霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

亀山城(かめやまじやう)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:亀山城 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1933(昭和8)年07月号 八幡書店版:310頁 愛善世界社版:161頁 著作集: 第五版:193頁 第三版:196頁 全集: 初版:163頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg640
001 ()たか()()たか亀山(かめやま)(しろ)は、002西(にし)(かたむ)(きた)による
003()俚謡(りえう)があるが、004(これ)(この)(しろ)(つひ)大本(おほもと)(すなは)綾部(あやべ)のものになると()神様(かみさま)予言(よげん)で、005現在(げんざい)(ごと)大本(おほもと)のものとなつて仕舞(しま)つた。006西北(せいほく)綾部(あやべ)方面(はうめん)であるが、007(また)一方(いつぱう)西(にし)穴太(あなを)をさし、008(きた)綾部(あやべ)をさしても()るのである。009大工(だいく)棟梁(とうりやう)はこの謡言(えうげん)()()んで、010(のみ)(くち)にくはへ(ほり)()()んで()んで仕舞(しま)つた。011霊魂化(れいこんくわ)して大鯰(おほなまづ)(へん)濠主(ほりぬし)になつたと()(つた)へられて()る。
012 明治(めいじ)初年(しよねん)(ほり)()した(とき)に、013この(なまづ)(あら)はれたさうで、014生擒(いけど)りしたら(その)(おほ)きさ長持(ながもち)(いち)ぱいであつた。015(めづ)らしいと京都(きやうと)にもつて()見世物(みせもの)にしようとしたら、016途中(とちう)()んで仕舞(しま)つて目的(もくてき)(はた)さなかつた。017可哀(かあい)さうにこの棟梁(とうりやう)018この(なぞ)自分(じぶん)もさう誤信(ごしん)したのである。
019 亀岡(かめをか)はもと亀山(かめやま)()うて()たのであるが、020廃藩置県(はいはんちけん)(さい)亀岡(かめをか)改称(かいしよう)されたのである。
021 明智(あけち)光秀(みつひで)築城(ちくじやう)名人(めいじん)で、022ここ亀山城(かめやまじやう)天下(てんか)五城(ごじやう)(ひとつ)であつたから、023(その)築城法(ちくじやうほふ)実際(じつさい)(おどろ)くべき堅固(けんご)のものである。
024 地固(ぢかた)めをするのにどの(くらゐ)(ねん)()つて()るかを王仁(わたし)(その)(あと)()つて()感心(かんしん)させられた。025亀岡(かめをか)某氏(ぼうし)城跡(じやうせき)()ひ、026その(いし)()つて(つひ)多額(たがく)納税者(なふぜいしや)にまでなつたのだから、027当時(たうじ)(いし)はすつかり()つて仕舞(しま)はれて、028(なに)()いやうになつて()た。029あの形原(かたはら)神社(じんじや)にのこつて()(おほ)きな屏風石(びやうぶいし)は、030(しろ)(つぶ)れた記念(きねん)として、031何日(なんにち)何日(なんにち)もかかつて士族(しぞく)(たち)があそこに()つぱつていつて()てたので、032()涙石(なみだいし)(とな)へられてゐるのである。
033 王仁(わたし)がこの城跡(じやうせき)()うた(とき)一石(いつせき)をもとどめぬ一面(いちめん)(はやし)であつたが、034大正(たいしやう)十四年(じふよねん)(はる)(この)()(ひら)き、035()()るに(したが)つて、036あの巨大(きよだい)(いし)(みな)()()たのである。037ここから 天三版、天五版、八幡版では削除(まへ)持主(もちぬし)実際(じつさい)案外(あんぐわい)(かんが)へられたであらう。ここまで削除
038 光秀(みつひで)はこの沢山(たくさん)(いし)法貴谷(ほふきだに)鹿谷(ろくや)039太田(おほた)040金岐(かなげ)(とう)山々(やまやま)から(はこ)んだので、041諸大名(しよだいみやう)()(きざ)んだものが往々(わうわう)あることより()れば、042(かれ)勢力(せいりよく)想像外(さうざうぐわい)偉大(ゐだい)であつたやうである。043(また)それを(はこ)ぶに(あた)つては、044()(たけ)()(その)(うへ)木馬(もくば)(いし)()むで(すべ)らし(あつ)めたものだが、045それでも(おも)(いし)であると(とどこほ)つて(うご)かない(こと)度々(たびたび)あつたといふ(こと)である。046すると監督(かんとく)(さむらひ)いきなり(かたな)()いて()きだつ一人(ひとり)()る。047さうすると(つか)()つた人夫(にんぷ)(たち)ハツ緊張(きんちやう)して、048(さら)(あらた)なる(ちから)をもつて()す。049(かく)のごとくにして器械(きかい)もないのに、050あのやうな(おほ)きな(いし)(はこ)ばれたのだ。051墓石(ぼせき)などをも勝手(かつて)にもつて()()(ぐさ)とした、052ずゐぶん無理(むり)なこともしてある。
053 王仁(わたし)()此等(これら)諸霊(しよれい)をも(なぐさ)(きよ)めたので、054(いま)はかうした心地(ここち)よいところとなつた。055(むかし)から(この)()()むと(みな)(たた)りをうけるので、056藩主(はんしゆ)松平(まつだひら)(こう)さへも、057(そと)()んで城内(じやうない)には、058()られなかつたものである。
059 (いとけ)なき(ころ)雲間(くもま)天守閣(てんしゆかく)
060  白壁(しらかべ)()えしをなつかしみけり
061 旧城趾(きうじやうし)おちたる(かはら)(きれ)あつめ
062  (しろ)(かたち)をつくりて(あそ)びぬ
063 この(うた)天恩郷(てんおんきやう)()歌碑(かひ)(ひと)つである。064涙石(なみだいし)記念(きねん)とした人々(ひとびと)亀山(かめやま)更生(かうせい)()大層(たいそう)(よろこ)んで()(くだ)さるさうである。