霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

(じよ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第20巻 如意宝珠 未の巻 篇:前付 よみ:
章: よみ:じょ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年05月14日(旧04月18日) 口述場所:錦水亭 筆録者:王仁 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年3月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
鬼雲彦、鬼熊別は神軍の善言美詞にフサの国に逃げて行ったが、鬼熊別の妻・蜈蚣姫が三国ヶ岳に隠れ、聖地桶伏山の神宝を略奪した。
言依別命以下の活動の結果、再び神宝は聖地に帰った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第4輯 147頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 (おに)十八(じふはち)(じや)二十(はたち)(まき)物語(ものがた)り、002いよいよ()(をは)りぬ。003大江山(おほえやま)004三国ケ岳(みくにがだけ)005鬼ケ城(おにがじやう)立籠(たてこも)りたる神代(かみよ)鬼賊(きぞく)006バラモン(けう)棟梁株(とうりやうかぶ)鬼雲彦(おにくもひこ)007鬼熊別(おにくまわけ)は、008正義(せいぎ)神軍(しんぐん)発射(はつしや)する善言美詞(ぜんげんびし)言霊(ことたま)(おどろ)き、009(くも)(かすみ)遁走(とんそう)して、010波斯(フサ)(くに)潜伏(せんぷく)し、011鬼熊別(おにくまわけ)(つま)蜈蚣姫(むかでひめ)三国ケ岳(みくにがだけ)(かく)れ、012千変万化(せんぺんばんくわ)奸策(かんさく)(ろう)し、013バラモン(けう)回復(くわいふく)(くはだ)て、014聖地(せいち)桶伏山(をけふせやま)神宝(しんぽう)掠奪(りやくだつ)せるを、015言依別命(ことよりわけのみこと)以下(いか)活動(くわつどう)結果(けつくわ)016(ふたた)神宝(しんぽう)聖地(せいち)(かへ)りたる、017目出度(めでた)太古(たいこ)物語(ものがたり)018満載(まんさい)したる言霊車(ことたまぐるま)(あと)019あらあらかくの(ごと)しと言爾(しかいふ)
020   大正十一年五月十四日 旧四月十八日
021於錦水亭 王仁識