霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

気温(きをん)調節(てうせつ)

インフォメーション
鏡:玉鏡 題名:気温の調節 よみ: 著者:出口王仁三郎
神の国掲載号:1932(昭和7)年03月号 八幡書店版:407頁 愛善世界社版:6頁 著作集: 第五版:256頁 第三版:258頁 全集: 初版:217頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :kg696
001 今年(ことし)昭和(せうわ)七年(しちねん))は本当(ほんたう)(あたた)かい。002今年(ことし)(ふゆ)(あたた)かさは格別(かくべつ)だが、003大体(だいたい)それは最近(さいきん)ラヂオや電信(でんしん)電話(でんわ)(とう)(さかん)使用(しよう)するからである。004ラヂオや電信(でんしん)電話(でんわ)(とう)によつて気温(きをん)(つた)はつて()くものである。005(すなは)ちそれらは気温(きをん)(はこ)ぶのである。006(みなみ)(あたた)かい(はう)から(きた)暖気(だんき)(はこ)ばれ(さむ)(きた)からは(あつ)南方(なんぱう)寒気(かんき)(おく)られるのである。007のみならず一度(いちど)それらが(はつ)せられると(その)波紋(はもん)地上(ちじやう)全体(ぜんたい)拡大(くわくだい)するから同時(どうじ)(これ)(はこ)ばれて気温(きをん)世界的(せかいてき)(めぐ)(めぐ)つて平均(へいきん)され緩和(くわんわ)される(わけ)である。
008 (むかし)寒暑(かんしよ)(とも)随分(ずゐぶん)ひどかつたが、009()()によつて大体(だいたい)近年(きんねん)非常(ひじやう)気候(きこう)がよくなつた。010みろくの()(ちか)づき(この)(しゆ)使用(しよう)応用(おうよう)()すにつれて、011次第(しだい)気温(きをん)までが引均(ひきな)らされて()くなるのである。012筆先(ふでさき)にも「みろくの()()たら御陽気(ごやうき)までも(かは)る」とお(しめ)しになつてあるし、013大本(おほもと)祝詞(のりと)にも「(あつ)(さむ)さも(やは)らかに」とある(ごと)陽気(やうき)までが次第(しだい)調(ととの)ひつつあるのである。014ドエライ(さむ)(ところ)(あつ)(ところ)はだんだんなくなる。015ひとり気温(きをん)ばかりでなく、016(なに)から(なに)まで運否(うんぷ)なく引均(ひきな)らされて()くなるのが神示(しんじ)所謂(いはゆる)立替(たてかへ)である。