霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

素尊(すそん)稚姫岐美命(わかひめぎみのみこと)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:素尊と稚姫岐美命 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1931(昭和6)年07月号 八幡書店版:34頁 愛善世界社版:40頁 著作集: 第五版:131頁 第三版:131頁 全集: 初版:105頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 神世(かみよ)(むかし)素盞嗚尊(すさのをのみこと)(さま)稚姫岐美命(わかひめぎみのみこと)(さま)との(あひだ)にエロ関係(くわんけい)があつた。002大日孁尊(おほひるめのみこと)(さま)がこれをさとられて、003天津罪(あまつつみ)(をか)したものとして生木(なまき)()くやうにして、004遥々(はるばる)高麗(こま)(くに)稚姫岐美命(わかひめぎみのみこと)(さま)()ひやられた。
005 (かぜ)(あした)(あめ)(ゆふべ)006天教山(てんけうざん)(とほ)(はな)れた異郷(いきやう)にあつて、007(みこと)(こひ)しさに()(あか)姫命(ひめのみこと)(おも)ひに()へかねて、008(からす)羽裏(はねうら)恋文(こひぶみ)(したた)め、009この(せつ)なる(おも)ひの(ねが)はくは途中(とちう)(さまた)げらるる(こと)なく(みこと)(さま)御手(みて)()れかしと(いの)りを()めて(からす)(はな)つた。010(からす)羽裏(はねうら)(ふみ)()いたのは、011(くろ)(すみ)012(たれ)()ても一寸(ちよつと)(わか)らぬやうにと用意(ようい)周到(しうたう)なるお(かんが)へからであつた。
013 (からす)玄海(げんかい)荒浪(あらなみ)をこえ、014中国(ちうごく)(やま)(また)(やま)(はる)下界(げかい)(なが)めつつ(いき)をも(やす)めず、015()びに()んで伊勢(いせ)(くに)まで辿(たど)りついたのである。016この(とき)(からす)はもう極度(きよくど)(つか)れて仕舞(しま)つて、017あはれ稚姫岐美命(わかひめぎみのみこと)()ゆる恋情(おもひ)永久(えいきう)()めて、018(その)()()んで仕舞(しま)つたのである。
019 (いま)のお(からす)神社(じんじや)のあるところが(その)()なのである。020だからお(からす)神社(じんじや)御神体(ごしんたい)は、021この(からす)羽根(はね)だといふ(せつ)がある。
022 此方(こなた)023今日(けふ)明日(あす)かと(みこと)(さま)御返事(ごへんじ)()()びた姫命(ひめのみこと)は、024何時(いつ)(まで)たつても(からす)復命(ふくめい)しないので、025(つひ)()(けつ)して自転倒島(おのころじま)へと(わた)(たま)うたのである。026(しか)しながら何処(どこ)までもこの(こひ)(のろ)はれて、027恰度(ちやうど)高天原(たかあまはら)(おい)ての素盞嗚尊(すさのをのみこと)(さま)もおもひは(おな)恋衣(こひごろも)028朝鮮(てうせん)からの便(たよ)りが一向(いつこう)ないので(いた)(こころ)をなやませたまひ、029姫命(ひめのみこと)にあつて(つも)(おも)ひを()らさむと、030(つひ)(みづか)朝鮮(てうせん)(くだ)られたのである。031(ああ)しかし(みこと)壇山(だんざん)到着(たうちやく)された(とき)は、032姫命(ひめのみこと)(かげ)姿(すがた)()えなかつた。033()(ちが)ひになつたのである。
034 かくて稚姫岐美命(わかひめぎみのみこと)(つひ)紀州(きしう)和歌(わか)(うら)神去(かむさ)りましたのである。035玉津島明神(たまつしまみやうじん)036これが稚姫岐美命(わかひめぎみのみこと)(さま)をお(まつ)申上(まをしあ)げたものである。