霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

神示(しんじ)若返(わかがへ)(はふ)

インフォメーション
鏡:水鏡 題名:神示の若返り法 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1926(大正15)年03月号 八幡書店版:440頁 愛善世界社版:195頁 著作集:311頁 第五版:205頁 第三版:205頁 全集:449頁 初版:198頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg161
001 年寄(としと)ると(たれ)でも(しわ)()るが、002この(しわ)()らないやうにするには、003平素(へいそ)から(かほ)(からだ)(あら)(かた)注意(ちうい)せねばならぬ。004(すで)()つた(しわ)()いやうにして、005(わか)艶々(つやつや)しくなるやうにするにも(また)006()(とほ)りすればよいのである。
007 (かほ)(けつ)して石鹸(せつけん)や、008糠袋(ぬかぶくろ)(あら)つてはいけない、009(ただ)(てのひら)には天然(てんねん)(あた)へられたる脂肪(しばう)(つね)分泌(ぶんぴ)してゐる、010この脂肪(しばう)こそは、011(かほ)(からだ)(あら)ふに(もつと)適当(てきたう)なる洗料(せんれう)である。012これ以上(いじやう)結構(けつこう)洗料(せんれう)()い、013(ぬか)石鹸(せつけん)顔面(がんめん)脂肪(しばう)(おほ)()るから、014(その)(とき)(あか)がよく()ちてさつぱりするやうな()がするけれど、015これが(しわ)のよる原因(げんいん)となるのである。016顔面(がんめん)上皮(うはかは)(ごく)(うす)いもので、017其下(そのした)には医師(いし)()らぬやうな、018(ほそ)(ほそ)脂肪腺(しばうせん)が、019無数(むすう)にあるのであるから、020(かほ)をひどくこすると、021この脂肪腺(しばうせん)をグヂヤグヂヤにして仕舞(しま)ふ。022(たと)へば、023(うす)(うす)(かみ)(こす)れば(しわ)がよると同様(どうやう)である。024(てのひら)(しづか)(しづか)()でるやうにして(あら)はねばならぬ。025(てのひら)(やはら)かさは(もつと)顔面(がんめん)(あら)ふに(てき)して()る。026手拭(てぬぐひ)などのやうな(かた)いもので(こす)つては(たま)らぬ。027かくの(ごと)(てのひら)(しづか)(しづか)()(あら)(こと)によつて、028皮下(ひか)脂肪腺(しばうせん)がふつくりとして()て、029いつ(まで)(その)若々(わかわか)しさを(たも)()るのである。030あまり(こす)つて(いつ)たんつぶれて仕舞(しま)つた(ひと)は、031下記(かき)(ごと)くして、032(その)回復(くわいふく)()たねばならぬ。033それは、034タオルを微温湯(びおんたう)につけて、035(これ)(かほ)()て、036五分間(ごふんかん)(くらゐ)()す、037かくすれば皮下(ひか)脂肪腺(しばうせん)(くち)(ひら)いて自然(しぜん)(した)から掃除(さうぢ)出来(でき)るのである。038(また)だんだんと、039脂肪腺(しばうせん)旧状態(きうじやうたい)回復(くわいふく)して()て、040小皺(こじわ)がのびて()る。041かくて(のち)タオルでこすることなく、042(おさ)へるやうにして(みづ)払拭(ふつしき)し、043(その)(うへ)(をんな)ならば薄化粧(うすげしやう)でもすると、044(にじ)()した脂肪(しばう)は、045白粉下(しろいした)作用(さよう)をなして、046綺麗(きれい)になる。047この方法(はうはふ)度重(たびかさ)ねて()ると、048年老(としと)つた(ひと)段々(だんだん)(わか)(うつく)しくなる。049(からだ)同様(どうやう)050(てのひら)(あら)ふのが、051一番(いちばん)である。052(ただ)(こし)から(した)天国(てんごく)相応(さうおう)しない(ところ)であるから、053石鹸(せつけん)使用(しよう)しても(かま)はぬ、054(ただ)石鹸(せつけん)使用(しよう)する(ひと)は、055(からだ)臭気(しうき)があつていけない。
056筆者附記
057 (みぎ)(うけたま)はつた体的(たいてき)若返(わかがへ)(はふ)大体(だいたい)です。058そしてこの(とほ)実行(じつかう)して()るものは、059実際(じつさい)()()(しわ)()若返(わかがへ)りつつあります。060(ただ)(たれ)もが(おも)()つて従来(じゆうらい)使用(しよう)(きた)つた石鹸(せつけん)(ぬか)()てられないやうですが、061それでは駄目(だめ)です。062主一無適(しゆいつむてき)標榜(へうばう)しつつも、063これだけはいくら聖師様(せいしさま)(あふ)でもさう出来(でき)ぬと、064でもをつけてお言葉(ことば)実行(じつかう)しないと御神徳(ごしんとく)(いただ)けないと同様(どうやう)065石鹸(せつけん)をつかつたり、066(ぬか)をつかつたりすると(また)(あと)もどりを(いた)します。067(ただし)汽車(きしや)旅行(りよかう)などしてひどく068すすけ場合(ばあひ)(やむ)()ないから、069(ぬか)など使(つか)つてもよいとの(こと)御座(ござ)います。