霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

霊的(れいてき)小説(せうせつ)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:霊的小説 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1934(昭和9)年04月号 八幡書店版:314頁 愛善世界社版:225頁 著作集: 第五版:233頁 第三版:236頁 全集: 初版:200頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg680
001 王仁(わたし)(わか)(とき)(むら)古老(こらう)から()かされた(はなし)であるが、002御維新前(ごゐしんぜん)穴太(あなを)隣村(りんそん)犬甘野(いぬかんの)()(ところ)にお(すゑ)()(をんな)があつた。003穴太村(あなをむら)(とく)さんと()若人(わかうど)熱烈(ねつれつ)(こひ)(おちい)つて内縁(ないえん)夫婦(ふうふ)関係(くわんけい)(むす)んで()たのであつたが、004身分(みぶん)釣合(つりあひ)とか親戚(しんせき)関係(くわんけい)とか()(こと)から、005(をんな)(おや)たちが生木(なまき)引裂(ひきさ)(やう)()(はな)して犬甘野(いぬかんの)にやつて仕舞(しま)つたのである。006()()(おも)はぬ(ひと)(つま)となつたお(すゑ)(つひ)(はは)となつて一人(ひとり)()()つに(いた)つたが、007不幸(ふかう)にして(ほど)なく(をつと)(やまひ)()不帰(ふき)(きやく)となつて仕舞(しま)つた。
008 さなきだに(わす)()恋人(こひびと)(とく)さんの(こと)が、009かういふ身分(みぶん)となつて一層(いつそう)(おも)()されてならなかつた。010彼女(かのぢよ)(つひ)()(けつ)して、011(とく)さんと(こひ)復活(ふつくわつ)()げたのであるが、012(いへ)には(しうとめ)子供(こども)()(こと)013自由(じいう)()(こと)出来(でき)ないので、014()ゆる恋火(れんくわ)()()(ごと)()()れず、015(ひと)(しづ)まつて(のち)()()(いへ)()()し、016二里半(にりはん)からの(みち)穴太(あなを)なる(とく)さんの(もと)へと(かよ)うた。017途中(とちう)には法貴谷(ほふきだに)018明智戻(あけちもどり)などいふ(おそ)ろしい山里(やまざと)があつて、019(おほかみ)(さかん)出没(しゆつぼつ)するのである。020(こひ)(くる)うたお(すゑ)はかかる(おそ)ろしき山路(やまみち)をも()とせず、021(あめ)のふる()(かぜ)()(かよ)ひつめたのであるが、022()危険(きけん)(おそ)れて途中(とちう)からすつかり鬼女(きぢよ)姿(すがた)変装(へんさう)して(かほ)絵具(ゑのぐ)()つて(くち)(みみ)まで()け、023(あたま)三徳(さんとく)をのせて蝋燭(らふそく)()て、024(はさみ)025釘抜(くぎぬき)などをつるし、026(むね)には(かがみ)をかけ、027(なが)(しろ)(おび)()いて()た。028(さすが)(おほかみ)(この)姿(すがた)辟易(へきえき)して(あへ)彼女(かのぢよ)(せま)らうとは()なかつた。
029 雨風(あめかぜ)(はげ)しい(ある)()(こと)である。030(とく)さんは、031こんな暴風雨(ばうふうう)にも彼女(かのぢよ)はあの山坂(やまさか)()して()るであらう、032いとしのものよ、033せめては途中(とちう)まで(むか)へに()つてやらうと、034犬飼(いぬかひ)墓場(はかば)(へん)までいつたところ、035真夜中(まよなか)()にも(おそ)ろしい鬼女(きぢよ)出会(であ)つて仕舞(しま)つたので、036(たましひ)()()はないが、037小屋(こや)(かく)れて()()ると蝋燭(らふそく)(てら)された(をんな)(かほ)がどうもお(すゑ)()()るので、038()(さだ)めてよくよく()ると、039(まが)(かた)なき彼女(かのぢよ)であつた。040(かれ)冷水(れいすゐ)頭上(づじやう)よりぶつかけられた心地(ここち)して、041(いそ)()(かへ)り、042()(かた)(とざ)して彼女(かのぢよ)(こば)んだ。043かくとは()らぬお(すゑ)は、044(おな)犬飼(いぬかひ)墓場(はかば)小屋(こや)変装(へんさう)()いて恋人(こひびと)(いへ)(いそ)いだが、045(たた)けど()せど(つひ)()けては()れなかつた。046恋人(こひびと)心変(こころがは)りにがつかりして仕舞(しま)つてふらふらと(かへ)つて()た。047(ふたた)変装(へんさう)する勇気(ゆうき)もなく、048彼女(かのぢよ)はトボトボとして其儘(そのまま)山里(やまざと)辿(たど)つたのであるが、049普通(ふつう)姿(すがた)をした(をんな)をどうして見逃(みのが)さう、050(むれ)がり(せま)つた(おほかみ)()めに、051(かれ)(すゑ)(つひ)()(ころ)されて仕舞(しま)つて、052翌日(よくじつ)生々(なまなま)しい(ほね)頭髪(とうはつ)のみが散乱(さんらん)されて()たのみであつた。053(その)()(とく)さんは何度(なんど)(つま)(むか)へたが、054(すゑ)怨霊(をんりやう)(なや)まされ(みな)()んでいつた。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。