霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

()れられる(ひと)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:惚れられる人 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1932(昭和7)年09月号 八幡書店版:152頁 愛善世界社版:224頁 著作集:17頁 第五版:215頁 第三版:218頁 全集: 初版:183頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg661
001 (をんな)から()れられぬ(をとこ)002(をとこ)から()れられぬ(をんな)003いづれもさういふ人々(ひとびと)には(なん)仕事(しごと)出来(でき)るものではない。004(をとこ)からも、005(をんな)からも、006老人(らうじん)からも、007子供(こども)からも()れられる(やう)人間(にんげん)であつて、008(はじ)めて天下(てんか)にわが(こころざ)すところのものを、009()()()らるるのである。010今頃(いまごろ)(をとこ)(をんな)からすこし秋波(しうは)(おく)れば、011すぐデレデレして()る」と()ふのか。012王仁(わたし)()うて()るのは、013さうした技巧(ぎかう)(ろう)して()ひて()きつけるものの()ひではない。014(をとこ)()れるやうな(をとこ)015(をんな)()れるやうな(をんな)(こと)である。016桃李(たうり)(もの)()はず(した)(おのづか)(みち)をなす」と()(やう)()れられ(かた)でなくては駄目(だめ)である。017()れられる秘訣(ひけつ)? 愛善(あいぜん)徹底(てつてい)すればよいのである。018自分(じぶん)(こと)よりも相手(あひて)幸福(かうふく)(おも)つてやる(こころ)だ。019(あい)するものの(ため)には自分(じぶん)幸福(かうふく)犠牲(ぎせい)にすると()(こころ)だ。020王仁(わたし)(はじ)めてあつた(ひと)でも、021(はなし)()いて()(うち)にその(ひと)将来(しやうらい)まで心配(しんぱい)してやる(こころ)になる。022王仁(わたし)はいつも他人(たにん)(こと)ばかり(おも)つて、023自分(じぶん)(こと)はちつとも(おも)つて()ない。024だから(また)他人(たにん)王仁(わたし)(こと)(おも)ひ、025王仁(わたし)(あい)して()れる。026王仁(わたし)(また)027わが愛人(あいじん)()愛人(あいじん)出来(でき)場合(ばあひ)にも(その)(こと)(たい)して(きは)めて寛大(くわんだい)である。028本当(ほんたう)(ひと)(あい)するならば、029(あい)するものが幸福(かうふく)にあることを(こころ)(そこ)から(いの)るのが(しん)(あい)である。030()(はし)つたからと()うて、031(ねた)(そね)むのならば、032それは自己(じこ)(あい)である。033相手(あひて)(あい)してゐたのではなくて、034自分(じぶん)愛欲(あいよく)満足(まんぞく)さす()めに愛人(あいじん)犠牲(ぎせい)にして()たに()ぎない。035王仁(わたし)()から()れば、036近代(きんだい)恋愛(れんあい)(しん)恋愛(れんあい)ではない、037偏狭(へんけふ)なる自己愛(じこあい)(かた)まりだ。038かういふかたくな(こころ)で、039どうして(あい)徹底(てつてい)するものか。040()れられる秘訣(ひけつ)041(ただ)相手(あひて)幸福(かうふく)をのみ(いの)愛善(あいぜん)(こころ)だ、042そして(また)(その)実際化(じつさいくわ)だ。