霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(こめ)三度作(さんどさく)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:米の三度作 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1931(昭和6)年04月号 八幡書店版:425頁 愛善世界社版:250頁 著作集: 第五版:217頁 第三版:220頁 全集: 初版:185頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg662
001 我国(わがくに)現今(げんこん)農業(のうげう)(じつ)幼稚(えうち)であり()不経済(ふけいざい)(きは)まるものである。002(いつ)(ねん)二回(にくわい)米作(べいさく)()れる(くに)四国(しこく)土佐(とさ)(ぐらゐ)である。003台湾(たいわん)にては二回(にくわい)()れるが、004雨水(うすゐ)都合(つがふ)にては台南州(たいなんしう)あたりは(いつ)(ねん)三回(さんくわい)収穫(しうくわく)がある。005(しか)(なが)地味(ちみ)(あま)()からぬ(ため)006二回(にくわい)(また)三回(さんくわい)年収穫(ねんしうくわく)(いへど)内地(ないち)一回(いつくわい)収穫(しうくわく)(ひと)しいので、007(えう)するに内地(ないち)()して労力(らうりよく)(おほ)(えう)する次第(しだい)であつて、008計算上(けいさんじやう)(あま)羨望(せんばう)すべきではない。009(しか)土佐(とさ)以外(いぐわい)内地(ないち)(おい)一年(いちねん)二回(にくわい)(また)三回(さんくわい)米作(べいさく)()(こと)自分(じぶん)発見(はつけん)し、010二三年(にさんねん)以前(いぜん)より大本(おほもと)農園(のうゑん)(おい)試作(しさく)してゐるが、011二回(にくわい)収穫(しうくわく)にて(いう)五石(ごこく)一段歩(いつたんぶ)以上(いじやう)()(こと)実験(じつけん)()たのであるが、012本年(ほんねん)よりは(さら)方法(はうはふ)(あらた)三回作(さんくわいさく)(こころ)むるの計画(けいくわく)である。013我国(わがくに)(いにしへ)人口(じんこう)(すくな)耕田(かうでん)沢山(たくさん)()らなかつたので、014年中(ねんぢう)(みづ)()()窪田(くぼた)のみを(えら)んで籾種(もみだね)田面(でんめん)()き、015それを成育(せいいく)させて()たのが、016人口(じんこう)増加(ぞうか)すると(とも)に、017原野(げんや)(ひら)米田(べいでん)とするに(いた)つたが、018窪田(くぼた)(ほか)には(みづ)()()しく、019()(また)(むぎ)(とう)冬季作(とうきさく)もやらねばならぬやうになり、020(いね)(なへ)植付(うゑつ)(どき)(まで)便宜上(べんぎじやう)021苗代(なはしろ)(まう)(これ)(もみ)八十八夜(はちじふはちや)(すなは)五月(ごぐわつ)一日(いちじつ)前後(ぜんご)(もつ)籾種(もみだね)()(なへ)(そだ)て、022五月雨(さみだれ)時節(じせつ)()つて(みの)れる(むぎ)()り、023(その)(あと)稲苗(いねなへ)(みづ)(たた)へて()(こと)となつたのであるが、024(みづ)()()窪田(くぼた)ならば籾種(もみだね)のまま()いた(はう)(なへ)発育(はついく)()く、025(あき)(みの)りも(したが)つて良好(りやうかう)である。026()四月(しぐわつ)下旬(げじゆん)(ごろ)早稲(わせ)(もみ)()八月(はちぐわつ)(ごろ)()()れると、027(なつ)最中(さいちう)とて(いね)()(あと)(かぶ)から青々(あをあを)(いきほひ)よき()()(ただ)ちに成育(せいいく)して()(むす)ぶのである。028そして二回目(にくわいめ)には一回目(いつくわいめ)(なへ)(あひだ)苗代(なはしろ)(なへ)をうつして()()けると、029普通(ふつう)一回作(いつくわいさく)(みの)ると同時(どうじ)()()(やう)になるものである。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。