霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

最初(さいしよ)信者(しんじや)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:最初の信者 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1933(昭和8)年09月号 八幡書店版:312頁 愛善世界社版:166頁 著作集: 第五版:200頁 第三版:203頁 全集: 初版:170頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg645
001 王仁(わたし)にとつて最初(さいしよ)信者(しんじや)は、002先日(せんじつ)帰幽(きいう)した佐伯村(さへきむら)大石(おほいし)友治郎(ともぢらう)さんだ。003王仁(わたし)高熊山(たかくまやま)修業後(しうげふご)004神業(しんげふ)従事(じうじ)せむとして一生(いつしやう)懸命(けんめい)親戚(しんせき)知己(ちき)()いたが、005非難(ひなん)攻撃(こうげき)(ばか)りで、006(たれ)(しん)じて()れるものが()かつた。007王仁(わたし)静岡県(しづをかけん)清水(しみづ)なる霊学(れいがく)大家(たいか)長沢(ながさは)先生(せんせい)(おとづ)れむとして旅費(りよひ)(こま)り、008到底(たうてい)理解(りかい)して()れないだらうと(おも)(なが)大石(おほいし)さんに(はなし)すと、009二言(ふたこと)といはず賛成(さんせい)して「()きなさい、010貴方(あなた)()(こと)(たしか)だ」と()うてすぐ(みみ)(そろ)へて(かね)()して()れた。011以来(いらい)一度(いちど)王仁(わたし)行動(かうどう)(うたが)はず批判(ひはん)せず、012(あく)まで王仁(わたし)(しん)じて()れて今日(こんにち)(まで)(およ)んで()た。013王仁(わたし)(ふか)(これ)(とく)として()る。014(ゆゑ)百日祭(ひやくにちさい)()として(かれ)宣霊社(せんれいしや)(まつ)り、015宣伝使(せんでんし)待遇(たいぐう)をする(こと)にした。016(この)(ひと)王仁(わたし)最初(さいしよ)信者(しんじや)であり、017(しん)知己(ちき)である。018あの時代(じだい)(おい)てよくあそこまで王仁(わたし)理解(りかい)して()れたと感謝(かんしや)して()る。019(みな)()つて()(とほ)り、020王仁(わたし)亀岡(ここ)()てからは始終(しじう)(たづ)ねて()()れ、021(めづ)らしい(もの)でもあれば、022(はや)王仁(わたし)()べさせようと、023八十四歳(はちじふよんさい)高齢(かうれい)(もつ)て、024一里(いちり)()(みち)をコツコツ(ある)いて()つて()()れたものである。025今年(ことし)()つて慈母(はは)()くし(この)(ひと)(うしな)つたので、026王仁(わたし)(さび)しい。