霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(ひか)宝石(はうせき)曲津(まがつ)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:光る宝石と曲津 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1934(昭和9)年02月号 八幡書店版:107頁 愛善世界社版:87頁 著作集: 第五版:226頁 第三版:229頁 全集: 初版:194頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg672
001 ダイヤモンドの(ごと)(ひかり)(まばゆ)宝石(はうせき)(もつ)身体(からだ)装飾(さうしよく)するのは、002曲神(まがかみ)のやり(かた)真似(まね)()るのである。003元来(ぐわんらい)正神(せいしん)(すべ)てスの言霊(ことたま)より(うま)れたる、004さまざまの(こゑ)水火(いき)より()れませる(かみ)にましませば、005全身(ぜんしん)(ことごと)(ひかり)(かがや)き、006(その)光彩(くわうさい)(たへ)にして何等(なんら)装飾(さうしよく)(えう)されないに(はん)し、007曲神(まがかみ)身体(しんたい)(くも)りに()ちて(きたな)いので種々(しゆじゆ)宝玉(はうぎよく)全身(ぜんしん)附着(ふちやく)し、008(ひかり)(つつ)まれ正神(せいしん)真似(まね)をして()るものである。
009 孔雀(くじやく)(からす)(たと)への(ごと)く、010(からす)孔雀(くじやく)(うる)はしい(つばさ)(うらや)み、011(その)落羽根(おちばね)(ひろ)ひ、012()(つばさ)(あひだ)にはさみ()きて、013()(とり)にその()(ほこ)るが(ごと)く、014曲津神(まがつかみ)(きそ)ひて宝玉(はうぎよく)(あつ)め、015(その)(やから)(ほこ)らむとするものである。016(ゆゑ)曲神(まがかみ)(つよ)いもの(ほど)017数多(あまた)宝玉(はうぎよく)()につけて()るのである。018霊体(れいたい)一致(いつち)原理(げんり)によつて今日(こんにち)社会(しやくわい)状態(じやうたい)()()ると、019成程(なるほど)(うなづ)かるるのである。020貴婦人(きふじん)021令嬢(れいぢやう)などここから 天五版では削除身分(みぶん)のある(ひと)ここまで削除はまだしも、022ここから 天五版では削除いかがはしいここまで削除ここから 天五版、八幡版では削除職業(しよくげう)()婦人(ふじん)(たち)までがここまで削除ダイヤモンドの(ひかり)(あこが)れて、023千金(せんきん)(をし)まず(きそ)(あがな)装身(さうしん)()となすは唾棄(だき)すべき(わざ)である。024それも全身(ぜんしん)をダイヤモンドの(ひかり)にて(つつ)むならばまだしも、025(ただ)一局部(いちきよくぶ)(ちひ)さく(ひかり)るものをつけて得々(とくとく)として(ほこ)るが(ごと)きは(いや)しむべき(こと)である。
026 太古(たいこ)神々(かみがみ)(ひかり)なき天然(てんねん)(いし)をみがきて、027五百津(いほつ)御須麻琉(みすまる)(たま)をつくり、028首飾(くびかざり)029腕飾(うでかざり)030(また)(こし)(あたり)(かざり)となし(たま)ひしが、031ダイヤモンドの(ごと)(ひかり)(はな)つものを()()ぶることを(いや)しめられたのである。032何故(なぜ)なれば前述(ぜんじゆつ)(ごと)く、033(かみ)御身体(ごしんたい)はすべて(ひかり)にましませば、034(ひかり)宝玉(はうぎよく)()(まと)(とき)は、035(かみ)御自身(ごじしん)(ひかり)(よわ)きを(しめ)理由(りゆう)となつて、036()神々(かみがみ)(いや)しめらるるを()(きら)はせたまふのである。
037 愛善(あいぜん)(とく)()ち、038信真(しんしん)(ひかり)()はば、039()宝石(はうせき)附着(ふちやく)せずとも幾層倍(いくそうばい)(ひかり)全身(ぜんしん)(みなぎ)らせ、040()らず()らずの(あひだ)尊敬(そんけい)せらるるものである。041王仁(わたし)婦人(ふじん)(など)(ゆび)(また)(くび)のあたりに(ちりば)めたる種々(しゆじゆ)宝石(はうせき)(にぶ)(ひかり)(なが)めつつ(あさ)ましさを(かん)ずる。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。