霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
話者名の追加表示 [?]セリフの前に話者名が記していない場合、誰がしゃべっているセリフなのか分からなくなってしまう場合があります。底本にはありませんが、話者名を追加して表示します。[×閉じる]
表示できる章
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

皇国民に激す

インフォメーション
題名:皇国民に激す 著者:出口王仁三郎
ページ:267 目次メモ:
概要: 備考:出典不明 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c082
001 吾々がこの夏以来東奔西走し、002或ひは会員を激励して全国津々浦々に与論を喚起して来た海軍軍備制限条約の廃棄通告を断行することになった事は誠に慶賀に堪へない次第である。003該条約の如きは単に海軍のみの問題ではなく実に皇国国威の問題であり、004大日本皇国の天賦の使命を阻止された重大問題である。005しかしてこれを廃棄する事はいよいよ皇国が東洋の平和を確保しあまねく人類の福祉に貢献する国是に向って第一歩を歩み出したものであり、006皇国の大御稜威を世界に光被せしむる第一声であるのだ。007だがこれからが問題で、008こうした第一歩を踏み出した以上は、009天祖の神勅を奉戴して、010段々乎として天地の正義に立脚し全人類の平和に貢献せねばならない。011或ひは覇道の国々は皇国を孤立に陥れむとするかも知れないし、012或ひは色々の脅喝的態度に出づるかも知れない。013しかしさうした事によっていささかも使命直行の足どりを紊してはならない。014国民は挙国一致、015一糸も紊れず堂々と正義に立って進むべきに進まねばならぬ、016国威を伸張すべき秋である。017前途を慮って重大なる覚悟をすると共に非常なる緊張を要する次第で、018吾々はいよいよ皇道外交確立の前提として、019また皇道精神発揚の秋来れりとして、020天下に雄叫びを続け、021以て皇国にいささか貢献せむことをこの時この際深く覚悟するものである。
 

王仁三郎が著した「大作」がこれ1冊でわかる!
飯塚弘明・他著『あらすじで読む霊界物語』(文芸社文庫)
絶賛発売中!

目で読むのに疲れたら耳で聴こう!
霊界物語の朗読 ユーチューブに順次アップ中!
霊界物語の音読まとめサイト
このページに誤字・脱字や表示乱れなどを見つけたら教えて下さい。
返信が必要な場合はメールでお送り下さい。oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
合言葉「おに」を入力して下さい→