霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四〇章 (くに)広宮(ひろみや)〔一四〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第10篇 神政の破壊 よみ:しんせいのはかい
章:第40章 国の広宮 よみ:くにのひろみや 通し章番号:140
口述日:1921(大正10)年12月07日(旧11月09日) 口述場所: 筆録者:外山豊二 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
国直姫命が突然昇天した後、地の高天原は混乱に陥っていた。
大八洲彦命らは神殿を造営し、国直姫命の神霊を奉安して神助を得、地の高天原を収拾しようとした。
しかし竜山別一派は神殿造営に極力反対した。しかし神国別らの重臣たちも神殿造営に賛成したため、天の原という清浄の地に、国の広宮という神殿が造営された。
造営が終わると、たちまち神殿が鳴動して美山彦、竜山別らの一派を強烈な光線が照らし出した。すると、彼らの身体からは悪狐・悪狸らが数限りなく飛び出して、どこかへ逃げてしまった。
美山彦らは内なる悪を暴かれてすごすごと立ち去ったが、第二の策略をめぐらしていた。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0340
愛善世界社版:237頁 八幡書店版:第1輯 344頁 修補版: 校定版:241頁 普及版:106頁 初版: ページ備考:
001 国直姫命(くになほひめのみこと)上天(しようてん)されしより、002()高天原(たかあまはら)も、003竜宮城(りゆうぐうじやう)綱紀(かうき)紊乱(びんらん)して、004諸神司(しよしん)日夜(にちや)暗闘(あんとう)をつづけ、005ほとんど収拾(しうしふ)すべからざるに(たち)いたりぬ。006ここに大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)007神国別命(かみくにわけのみこと)国直姫命(くになほひめのみこと)神霊(しんれい)奉安(ほうあん)し、008神助(しんじよ)をえて()高天原(たかあまはら)統治(とうぢ)せむことを(くはだ)てたまひぬ。
009 このとき竜山別(たつやまわけ)010広若(ひろわか)011船木姫(ふなきひめ)らの一派(いつぱ)神殿(しんでん)造営(ざうえい)極力(きよくりよく)反抗(はんかう)し、012竜山別(たつやまわけ)大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)にむかひ、
013国直姫命(くになほひめのみこと)は、014すでに上天(しやうてん)したまひたれば、015肉身(にくしん)ある(かみ)にあらず。016(かみ)はすべて(れい)にして、017形体(けいたい)なし。018いたづらに土木(どぼく)(おこ)し、019神殿(しんでん)造営(ざうえい)するは、020かへつて天地(てんち)神慮(しんりよ)(そむ)くものなり。021(かみ)金石木草(きんせきぼくさう)をもつて(つく)りたる社殿(しやでん)には()みたまはざるべし。022(れい)(はい)するには(れい)をもつてせざるべからず。023神殿(しんでん)(つく)りて、024これに拝跪(はいき)するごときは、025いはゆる偶像(ぐうざう)(はい)する悪逆無道(あくぎやくぶだう)行為(かうゐ)にして神慮(しんりよ)(きず)つくるものなり』
026強弁(がうべん)したれば、027広若(ひろわか)028船木姫(ふなきひめ)らも()をうつて、029その(せつ)賛成(さんせい)()(へう)しける。
030 大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)憤然(ふんぜん)として立上(たちあが)り、
031貴下(きか)(げん)一応(いちおう)道理(だうり)のごとく(きこ)ゆれども、032(かみ)(れい)なりとしてこれを放任(はうにん)し、033いたづらに(てん)(はい)するは、034顕幽一致(けんいういつち)神術(かむわざ)(あひ)(はん)するの(はなは)だしきものなり。035(かみ)絶対(ぜつたい)無限(むげん)神霊(しんれい)にして、036かつ無形無声(むけいむせい)にましますは真理(しんり)なれども、037そは宇宙(うちう)大元霊(だいげんれい)たる天之御中主大神(あめのみなかぬしのおほかみ)御事(おんこと)にして、038一旦(いつたん)肉身(にくしん)をもつて地上(ちじやう)顕現(けんげん)されし国直姫命(くになほひめのみこと)のごときは幽神(いうしん)(あら)ず。039今日(こんにち)(けん)幽神(いうしん)として上天(しやうてん)したまへば、040かならず荘厳(さうごん)なる宮殿(きうでん)(つく)り、041神霊(しんれい)祭祀(さいし)神助(しんじよ)(あふ)がざるべからず』
042宣言(せんげん)したまひければ、043神国別命(かみくにわけのみこと)は、044(いち)()もなく大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)(せつ)賛成(さんせい)し、045いよいよ(あま)(はら)といふ聖浄(せいじやう)()(えら)み、046宮殿(きうでん)造営(ざうえい)することとなり、047これを(くに)広宮(ひろみや)ととなへられける。
048 (くに)広宮(ひろみや)には、049宮司(みやつかさ)として武直彦(たけなほひこ)050玉国彦(たまくにひこ)奉仕(ほうし)することとなりぬ。051大八洲彦命(おほやしまひこのみこと)はあまたの神司(かみがみ)とともに、052神霊(しんれい)鎮祭(ちんさい)祭典(さいてん)執行(しつかう)されたりしが、053その()美山彦(みやまひこ)054国照姫(くにてるひめ)055竜山別(たつやまわけ)056広若(ひろわか)057船木姫(ふなきひめ)058田糸姫(たいとひめ)などの面々(めんめん)も、059不承不承(ふしようぶしよう)参列(さんれつ)しゐたりけり。
060 神霊(しんれい)鎮祭(ちんさい)儀式(ぎしき)をはるや、061たちまち神殿(しんでん)鳴動(めいどう)して(とびら)自然(しぜん)(ひら)かれ、062殿内(でんない)よりは強烈(きやうれつ)なる光線(くわうせん)()()るごとく、063美山彦(みやまひこ)064国照姫(くにてるひめ)065広若(ひろわか)066船木姫(ふなきひめ)067田糸姫(たいとひめ)らの面上(めんじやう)射照(いてら)したるに、068神威(しんゐ)におそれて美山彦(みやまひこ)以下(いか)面々(めんめん)は、069その()顛倒(てんたう)し、070ふたたび(おき)あがり()をふり、071身体(しんたい)動揺(どうえう)させ、072(あや)しき(こゑ)をたてて庭前(にはさき)狂気(きやうき)のごとく()びまはりける。
073 しかして美山彦(みやまひこ)以下(いか)身体(しんたい)よりは銀毛八尾(ぎんまうはちぴ)白狐(びやくこ)074古狸(ふるだぬき)(とう)数限(かずかぎ)りもなく(あら)はれ、075たちまち妖雲(えううん)()きおこし、076(くも)(かく)れてどこともなく散乱(さんらん)したりける。077(くに)広宮(ひろみや)は、078天神地祇(てんじんちぎ)諸神(しよしん)審神(さには)をなす聖場(せいぢやう)(さだ)まりてより、079美山彦(みやまひこ)080国照姫(くにてるひめ)081竜山別(たつやまわけ)呆然(ばうぜん)として気抜(きぬ)けせしごとく、082神司(かみがみ)らの(まへ)をはづかしげにすごすごとして竜宮城(りゆうぐうじやう)()ちいたり、083第二(だいに)計画(けいくわく)をめぐらしにける。
084大正一〇・一二・七 旧一一・九 外山豊二録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
6/22【霊界物語ネット】王仁三郎の道歌集『大本の道』を掲載しました。
6/16【霊界物語ネット】URLを「http:~」から「https:~」に移行しました。
6/15王仁三郎ドット・ジェイピーURLを「http:~」から「https:~」に移行しました。