霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(くに)()(かみ)()みの神業(しんげふ)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:国生み神生みの神業 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1933(昭和8)年12月号 八幡書店版:58頁 愛善世界社版:50頁 著作集: 第五版:143頁 第三版:144頁 全集: 初版:116頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg590
001 ()植物(しよくぶつ)(たね)からはよい植物(しよくぶつ)出来(でき)002雑草(ざつさう)からは雑草(ざつさう)しか出来(でき)ない。003(しか)して雑草(ざつさう)何等(なんら)肥料(ひれう)(あた)へなくとも、004どんどん繁茂(はんも)しゆくものであるが、005()しも()草木(さうもく)(すく)なく、006雑草(ざつさう)雑木(ざふき)ばかりが(おほ)かつたならば、007土地(とち)荒廃(くわうはい)してゆく(ばか)りである。008人間(にんげん)(その)(とほ)り、009体質(たいしつ)(わる)性質(せいしつ)のよくない人間(にんげん)ばかりが()(なか)(はびこ)つては、010()(なか)悪化(あくくわ)するより(ほか)ないのである。011徳川(とくがは)()自己(じこ)勢力(せいりよく)日本(につぽん)全国(ぜんこく)()ゑつけむとして沢山(たくさん)妻妾(さいせふ)(たくは)へ、012子孫(しそん)諸侯(しよこう)配置(はいち)して万代不易(ばんだいふえき)基礎(きそ)(かた)めようとした。013(これ)自己(じこ)中心(ちうしん)014自己愛(じこあい)政策(せいさく)から()()るのであつて()(こと)とは()へないが、015ユーゼニツクスの法則(ほふそく)そのままに、016神代(かみよ)(むかし)(おい)ては()大神様(おほかみさま)御命令(ごめいれい)により所謂(いはゆる)国生(くにう)みなる国土(こくど)経営(けいえい)神業(しんげふ)(とも)に、017神生(かみう)みなる神業(しんげふ)があつて、018経営(けいえい)せられたる国土(こくど)主人(しゆじん)配置(はいち)せられたのである。019霊肉(れいにく)(とも)優秀(いうしう)なる(えら)ばれたる男神様(をがみさま)諸国(しよこく)(まは)り、020諸所(しよしよ)(えら)まれたる細女(くわしめ)021賢女(さかしめ)見逢(みあ)ひて御子(みこ)()まれたもので、022祝詞(のりと)に「国魂(くにたま)(かみ)()み、023産土(うぶすな)(かみ)()けたまふ」とあるのがそれである。
024 かくて()神様(かみさま)のよい(たね)世界中(せかいぢう)間配(まくば)らるれば、025世界(せかい)国土(こくど)()くなつて()くのであるし、026悪魔(あくま)(たね)(ひろ)がれば、027(かみ)(そむ)かふ(ひと)(おほ)くなつて、028世界(せかい)には争闘(そうとう)()えないやうになる道理(だうり)である。
029 神代(かみよ)()時代(じだい)030この御子(みこ)()みの神柱(かむばしら)として(えら)まれた神様(かみさま)は、031素盞嗚(すさのを)神様(かみさま)大国主(おほくにぬし)神様(かみさま)だけであつた。032この神々様(かみがみさま)国魂神(くにたまがみ)()むべく、033諸国(しよこく)経廻(へめぐ)られた。034八人乙女(やたりおとめ)()ふのも、035この神業(しんげふ)によつて誕生(たんじやう)せられた(かみ)である。036大国主(おほくにぬし)神様(かみさま)がこの神業(しんげふ)()()()たす(をり)037妻神(つまがみ)須勢理姫(すせりひめ)嫉妬(しつと)せられて離縁(りえん)(さわ)ぎが()(あが)り、038おしまひには須勢理姫(すせりひめ)がこの神業(しんげふ)理解(りかい)せられて心持(こころもち)よく夫神(をつとがみ)和合(わがふ)したもふ(くだり)古事記(こじき)(あら)はれて()る。
039 八千矛(やちほこ)の (かみ)(みこと)
040 ()大国主(おほくにぬし) ()こそは ()にいませば
041 ()()る (しま)のさきざき
042 かき()る (いそ)(さき)()ちず
043 わか(くさ)の (つま)()たせらめ
044 ()はもよ ()にしあれば
045 ()()て ()はなし
046 ()()て (つま)はなし (下略(げりやく)
047 (すなは)(うた)意味(いみ)は、048()(きみ)(をとこ)にましませば、049(いた)(ところ)沢山(たくさん)(うつく)しい(つま)をお()ちになりませう、050(わたし)(をんな)ですから、051貴方(あなた)(ほか)(をつと)があらう(はず)はありませぬ云々(うんぬん)()ふので、052この須勢理姫(すせりひめ)譲歩(じやうほ)によつて、053大国主(おほくにぬし)(かみ)御機嫌(ごきげん)(なほ)り、054御仲(おんなか)(むつ)まじくならせ(たま)うたのである。
055 大国主(おほくにぬし)(かみ)は、056宗像(むなかた)奥津宮(おくつみや)多紀理媛(たぎりひめ)にお()ひになつて、057阿遅鉏高日子根(あぢしきたかひこね)(かみ)高姫(たかひめ)(みこと)をお()みになり、058神屋楯姫(かむやたてひめ)(みこと)にお()ひになつて、059事代主(ことしろぬし)(かみ)()み、060(また)八島牟遅能神(やしまむぢのかみ)(むすめ)061鳥耳(とりみみ)(かみ)()つて鳥鳴海(とりなるみ)(かみ)()みたまうたとある。062一夫多妻(いつぷたさい)であるが、063これは(まへ)()(とほ)大国主(おほくにぬし)(かみ)御系統(ごけいとう)(ひろ)がらねばならなかつたからである。
064 もし(ひと)(あやま)つて、065(てん)使命(しめい)でないのに、066自己(じこ)情欲(じやうよく)にかられて(つま)(ほか)(ほか)(をんな)()ふならば、067それこそは罪悪(ざいあく)である。068(かんが)へても()るがよい、069自分(じぶん)本当(ほんたう)優秀(いうしう)なる体格(たいかく)持主(もちぬし)であり、070同時(どうじ)明晰(めいせき)頭脳(づなう)持主(もちぬし)であるとの自信(じしん)がないのに、071どんどん子孫(しそん)()やして()(こと)が、072何等(なんら)社会(しやくわい)(えき)せないと()(こと)()()るよりも(あきら)かではないか。
073 神命(しんめい)()けられた神様(かみさま)御子孫(ごしそん)国魂神(くにたまがみ)として、074()さしの(くに)支配(しはい)せらるることになれば、075神様(かみさま)御裔(みすゑ)であるから、076国民(こくみん)国魂(くにたま)神様(かみさま)文句(もんく)なしに(したが)ふのである。077所謂(いはゆる)天下(てんか)一家(いつか)(はる)である。078(これ)でこそ()平和(へいわ)幸福(かうふく)(おさ)まつてゆくのである。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。