(旧11月09日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
道彦は高白山を出てから、常世の国・スペリオル湖の北岸に出で、ロッキー山に向かって渡し船に乗り合わせた。
船の中には、長高山で行き分かれた八島姫も乗り合わせていた。八島姫は船の中で南高山の従神に見つかり、父母兄の困窮を聞かされる。国直姫命から授かった神命と、父母兄弟への思いの間で苦しむのであった。
道彦は姫を認めたが、ついに正体を明かさずに船を降りた。一方、南高山の従神に国に帰るように詰め寄られた八島姫は進退窮まるが、白狐が姫の身代わりとなって現れ、本物の八島姫はその場を逃れることができた。
従神はそうとは知らずに姫の身代わりを南高山に連れて帰るが、身代わりの姫の帰城に安心した父・大島別は病気本復し、後日神政成就の神業に参加することになる。
一方、道彦は常世城に従僕となって八王大神の側近く仕え、悪神の計画を探知することになる。一方本物の八島姫も常世城に潜入して常世姫の侍女となり、邪神の計画一切を探って後に偉勲を立てることになる。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0339
愛善世界社版:229頁 八幡書店版:第1輯 341頁 修補版: 校定版:234頁 普及版:103頁 初版: ページ備考:
001 道彦(みちひこ)高白山(かうはくざん)()でしより、002諸方(しよはう)遍歴(へんれき)艱難(かんなん)辛苦(しんく)(かさ)ねて、003やうやく常世国(とこよのくに)スペリオル()北岸(ほくがん)()たり。004ここに(ふね)(やと)ひ、005ロツキー(ざん)(むか)はむとしたり。006船中(せんちう)には沢山(たくさん)神人(かみがみ)()りゐたり。007八島姫(やしまひめ)もいつの()にか、008この(ふね)(きやく)となり()たりしが、009道彦(みちひこ)はわざと(そら)とぼけて、010素知(そし)らぬ(かほ)をなしゐたり。011八島姫(やしまひめ)道彦(みちひこ)(かは)りはてたる姿(すがた)()て、012(すこ)しも気付(きづ)かざりける。
013 この(とき)(ふね)舳先(へさき)よりすつくと()ちて、014八島姫(やしまひめ)(そば)(ちか)づききたる神人(かみ)あり、015これは南高山(なんかうざん)従臣(じゆうしん)玉純彦(たますみひこ)なりき。016南高山(なんかうざん)八島姫(やしまひめ)出城(しゆつじやう)以来(いらい)017四方(しはう)八方(はつぱう)神人(しんじん)派遣(はけん)して(ひめ)行方(ゆくへ)(さが)しゐたりしなり。018玉純彦(たますみひこ)八島姫(やしまひめ)にむかひ、019(とび)つくばかりの(こゑ)(はつ)し、
020貴女(あなた)八島姫(やしまひめ)にましまさずや』
021といふ。022八島姫(やしまひめ)風采(ふうさい)容貌(ようばう)ともに激変(げきへん)して、023ほとンど真偽(しんぎ)判別(はんべつ)するに(くる)しむくらゐなりしかば、024八島姫(やしまひめ)(くび)左右(さいう)()り、
025『われは旭姫(あさひひめ)といふ常世城(とこよじやう)従臣(じゆうしん)にして、026南高山(なんかうざん)のものに(あら)ず、027見違(みちが)へたまふな』
028と、029つンとして()()けたるを玉純彦(たますみひこ)は、030どことなく八島姫(やしまひめ)容貌(ようばう)()たるを(いぶ)かり、031(ひめ)前方(ぜんぱう)にまはりて(くび)左右(さいう)にかたむけ、032(あな)のあくばかり千鳥(ちどり)のごとき(するど)()()はり、
033如何(いか)にかくしたまふとも、034貴女(あなた)(ひたひ)には巴形(ともゑがた)斑点(はんてん)(いま)なほ(かすか)(のこ)れり。035われは主命(しゆめい)により貴女(あなた)(たづ)ねむとして、036櫛風沐雨(しつぷうもくう)037東奔西走(とうほんせいさう)あらゆる艱難(かんなん)をなめつくし、038(いま)ここに拝顔(はいがん)()たるは、039(てん)(さづ)くる時運(じうん)到来(たうらい)せしならむ。040(そで)()()ふも他生(たしやう)(えん)といふ。041(いは)ンや天地(てんち)のあひだに二柱(ふたはしら)()(しゆ)御子(みこ)においてをや。042(いま)この(さむ)(みづうみ)(なか)一蓮托生(いちれんたくしやう)船客(せんきやく)となるも、043かならず国治立命(くにはるたちのみこと)御引(おひ)(あは)せならむ、044是非々々(ぜひぜひ)045名乗(なの)らせたまへ』
046と、047(なみだ)(なが)して(をとこ)()きに()く。
048 八島姫(やしまひめ)名乗(なの)りたきは山々(やまやま)なれども、049国直姫命(くになほひめのみこと)神命(しんめい)遂行(すゐかう)し、050()高天原(たかあまはら)復命(ふくめい)(をは)るまで、051なまじひに名乗(なの)りをあげ、052神業(しんげふ)妨害(ばうがい)とならむことをおそれ、053断乎(だんこ)としてその(じつ)()げざりし。054八島姫(やしまひめ)胸中(きようちう)はじつに熱鉄(ねつてつ)をのむ心地(ここち)なり。055玉純彦(たますみひこ)はなほも言葉(ことば)をついで、
056貴女(あなた)はいかに(かく)させたまふとも、057(われ)(まさ)しく八島姫(やしまひめ)拝察(はいさつ)したてまつる。058貴女(あなた)出城(しゆつじやう)されしより、059御父(おんちち)煩悶(はんもん)のあまり、060(おも)(やまひ)(とこ)につかせたまひ、061御母(おんはは)また逆臣(ぎやくしん)豊彦(とよひこ)のために(しい)せられ、062御父(おんちち)大島別(おほしまわけ)()いゆくとともに()をはかなみ、063ぜひ一度(いちど)八島姫(やしまひめ)面会(めんくわい)せざれば()すること(あた)はずと、064日夜(にちや)悲嘆(ひたん)(なみだ)にくれたまふのみならず、065御兄(おんあに)八島彦(やしまひこ)は、066瓢然(へうぜん)として出城(しゆつじやう)されしまま、067行方(ゆくへ)不明(ふめい)とならせ(たま)ふ。068海山(うみやま)大恩(たいおん)ある御父(おんちち)難儀(なんぎ)をふりすて、069わが意中(いちう)道彦(みちひこ)(あと)()はせたまふは、070(じつ)破倫(はりん)行為(かうゐ)にして天則(てんそく)違反(ゐはん)するものに(あら)ずや』
071言葉(ことば)をつくして()べたてける。
072 (ひめ)胸中(きようちう)暗黒(あんこく)無明(むみやう)(くも)にとざされにけり。073ほどなく(ふね)(みなみ)(きし)(ちか)づきぬ。074この対話(たいわ)()きゐたる道彦(みちひこ)は、075はじめて様子(やうす)()り、076いよいよ八島姫(やしまひめ)なることを(さと)り、077つくづくその(おもて)()れば、078かすかに巴形(ともゑがた)斑点(はんてん)(みと)むることを()たり。
079 (ふね)はやうやく(きし)()き、080神人(かみがみ)(さき)(あらそ)ふて上陸(じやうりく)したり。081道彦(みちひこ)八島姫(やしまひめ)(さと)られじと(ただ)ちにその姿(すがた)物陰(ものかげ)(かく)したるに、082玉純彦(たますみひこ)(ひめ)()(かた)()りて(はな)さざりけり。
083 八島姫(やしまひめ)進退(しんたい)きはまり、084国治立命(くにはるたちのみこと)神霊(しんれい)にむかひて、085この()無事(ぶじ)にのがれむことをと祈願(きぐわん)したるに、086たちまち白色(はくしよく)(たま)(てん)より(くだ)り、087二人(ふたり)(まへ)落下(らくか)白煙(はくえん)濛々(もうもう)としてたち(のぼ)り、088四辺(あたり)をつつみける。089玉純彦(たますみひこ)(おどろ)きて、090(ひめ)()(はな)したるを(さいは)ひ、091(ひめ)白煙(はくえん)のなかを一目散(いちもくさん)南方(なんぱう)さして()()りにける。
092 ややありて白煙(はくえん)四方(しはう)()り、093(あと)には八島姫(やしまひめ)()()して()(たふ)れてゐたり。094これは白狐(びやくこ)(あさひ)変化(へんげ)なりき。095玉純彦(たますみひこ)はふたたび(かたはら)()り、096千言万語(せんげんばんご)をつくして帰城(きじやう)をすすめたれば、097(ひめ)はやうやう納得(なつとく)して、098玉純彦(たますみひこ)とともに帰城(きじやう)()につきにける。
099 数多(あまた)山河(さんか)跋渉(ばつせふ)し、100やうやく南高山(なんかうざん)城内(じやうない)にたち(かへ)り、101八島姫(やしまひめ)(ひさ)しぶりにて(ちち)面会(めんくわい)し、102無断(むだん)出城(しゆつじやう)(つみ)(しや)したりしが、103(ちち)はおほいに(よろこ)び、104かつ玉純彦(たますみひこ)功績(こうせき)賞揚(しやうやう)し、105城内(じやうない)にはかに春陽(しゆんやう)()()神人(かみがみ)らは祝宴(しゆくえん)をひらいて万歳(ばんざい)(とな)へ、106大島別(おほしまわけ)はここに元気(げんき)回復(くわいふく)して、107後日(ごじつ)神政(しんせい)成就(じやうじゆ)神業(しんげふ)参加(さんか)することとなりける。
108 道彦(みちひこ)八島姫(やしまひめ)()(まぬ)がれ、109常世城(とこよじやう)()り、110従僕(じゆうぼく)となり(つひ)抜擢(ばつてき)せられて、111八王大神(やつわうだいじん)給仕役(きふじやく)となり、112(すべ)ての計画(けいくわく)探知(たんち)するを()たり。113また白狐(びやくこ)変化(へんげ)ならざる八島姫(やしまひめ)(おな)じく常世城(とこよじやう)()り、114常世姫(とこよひめ)侍女(じぢよ)となり、115一切(いつさい)邪神(じやしん)計画(けいくわく)(さぐ)り、116()高天原(たかあまはら)復命(ふくめい)し、117偉勲(ゐくん)()つる次第(しだい)後日(ごじつ)明瞭(めいれう)となるべし。
118大正一〇・一二・七 旧一一・九 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。