霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(さけ)」と「(つるぎ)」に(つい)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:「酒」と「剣」に就て よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1933(昭和8)年01月号 八幡書店版:362頁 愛善世界社版:48頁 著作集: 第五版:136頁 第三版:136頁 全集: 初版:109頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg585
001 古事記(こじき)素盞嗚尊(すさのをのみこと)出雲(いづも)(くに)002()河上(かはかみ)(おい)足名椎(あしなづち)003手名椎(てなづち)(かみ)()はれて、004高志(こし)八俣(やまた)大蛇(をろち)退治(たいぢ)られる(とき)に、005櫛名田比女(くしなだひめ)を「湯津爪櫛(ゆづつまぐし)()()して云々(うんぬん)」と()いてあるのは、006同姫(どうひめ)(たか)()(えだ)(のぼ)らして()いたと()ふのである。007(すなは)()にとり()けて大蛇(をろち)()(きた)るを()たれたと()意味(いみ)である。
008 また「八塩折(やしほをり)(さけ)()み」とあるのは(やつ)つの酒樽(さかだる)(つく)つたのであるが、009(その)(さけ)(つく)るのは、010今日(こんにち)(やう)酒造法(しゆざうほふ)によつたものではない。011(こめ)(ひと)(くち)でよく()みこなして、012それを(たる)(なか)()()れて()く。013(もつと)もその()んで()()れるのはホンの(すこ)しで()い。014それが(たね)となつて(たる)(なか)(こめ)次第(しだい)醗酵(はつかう)して(さけ)(かも)されて()くのである。015人間(にんげん)つばき(ひと)つの醗酵素(はつかうそ)となるのである。
016 (また)愈々(いよいよ)大蛇(をろち)(その)(さけ)()み、017()()して()たので、018御佩(みはか)せる十挙(とつか)(つるぎ)()きて()(はふ)(たま)ふと()ふことが()()るが、019()太古(たいこ)(おい)ては、020(つるぎ)()ふものは、021後世(こうせい)(やう)常人(じやうじん)(いた)(まで)(はい)しては()らなかつた。022(その)時代(じだい)最高(さいかう)権威者(けんゐしや)とか、023(また)軍国(ぐんこく)(たと)ふるならば、024(その)軍国(ぐんこく)首長(しゆちやう)となるべき(もの)のみが所持(しよぢ)して()たので、025()(もの)(ぼう)(やう)なものを武器(ぶき)として()つた。026それだから(その)(つるぎ)対抗(たいかう)する(とき)には、027到底(たうてい)()()()いのである。028(つるぎ)()てる(もの)()(むか)うて(あらそ)ふことは自分(じぶん)滅亡(めつばう)招来(せうらい)するので、029(つるぎ)()てる(もの)(たい)しては絶対(ぜつたい)服従(ふくじう)であつた。030(すなは)(つるぎ)威徳(ゐとく)(ふく)すると()ふことになる。031()(すす)むにつれて鍛冶(かぢ)普及(ふきふ)されたので、032(のち)には(つるぎ)(たれ)でも所持(しよぢ)するやうになつた。033しかし太古(たいこ)左様(さやう)でなかつたので、034(つるぎ)()(もの)絶対(ぜつたい)威徳(ゐとく)があつた。035(ゆゑ)にこれを()(もの)首長(しゆちやう)であり(また)(とき)覇者(はしや)となるのであり、036(ことごと)くを平定(へいてい)することが出来(でき)たのである。037ここから 天三版、天五版、愛世版、八幡版では削除今日(こんにち)(つるぎ)()つてゐても、038それだけではいけぬ。039武器(ぶき)()意味(いみ)解釈(かいしやく)して、040他国(たこく)威服(ゐふく)する(やう)国防(こくばう)軍器(ぐんき)一切(いつさい)完備(くわんび)しなければならぬ。041(その)軍器(ぐんき)威徳(ゐとく)によつて神国(しんこく)襲来(しふらい)する八岐(やまた)大蛇(をろち)()(はら)はねばならない。042(また)まつろはざる国々(くにぐに)があれば(まつ)ろはさせねばならないのであるから、043いやが(うへ)にも軍器(ぐんき)軍備(ぐんび)整備(せいび)せなくてはならないのである。ここまで削除