霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(いづ)(みづ)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:厳と瑞 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1926(大正15)年10月号 八幡書店版:43頁 愛善世界社版:69頁 著作集: 第五版:54頁 第三版:54頁 全集:355頁 初版:40頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg034
001 大本(おほもと)経綸(けいりん)は、002(たて)(よこ)003(いづ)(みづ)とによつて御神業(ごしんげう)進展(しんてん)しつつあるが、004兎角(とかく)(みづ)(みたま)御神業(ごしんげう)役員(やくゐん)信者(しんじや)(わか)らない()め、005御神業(ごしんげう)進展(しんてん)のため、006どの(くらゐ)支障(ししやう)()たして()るか(わか)らぬ。007(いま)でも(おな)(こと)であるが、008(むかし)(くら)べると余程(よほど)仕事(しごと)がしよくなつて()た。009それは役員(やくゐん)さんも信者(しんじや)さんも、010だんだん向上(こうじやう)進歩(しんぽ)して、011(わたし)仕事(しごと)について理解(りかい)をもつて()れるやうになつたからである。012(むかし)は、013漢字(かんじ)()いた(ほん)()めばすぐ、014外国(ぐわいこく)悪霊(あくれい)()いて()るのであると(わたし)()めた(くらゐ)であるから、015周囲(しうゐ)()(ひと)漢字(かんじ)()めた(ひと)一人(ひとり)()い、016神様(かみさま)はお(いそ)ぎなさるし、017(わたし)本当(ほんたう)(こま)つた。018(うち)(もの)手伝(てつだい)をして()れるものは皆無(かいむ)だし、019せめて(かく)()()める(ひと)()しいと(おも)ひ、020(くる)しい手許(てもと)(なか)から、021月々(つきづき)二十円(にじふゑん)(あま)りも()して或人(あるひと)学校(がくかう)にやつて卒業(そつげう)させた。022やれこれで(すこ)()()きの(はう)助手(じよしゆ)出来(でき)たから仕事(しごと)(はじ)めやうと(おも)ふと、023(また)(みな)矢釜敷(やかまし)()ふて(そば)()せつけないやうにして仕舞(しま)つた。024(その)(ころ)(わたし)()もよかつたし、025活字(くわつじ)なんかも一人(ひとり)(ひろ)うたが、026せめて(たれ)一人(ひとり)助手(じよしゆ)()しいと痛切(つうせつ)(おも)つた。027けれど漢字(かんじ)()むものが(わたし)(そば)によると、028すぐ悪魔(あくま)(あつか)ひをして退(しりぞ)けて仕舞(しま)ふのだから仕方(しかた)()い、029その(ころ)(こと)(おも)へば(いま)(なん)()ふても結構(けつこう)なものだ。030綾部(あやべ)御神苑(ごしんゑん)建設(けんせつ)するについても妨害(ばうがい)ばかり()けたものである。031(わたし)教祖様(けうそさま)のお(たの)みで(いけ)()らうと(おも)ひ、032地所(ぢしよ)()うておいた、033そしてそれを(きよ)める()めに二三年(にさんねん)(くさ)()やして(はう)つておいた。034さうすると二代(にだい)(おこ)つて「勿体(もつたい)ない、035こんな荒地(あれち)にしておいては神様(かみさま)御気勘(ごきかん)(かな)はない」と()ふて大根(だいこん)(ねぎ)()人糞(じんぷん)肥料(ひれう)をかけて(けが)して仕舞(しま)ふ。036(わたし)()いておくと(また)()える、037こんな(こと)ばかりして()つとも(おも)ふやうに()かなかつた。038「よく(わけ)仰有(おつしや)つて、039理解(りかい)してお(もら)ひになりましたら、040二代様(にだいさま)(けつ)してそんな(こと)(あそ)ばさなかつたでは御座(ござ)いますまいか」と()ふのか……。041それを()へば神様(かみさま)御経綸(おしぐみ)邪魔(じやま)()るでは()いか、042悪魔(あくま)のさやる()(なか)043饒舌家(おしやべり)(おほ)()(なか)だ、044(その)()神苑(しんゑん)になるのだと()かれば(たちま)地所(ぢしよ)価格(かかく)騰貴(とうき)するでは()いか、045まだまだ(つぎ)(つぎ)へと買収(ばいしう)して()かなければならないのだから、046不如意(ふによい)大本(おほもと)経済(けいざい)としては此点(このてん)十分(じふぶん)考慮(かうりよ)せねばならぬ。047それだから、048(つま)にも()にも(たれ)にも()へないのである。
049 (また)(いま)綾部(あやべ)小学校(せうがくかう)(まへ)敷地(しきち)には小松(こまつ)(なへ)()えておいて、050神苑(しんゑん)出来上(できあが)つた(ころ)移植(いしよく)する計画(けいくわく)()てておいたのだが、051(その)(ころ)(なへ)一本(いつぽん)三厘(さんりん)か、052四厘(よりん)しかせなかつた。053いよいよ神苑(しんゑん)出来上(できあが)つて、054植木(うゑき)必要(ひつえう)となつた(ころ)には()なり(おほ)きくなつて()て、055一本(いつぽん)()はずに()んだのだが、056(わたし)(この)胸中(きようちう)()らぬ二代(にだい)(また)(ねこ)(ひたい)ほどの(ところ)へも食物(たべもの)()えよと御神諭(ごしんゆ)にあるのに、057こんな松苗(まつなへ)なんか()えといてはどもならぬ」と()うて()いて()てて仕舞(しま)ふ。058(わたし)(また)()えてやる、059また()く、060かうして二代(にだい)始終(しじう)暗闘(あんとう)(つづ)けたものだ。061「さういふ御戦(おたたか)ひを、062教祖様(けうそさま)はどうお(あつか)ひになりましたか」と()くのか、063教祖様(けうそさま)はいつも「先生(せんせい)のなさるままにしておけ」と仰有(おつしや)るのだけれど、064二代(にだい)が「それでも御神諭(ごしんゆ)にはかういふ(ふう)()()ます」と申上(まをしあげ)ると「成程(なるほど)さうだな」と()はれて、065(わたし)(むか)つて(おこ)られ、066松苗(まつなへ)(みな)()いて仕舞(しま)ふやうにと()はれる。067(わたし)(こた)へて「(わたし)神様(かみさま)(あふ)せの(とほ)りにして()るのです。068貴女(あなた)()られないでも貴女(あなた)神様(かみさま)はよく()つて()られます。069()いて()なはれ」と()ふと教祖様(けうそさま)御神前(ごしんぜん)(ぬか)づいて(うかが)ひを()てられ「神様(かみさま)先生(せんせい)(おも)(とほ)りにさしておけと仰有(おつしや)る」と()はれ、070それでおしまひになる。071こんな(こと)度々(たびたび)あつた。