霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

死獅子(しじし)生鼠(いきねづみ)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:死獅子と生鼠 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1933(昭和8)年11月号 八幡書店版:198頁 愛善世界社版:126頁 著作集: 第五版:122頁 第三版:122頁 全集: 初版:96頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg573
001 ()んだ獅子(しし)よりも()きた(ねずみ)(はう)がどの(くらゐ)(はたら)きがあるか(わか)らぬ。002百獣(ひやくじう)(わう)(いへど)()んでは(なん)(ちから)をも()()ない。003(ちひ)さい(ねずみ)でも()きて()るものは、004どんな(はたら)きをするか(わか)らぬ。005世人(せじん)はこの道理(だうり)(かんが)へないから駄目(だめ)である。006此世(このよ)(おい)ては()きた人間(にんげん)(くらゐ)(たふと)いものは()い。007神様(かみさま)()きた人間(にんげん)(もつ)(その)経綸(けいりん)実行(じつかう)しようとして()られるので、008()んだ(ひと)使(つか)はうとはして()られない。009(わが)大本(おほもと)(おい)ても開祖様(かいそさま)(えら)いお(かた)相違(さうゐ)ないが、010(いま)()きて()王仁(わたし)(はう)(はたら)きがあるのである。011王仁(わたし)帰幽(きいう)すれば、012(あと)()日出麿(ひでまる)(はう)王仁(わたし)よりも(はたら)きがある道理(だうり)である。
013 (すべ)()きて()るものでなくては(はたら)きが出来(でき)ないでは()いか。014それだのに開祖様(かいそさま)生前(せいぜん)から仰有(おつしや)つてゐらつしやつたから、015さうせなくてはならぬと()うて、016王仁(わたし)()(こと)(もち)ひぬ頑迷固陋(ぐわんめいころう)役員(やくゐん)があつた()めに、017どの(くらゐ)神業(しんげふ)妨害(ばうがい)となつて()るか(わか)らない。018()時々(じじ)刻々(こくこく)進展(しんてん)して()く。019それに適応(てきおう)して(すす)んで()くのでなかつたら、020進歩(しんぽ)向上(こうじやう)発展(はつてん)()(こと)になる。021(ゆゑ)神様(かみさま)(その)時代(じだい)をリードすべく、022適当(てきたう)なる(ひと)をこの()(くだ)して、023(その)経綸(けいりん)遂行(すゐかう)したまふのである。024()道理(だうり)をよく(さと)らねばならぬ。