霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

断食(だんじき)(こと)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:断食の事 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1928(昭和3)年01月号 八幡書店版:162頁 愛善世界社版:34頁 著作集: 第五版:127頁 第三版:127頁 全集:402頁 初版:117頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg104
001 (しよく)すべき食物(しよくもつ)豊富(ほうふう)にある(とき)002断食(だんじき)しても、003それは断食(だんじき)にはならない、004宣伝(せんでん)にいつて(しよく)するものが()かつたり、005(いそが)しくて食事(しよくじ)する()()くて、006()べたり()べなかつたりする場合(ばあひ)(しん)断食(だんじき)になるので、007それが三度(さんど)(つづ)けば一日分(いちにちぶん)断食(だんじき)した(こと)になるのである。008それがおかげである。
009 昭和(せうわ)二年(にねん)十月(じふぐわつ)或日(あるひ)(こと)010筆者(ひつしや)聖師様(せいしさま)のお(とも)して大阪(おほさか)(ぼう)会社(くわいしや)(まゐ)りました。011会社(くわいしや)では附近(ふきん)土地(とち)御検分(ごけんぶん)(ねが)()めにおいでをお(ねが)ひしたのでした。012午前(ごぜん)十一時(じふいちじ)(ごろ)()きになりましたので、013会社側(くわいしやがは)では御中食(ごちうしよく)差上(さしあげ)るとて、014(その)(こと)申出(まをしで)られました。015聖師様(せいしさま)(かる)く「御飯(ごはん)()まして(まゐ)りました、016どうかお(かま)ひなく」と(こと)わられました。017(じつ)聖師様(せいしさま)もお食事(しよくじ)はしては()られず、018随員(ずいゐん)(たち)頂戴(ちやうだい)しては()りませんでした。019それから電車(でんしや)にのせられ、020下車(げしや)して一里(いちり)ばかりの山道(やまみち)(ある)かされました。021(ばん)(まで)には()なりお(なか)がペコペコになつて(まゐ)りました。022晩餐(ばんさん)(のち)聖師様(せいしさま)上記(じやうき)のお(はなし)をして(くだ)さいまして「(みな)さん今日(けふ)(さだ)めしお(なか)()いたであらう。023(じつ)(みな)さんに断食(だんじき)をさしてやらうと(おも)つて、024(わざ)とにああ()うて(ことわ)つたのだ、025(みな)さんはおかげを(もら)ふた」とお(はな)(くだ)さいました。026随員(ずいゐん)一同(いちどう)(ふか)御神恩(ごしんおん)感謝(かんしや)いたしました。027聖師様(せいしさま)はつづいて(あふ)せられました「假令(たとへ)断食(だんじき)しても、028神様(かみさま)御為(おんた)(はたら)かして(いただ)くと()決心(けつしん)をして(いつ)月間(げつかん)(その)(まこと)(いた)せば、029神様(かみさま)はその赤誠(せきせい)(よみ)したもふて、030其後(そののち)きつと結構(けつこう)にして(くだ)さる。031(いつ)(げつ)断食(だんじき)()ふのは引続(ひきつづ)いて(いつ)(げつ)断食(だんじき)すると()ふやうな苦業(くげう)ではなく、032一日(いちにち)()べん()があつたり、033二日(ふつか)()べん()があつたり、034それが(つも)つて(いつ)(げつ)になると()(こと)なので、035それも(まへ)()(とほ)自分(じぶん)()でしては断食(だんじき)にならぬ。036窮乏(きうばふ)して食物(しよくもつ)()くなつて、037()べやうにも()べられないやうになつたり、038(くさ)(しとね)旅枕(たびまくら)039宣伝(せんでん)(たび)にのぼつて、040(かね)()くなり、041食物(しよくもつ)(あた)へて()れるものもないで()むを()ず、042断食(だんじき)すると()ふやうなので()ければ、043神様(かみさま)から(みと)めらるる断食(だんじき)にはならぬのである。