霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

男装坊(なんさうばう)再生(さいせい)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:男装坊の再生 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1932(昭和7)年07月号 八幡書店版:476頁 愛善世界社版:76頁 著作集: 第五版: 第三版:192頁 全集: 初版:160頁
概要: 備考:この項目は天五版では全文削除。 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg636
001 月鏡(つきかがみ)002十和田湖(とわだこ)神秘(しんぴ)()んだものは(たれ)()つてゐる(ごと)く、003(みづうみ)(ぬし)昇天(しようてん)(とき)004王仁(わたし)約束(やくそく)した言葉(ことば)がある。005再生(さいせい)(とき)大本(おほもと)(うま)れて(まゐ)ります」と。006……元来(ぐわんらい)王仁(わたし)()となつて(うま)れる(はず)であつたが、007それが出来(でき)なかつたので、008八重野(やへの)「八重野」…王仁三郎の三女。夫は宇知麿。()まして(もら)つた和明(やすあき)がそれである。009十和田(とわだ)竜神(りうじん)再生(さいせい)であるから、010十和田(とわだ)()をとり(あき)()(つき)(かみ)(あら)はす(つも)りで()命名(めいめい)したのである。011王仁(わたし)をばかり(した)つて、012父親(ちちおや)はそつちのけで聖師様(せいしさま)聖師様(せいしさま)とつけ(まと)ふ。013(れい)因縁(いんねん)不思議(ふしぎ)なものである。
014 ここから 愛世版では削除編者(へんじや)(まを)す、015月鏡(つきかがみ)十和田湖(とわだこ)神秘(しんぴ)」には、016()(とほ)(しめ)されてあります。
017 前略(ぜんりやく)018かくて男装坊(なんさうばう)三熊野(みくまの)三神(さんじん)019()けて神素盞嗚尊(かんすさのをのみこと)神示(しんじ)によつて弥勒(みろく)出現(しゆつげん)()ちつつありしが、020天運(てんうん)(ここ)循環(じゆんくわん)して昭和(せうわ)三年(さんねん)(あき)021四山(しざん)紅葉(もみぢ)(いま)(にしき)()らむとする(ころ)022神素盞嗚尊(かんすさのをのみこと)神示(しんじ)によりて(ここ)(みづ)(みたま)十和田湖畔(とわだこはん)(きた)り、023弥勒(みろく)出現(しゆつげん)神示(しんじ)()りしより男装坊(なんさうばう)欣喜雀躍(きんきじやくやく)024風雨(ふうう)雷鳴(らいめい)地震(ぢしん)一度(いちど)(おこ)して徴證(ちようしよう)(しめ)しつつ、025その英霊(えいれい)(てん)(のぼ)りたり。026それより(ふたた)現界人(げんかいじん)(はら)()りて(うま)れ、027男性(だんせい)となりて弥勒(みろく)神政(しんせい)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)する(こと)とはなりぬ。028嗚呼(ああ)神界(しんかい)経綸(けいりん)深遠(しんゑん)にして宏大(くわいだい)なる到底(たうてい)人心(じんしん)小智(せうち)窺知(きち)()(かぎ)りにあらず、029(かしこ)しとも(かしこ)次第(しだい)にこそ。
030惟神(かむながら)霊幸倍坐世(たまちはへませ)ここまで削除
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)