霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

生身天満宮(いきみてんまんぐう)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:生身天満宮 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1933(昭和8)年08月号 八幡書店版:345頁 愛善世界社版:202頁 著作集: 第五版:196頁 第三版:199頁 全集: 初版:167頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg641
001 園部(そのべ)郊外(かうぐわい)生身天満宮(いきみてんまんぐう)「生身天満宮」…京都府船井郡園部町美園町に鎮座する。(とな)へる日本(につぽん)最初(さいしよ)天満宮(てんまんぐう)がある。002元来(ぐわんらい)園部(そのべ)()菅公(くわんこう)因縁(いんねん)(ふか)く、003菅家(くわんけ)代々(だいだい)知行所(ちぎやうしよ)小麦山(こむぎやま)旧城跡(きうじやうせき))に邸宅(ていたく)があり、004劇寺子屋(げきてらこや)有名(いうめい)武部(たけべ)源蔵(げんざう)(おな)じく園部(そのべ)(ひと)で、005菅公(くわんこう)配流(はいる)(せつ)006八男(はちなん)慶能(ぎみ)養育(やういく)内命(ないめい)をうけて幼君(えうくん)(ともな)園部(そのべ)(かへ)つたのである。007(しか)るに(をさな)き慶能(ぎみ)(ちち)(した)様子(やうす)のいぢらしく、008(みづか)らも敬慕(けいぼ)(じやう)やみがたく、009()づから(ひとつ)木像(もくざう)彫刻(てうこく)(これ)(こう)(あふ)邸内(ていない)小祠(せうし)建設(けんせつ)してその木像(もくざう)安置(あんち)し、010(これ)生祠(いきほこら)()づけて奉仕(ほうし)したのである。011延喜(えんぎ)三年(さんねん)二月(にぐわつ)廿五日(にじふごにち)太宰府(だざいふ)配所(はいしよ)にて(こう)薨去(こうきよ)せられたので生祠(いきほこら)霊廟(れいべう)(あらた)めた。012(つい)天暦(てんれき)元年(ぐわんねん)京都(きやうと)北野(きたの)(こう)尊霊(そんれい)鎮祭(ちんさい)し、013天満宮(てんまんぐう)神号(しんごう)(たま)ふに(いた)つて諸国(しよこく)由緒(ゆいしよ)ある()にも(やしろ)()てて祭祀(さいし)すべき(むね)公達(こうたつ)あり、014よつて天満宮(てんまんぐう)として(あらた)めてこの生身(いきみ)(ざう)神体(しんたい)として(まつ)つた我国(わがくに)最初(さいしよ)天満宮(てんまんぐう)である。015武部(たけべ)源蔵(げんざう)子孫(しそん)相次(あひつい)現今(げんこん)神官(しんくわん)三十四代(さんじふよんだい)(つづ)いて()る。016王仁(わたし)(わか)(とき)ついその附近(ふきん)獣医学(じういがく)研究(けんきう)して()たので()つて()るのだが、017他国(たこく)ではあまり()られて()ない事実(じじつ)である。