霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 与太理縮(よたりすく)〔七四八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 篇:第1篇 相縁奇縁 よみ:あいえんきえん
章:第2章 第25巻 よみ:よたりすく 通し章番号:748
口述日:1922(大正11)年07月07日(旧閏05月13日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年5月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
蜈蚣姫は、友彦が攻めて来るという噂を黄竜姫に話し、自分に出陣を申し付けるようにと説得していた。黄竜姫は、もし友彦が攻めてきたとしても、あくまで言霊の力で言向け和すだけだと反対する。
あくまで抗戦を主張する蜈蚣姫に対し、黄竜姫は三五教の除名を申し渡した。そして蜈蚣姫を縛するようにと金州を呼んだ。
金州、銀州、鉄州の諌めによって、黄竜姫は蜈蚣姫の除名を解いた。そしてもし友彦が襲来するようなことがあれば、自分が陣頭に立ってあくまで抗戦するつもりだと胸の内を蜈蚣姫に明かした。
そこへ鶴公がやってきて、友彦襲来の噂の真偽を黄竜姫に問うた。蜈蚣姫は、その場にいる金州、銀州、鉄州が他ならぬその報告者だと明かした。鶴公は、三人はこの一ヶ月城外に出たことがないのに、なぜネルソン山以西の動静を知っているのか、と三人を問い詰めた。
三人はとたんにしどろもどろになって、答えをはぐらかしている。黄竜姫と蜈蚣姫の前で問い詰められて、ついに三人は、友彦襲来の噂は、鶴公派を出陣させて、その間に清公と宇豆姫を結婚させてしまおうという計略の作り話であったことを白状した。
蜈蚣姫は清公を呼ぼうとするが、鉄州があくまで自分たちが、清公に身を固めてもらって城内を固めてもらおうと思った真心から出た計略だったと有り体に白状したことから、このことは不問となった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2502
愛善世界社版:30頁 八幡書店版:第5輯 40頁 修補版: 校定版:31頁 普及版:13頁 初版: ページ備考:
001 地恩城(ちおんじやう)奥殿(おくでん)には黄竜姫(わうりようひめ)蜈蚣姫(むかでひめ)二人(ふたり)002侍女(じぢよ)(とほ)ざけ、003(かうべ)()物憂(ものう)()に、004何事(なにごと)(くび)(あつ)めてヒソビソ(ばなし)(ふけ)つて()る。
005蜈蚣姫(むかでひめ)黄竜姫(わうりようひめ)(さま)006大変(たいへん)(こと)出来(でき)ました。007あの意地(いぢ)くね(わる)鼻曲(はなまが)りの友彦(ともひこ)が、008ネルソン(ざん)西(にし)(わた)り、009獰猛(だうまう)なる土人(どじん)をチヨロ魔化(まくわ)し、010テールス(ひめ)()妖女(えうぢよ)()()み、011表面(へうめん)三五教(あななひけう)標榜(へうぼう)し、012(しう)(あつ)めて(この)地恩郷(ちおんきやう)()()(きた)り、013(まへ)さまを否応(いやおう)なしに(また)(もと)女房(にようばう)にしようとの(たく)み、014(いま)本城(ほんじやう)()()(きた)るとの、015(きん)016(ぎん)017(てつ)注進(ちゆうしん)018万一(まんいち)左様(さやう)(こと)実現(じつげん)して、019友彦(ともひこ)(この)()()(きた)(こと)あらば、020(まへ)さまは如何(どう)なさる(かんが)へですか、021御意中(ごいちう)(うけたま)はりたい』
022黄竜姫(わうりようひめ)母様(ははさま)023左様(さやう)御心配(ごしんぱい)(およ)びませぬ。024(じう)よく(がう)(せい)すと()つて、025如何(いか)なる頑強不霊(ぐわんきやうふれい)友彦(ともひこ)なりとて、026(わたし)三寸(さんずん)舌剣(ぜつけん)(もつ)(はらわた)まで(えぐ)()し、027見事(みごと)改心(かいしん)させて()せませう。028友彦(ともひこ)(ごと)きは(もの)(かず)でもありませぬ。029あの(やう)(もの)(おそ)ろしくて、030(この)野蛮(やばん)未開(みかい)(ひと)(じま)如何(どう)して(ひら)けませう。031取越苦労(とりこしくらう)はなさいますな、032ホヽヽヽヽ』
033とオチヨボ(ぐち)(そで)()て、034()もなく(わら)ふ。035蜈蚣姫(むかでひめ)真面目(まじめ)心配相(しんぱいさう)顔付(かほつき)にて、
036何程(なにほど)悧巧(りかう)だと()つても()だお(まへ)(とし)(わか)いから、037さう楽観(らくくわん)をして()られますが、038(こひ)意地(いぢ)()ふものは(また)格別(かくべつ)なもので、039なかなか油断(ゆだん)はなりませぬ。040()ても(さめ)ても小糸姫(こいとひめ)馬鹿(ばか)にしられたと(うら)んで()友彦(ともひこ)(こと)だから、041一時(いちじ)(とき)(いた)らずとして()()()(ふさ)(つめ)(かく)して、042(ねこ)(やう)になつて()たものの、043(いま)やジヤンナの(さと)(おい)て、044()(とり)(おと)(やう)(いきほひ)になつたのを(さいは)ひ、045日頃(ひごろ)鬱憤(うつぷん)(はら)すは(いま)(この)(とき)戦備(せんび)(ととの)捲土重来(けんどぢうらい)する以上(いじやう)到底(たうてい)なかなか一筋(ひとすぢ)二筋(ふたすぢ)では(をさ)まりますまい。046年寄(としより)冷水(ひやみづ)047老婆心(らうばしん)繰言(くりごと)とお(わら)ひなさるか()りませぬが、048年寄(としより)(いへ)(たから)049経験(けいけん)がつんで()るからチツとは(はは)()(こと)もお()きなされ。050(あと)後悔(こうくわい)()にあひませぬ』
051黄竜姫(わうりようひめ)『あの、052マア母様(ははさま)にも似合(にあ)はぬ御心配相(ごしんぱいさう)なお顔付(かほつき)053母上(あなた)顕恩郷(けんおんきやう)では随分(ずゐぶん)剛胆(がうたん)(こと)をなさいましたではありませぬか。054それのみならず、055自転倒島(おのころじま)鬼ケ城山(おにがじやうざん)(やぶ)三国ケ嶽(みくにがだけ)(とりで)(かま)へ、056(つい)魔谷ケ嶽(まやがだけ)057国城山(くにしろやま)大活動(だいくわつどう)をなされた(とき)は、058夜叉(やしや)(やう)なお(いきほひ)御座(ござ)つたぢやありませぬか。059それに今日(こんにち)060母上(あなた)(くち)からそんな(よわ)音色(ねいろ)()るとは(おも)ひも()けませぬ。061(この)黄竜姫(わうりようひめ)062仮令(たとへ)(もも)友彦(ともひこ)063(まん)友彦(ともひこ)(きた)るとも、064三五教(あななひけう)神様(かみさま)神力(しんりき)065(わが)言霊(ことたま)威力(ゐりよく)()つて言向(ことむ)(やは)し、066前非(ぜんぴ)()いしめ、067至善(しぜん)至美(しび)身魂(みたま)(みが)()げて(たす)けてやる(わたし)所存(しよぞん)068(けつ)して(けつ)して御心配(ごしんぱい)(あそ)ばしますな』
069脇息(けふそく)(ひぢ)()忍冬(にんどう)(ちや)一口(ひとくち)グツと()んで、
070母様(ははさま)071何卒(どうぞ)(やす)(あそ)ばしませ。072最早(もはや)()()けかけました。073いづれネルソン(ざん)へは数百里(すうひやくり)道程(みちのり)074友彦(ともひこ)()めて()ると()つても、075まだ十日(とをか)半月(はんつき)大丈夫(だいぢやうぶ)です。076あまり周章(あわ)てるには(およ)びませぬ』
077蜈蚣姫(むかでひめ)油断大敵(ゆだんたいてき)078一時(いちじ)猶予(いうよ)はなりませぬ。079(わたし)先程(さきほど)一同(いちどう)(もの)に、080防戦(ばうせん)出陣(しゆつぢん)用意(ようい)(めい)じて()きました。081やがて出陣(しゆつぢん)するでせう』
082黄竜姫(わうりようひめ)『それは(たれ)吩咐(いひつけ)出陣(しゆつぢん)をお(めい)じになりましたか』
083蜈蚣姫(むかでひめ)『ハイ、084(わたし)(はか)らひで……』
085黄竜姫(わうりようひめ)『それは(また)086不都合(ふつがふ)千万(せんばん)087私人(しじん)としては貴女(あなた)(わたし)(はは)088されど神様(かみさま)のお(みち)から()へば(わたし)教主(けうしゆ)同然(どうぜん)089(わたし)命令(めいれい)をも()かずに、090公私(こうし)混淆(こんかう)091自他(じた)本末(ほんまつ)混乱(こんらん)して左様(さやう)命令(めいれい)()されては(こま)るぢやありませぬか。092何卒(どうぞ)(はや)取消(とりけ)しをして(くだ)さい』
093蜈蚣姫(むかでひめ)何程(なんぼ)前様(まへさま)教主(けうしゆ)だと()つて威張(ゐば)つた(ところ)で、094矢張(やつぱ)(おや)(おや)だ。095(おや)()(こと)()かぬ(やう)では(おに)同様(どうやう)です。096それでは神様(かみさま)のお(みち)(まも)(ひと)とは(まを)されますまい。097(この)蜈蚣姫(むかでひめ)猪食(ししく)(いぬ)(だけ)あつて、098()んな経験(けいけん)()つて()る。099(いま)こそ可愛(かあい)(むすめ)(ひかり)()したいばかりに、100()(ふさ)(つめ)(かく)し、101灰猫婆(はひねこばば)アになつて()るものの、102まさかと()(とき)になれば(たちま)虎猫(とらねこ)になりますよ。103(とら)()(ふさ)(つめ)(かく)して柔和(おとな)しく()せて()れば、104何時(いつ)までも厄介者(やつかいもの)だと(さげす)み、105年寄(としよ)つたの、106耄碌(まうろく)したのと(おも)つて()ようが、107いつかないつかな(この)蜈蚣姫(むかでひめ)108国家(こくか)興亡(こうばう)(この)(さい)109何時迄(いつまで)(つめ)(かく)(わけ)にはゆかない。110虎猫(とらねこ)本性(ほんしやう)(あら)はし、111(これ)から大活動(だいくわつどう)(えん)ずる覚悟(かくご)ですよ。112平和(へいわ)(とき)はお(まへ)さまを大将(たいしやう)にして()いてもかなり(つと)まるが、113()んな非常(ひじやう)場合(ばあひ)生温(なまぬる)(こと)如何(どう)なりませう。114アタ小面憎(こづらにく)友彦(ともひこ)(くび)()()いて、115(おも)()らしてやらねばなりませぬ。116エー、117(うるさ)(こと)だ。118(また)年寄(としより)一苦労(ひとくらう)さすのかいな』
119黄竜姫(わうりようひめ)母様(ははさま)120貴方(あなた)はそれだから(こま)ります。121三五教(あななひけう)御教(みをしへ)をお(わす)れになりましたか』
122蜈蚣姫(むかでひめ)『エー、123融通(ゆうづう)()かぬ(むすめ)だな。124三五教(あななひけう)(をしへ)天下(てんか)太平(たいへい)御代(みよ)には(じつ)重宝(ちようほう)(をしへ)だが、125危機一髪(ききいつぱつ)(この)(さい)126あの(やう)柔弱(じうじやく)無抵抗主義(むていかうしゆぎ)教理(けうり)は、127マドロしうて()いてゐられますものか。128神様(かみさま)無抵抗主義(むていかうしゆぎ)()れと仰有(おつしや)るのは……()な、129せい……と()(なぞ)ぢや。130(まへ)さまは(なん)()つても()(とし)(わか)いから正直(しやうぢき)()くので(こま)る。131(くち)(はた)(ちち)()いて()(やう)(こと)()つて……如何(どう)して(この)地恩城(ちおんじやう)維持(ゐぢ)出来(でき)ますか』
132最後(さいご)言葉(ことば)(ちから)()れて、133(たたみ)(にぎ)(こぶし)でポンと(たた)いて()せた。
134黄竜姫(わうりようひめ)『アヽ(なさけ)ない母様(ははさま)御精神(ごせいしん)135如何(どう)したら本当(ほんたう)改心(かいしん)をして(くだ)さるであらう。136……何卒(どうぞ)神様(かみさま)137一時(ひととき)(はや)(まこと)(みち)が、138(わたし)一人(ひとり)よりない大切(たいせつ)(はは)(わか)ります(やう)に、139何卒(どうぞ)(こころ)(かがみ)光明(くわうみやう)(あた)へ、140(こころ)暗黒(あんこく)()らして(くだ)さいませ。141あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
142合掌(がつしやう)涙含(なみだぐ)む。
143蜈蚣姫(むかでひめ)何程(なにほど)人間(にんげん)改心(かいしん)したと()つても、144(もと)から(あく)素質(そしつ)()つて()吾々(われわれ)身魂(みたま)145(たと)へて()へば、146(おほ)きな(はち)(なか)泥水(どろみづ)()り、147それが時節(じせつ)(ちから)(どろ)(はち)(そこ)(いさ)り、148表面(うはつら)清水(せいすゐ)()(わた)つて()つても、149(なに)(ひと)(ゆさ)ぶるものがあると、150折角(せつかく)(そこ)(いさ)つて()(どろ)(また)もや()(あが)り、151(もと)泥水(どろみづ)となるのは自然(しぜん)道理(だうり)だ。152(これ)惟神(かむながら)のお(みち)です。153(たい)(もつ)(たい)(たい)し、154(れい)(もつ)(れい)(たい)し、155(ちから)(もつ)(ちから)(たい)するは天地(てんち)道理(だうり)ぢやありませぬか。156アインスタインの相対性(さうたいせい)原理(げんり)説明(せつめい)だつて、157さうぢやないか。158(まへ)さまの(やう)()んな時代(じだい)(おく)れの(こと)()つて()ると、159(かに)手足(てあし)をもぎ()り、160(とり)(つばさ)()()つた(やう)()()はされますぞ。161三千世界(さんぜんせかい)()(おも)はぬ(おや)がありませうか。162(まへ)可愛(かあい)いばつかりに、163(わし)はお()()さぬ(こと)()ふのだが、164(おや)意見(いけん)茄子(なすび)(はな)は、165(せん)(ひと)つも仇花(あだばな)はありませぬぞ。166良薬(りやうやく)(くち)(にが)し、167(あま)いものは蛔虫(くわいちう)(もと)168何卒(どうぞ)(はは)一生(いつしやう)のお(ねが)ひだから、169出陣(しゆつぢん)見合(みあは)(こと)(おも)(とど)まつて(くだ)さい。170(わたし)(これ)から清公(きよこう)左守神(さもりのかみ)引率(ひきつ)れ、171年寄(としより)(はな)()かし、172冥途(めいど)土産(みやげ)一戦(ひといくさ)やつて()よう(ほど)に、173(かなら)(かなら)柔弱(じうじやく)精神(せいしん)発揮(はつき)して、174折角(せつかく)()()めた(はは)勇猛心(ゆうまうしん)(くじ)いて(くだ)さるな。175(おや)()()(あは)して(たの)みます。176(うみ)()かば水漬(みづ)(かばね)177(やま)()かば(くさ)()(かばね)178大神(おほかみ)()にこそ()なめ、179(のど)には()なじ(かへりみ)はせじと、180(いや)(すす)みに(すす)み、181(いや)(せま)りに(せま)り、182友彦(ともひこ)軍勢(ぐんぜい)(やま)()(ごと)()()せ、183(かは)()(ごと)薙散(なぎち)らして(まつろ)(やは)し、184一泡(ひとあわ)()かして()らしめ()れむは(あん)(うち)185(かなら)邪魔(じやま)()さるな』
186血相(けつさう)()へて長押(なげし)薙刀(なぎなた)()るより(はや)く、
187黄竜姫(わうりようひめ)188さらば……』
189(この)()()()でむとする。
190黄竜姫(わうりようひめ)地恩城(ちおんじやう)女王(ぢよわう)191三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)192(いま)(あらた)めて蜈蚣姫(むかでひめ)(たい)し、193三五教(あななひけう)除名(ぢよめい)する。194有難(ありがた)くお()()され』
195 蜈蚣姫(むかでひめ)二足三足(ふたあしみあし)引返(ひきかへ)し、196黄竜姫(わうりようひめ)をハツタと(にら)み、
197久離(きうり)()つても、198親子(おやこ)ぢやないか。199親子(おやこ)(じやう)何処迄(どこまで)(かは)るものぢやない。200仮令(たとへ)蜈蚣姫(むかでひめ)201天地(てんち)(かみ)(いか)りに()れ、202水火(すゐくわ)責苦(せめく)()うとても、203(わが)()()めには(いと)ひはせぬ。204三五教(あななひけう)除名(ぢよめい)された(うへ)は、205最早(もはや)(その)(はう)制縛(せいばく)()けぬ、206自由自在(じいうじざい)活動(くわつどう)(いた)すは(これ)からだ。207(いよいよ)清公(きよこう)以下(いか)勇士(ゆうし)引率(ひきつ)れ、208華々(はなばな)しき功名(かうみやう)手柄(てがら)(あら)はし()れむ。209小糸姫(こいとひめ)210さらばで御座(ござ)る』
211(また)()()でむとするを、212黄竜姫(わうりようひめ)言葉(ことば)(おごそ)かに、
213最早(もはや)三五教(あななひけう)除名(ぢよめい)せし蜈蚣姫(むかでひめ)214左守神(さもりのかみ)たる清公(きよこう)(はじ)め、215(その)()一同(いちどう)指揮(しき)する権利(けんり)はあるまい。216御勝手(ごかつて)(ただ)一人(ひとり)()(あそ)ばせ。217()んで()()(なつ)(むし)218()(あい)(おぼ)れて(まこと)(かみ)(あい)(わす)(たま)ひし不届者(ふとどきもの)219(てん)(かは)つて懲戒(いましめ)(いた)す。220……ヤアヤア金州(きんしう)()らざるか、221(はや)(きた)つて蜈蚣姫(むかでひめ)(ばく)せよ』
222(よば)はつた。
223 (をり)から(きん)224(ぎん)225(てつ)三人(さんにん)226スタスタと(この)()(あら)はれ(きた)り、227親子(おやこ)(この)(てい)()不審(ふしん)(まゆ)(ひそ)(なが)ら、
228金州(きんしう)『コレハコレハ、229二人様(ふたりさま)御様子(ごやうす)230(なに)(ふか)仔細(しさい)御座(ござ)いませうが、231()()づお(しづ)まり(くだ)さいませ』
232黄竜姫(わうりようひめ)仔細(しさい)(まを)すに(およ)ばず、233地恩郷(ちおんきやう)女王(ぢよわう)黄竜姫(わうりようひめ)命令(めいれい)だ。234蜈蚣姫(むかでひめ)(しば)()げよ』
235金州(きんしう)『コレハコレハ、236(あん)相違(さうゐ)女王様(ぢよわうさま)のお言葉(ことば)237一向(いつかう)合点(がてん)(まゐ)(まを)さぬ。238如何(いか)なる事情(じじやう)(おは)しますとも、239()分際(ぶんざい)として、240(てん)にも()にも掛替(かけが)へなき、241山海(さんかい)(おん)ある御母上(おんははうへ)(ばく)せよとは(なん)たる不孝(ふかう)のお言葉(ことば)242女王様(ぢよわうさま)狂気(きやうき)()されたか』
243(なみだ)(ぬぐ)ふ。
244蜈蚣姫(むかでひめ)『コレハコレハ金州(きんしう)245(まへ)()(とほ)りだ。246(ちち)(はは)とは天地(てんち)(たと)へてある。247(ちち)(おん)(てん)より(たか)く、248(はは)(おん)()より(おも)しと()く。249()(おん)(ちな)みたる(この)地恩郷(ちおんきやう)女王(ぢよわう)となり(なが)ら、250(はは)(おん)251所謂(いはゆる)地恩(ちおん)(わす)れた小糸姫(こいとひめ)252サア、253もう(この)(うへ)(おや)権利(けんり)(もつ)小糸姫(こいとひめ)放逐(はうちく)する。254(なんぢ)……(きん)255(ぎん)256(てつ)三人(さんにん)257(この)蜈蚣姫(むかでひめ)命令(めいれい)()き、258友彦(ともひこ)軍勢(ぐんぜい)(むか)つて応戦(おうせん)用意(ようい)(いた)せ。259さはさり(なが)()寸鉄(すんてつ)()びよと()ふのではない。260善言美辞(ぜんげんびじ)言霊(ことたま)親切(しんせつ)行為(かうゐ)(もつ)て、261(てき)悦服(えつぷく)(いた)さすのだ。262(かなら)(かなら)誤解(ごかい)(いた)すでないぞ』
263金州(きんしう)理義(りぎ)明白(めいはく)なる貴女(あなた)のお言葉(ことば)264金州(きんしう)(たしか)承知(しようち)(つかまつ)りました。265(しか)(なが)(いま)貴女(あなた)がお()()たせ(たま)薙刀(なぎなた)は、266(なん)()めにお()ちで御座(ござ)いますか』
267蜈蚣姫(むかでひめ)(これ)(てき)()(はら)武器(ぶき)では()い。268味方(みかた)軍勢(ぐんぜい)(はげ)ます()めの武器(ぶき)だ。269愚図々々(ぐづぐづ)(いた)して()ると、270(この)蜈蚣姫(むかでひめ)がお前達(まへたち)片端(かたつぱし)から()(はら)ふも()れぬぞ。271サア汝等(なんぢら)蜈蚣姫(むかでひめ)(つづ)けツ。272小糸姫(こいとひめ)(よう)()い』
273(また)もや(この)()(あわただ)しく()()でむとする。
274黄竜姫(わうりようひめ)地恩郷(ちおんきやう)女王(ぢよわう)黄竜姫(わうりようひめ)275蜈蚣姫(むかでひめ)除名(ぢよめい)したる以上(いじやう)は、276(きん)277(ぎん)278(てつ)三人(さんにん)者共(ものども)279(かれ)(めい)(ほう)ずるには(およ)ばぬぞ。280(こころ)(しづ)めて(わらは)言葉(ことば)(とつく)()けよ』
281 (この)言葉(ことば)三人(さんにん)平伏(へいふく)し、
282銀州(ぎんしう)(これ)(また)()なる(こと)(うけたま)はるものかな。283()(とが)あつて蜈蚣姫(むかでひめ)(さま)(たい)除名(ぢよめい)処分(しよぶん)をなされましたか。284一応(いちおう)理由(りいう)(うけたま)はり()御座(ござ)います』
285鉄州(てつしう)(この)(ごろ)暑熱(しよねつ)(ため)精神(せいしん)逆上(ぎやくじやう)させ、286非理非道(ひりひだう)なる悪言暴語(あくげんばうご)をお()(あそ)ばす黄竜姫(わうりようひめ)(さま)のお言葉(ことば)287天地(てんち)道理(だうり)(はん)したる貴女(あなた)御命令(ごめいれい)には、288吾々(われわれ)絶対(ぜつたい)服従(ふくじゆう)する(こと)出来(でき)ませぬ』
289黄竜姫(わうりようひめ)(いま)(あらた)めて(ぎん)290(てつ)両人(りやうにん)除名(ぢよめい)する』
291(ぎん)292(てつ)『コレハコレハ心得(こころえ)貴女(あなた)御言葉(おことば)293(なん)(とが)あつて除名(ぢよめい)(あそ)ばすのか。294無道(ぶだう)除名(ぢよめい)処分(しよぶん)には(けつ)して服従(ふくじう)(つかまつ)らぬ。295また仮令(たとへ)除名(ぢよめい)されても蜈蚣姫(むかでひめ)(さま)(ほう)じ、296()地恩城(ちおんじやう)守護(しゆご)(いた)(かんが)へで御座(ござ)れば、297(すこ)しも痛痒(つうよう)(かん)じませぬ。298何卒々々(なにとぞなにとぞ)299今一度(いまいちど)(かんが)(なほ)しを(ねが)()(ぞん)じまする』
300金州(きんしう)女王様(ぢよわうさま)申上(まをしあ)げます。301御立腹(ごりつぷく)御尤(ごもつと)もなれども、302(なに)()つても、303()つても()れぬ御親子(ごしんし)間柄(あひだがら)304斯様(かやう)(こと)城外(じやうぐわい)()れましては、305第一(だいいち)306大神様(おほかみさま)のお(みち)(けが)れ、307(あま)()めた(はなし)では御座(ござ)いませぬ。308何卒(どうぞ)親子(おやこ)(なか)よく(あそ)ばして(くだ)さいませ』
309黄竜姫(わうりようひめ)(いま)(あらた)めて母上様(ははうへさま)申上(まをしあ)げます。310万々一(まんまんいち)敵軍(てきぐん)襲来(しふらい)(いた)(やう)(こと)あらば、311(この)黄竜姫(わうりようひめ)陣頭(ぢんとう)()ち、312華々(はなばな)しく神界(しんかい)()めに活動(くわつどう)してお()()けませう。313今迄(いままで)無礼(ぶれい)言葉(ことば)(ゆる)(くだ)さいませ。314除名(ぢよめい)(こと)(いま)(あらた)めて取消(とりけ)しませう。315(また)……(ぎん)316(てつ)両人(りやうにん)(たい)する除名(ぢよめい)言霊(ことたま)只今(ただいま)()(なほ)しませう』
317蜈蚣姫(むかでひめ)『アヽ流石(さすが)(わし)()()けた(むすめ)だけあつて(えら)いものだなア。318さうなれば、319さうと……何故(なぜ)(はや)()つて(くだ)さらぬのだ。320年寄(としより)()らぬ()()まして、321(おや)(あま)孝行(かうかう)……な仕打(しうち)ぢやなからうに』
322(わら)()きに()く。
323黄竜姫(わうりようひめ)最初(さいしよ)より(この)精神(せいしん)(わたし)申上(まをしあ)げて()ましたけれども、324母様(ははさま)(あま)血気(けつき)(はや)り、325(その)(まま)城外(おもて)御出(おいで)になれば、326それこそ吾々(われわれ)親子(おやこ)(はじ)め、327地恩城(ちおんじやう)一同(いちどう)大恥辱(だいちじよく)になると(おも)ひ、328無礼(ぶれい)(こと)申上(まをしあ)げました。329何卒(どうぞ)(ゆる)(くだ)さいませ』
330蜈蚣姫(むかでひめ)心安(こころやす)親子(おやこ)(なか)331さう(あらた)まつて御挨拶(ごあいさつ)には(およ)びますまい』
332機嫌(きげん)(なほ)薙刀(なぎなた)長押(なげし)()け、333忍冬茶(にんどうちや)をグツと()んで脇息(けふそく)(もた)れる。
334 ()かる(ところ)足音(あしおと)(たか)()(きた)鶴公(つるこう)は、335(うやうや)しく両手(りやうて)をつき、
336黄竜姫(わうりようひめ)(さま)申上(まをしあ)げます。337只今(ただいま)(うけたま)はりますれば、338蜈蚣姫(むかでひめ)(さま)より出陣(しゆつぢん)用意(ようい)(いた)せ……とのお言葉(ことば)339(てき)()きに出陣(しゆつぢん)とは心得(こころえ)(まを)さぬ。340(これ)には(なに)(ふか)御経綸(ごけいりん)(おは)する(こと)ならむ。341一応(いちおう)(その)真相(しんさう)を、342(わたし)差支(さしつか)()くばお()らし(くだ)さいませ』
343 蜈蚣姫(むかでひめ)黄竜姫(わうりようひめ)言葉(ことば)()たず、344二足三足(ふたあしみあし)(ひざ)()()せ、
345蜈蚣姫(むかでひめ)『お(まへ)はそれだから間抜者(まぬけ)()ふのだ。346友彦(ともひこ)獰猛(だうまう)なる蕃人隊(ばんじんたい)()()れ、347本城(ほんじやう)復讐(ふくしう)()()()(きた)ると()(こと)(わか)らぬのか』
348鶴公(つるこう)『はて、349心得(こころえ)貴女(あなた)のお言葉(ことば)350(あめ)(した)(ぜん)(てき)する(あだ)はありますまい。351(なに)(くるし)んで防戦(ばうせん)用意(ようい)とか、352出陣(しゆつぢん)とかを御命令(ごめいれい)になつたのですか。353さうして(また)友彦(ともひこ)(はた)して()()(きた)ると()ふ、354的確(てきかく)なる調査(しらべ)がついて()りますか』
355蜈蚣姫(むかでひめ)現在(げんざい)此処(ここ)()(きん)356(ぎん)357(てつ)三人(さんにん)が、358注進(ちゆうしん)()()るのだよ』
359鶴公(つるこう)『はて心得(こころえ)ぬ。360(きん)361(ぎん)362(てつ)三人(さんにん)一ケ月(いつかげつ)(ばか)(この)門内(もんない)()(こと)御座(ござ)らぬ。363如何(どう)して()んな急報(きふはう)(みみ)(はい)つたのだらう。364……コレコレ(きん)365(ぎん)366(てつ)三人共(さんにんども)367(その)(はう)何人(なにびと)左様(さやう)(こと)()いたのか』
368金州(きんしう)『ハイ……あの……それ……(いま)の……(なん)御座(ござ)います。369エー、370さうして……先方(むかう)が……(なん)ですから此方(こつち)何々(なになに)して()かねば……何々(なになに)(うち)(なん)だと……(おも)ひまして一寸(ちよつと)申上(まをしあ)げました。371これと()ふも(まつた)清公様(きよこうさま)……オツトドツコイ……きよ昨日(きのふ)(こと)では御座(ござ)いませぬ。372(まこと)恐惶(きようくわう)清公(きよこう)頓首(とんしゆ)次第(しだい)御座(ござ)います』
373鶴公(つるこう)(その)(はう)(まを)(こと)(すこ)しも(わか)らない。374(すこ)し、375はつきりと(まを)さないか』
376金州(きんしう)『オイ、377銀州(ぎんしう)378貴様(きさま)チツと応援(おうゑん)して()れ。379(おれ)ばつかりに()はすとは(あんま)りぢやないか、380貴様(きさま)発頭人(ほつとうにん)だよ。381アーア発頭人(ほつとうにん)(この)答弁(たふべん)(ゆづ)つて、382(わし)ホーツ(いき)をつき(なが)金公(きんこう)……オツトドツコイ……キン(ちやう)する(こと)にしようかい』
383銀州(ぎんしう)『ハイ、384黄竜姫(わうりようひめ)(さま)385(その)()方々(かたがた)御前(ごぜん)(はばか)(なが)ら、386(つつし)(うやま)言上(ごんじやう)(つかまつ)りまする。387抑々(そもそも)地恩城(ちおんじやう)四面(しめん)(やま)(かこ)まれ、388メソポタミヤの顕恩郷(けんおんきやう)にも(まさ)楽園地(らくゑんち)御座(ござ)いますれば、389黄竜姫(わうりようひめ)(さま)御威勢(ごゐせい)()()旭日昇天(きよくじつしようてん)(いきほひ)390それに日頃(ひごろ)(した)はせ(たま)母様(ははさま)無事(ぶじ)()はせ(たま)うて、391(その)御顔色(おんかんばせ)恐悦至極(きようえつしごく)392左守(さもり)清公様(きよこうさま)393右守(うもり)鶴公様(つるこうさま)誠心(まごころ)()めての日夜(にちや)のお活動(はたらき)394(その)()地恩郷(ちおんきやう)益々(ますます)隆盛(りうせい)(むか)ひ、395()んな(よろこ)ばしい(こと)(また)世界(せかい)にありませうか。396(しか)るに(あぢ)()果物(くだもの)には害虫(がいちう)(おほ)く、397(うるは)しき(はな)には風雨(ふうう)(がい)(はなはだ)しとやら、398()()(らん)(わす)れず、399(らん)()()(わす)れず、400治乱興敗(ちらんこうはい)天下(てんか)(つね)(ぞん)じますれば、401吾々(われわれ)先見(せんけん)(めい)なくとも()くの(ごと)きは()御合点(ごがつてん)(それがし)402御忠告(ごちうこく)までに申上(まをしあ)(たてまつ)りまする』
403鶴公(つるこう)益々(ますます)不分明(ふぶんめい)なる(なんぢ)言葉(ことば)404左様(さやう)問題(もんだい)(たづ)ねたものでは()い。405友彦(ともひこ)一件(いつけん)何人(なにびと)より()いたのかと(たづ)ねて()るのだ』
406銀州(ぎんしう)『オイ、407(てつ)408(なん)とかテツボをあはして()れぬと、409(おれ)はスンデの(こと)テツ(ぼう)()はされる(ところ)だ。410(はじめ)から約束(やくそく)(とほ)り、411第一線(だいいつせん)(あやふ)(とき)第二線(だいにせん)(ふせ)(たたか)ひ、412第二線(だいにせん)(やぶ)るる(とき)第三線(だいさんせん)力戦苦闘(りきせんくとう)するは、413締盟(ていめい)当時(たうじ)吾等(われら)決心(けつしん)414サア手坪(てつぼ)をあはして(うま)弁解(べんかい)をするのだよ。415(この)言霊戦(ことたません)(はい)をとれば吾々(われわれ)は、416もう駄目(だめ)だよ』
417(みみ)(はた)(ささや)く。
418鉄州(てつしう)『ハイ、419……(なん)御座(ござ)いますか。420最前(さいぜん)から(きん)421(ぎん)答弁(たふべん)()いて()れば徹頭徹尾(てつとうてつ)422(この)(てつ)意味貫徹(いみくわんてつ)しませぬ。423鉄瓶(てつびん)(くち)から湯気(ゆげ)()てて()(やう)二人(ふたり)陳弁(ちんべん)有様(ありさま)424(そば)()()()(どく)なりける次第(しだい)なりです。425()かる(こと)(ゆめ)(なか)状態(じやうたい)で、426五里霧中(ごりむちゆう)(はうむ)()るが安穏(あんのん)御座(ござ)いませう。427(ゆめ)(ふくろ)に、428(かたな)(さや)に、429秘密(ひみつ)(はら)(つつ)んで()くが(もつと)悧巧(りかう)なやり(かた)430吾々(われわれ)(これ)以上(いじやう)申上(まをしあ)げる(こと)徹頭徹尾(てつとうてつ)ありませぬ。431(この)問題(もんだい)只今(ただいま)(かぎ)撤廃(てつぱい)(ねが)ひませう』
432鶴公(つるこう)三人(さんにん)三人共(さんにんとも)433(じつ)瞹昧(あいまい)模糊(もこ)として不徹底(ふてつてい)(きは)まる答弁(たふべん)434……コリヤ金州(きんしう)435左様(さやう)瓢鯰式(へうねんしき)言葉(ことば)(もち)ゐず、436友彦(ともひこ)襲来(しふらい)(くわん)し、437何人(なにびと)より()きしか(あきら)かに申上(まをしあ)げよ』
438金州(きんしう)『ハイ是非(ぜひ)(およ)ばず申上(まをしあ)げまする、439(じつ)は……その……(なん)御座(ござ)います。440(じつ)清公(きよこう)さまの……エー……()(かく)441マア……(ひと)つの計略(けいりやく)ですな』
442鶴公(つるこう)『コリヤコリヤ金州(きんしう)443(おそれおほ)くも女王様(ぢよわうさま)444蜈蚣姫(むかでひめ)(さま)御前(ごぜん)なるぞ。445真面目(まじめ)(つつし)んで答弁(たふべん)(いた)さぬか』
446金州(きんしう)『ハイ、447おい第二線(だいにせん)だ……吟味(ぎんみ)()(きび)しうては()(みち)がない。448貴様(きさま)雄弁(ゆうべん)(もつ)其処(そこ)はそれ……何々(なになに)してやつて()れぬかい』
449(みみ)(くち)()(ささや)く。450銀州(ぎんしう)迷惑相(めいわくさう)(かほ)をし(なが)(あたま)()き、451一寸(ちよつと)鶴公(つるこう)(かほ)見上(みあ)げ、
452『エー、453何分(なにぶん)……金州(きんしう)(まを)した(とほ)り、454(わたし)発起人(ほつきにん)御座(ござ)います。455(しか)(なが)(かみ)(おく)には(おく)があると同様(どうやう)に、456発起人(ほつきにん)(おく)にも(おく)御座(ござ)いまして……如何(どう)もハツキリと申上(まをしあ)(にく)御座(ござ)います。457(おく)申上(まをしあ)げるのは(なん)だか臆劫(おくくう)(やう)で、458奥歯(おくば)(もの)(はさ)まつた(やう)(かん)(いた)します。459()めず(おく)せず、460記憶(きおく)(ぞん)する(こと)臆面(おくめん)()申上(まをしあ)ぐるが順当(じゆんたう)では御座(ござ)いまするが、461矢張(やつぱ)り、462エー(なん)御座(ござ)いまする。463本当(ほんたう)(こと)清公(きよこう)さまと宇豆姫(うづひめ)さまの関係(くわんけい)から(おこ)つた問題(もんだい)ですから、464何卒(どうぞ)神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)し、465()(なほ)して(くだ)さいませ。466(ひと)()(ひと)(まへ)(さら)(こと)は、467神様(かみさま)のお(いまし)めに(そむ)くと(まを)すもの、468(これ)ばかりはお(みち)精神(せいしん)(まも)つて沈黙(ちんもく)(いた)しませう』
469鶴公(つるこう)汝等(なんぢら)三人(さんにん)何事(なにごと)(まを)(あは)せ、470吾々(われわれ)嘲弄(てうろう)(いた)すのだなア』
471銀州(ぎんしう)滅相(めつさう)もない。472嘲弄(てうろう)()へば左守司様(さもりのかみさま)長老(ちやうらう)(くさ)い。473貴方(あなた)地恩城(ちおんじやう)長老(ちやうらう)()られるが最後(さいご)474吾々(われわれ)はお(はら)(ばこ)になるのは(きま)つた(こと)475長老(ちやうらう)(をの)(もつ)竜車(りうしや)(むか)(ごと)(ひと)たまりも御座(ござ)いますまい。476それだから(じつ)(ところ)は、477友彦(ともひこ)襲来(しふらい)兆候(てうこう)ありと仮想敵(かさうてき)(つく)りスマートボール(その)()のヤンチヤ連中(れんちう)城内(じやうない)より追放(おつぽ)()し、478(あと)清公(きよこう)さまを純然(じゆんぜん)たる唯一(ゆゐいつ)長老(ちやうらう)479(すなは)宰相(さいしやう)たるの実権(じつけん)(にぎ)らせ、480()ふと()まぬが、481エー右守神(うもりのかみ)何々(なになに)さまを排斥(はいせき)しようと()吾々(われわれ)計略(けいりやく)で……はありませぬ。482畢竟(つまり)(ゆめ)浮世(うきよ)(ゆめ)()たばかりの(こと)483吾々(われわれ)(あく)(たく)んだのだとは夢々(ゆめゆめ)(うたが)うて(くだ)さいますな』
484鶴公(つるこう)『イヤ、485もう(なに)()必要(ひつえう)()い、486(ひと)()穿鑿(せんさく)する吾々(われわれ)(かんが)へも()いから、487直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)()(なほ)して()きませう。488……モーシ、489黄竜姫(わうりようひめ)(さま)490蜈蚣姫(むかでひめ)(さま)491(じつ)水禽(すゐきん)羽撃(はばた)きに(おそ)れたる平家(へいけ)軍勢(ぐんぜい)(ごと)馬鹿(ばか)らしき(この)(さわ)ぎ、492いやもう油断(ゆだん)のならぬ()(なか)御座(ござ)いますワイ』
493蜈蚣姫(むかでひめ)(きん)494(ぎん)495(てつ)()(こと)綜合(そうがふ)すれば、496どうやら左守神(さもりのかみ)清公(きよこう)張本人(ちやうほんにん)()える。497……清公(きよこう)(これ)()んで()なさい。498金州(きんしう)499サア(はや)く』
500金州(きんしう)『ハイ、501言葉(ことば)御座(ござ)いまするが、502叔母(をば)()んだも直休(ぢきやす)み、503(やうや)内乱(ないらん)鎮定(ちんてい)曙光(しよくわう)(みと)めた(ところ)ですから、504(すこ)休養(きうやう)(ねが)つてお使(つか)ひを(いた)しませう』
505鉄州(てつしう)実際(じつさい)(こと)(まを)しますれば、506清公(きよこう)さまは御存(ごぞん)じの(とほ)り、507(じつ)立派(りつぱ)なお(かた)御座(ござ)います。508ブランジーとして(じつ)申分(まをしぶん)なきお(かた)509(しか)(なが)らクロンバーが()ければ陰陽(いんやう)合致(がつち)(いた)さず、510それが(ため)宇豆姫(うづひめ)さまをクロンバーの位置(ゐち)()()いと、511吾々(われわれ)仲間(なかま)(もの)内々(ないない)運動(うんどう)開始(かいし)して()ました。512(ところ)肝腎(かんじん)宇豆姫(うづひめ)さまは(さつ)する(ところ)513鶴公(つるこう)さまに秋波(しうは)(おく)り、514ブランジーの清公(きよこう)さまに、515エツパツパを()はさむとする形勢(けいせい)ほの()えたれば、516(なん)とか(こと)(かま)へ、517右守神(うもりのかみ)鶴公(つるこう)さまを先頭(せんとう)に、518スマートボール、519貫州(くわんしう)520武公(たけこう)521チヤンキー、522モンキー、523(その)()連中(れんちう)城外(じやうぐわい)(はう)()し、524城門(じやうもん)(かた)(とざ)し、525(とき)(うつ)さず無理(むり)往生(わうじやう)にしてでも宇豆姫(うづひめ)さまをクロンバーの(やく)()かせ、526夫婦(ふうふ)合衾(がふきん)(しき)()げさせ()いと鳩首(きうしゆ)凝議(ぎようぎ)結果(けつくわ)527一寸(ちよつと)狂言(きやうげん)(いた)したに()ぎませぬ。528(この)(あつ)いのに何百里(なんびやくり)もあるネルソン(ざん)彼方(かなた)(まで)529(たれ)偵察(ていさつ)(まゐ)(もの)がありませうぞ。530(まつた)(もつ)真赤(まつか)嘘言(うそ)御座(ござ)いました。531()(あやま)ちは()(なほ)せと()神様(かみさま)御教(みをしへ)奉体(ほうたい)(あそ)ばす黄竜姫(わうりようひめ)さま、532(ひと)をお(ゆる)(あそ)ばす慈愛(じあい)権化(ごんげ)533滅多(めつた)にお(しか)(あそ)ばす(やう)な、534天則違反的(てんそくゐはんてき)行為(かうゐ)には()られますまいから、535安心(あんしん)して実状(じつじやう)申上(まをしあ)げました』
536流石(さすが)鉄面皮(てつめんぴ)鉄州(てつしう)も、537(やや)羞恥(しうち)(ねん)()られてか、538俯向(うつむ)いて真赤(まつか)(かほ)をして()る。
539蜈蚣姫(むかでひめ)『エーエー、540しようもない悪企(わるだく)みをして(この)(わし)まで心配(しんぱい)させ、541親子(おやこ)喧嘩(げんくわ)までオツ(ぱじ)めさせた(ふと)(やつ)だ。542……ナア鶴公(つるこう)さま、543油断(ゆだん)(すき)もあつたものぢや御座(ござ)いませぬなア』
544鶴公(つるこう)『お言葉(ことば)(とほ)(じつ)寒心(かんしん)(いた)しました。545(しか)(なが)(これ)(まつた)神様(かみさま)吾々(われわれ)(たい)するお気付(きづ)けでせう。546(これ)(かんが)今後(こんご)は、547(ひと)()(こと)軽々(かるがる)しくまる()きしてはなりますまい』
548蜈蚣姫(むかでひめ)()事実(じじつ)判明(はんめい)した(うへ)(なに)をか()はむ。549今日(こんにち)(これ)にて(わす)れて(つか)はす。550サア(わたし)(とも)神殿(しんでん)(おい)て、551感謝(かんしや)祈願(きぐわん)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)(いた)しませう』
552(さき)()ち、553一同(いちどう)(とも)神殿(しんでん)足音(あしおと)(しづか)(すす)()る。
554大正一一・七・七 旧閏五・一三 北村隆光録)
555(昭和一〇・六・四 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。