霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 (つる)一声(ひとこゑ)〔一二三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第7篇 崑崙山 よみ:こんろんざん
章:第23章 鶴の一声 よみ:つるのひとこえ 通し章番号:123
口述日:1921(大正10)年11月20日(旧10月21日) 口述場所: 筆録者:出口瑞月 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0323
愛善世界社版:135頁 八幡書店版:第1輯 309頁 修補版: 校定版:139頁 普及版:60頁 初版: ページ備考:
001 崑崙山(こんろんざん)には紅色(こうしよく)国魂(くにたま)を、002紅能宮(くれなゐのみや)造営(ざうえい)して鄭重(ていちやう)鎮祭(ちんさい)され、003八王神(やつわうじん)には磐玉彦(いはたまひこ)(にん)じ、004(つま)磐玉姫(いはたまひめ)神務(しんむ)輔佐(ほさ)し、005八頭神(やつがしらがみ)大島彦(おほしまひこ)(にん)ぜられ、006大島姫(おほしまひめ)(つま)として神政(しんせい)内助(ないじよ)し、007紅能宮(くれなゐのみや)(つかさ)には明世彦(はるよひこ)008明世姫(はるよひめ)二神(にしん)奉仕(ほうし)し、009崑崙山(こんろんざん)一帯(いつたい)地方(ちはう)は、010きはめて太平(たいへい)無事(ぶじ)(をさ)まりゐたりける。
011 磐玉彦(いはたまひこ)名利(めいり)(うす)く、012かつ忠誠(ちゆうせい)無比(むひ)にして、013一切(いつさい)宝玉(ほうぎよく)014珍品(ちんぴん)()高天原(たかあまはら)献納(けんなふ)し、015自己(じこ)(うす)くし、016(しも)(あはれ)み、017善政(ぜんせい)()きたまひて、018四辺(しへん)よく(をさ)まり、019鼓腹撃壌(こふくげきじやう)して神人(しんじん)その(げふ)(たのし)み、020小弥勒(せうみろく)神政(しんせい)樹立(じゆりつ)されたる姿(すがた)なり。021ために天上(てんじやう)日月(じつげつ)(きよ)()れわたり、022蒼空(さうくう)一点(いつてん)妖気(えうき)をとどめず、023五風十雨(ごふうじふう)順序(じゆんじよ)ととのひ、024()には蒼々(さうさう)として樹草(じゆさう)繁茂(はんも)し、025五穀(ごこく)ゆたかに、026(とり)()(はな)(わら)ひ、027四季(しき)ともに春陽(しゆんやう)()()ちて、028世界(せかい)第一(だいいち)楽土(らくど)羨望(せんばう)さるるにいたりける。
029 磐玉彦(いはたまひこ)は、
030天下(てんか)()(をさ)まり、031神人(しんじん)みづから()(たがや)して(しよく)し、032()穿(うが)つて()み、033(しつ)憤怨(ふんえん)(こゑ)なく、034神人(しんじん)和楽(わらく)(いろ)あり。035かかる瑞祥(ずゐしやう)()には、036天地(てんち)律法(りつぱう)(いたづら)空文(くうぶん)(くわ)し、037八王神(やつわうじん)聖職(せいしよく)もまた無用(むよう)長物(ちやうぶつ)たるに()たり。038日夜(にちや)無事(ぶじ)(くる)しみつつ高位(かうゐ)にあるは、039天地(てんち)(たい)()ンとなく心愧(こころはづ)かしさに()へず。040すみやかに八王神(やつわうじん)聖職(せいしよく)辞退(じたい)して(しも)(くだ)り、041神人(しんじん)とともに神業(しんげふ)(たのし)まむ』
042決意(けつい)し、043ひそかに八頭神(やつがしらがみ)大島彦(おほしまひこ)(まね)き、044その()()げたまひける。
045 大島彦(おほしまひこ)はこの(げん)()きておほいに(おどろ)き、046暫時(ざんじ)黙然(もくねん)として(なん)答弁(たふべん)もなく、047八王神(やつわうじん)(かほ)(なが)めつつありしが、048たちまち(くび)左右(さいう)()(なみだ)(なが)して(いさ)めていふ。
049崑崙山(こんろんざん)一帯(いつたい)今日(こんにち)至治太平(しちたいへい)なる祥運(しやううん)は、050貴神司(きしん)神徳(しんとく)(いた)すところにして、051(われ)らをはじめ(しも)万神(ばんしん)万民(ばんみん)貴神司(きしん)(した)ひたてまつりて、052感謝(かんしや)()(あた)はざるところなり。053しかるに貴神司(きしん)にして聖位(せいゐ)()て、054()(くだ)らせたまへば、055いづれの神司(しんし)か、056よくこの国土(こくど)(をさ)むべき。057(かみ)(うやま)(しも)愛撫(あいぶ)し、058もつて社稷(しやしよく)安全(あんぜん)(たも)つは聖者(せいじや)天賦的(てんぷてき)聖職(せいしよく)なり。059(ねが)はくば大慈(だいじ)大悲(だいひ)聖徳(せいとく)によりて、060なにとぞ退位(たいゐ)()は、061断念(だんねん)させたまへ』
062声涙(せいるい)交々(こもごも)(くだ)つて、063諫言(かんげん)よく(つと)めけるに、064磐玉彦(いはたまひこ)(こた)へて、
065(われ)八王神(やつわうじん)として、066高天原(たかあまはら)大神(おほかみ)より重職(ぢうしよく)(かたじけ)なうし、067(なん)功労(こうらう)もつくさず、068日夜(にちや)神恩(しんおん)(ふか)きを(おも)ふごとに、069慙愧(ざんき)(ねん)(むね)(せま)りて(くる)しく、070一日(いちじつ)として(こころ)(やす)んずることあたはず。071(しも)神人(しんじん)日夜(にちや)営々兀々(えいえいこつこつ)として神業(しんげふ)奉仕(ほうし)し、072汗油(あせあぶら)をしぼりて勤勉(きんべん)神業(しんげふ)(はげ)むなる()に、073(われ)はいたづらに(くも)(ふか)殿中(でんちう)にありて安逸(あんいつ)(せい)(おく)り、074(なん)活動(くわつどう)をもなさず、075曠職(くわうしよく)いたづらに光陰(くわういん)(せう)するは、076天地(てんち)大神(おほかみ)(たい)したてまつり恐懼(きやうく)にたへず。077今日(こんにち)至治泰平(しぢたいへい)は、078(えう)するに貴下(きか)らが誠実(せいじつ)苦心(くしん)(たまもの)なり。079すみやかに(われ)思望(しばう)(ゆる)し、080貴下(きか)(ただ)ちに八王神(やつわうじん)(くらゐ)(のぼ)りて神務(しんむ)主管(しゆくわん)されたし。081(われ)はこれより夫妻(ふさい)ともに山野(さんや)(かく)れ、082修験者(しうげんじや)となりて神明(しんめい)(いの)り、083神政(しんせい)万歳(ばんざい)(まも)らむ。084男子(だんし)たるもの一度(いちど)決心(けつしん)したるうへは、085いかなる諫言(かんげん)拒止(きよし)(みみ)にはいり(がた)し』
086決心(けつしん)(いろ)(おもて)(あら)はれ容易(ようい)(うご)かすべからず。087大島彦(おほしまひこ)も、088平素(へいそ)寡欲(くわよく)にして恬淡(てんたん)(みづ)のごとき八王神(やつわうじん)なれば、089如何(いかん)ともするに(よし)なく、090ただ黙然(もくねん)として(ふか)(うれひ)(しづ)みゐたりしが、091ヤヽありて大島彦(おほしまひこ)(くち)をひらき、
092貴神司(きしん)潔白(けつぱく)なる御神慮(ごしんりよ)は、093神人(しんじん)ともに(つね)歎賞(たんしやう)おかざるところ、094今更(いまさら)いかに(いさ)めたてまつるとも、095初志(しよし)(ひるがへ)させ(たま)ふことなからむ。096されど貴神司(きしん)身魂(みたま)貴神司(きしん)単独(たんどく)処置(しよち)さるべき軽々(かるがる)しきものに(あら)ず、097(とほ)神世(かみよ)因縁(いんねん)によりて上下(じやうげ)名分(めいぶん)(さだ)まり、098天地(てんち)大神(おほかみ)優渥(いうあく)なる御委任(ごゐにん)()づるものなれば、099(われ)らはこれより(ただ)ちに()高天原(たかあまはら)参上(まゐあ)がり神示(しんじ)(かうむ)りしうへ、100その結果(けつくわ)(くは)しく奏上(そうじやう)せむ。101(なに)はともあれ、102それまでは何事(なにごと)(われ)らに一任(いちにん)あらむことを』
103(ちから)をこめて歎願(たんぐわん)したりしに、104磐玉彦(いはたまひこ)は、
105貴下(きか)(げん)道理(だうり)にかなへり、106万事(ばんじ)一任(いちにん)すべし。107よきやうに(はか)らひくれよ』
108(げん)(のこ)して(おく)(ふか)姿(すがた)をかくしたまひける。
109 大島彦(おほしまひこ)はただちに(あま)磐船(いはふね)()り、110従者(じゆうしや)をともなひ空中(くうちゆう)(かぜ)をきつて竜宮城(りゆうぐうじやう)到着(たうちやく)し、111大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(えつ)をこひ、112八王神(やつわうじん)退隠(たいいん)(けん)につき、113裁断(さいだん)(くだ)されむことを奏請(そうせい)したりける。114ここに大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)は、115すぐさま()高天原(たかあまはら)大宮(おほみや)にいたりて国直姫命(くになほひめのみこと)拝謁(はいえつ)し、116前述(ぜんじゆつ)次第(しだい)逐一(ちくいち)奏上(そうじやう)し、117神勅(しんちよく)降下(かうか)(ねが)ひしに、118国直姫命(くになほひめのみこと)衣服(いふく)(あらた)め、119身体(しんたい)(きよ)め、120大神殿(だいしんでん)(すす)みいり、121(うやうや)しく神勅(しんちよく)()ひたまひ、122大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(ちか)()し、123容姿(ようし)をあらため(おごそ)かに神示(しんじ)のおもむきを伝達(でんたつ)されたり。124その神示(しんじ)大要(たいえう)は、
125磐玉彦(いはたまひこ)(とほ)神代(かみよ)よりの御魂(みたま)因縁(いんねん)によりて、126崑崙山(こんろんざん)八王神(やつわうじん)聖職(せいしよく)(はい)するは(うご)かすべからざる神界(しんかい)一定不変(いつていふへん)経綸(けいりん)なり。127(きみ)万古(ばんこ)(きみ)たるべく、128(しん)はまた万古末代(まんごまつだい)(しん)たるべし。129(わう)にして(しん)となり、130あるひは下賤(げせん)地位(ちゐ)(くだ)り、131(しん)にしてたちまち(わう)(くらゐ)(すす)むごときは、132天地(てんち)真理(しんり)違反(ゐはん)し、133かつ大神(おほかみ)御神慮(ごしんりよ)無視(むし)するものなり。134神勅(しんちよく)一度(ひとたび)(いで)てはふたたびこれを更改(かうかい)すべからず。135(かみ)一言(いちげん)日月(じつげつ)のごとく(あき)らかにして一毫(いちがう)(をか)すべからず。136かつ名位(めいゐ)(かみ)賦与(ふよ)する正欲(せいよく)にして、137長者(ちやうじや)たるものの()くべからざる栄誉(えいよ)なり。138磐玉彦(いはたまひこ)いかなればかかる明瞭(めいれう)なる問題(もんだい)提出(ていしゆつ)して、139大神(おほかみ)御神慮(ごしんりよ)(なや)ませ(たてまつ)るぞ。140たとへ()くるも()するもみな大神(おほかみ)御心(みこころ)のままなり。141一時(ひととき)(はや)片時(かたとき)もすみやかに神慮(しんりよ)反省(はんせい)し、142もつて神勅(しんちよく)のまにまに八王神(やつわうじん)聖職(せいしよく)奉仕(ほうし)し、143今後(こんご)ふたたびかかる問題(もんだい)提出(ていしゆつ)神慮(しんりよ)(わづら)はすこと(なか)れ』
144との厳命(げんめい)なりける。
145 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)神示(しんじ)(はい)し、146(うやうや)しく(れい)()べ、147大島彦(おほしまひこ)(ちか)(まね)きて、148神示(しんじ)詳細(しやうさい)諭達(ゆたつ)したまへり。
149 大島彦(おほしまひこ)はおほいに(よろこ)(いそ)崑崙山(こんろんざん)飛還(ひくわん)し、150八王神(やつわうじん)一切(いつさい)神示(しんじ)(うやうや)しく復命(ふくめい)奏上(そうじやう)したりけり。151(もと)より正義(せいぎ)純直(じゆんちよく)八王神(やつわうじん)は、152神勅(しんちよく)(おも)ンじ前非(ぜんぴ)()い、153ふたたび(もと)聖職(せいしよく)につき、154その()数百年(すうひやくねん)のあひだは、155(じつ)至治(しぢ)至楽(しらく)156泰平(たいへい)聖代(せいだい)継続(けいぞく)されたり。157神命(しんめい)(をか)すべからざるは、158これにても(うかが)()らるべし。
159大正一〇・一一・二〇 旧一〇・二一 出口瑞月録)
160(第二一章~二三章 昭和一〇・一・一六 於亀の井旅館 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。