霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

()大峠(おほたうげ)信仰(しんかう)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:世の大峠と信仰 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1932(昭和7)年06月号 八幡書店版:78頁 愛善世界社版:58頁 著作集: 第五版:101頁 第三版:102頁 全集: 初版:77頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg551
001 神様(かみさま)人間(にんげん)(かみ)()せて(つく)(たま)うた。002(しか)るに国祖(こくそ)御隠退(ごいんたい)以後(いご)世界(せかい)は、003八頭(やつがしら)八尾(やつを)大蛇(をろち)金狐(きんこ)悪霊(あくれい)004六面八臂(ろくめんはつぴ)邪鬼(じやき)のすさびに(をか)されて、005だんだんと神様(かみさま)(はな)れて悪魔(あくま)(ちか)人間(にんげん)になつて仕舞(しま)つた。006人道(じんだう)()(すた)れ、007()()(ひと)()め、008(くに)のためなど(かんが)ふるものはなく、009ひたすらに私利私欲(しりしよく)にのみ(ふけ)()(なか)になつて仕舞(しま)つた。010この(まま)(すす)んでいつたならば、011世界(せかい)人類(じんるゐ)滅亡(めつばう)するより(ほか)()い。012これはどうしてもここに一大(いちだい)転換(てんくわん)()て、013全人類(ぜんじんるゐ)(まは)(みぎ)断乎(だんこ)として(おこな)はなければならない(こと)になるのである。014悪魔(あくま)(はな)れて神様(かみさま)(むか)はなければならない(とき)()る。015かかる転換(てんくわん)()(あた)つて、016人類(じんるゐ)()なり重大(ぢうだい)なる(くる)しみ(なや)みの(うへ)()たせらるる(こと)必然(ひつぜん)である。017日常(にちじやう)(かみ)(しん)(かみ)(したが)大本(おほもと)信者(しんじや)(うへ)にも(おな)(なや)みは()(きた)るのである。018大本(おほもと)信者(しんじや)のみが(ひと)りこの(くる)しみを(のが)れて、019特別(とくべつ)場面(ばめん)()かるるやうな(むし)のいい(かんが)へをして()たものも往々(わうわう)にして(むかし)はあつたが、020さういふ(わけ)には()かぬ。021(ただ)(しん)信仰(しんかう)にあるものは、022かかる(さい)神様(かみさま)にお(すが)りする(こと)出来(でき)(つよ)みをもつて()る。023そして(つね)(をし)へられつつあつた(こと)によつて、024(さき)如何(いか)になり()くかの見当(けんたう)をつける(こと)出来(でき)る。025この(ふた)つの信念(しんねん)()め、026(ただ)自己(じこ)をのみ(しん)ずる無神無霊魂者(むしんむれいこんしや)より、027(はるか)容易(たやす)くこの難関(なんくわん)()りぬける(こと)出来(でき)るのである。
028 人間(にんげん)(ちから)をのみ(たの)みて生活(せいくわつ)しつつある人々(ひとびと)が、029人力(じんりよく)をもつて如何(いかん)ともする(こと)出来(でき)ない事実(じじつ)遭遇(さうぐう)する(とき)030(その)(なや)みや名状(めいじやう)すべからざるものがあらう。
031 人間(にんげん)(つく)られたるものである。032(つく)(ぬし)たる神様(かみさま)御意志(ごいし)にしたがつて行動(かうどう)してさへ()れば、033間違(まちが)ひないのである。034(きた)らむとする大峠(おほたうげ)(さい)し、035信仰(しんかう)()人々(ひとびと)をそぞろに()(どく)(おも)ふ。