霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

現代と天の岩戸隠れ

インフォメーション
題名:10 現代と天の岩戸隠れ 著者:出口王仁三郎
ページ:28 目次メモ:
概要: 備考:前半部は出典不明、後半部は「神霊界」大正八年十一月一日号所収「随筆」の抜萃 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :B123900c010
001 我が日本神国は、002古来磯輪垣(しわがき)秀妻(ほつま)の国と称へて来ました。003シは水であり、004ワは国土または潮であります。005即ち海水を以て国土の四周を囲ふと云ふ言霊であります。006次に秀妻の国のホは天地万有の始めであって、007かつ日の霊であり、008ツは続き(つら)なるなり、009マは周りなり、010(まなこ)なり、011(まどか)なりの言霊であります。012要するに世界太初に神の造られし神国であって、013天津日嗣の万世一系、014天壌無窮に連続するてふ国名であります。015しかして海の潮は七五三に浪が打つのであります。016故に七五三を国語でシメと云ひます。017七五三(しめ)を天地開闢の初めより惟神に張り回した国は、018我が日本国の地形であります。
019 今までは、020日本はこの七五三(しめ)の内に平和の夢を貪りつつあったのでありますが、021米国の使節ペルリの来航ペリーの黒船来航のことと共に三千年間の七五三(しめ)は撤去されてしまったのであります。022七五三(しめ)が撤去されると共に、023日本人も何時までも松の内のやうに安楽な考へを持ってはをられないやうになって来たのであります。024ついては今日の日本には、025七五三(しめ)が精神的に取り外されてをるから、026外国の危険なる思想がドシドシと遠慮会釈もなく侵入してしまって、027目下のところでは到底政治や教育や法則や宗教の権力(ちから)では如何ともすることが出来ないやうになって来てをるのであります。028即ち現代は神典のいはゆる常夜(とこよ)往く荒ぶる神の音なひは、029五月蝿(さばへ)なすみな湧き、030万妖ことごとく起こり、031山川草木みな動揺(どよ)むの現状であります。
032 かかる乱世天の岩戸隠れに際しては、033どうしても八心(やごころ)思兼(おもひかね)の神の出現して、034天の岩戸開きの大神楽を奏上せねば、035到底このただよへる不祥の現状を救ひ、036五六七(みろく)の神政を永遠に樹立すると云ふことは不可能であります。037今日となっては、038如何なる智者、039学者、040政治家が現はれて、041盤根錯節(ばんこんさくせつ)混みいって解決の難しい事柄の意を料理せむとしても、042既に手遅れであります。043瀕死の病人にカンフル注射をしてみても、044一時の生命を保持するだけのもので、045到底何の役にも立つものでない。046ただこの上は神に任して、047天然力の神の大修秡を願ふより外に方法は絶無であります。048今日の世界に、049どんな立派な有力な人が現はれたところで、050時勢の悪潮流を根本的に清むることはどうしても出来ませぬ。051吾々唯一の頼みの綱とするは、052大国常立尊の万代不易の周到なる御経綸を待つばかりであります。
053 ああ孤立の日本神国、054混乱の極に達せる地上の各国、055二十億の蒼生を救ふの道は、056天津日嗣天皇(あまつひつぎてんわう)御稜威(みいづ)と国祖の御神威の発動と、057吾々国民の思神(ししん)058思君(しくん)059思国(しこく)060思道(しだう)日本魂(やまとだましひ)の発揚の外にないのであります。