霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一〇章 船歌(ふなうた)〔七七五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 篇:第3篇 神都の秋 よみ:しんとのあき
章:第10章 第26巻 よみ:ふなうた 通し章番号:775
口述日:1922(大正11)年07月18日(旧閏05月24日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年6月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
由良の港の川口から、新調の船に神輿を乗せて麻邇の宝珠を守護しながら、北風に真帆をはらませて聖地を指して上っていった。
宣伝使服を来た国依別は船の先にすっくと立ち、被面布を巻き上げて、声も涼しく伏し面白く宣伝歌を歌いだした。かつてバラモン教の宗彦として悪事を為した自分の過去を懺悔し、生き別れの父・松鷹彦と兄・天の真浦と出会って改心し、アルプス教を言向け和したことを歌った。
その後高姫・黒姫が玉を探しに生田の森の館にやって来たのをからかった挙句、高姫・黒姫・高山彦は国依別のからかいの神懸りを真に受けて、竹生島に行ってしまったことを面白く歌い、三人の怒りが穏やかにおさまることを願った。
言依別命をはじめ、船上の一同は国依別の滑稽な歌いまわしに腹を抱えて笑い転げた。
空には様々な色の雲が天を包み、芳香が四方に薫じた。微妙の音楽が聞こえ、一同は天女が中空から船を祝している気分に包まれた。長途の船路もまたたく間に帰り着く如くに感じた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2610
愛善世界社版:131頁 八幡書店版:第5輯 190頁 修補版: 校定版:145頁 普及版:47頁 初版: ページ備考:
001 由良(ゆら)(みなと)川口(かはぐち)より新調(しんてう)御船(みふね)神輿(みこし)()せ、002麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)守護(しゆご)しながら、003音楽(おんがく)()(いさ)ましく、004北風(きたかぜ)真帆(まほ)(はら)ませ、005悠々(いういう)として(ふか)川瀬(かはせ)聖地(せいち)()して(のぼ)()く。
006 (ふね)(さき)にスツクと立上(たちあが)り、007宣伝服(せんでんふく)(ちやく)したる国依別(くによりわけ)は、008被面布(ひめんぷ)巻上(まきあ)げながら、009(こゑ)(すず)しく(ふし)面白(おもしろ)(うた)()した。010(その)(うた)
011三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
012一度(いちど)(ひら)時津風(ときつかぜ)
013(あめ)八重雲(やへくも)()()けて
014(ふか)(つつ)みし天津(あまつ)()
015(かげ)もやうやう()(わた)
016(つき)(ひかり)皎々(かうかう)
017下界(げかい)()らす()となりぬ
018(この)()(あら)瑞御霊(みづみたま)
019神徳(しんとく)(かがや)厳御霊(いづみたま)
020(たて)(よこ)との御経綸(ごけいりん)
021(ここ)(そろ)うて(きた)(そら)
022由良(ゆら)(みなと)()(たか)
023人子(ひとご)(つかさ)秋山彦(あきやまひこ)
024(かみ)(みこと)御館(おんやかた)
025(おく)一間(ひとま)安置(あんち)して
026(たま)(をさ)めし柳筥(やなぎばこ)
027神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
028国武彦大神(くにたけひこのおほかみ)
029御言(みこと)(かしこ)言依別(ことよりわけ)
030(みづ)(みこと)神司(かむづかさ)
031八人乙女(やたりをとめ)五十子姫(いそこひめ)
032梅子(うめこ)(ひめ)のいと(きよ)
033(たま)(まも)りて小波(さざなみ)
034()()(きた)川口(かはぐち)
035ゆらりゆらりと(のぼ)()
036科戸(しなど)(かぜ)(さはや)かに
037()(はら)ひたる(ちり)(あくた)
038(まが)身魂(みたま)(かげ)()せて
039(たふと)神世(かみよ)(ちか)づきぬ
040(なが)れも(きよ)由良(ゆら)(かは)
041(かみ)(めぐみ)(のぼ)()
042あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
043御霊(みたま)(さち)はへましまして
044(たふと)(かみ)仕組(しぐ)みたる
045(まこと)(はな)(にほ)()
046空前絶後(くうぜんぜつご)神業(かむわざ)
047(つか)(まつ)りし国依別(くによりわけ)
048(かみ)(みこと)宣伝使(せんでんし)
049(なに)(たと)へむ(すべ)もなく
050(よろこ)(いさ)(つた)()
051(おも)へば(とほ)(その)(むかし)
052メソポタミヤの顕恩郷(けんおんきやう)
053バラモン(けう)()(まか)
054教司(をしへつかさ)となりぬれど
055神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
056高天原(たかあまはら)(のぼ)りまし
057(あま)岩戸(いはと)(とざ)されて
058()常闇(とこやみ)となりしより
059年端(としは)()かぬ幼児(をさなご)
060(おや)には(わか)兄弟(きやうだい)
061()(わか)れたる(かな)しさに
062(ねぢ)(まが)りし(わが)身魂(みたま)
063(まが)(かぎ)りを(つく)しつつ
064(おや)(たづ)ねて夫婦連(ふうふづれ)
065自転倒島(おのころじま)遠近(をちこち)
066(うき)三年(みとせ)旅枕(たびまくら)
067(けは)しき(やま)()()えて
068(むね)動悸(どうき)宇都山(うづやま)
069川辺(かはべ)(すす)二人連(ふたりづれ)
070日頃(ひごろ)(たづ)ぬる(わが)(ちち)
071()らず()らずに(めぐ)()
072武志(たけし)(もり)神司(かむづかさ)
073松鷹彦(まつたかひこ)(わが)(ちち)
074(さと)りし(とき)(うれ)しさよ
075それのみならず(わが)(あに)
076(あめ)真浦(まうら)にゆくりなく
077(めぐ)()うたる(うれ)しさに
078(むね)(とどろ)かす(をり)もあれ
079(つま)(みこと)兄妹(おとどい)
080()らず()らずに(くら)したる
081(わが)()(つみ)(おそ)ろしさ
082(かみ)(いの)りて許々多久(ここたく)
083(つみ)(けがれ)(はら)はむと
084(あや)聖地(せいち)参上(まゐのぼ)
085言依別(ことよりわけ)神司(かむづかさ)
086(うづ)御前(みまへ)立出(たちい)でて
087(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
088いと(ねもごろ)(をし)へられ
089(つみ)(ゆる)されし(その)(うへ)
090()にも(たふと)三五(あななひ)
091(かみ)(をしへ)宣伝使(せんでんし)
092国依別(くによりわけ)()(たま)
093玉治別(たまはるわけ)竜国別(たつくにわけ)
094(した)しき(とも)諸共(もろとも)
095(たふと)聖地(せいち)(あと)にして
096()さへ目出度(めでた)亀山(かめやま)
097月宮殿(げつきうでん)参詣(まゐまう)
098(つき)()夜半(よは)(もり)(した)
099玉治別(たまはるわけ)にからかはれ
100(きも)(ひや)せし(おろか)さよ
101(かみ)御稜威(みいづ)高熊(たかくま)
102(いづ)岩窟(いはや)参拝(さんぱい)
103神徳(しんとく)(さら)(かかぶ)りて
104堺峠(さかひたうげ)打渉(うちわた)
105(あし)(まか)せて法貴谷(ほふきだに)
106(みち)にさやれる小盗人(こぬすびと)
107わが言霊(ことたま)言向(ことむ)けて
108(すす)()(をり)千匹(せんびき)
109()くも(おそ)ろし(おほかみ)
110山路(やまみち)(わた)足音(あしおと)
111()()(しげ)れる青山(あをやま)
112姿(すがた)(かく)(すす)()
113玉治別(たまはるわけ)(わが)(とも)
114湯谷ケ谷(ゆやがたに)なる杢助(もくすけ)
115(やかた)目出度(めでた)(めぐ)()
116(こころ)(いさ)宣伝使(せんでんし)
117津田(つだ)湖水(こすゐ)水際(みづぎは)
118(たもと)(わか)六甲(ろくかふ)
119(みね)(つた)ひて鷹依(たかより)
120(ひめ)(みこと)岩窟(がんくつ)
121一同(いちどう)(やうや)(めぐ)()
122高姫(たかひめ)さまや黒姫(くろひめ)
123(すく)(いだ)して鷹依(たかより)
124(ひめ)(みこと)三五(あななひ)
125(まこと)(みち)(まつろ)はせ
126それより(すす)んで杢助(もくすけ)
127生田(いくた)(もり)神館(かむやかた)
128留守居(るすゐ)(やく)(めい)ぜられ
129秋彦(あきひこ)駒彦(こまひこ)諸共(もろとも)
130(をしへ)(ひら)折柄(をりから)
131(たま)(こころ)()られたる
132()出神(でのかみ)自称(じしよう)せる
133高姫(たかひめ)さまを(はじ)めとし
134高山彦(たかやまひこ)黒姫(くろひめ)
135(かみ)(つかさ)夕間暮(ゆふまぐれ)
136来訪(らいはう)されて(おく)()
137秋彦(あきひこ)諸共(もろとも)(しの)()
138高姫(たかひめ)駒彦(こまひこ)門口(かどぐち)
139()(へだ)てたる押問答(おしもんだふ)
140()さまの(こゑ)娘声(むすめごゑ)
141言葉(ことば)(たくみ)(あやつ)れば
142高姫(たかひめ)さまも一時(いつとき)
143(まよ)はされたる可笑(をか)しさよ
144(やうや)表戸(おもてど)引開(ひきあ)けて
145教司(をしへつかさ)駒彦(こまひこ)
146暫時(しばし)(あらそ)()たりしが
147(おく)一間(ひとま)煙草(たばこ)()
148煙管(きせる)(おと)(こころ)()
149高姫(たかひめ)さまは(たちま)ちに
150(ふすま)押開(おしあ)(すす)()
151南無三宝(なむさんぽう)仰向(あふむ)けに
152グレンと(かへ)つて四足(よつあし)
153憑依(ひようい)せし(ごと)(よそほ)ひつ
154憑依(ひようい)もせない大天狗(だいてんぐ)
155再度山(ふたたびやま)鼻高(はなだか)
156早速(さそく)頓智(とんち)(あだ)となり
157高姫(たかひめ)さまや黒姫(くろひめ)
158(まこと)天狗(てんぐ)(あやま)られ
159(たま)在処(ありか)()らせよと
160(ゆめ)にも()らぬ国依別(くによりわけ)
161(みこと)(むか)つて()めかくる
162(のが)るる(よし)もなきままに
163嘘言(うそ)でもよいかと()(なが)
164()つの(たま)(かく)場所(ばしよ)
165近江(あふみ)(くに)琵琶(びは)(うみ)
166(なみ)(ただよ)竹生島(ちくぶしま)
167(やしろ)(した)三角(さんかく)
168(いし)(ふた)して(かく)()
169一時(いちじ)(はや)片時(かたとき)
170(いそ)いで()かねば言依別(ことよりわけ)
171(みづ)(みこと)使(つかひ)()
172(また)掘出(ほりだ)(おそれ)あり
173(はや)(はや)くとせき()てて
174三人(さんにん)(とも)竹生島(ちくぶしま)
175(おな)(ところ)別々(べつべつ)
176指図(さしづ)をすれば三人(さんにん)
177(ちう)(かけ)つて(はし)()
178国依別(くによりわけ)秋彦(あきひこ)
179虎口(ここう)(のが)れた心地(ここち)して
180生田(いくた)(もり)(やかた)をば
181(あと)(なが)めてスタスタと
182(こころ)(こま)(はや)るまに
183(あし)鞭打(むちう)膝栗毛(ひざくりげ)
184山野(さんや)(わた)(かは)()
185()()(つい)(あや)(さと)
186(にしき)(みや)()()れば
187言依別(ことよりわけ)杢助(もくすけ)
188(かみ)(つかさ)(はじ)めとし
189聖地(せいち)役員(やくゐん)一同(いちどう)
190由良(ゆら)(みなと)(かへ)ります
191麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)(むか)へむと
192立出(たちい)(たま)真最中(まつさいちう)
193(よろこ)(いさ)秋彦(あきひこ)
194(ともな)此処(ここ)()()れば
195(おも)()けなき瑞御霊(みづみたま)
196神素盞嗚大御神(かむすさのをのおほみかみ)
197(いづ)(かんばせ)莞爾(にこにこ)
198吾等(われら)()たせ(たま)ひけり
199あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
200恩頼(みたまのふゆ)(さち)はひて
201(いま)(この)(ふね)()(まか)
202聖地(せいち)(かへ)(たの)しさよ
203さはさりながら高姫(たかひめ)
204高山彦(たかやまひこ)黒姫(くろひめ)
205()つの身魂(みたま)(さぞ)やさぞ
206(あん)相違(さうゐ)(ちから)()
207国依別(くによりわけ)曲神(まがかみ)
208(しり)()までも()かれたと
209(つら)をふくらし(あわ)()
210随分(ずゐぶん)(おこ)つて()られませう
211()つの宝珠(ほつしゆ)()()らず
212(いつ)つの(たま)神業(かむわざ)
213(また)もや(ひと)(つと)められ
214(こころ)のもめる(こと)だらう
215どうせ聖地(せいち)(かへ)りなば
216国依別(くによりわけ)高姫(たかひめ)
217胸倉(むなぐら)とられ一叱言(ひとこごと)
218()かして(もら)(こと)だらう
219あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
220御霊(みたま)(さち)はへましまして
221高姫(たかひめ)さまの腹立(はらだ)ちを
222なる(こと)ならば(おだや)かに
223(なご)(たま)へよと三五(あななひ)
224(みち)(まも)らす大御神(おほみかみ)
225玉照彦(たまてるひこ)玉照(たまてる)
226(ひめ)(みこと)御前(おんまへ)
227(さき)(あん)じて国依別(くによりわけ)
228(かみ)(つかさ)()(まつ)
229はや神徳(しんとく)河守(かうもり)
230川辺(かはべ)()いた(うれ)しさよ
231(なみ)にせかれて川中(かはなか)
232高姫(たかひめ)ならぬいと(たか)
233腹立岩(はらたちいは)(やうや)うに
234()えて(うれ)しき八雲川(やくもがは)
235()()(みづ)颯々(さつさつ)
236(すず)しき(かぜ)福知山(ふくちやま)
237(うれ)しき便(たよ)りを白瀬川(しらせがは)
238(なみ)蹴立(けた)てて(のぼ)()
239あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
240御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
241(うた)(をは)つた。
242 言依別命(ことよりわけのみこと)(はじ)一同(いちどう)(この)(うた)吹出(ふきだ)(はら)(かか)へて(わら)ひこけた。
243 (ふね)清流(せいりう)八十綱(やそつな)もて()かるる(ごと)く、244順風(じゆんぷう)真帆(まほ)(ふく)らせスルリスルリと(すべ)()く。
245 (あふ)いで(そら)(なが)むれば(てん)(たか)(かぜ)()(わた)(あき)(いろ)246(たちま)(あを)247(あか)248(しろ)249()250(むらさき)(くも)満天(まんてん)(つつ)み、251()()はれぬ芳香(はうかう)四辺(しへん)(くん)じ、252微妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)え、253天人(てんにん)天女(てんによ)中空(ちうくう)()(くる)ひて(この)(ふね)(しゆく)しつつ(おく)(たま)(ごと)爽快(さうくわい)気分(きぶん)一同(いちどう)(ただよ)はされ、254(くわん)()(きよう)()ち、255勇気(ゆうき)凛々(りんりん)として流石(さすが)長途(ちやうと)船路(ふなぢ)(またた)(うち)聖地(せいち)(かへ)()(ごと)(おも)はれた。
256大正一一・七・一八 旧閏五・二四 谷村真友録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)