霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 信仰(しんかう)(ちから)〔一一二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第4篇 鬼城山 よみ:きじょうざん
章:第12章 信仰の力 よみ:しんこうのちから 通し章番号:112
口述日:1921(大正10)年11月15日(旧10月16日) 口述場所: 筆録者:土井靖都 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
村幸彦は鬼城山周辺で情報収集をしていたが、清熊らに見つかって捕まり、言霊別命の居場所を白状するようにと責められた。
悪神らは氷の張った池に村幸彦を沈めて責め立てたが、村幸彦は天津祝詞を心中に奏上すると、凍え死にするどころか、身体から煙が立ち上って寒気すら覚えなかった。これは村幸彦の信仰の力と、国治立命の神助によるものであった。
悪神らは竹箒で、次に鉄棒で村幸彦を打ち据えたが、村幸彦は痛痒も感じなかった。最後には美山彦は怒って大刀で切りつけたが、逆に剣は曲がって刃こぼれし、槍の穂先も葱のように曲がってしまう有様であった。
この神徳を目の当たりにした美山彦・国照姫はついに感じ入り、改心して鬼城山を明け渡し、地の高天原に参向することになった。ここに真鉄彦、元照彦が鬼城山の八王八頭神として着任することができた。
天地の律法は厳格であるが、根本からまた改心した者は直ちに許される。悪逆無道の限りを尽くした美山彦・国照姫も許されて、地の高天原の神業に参画することになったのは、大神の無限の仁慈の賜物である。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0312
愛善世界社版:73頁 八幡書店版:第1輯 286頁 修補版: 校定版:75頁 普及版:32頁 初版: ページ備考:
001 ここに村幸彦(むらさちひこ)言霊別命(ことたまわけのみこと)内命(ないめい)により、002ふたたび鬼城山(きじやうざん)にとつて(かへ)し、003城内外(じやうないぐわい)偵察(ていさつ)苦心(くしん)しゐたり。004あるとき猿世彦(さるよひこ)005清熊(きよくま)らの一行(いつかう)城外(じやうぐわい)において出会(しゆつくわい)したり。006清熊(きよくま)村幸彦(むらさちひこ)姿(すがた)()るなり(ただ)ちに従臣(じゆうしん)らに(めい)じ、007四方(しはう)より包囲(はうゐ)して(なん)なくこれを捕縛(ほばく)せしめ、008(ただ)ちに城内(じやうない)()(かへ)り、009言霊別命(ことたまわけのみこと)所在(ありか)をきびしく訊問(じんもん)したりける。010村幸彦(むらさちひこ)(そら)とぼけて、
011言霊別命(ことたまわけのみこと)城内(じやうない)にましまさむ。012(なんぢ)らは(なに)狼狽(らうばい)して(われ)(むか)つてかかる奇問(きもん)(はつ)し、013かつ(われ)らを捕縛(ほばく)せしや、014(おも)ふに(なんぢ)らは酒興(しゆきよう)のあまり、015滑稽(こつけい)にも(われ)愚弄(ぐろう)する心算(しんざん)ならむか。016いやしくも天使(てんし)言霊別命(ことたまわけのみこと)従臣(じゆうしん)なり。017いかに卑怯(ひけふ)未練(みれん)(みこと)なりとて、018(なに)(くる)しみて城内(じやうない)をひそかに脱出(だつしゆつ)するの(えう)あらむや、019囈語(じやうだん)もほどほどにせられよ』
020大口(おほぐち)()けてからからと打笑(うちわら)ひける。021城内(じやうない)魔神(ましん)どもは真剣(しんけん)になり、022たちまち憤怒(ふんど)(いろ)(あら)はし、023口々(くちぐち)(ののし)りつつ執念深(しふねんぶか)くも、
024(みこと)所在(ありか)(なんぢ)()るならむ、025逐一(ちくいち)白状(はくじやう)におよべ』
026とたたみかけて(きび)しく訊問(じんもん)()(はな)ちしが、027村幸彦(むらさちひこ)神色自若(しんしよくじじやく)として(なん)(おそ)るるところなく、028ますます(そら)とぼけて(わら)ひくづれける。
029 魔神(ましん)どもは、
030『かかる狂人(きちがひ)相手(あひて)とするはあたかも暖簾(のれん)腕押(うでお)しをなすがごとし。031エエ面倒(めんだう)なり、032此奴(こやつ)衣類(いるゐ)()がせ、033冷水(ひやみづ)頭上(あたま)より()びせかけ、034逆上(のぼせ)()げやらむ』
035といふより(はや)()つてたかつて真裸(まつぱだか)となし、036(こほり)()りつめたる池端(いけばた)()れゆき、037(こほり)()(やぶ)り、038池中(ちちゆう)(おとしい)れ、039頭上(づじやう)よりは長柄(ながえ)柄杓(ひしやく)をもつて幾千杯(いくせんばい)ともなく、040(みづ)(かは)るがはる()びせかけたり。
041 村幸彦(むらさちひこ)心中(しんちゆう)(ふか)(かみ)(ねん)じ、042小声(こごゑ)になりて天津祝詞(あまつのりと)をしきりに奏上(そうじやう)しつつ、043たちまち身体(しんたい)()え、044(こご)()するかと(おも)ひきや、045村幸彦(むらさちひこ)身体(しんたい)よりは濛々(もうもう)湯煙(ゆけぶり)たち(のぼ)り、046(すこ)しも寒気(かんき)(かん)ぜず、047悠々(いういう)として()()りしごとき愉快(ゆくわい)にみちたる顔色(かほいろ)微笑(びせう)をうかべ、
048『ヤイ魔神(ましん)049()(あつ)いぞ、050(すこ)(みづ)をくれないか』
051大声(おほごゑ)(わら)ひける。052魔神(ましん)どもは一体(いつたい)合点(がつてん)ゆかず、053かかる厳寒(げんかん)(そら)投込(なげこ)まれその(うへ)幾千杯(いくせんばい)とも(かぎ)りなき寒水(かんすゐ)頭上(づじやう)より()びせかけられ、054神色自若(しんしよくじじやく)として、055(なん)苦痛(くつう)(かん)ぜざるのみか(あまつ)さへ……この()(あつ)い、056(すこ)(みづ)をくれ……とは正気(しやうき)沙汰(さた)にあらざるべし。057かかる大狂人(おほきちがひ)をいつまでも池中(ちちう)(とう)じて(くる)しめむとするも(なん)(えき)なしと、058つひに村幸彦(むらさちひこ)(すく)()げたりしが、059村幸彦(むらさちひこ)身体(しんたい)よりは(さか)ンに湯煙(ゆけぶり)たち(あが)りけり。060これまつたく村幸彦(むらさちひこ)信仰(しんかう)(ちから)と、061国治立命(くにはるたちのみこと)(あつ)神助(しんじよ)によるものなりけり。
062 美山彦(みやまひこ)063国照姫(くにてるひめ)はこの奇瑞(きずゐ)(いぶ)かり、064このたびは赤裸(はだか)のまま北風(きたかぜ)()(すさ)廊下(らうか)(はしら)村幸彦(むらさちひこ)(しば)りつけ、065()(たか)りて嘲笑罵詈(てうせうばり)をきはめ、066かつ、
067(なんぢ)大狂乱(おほきちがひ)大馬鹿者(おほばかもの)ぞ。068()かけによらぬ土間助(どますけ)よ』
069といひつつ竹箒(たけばうき)をあまた(たづさ)へきたり、070四方(しはう)八方(はつぱう)より(あたま)といはず(かほ)といはず身体(しんたい)一面(いちめん)を、071あるひは()(ある)ひは()き、072つひには竹箒(たけばうき)()にて頭部(とうぶ)幾百千(いくひやくせん)ともなくなぐりつけたり。073されど村幸彦(むらさちひこ)(なん)苦痛(くつう)(かん)ぜず、074平然(へいぜん)として(ゑみ)(ふく)み、
075鬼城山(きじやうざん)魔神(ましん)どもの腕力(わんりよく)(よわ)さよ』
076(あご)をしやくりて嘲笑(てうせう)したりける。077ここに美山彦(みやまひこ)烈火(れつくわ)のごとく(いきどほ)り、
078(しか)らば(われ)らの(ちから)(あら)はしくれむ。079従臣(じゆうしん)どもは各自(かくじ)鉄棒(てつぼう)(たづさ)へきたつて、080(かれ)面上(めんじやう)(ちから)にまかせて()ちすゑ粉砕(ふんさい)せよ』
081(めい)ずれば、082(つる)一声(ひとこゑ)従臣(じゆうしん)どもはたちまち鉄棒(てつぼう)かざして(あら)はれ、083前後(ぜんご)左右(さいう)より村幸彦(むらさちひこ)(ちから)かぎりに頭部(とうぶ)面部(めんぶ)(きら)ひなく()ちすゑたり。084されど村幸彦(むらさちひこ)心中(しんちゆう)(ふか)(かみ)(ねん)じ、085天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)しつつありしためか、086さしも(はげ)しき鉄棒(てつぼう)乱打(らんだ)鎧袖(がいしう)一触(いつしよく)(かん)じもなく、087(くち)をきはめて魔神(ましん)どもの非力(ひりよく)嘲笑(てうせう)したり。088(かれ)らはますます(いか)り、089つひには面上(めんじやう)()がけて、090各自(かくじ)痰唾(たんつば)()きかけ(はづかしめ)むとしたるに、091いかがはしけむ、092いづれの痰唾(たんつば)村幸彦(むらさちひこ)面上(めんじやう)にいたらず中空(ちうそら)()びあがり、093たちまち落下(らくか)して各自(かくじ)面上(めんじやう)に、094数十倍(すうじふばい)(りやう)数十倍(すうじふばい)汚穢(をえ)とを()して(たき)のごとくに()りきたりぬ。
095 美山彦(みやまひこ)はおのれの()()したる痰唾(たんつば)(たた)られ、096面部(めんぶ)一面(いちめん)布海苔(ふのり)()びたるごとく、097青白(あをじろ)瓜実顔(うりざねがほ)は、098たちまち紙雛(かみびな)をなめて()きだしたるごとき滑稽(こつけい)なる顔貌(がんばう)とはなりにける。
099 美山彦(みやまひこ)はますます(いか)大刀(だいたう)()きはなち、100村幸彦(むらさちひこ)()つてかかれども、101村幸彦(むらさちひこ)身体(しんたい)石地蔵(いしぢざう)のごとく、102()れども()けども(なん)(こた)へもなく、103(つるぎ)(まが)()(こぼ)れ、104たちまち(のこぎり)()のごとくなりにける。105こんどは美山彦(みやまひこ)(おく)()り、106ねぢ鉢巻(はちまき)赤褌(あかふんどし)107(はかま)股立(ももだち)(たか)くからげ、108大身(おほみ)(やり)をしごきながら、109村幸彦(むらさちひこ)胸先(むなさき)()がけて「エヽ」と一声(いつせい)110電光石火(でんくわうせきくわ)(いきほひ)をもつて突込(つきこ)みしが、111いかがはしけむ、112(やり)穂先(ほさき)(ねぎ)()のごとく(もろ)くも(まが)り、113美山彦(みやまひこ)(そら)()いて、114ひよろひよろと数十間(すうじつけん)ばかり前方(ぜんぱう)(はし)り、115どつとばかりに(たふ)れける。116このとき高手(たかて)小手(こて)(いましめ)られたる(ふと)麻縄(あさなは)()村幸彦(むらさちひこ)はからからとうち(わら)ひ、
117『かかる(くさ)(なは)(われ)にかけて(なん)とする。118いらざる戯事(じやれごと)をすな。119鼻屎(はなくそ)にて(まと)()りしごとき(なんぢ)らの計画(けいくわく)120(じつ)失笑(しつせう)(あたひ)す』
121といひも(をは)らず、122「エヽ」の一声(いつせい)123さしもの(つよ)太縄(ふとなは)もばらばらに寸断(すんだん)されたり。124この様子(やうす)最前(さいぜん)より(うかが)ひゐたる須賀彦(すがひこ)125小桜姫(こざくらひめ)(はし)りきたつて両手(りやうて)をつき、126村幸彦(むらさちひこ)にむかつて、
127貴下(きか)如何(いか)なる(たつと)(つよ)神人(しんじん)にましますぞや。128(われ)らはここに前非(ぜんぴ)()ひ、129真情(まごころ)より反逆(はんぎやく)(つみ)(しや)(たてまつ)る』
130(おそ)るおそる()べたてたり。131(そば)にありし美山彦(みやまひこ)132国照姫(くにてるひめ)(こゑ)をはなつて号泣(がうきふ)し、133神徳(しんとく)威大(ゐだい)なるに(かん)じ、134(ゆめ)のさめたるごとく(はじ)めて本心(ほんしん)()(かへ)り、135大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)直命(ちよくめい)(ほう)じ、136鬼城山(きじやうざん)をこころよく()(わた)し、137一同(いちどう)従臣(じゆうしん)(ひき)ゐて()高天原(たかあまはら)参向(さんかう)し、138帰順(きじゆん)()(へう)し、139犬馬(けんば)(らう)()らむことを(ちか)ひける。
140 ここに目出度(めでたく)鬼城山(きじやうざん)真鉄彦(まがねひこ)141八王神(やつわうじん)となつて、142灰色(はひいろ)(たま)(みづ)御舎(みあらか)(つか)へまつりて(うやうや)しく鎮祭(ちんさい)し、143元照彦(もとてるひこ)八頭神(やつがしらがみ)となり、144真鉄姫(まがねひめ)145元照姫(もとてるひめ)(とも)城内(じやうない)にとどまり、146(をつと)補佐(ほさ)(つと)むることとなりける。
147 天地(てんち)律法(りつぱう)はもつとも厳重(げんぢう)にして毫末(がうまつ)(をか)すべからざるものとはいへども、148発根(ほつごん)より改心(かいしん)(みと)められたる(とき)(ただ)ちにこれを(ゆる)さるるものなり。149(じつ)改心(かいしん)にまさる結構(けつこう)()かるべし。150(げん)悪逆無道(あくぎやくぶだう)(きは)みをつくしたる美山彦(みやまひこ)151国照姫(くにてるひめ)(つみ)(ゆる)し、152()高天原(たかあまはら)神業(しんげふ)参加(さんか)せしめたまひしは、153大神(おほかみ)無限(むげん)御仁慈(ごじんじ)発露(はつろ)といふべし。
154大正一〇・一一・一五 旧一〇・一六 土井靖都録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。