霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 改心(かいしん)(じつ)〔七六一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 篇:第4篇 神花霊実 よみ:しんかれいじつ
章:第15章 第25巻 よみ:かいしんのじつ 通し章番号:761
口述日:1922(大正11)年07月11日(旧閏05月17日) 口述場所: 筆録者:谷村真友 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年5月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
黄竜姫、蜈蚣姫、梅子姫は、友彦とテールス姫を従えてジャンナの里にやってきた。一行は友彦の館で歓待を受けた後、里人に洗礼や宣伝歌を授け、玉野ヶ原にやってきた。
諏訪の湖のほとりの祠に参拝すると、五人は湖で身を清めて五日五夜禊を修した。夜明けに大鳥が飛び立つ西北を見ると、向こうから鳥の背に乗って、四五人の神人がやってくるのが見えた。
それは金色の霊鳥・八咫烏に乗った、玉治別、初稚姫、玉能姫、久助、お民の五人であった。一行はこの姿を見て驚きまた喜んだ。
一行は湖を渡ろうと思案に暮れている。黄竜姫は翻然として悟り、名誉心を捨てて身魂の向上のために徹底的に修行する心持を露にした。すると梅子姫は、その言葉をずっと待っていたのだと厳然として、しかし微笑を浮かべながら明かした。
続いて友彦も、ジャンナの里で救世主然としていた心の罪を懺悔し、梅子姫に大神様への罪の赦しのお取り成しを願い出た。梅子姫は嬉し涙で友彦を赦した。
続いて蜈蚣姫も娘への愛着心や、傲慢からこれまで梅子姫を見下していたことを懺悔し、梅子姫は赦した。続いてテールス姫も懺悔をなし、梅子姫はもっとも罪が軽いと受け入れた。
梅子姫は湖面に向かって暗祈黙祷した。すると西北の空から、幾百もの大鳥がこちらに戻ってきた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2515
愛善世界社版:221頁 八幡書店版:第5輯 111頁 修補版: 校定版:232頁 普及版:97頁 初版: ページ備考:
001 黄竜姫(わうりようひめ)002梅子姫(うめこひめ)003友彦(ともひこ)004テールス(ひめ)005蜈蚣姫(むかでひめ)五人(ごにん)(とも)に、006地恩城(ちおんじやう)(あと)数百里(すうひやくり)007山路(やまみち)()えて玉野原(たまのはら)諏訪(すは)(みづうみ)竜宮城(りうぐうじやう)(すす)むこととなつた。008(あと)には左守(さもり)009スマートボール夫婦(ふうふ)(はじ)右守(うもり)鶴公(つるこう)010貫州(くわんしう)011武公(たけこう)012マール、013ミユーズの幹部連(かんぶれん)をして留守(るす)師団長(しだんちやう)とし、014(くさ)(みの)015(たけ)小笠(をがさ)(かる)扮装(いでたち)016タロの()(えだ)をつきながら、017岩石(がんせき)起伏(きふく)せる羊腸(やうちやう)小径(こみち)(のぼ)りつ(くだ)りつ、018(たに)()()谷間(たにま)(つた)(やうや)くにして、019ジヤンナの友彦(ともひこ)割拠(かつきよ)せし(さと)()いた。
020 (おに)(やう)荒男(あらをとこ)021赤銅(しやくどう)(やう)(かほ)(あを)(いれづみ)を、022(かほ)一面(いちめん)(えど)りし(もの)先頭(せんとう)に、023老若男女(らうにやくなんによ)六ケ敷(むつかし)(かほ)して黄竜姫(わうりようひめ)一行(いつかう)を『ウワーウワー』と(とき)(こゑ)()(なが)歓迎(くわんげい)した。024(ひる)(なほ)(くら)森林(しんりん)(つつ)まれたる(この)(さと)は、025一見(いつけん)(おに)(やう)人種(じんしゆ)(ばか)りであるが、026(いた)つて質朴(しつぼく)()正直(しやうぢき)信仰心(しんかうしん)()んで()た。027(まが)つた(はな)(あか)友彦(ともひこ)を、028天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)(あふ)いで、029尊敬(そんけい)した(ほど)郷人(さとびと)は、030天女(てんによ)(ごと)黄竜姫(わうりようひめ)031梅子姫(うめこひめ)(たま)(あざむ)(きよ)姿(すがた)(なが)めて、032(あま)河原(かはら)よりネルソン(ざん)鳥船(とりぶね)(じやう)天降(あまくだ)(たま)ひしを、033ジヤンナの(さと)救世主(きうせいしゆ)友彦(ともひこ)夫婦(ふうふ)奉迎(ほうげい)して(かへ)りしものと(かた)(しん)じ、034一斉(いつせい)砂糖屋(さたうや)十能(おつかき)()(やう)な、035(おほ)きな(くろ)()(ひろ)げ、
036土人(どじん)『ウツポツポ ウツポツポ、037オーレンス、038サーチライス、039ターレンス、040チーター チーター』
041(さけ)(なが)歓迎(くわんげい)()(へう)した。042(この)意味(いみ)は、043神様(かみさま)か、044(てん)御使(みつかひ)か、045(ただし)吾等(われら)(すく)光明(くわうみやう)(かみ)か、046(じつ)立派(りつぱ)大救世主(だいきうせいしゆ)が、047(この)(さと)御降(おくだ)(あそ)ばした。048吾々(われわれ)最早(もはや)絶対(ぜつたい)(なや)みに()ふこともなく、049永遠無窮(ゑいゑんむきう)天国(てんごく)浄土(じやうど)(たのし)みを(あぢ)はうことが出来(でき)るであらう。050()()(ゆたか)(みの)り、051鼓腹撃攘(こふくげきじやう)(めぐ)みに(よく)することは()()るよりも明瞭(めいれう)だ。052有難(ありがた)い、053勿体(もつたい)ない、054(たつと)い、055(うれ)しい。056吾々(われわれ)郷人(さとびと)(ちから)(かぎ)(こころ)(きは)みを、057(この)生神様(いきがみさま)(ささ)げませう』と()(こと)である。058……ジヤンナの(さと)救世主(きうせいしゆ)(あふ)がれたる友彦(ともひこ)は、059郷人(さとびと)(むか)ひ、
060『ターリスト、061テールターイン、062ハールエース、063オーレンス、064サーチライス、065カーテル、066ライド』
067(さけ)ぶ。068(この)(こゑ)一同(いちどう)大地(だいち)平伏(へいふく)(うれ)(なみだ)(なが)して歓喜(くわんき)した。069友彦(ともひこ)(また)もや、
070『ハール ハール』
071()()げて(さけ)ぶや、072大勢(おほぜい)土人(どじん)一行(いつかう)手車(てぐるま)()せ、073三五(あななひ)(かみ)(まつ)りし(やや)(ひろ)(やかた)(なか)に、074御輿(みこし)(かつ)(やう)塩梅式(あんばいしき)何事(なにごと)(わか)らぬ(こと)(しやべ)(なが)奥深(おくふか)(おく)()く。
075 黄竜姫(わうりようひめ)一行(いつかう)友彦(ともひこ)(やかた)奥深(おくふか)(まね)かれ、076色々(いろいろ)(めづ)らしき果物(くだもの)饗応(きやうおう)され、077()つバナヽの(あぢ)舌鼓(したつづみ)()(なが)ら、078一二日(いちににち)此処(ここ)逗留(とうりう)し、079郷人(さとびと)(たい)して黄竜姫(わうりようひめ)080梅子姫(うめこひめ)よりバプテスマを(ほどこ)し、081宣伝歌(せんでんか)(をし)へた(うへ)082数十人(すうじふにん)郷人(さとびと)(おく)られ、083一行(いつかう)五人(ごにん)(やうや)くにして玉野ケ原(たまのがはら)広場(ひろば)無事(ぶじ)安着(あんちやく)することとなつた。
084 途々(みちみち)()()(くら)ひ、085谷水(たにみづ)()み、086芭蕉(ばせう)()(しとね)となし(なが)ら、087猛獣(まうじう)088大蛇(をろち)(むれ)言霊(ことたま)(さづ)帰順(きじゆん)悦服(えつぷく)させつつ(いよいよ)此処(ここ)金銀(きんぎん)(すな)(かがや)広野ケ原(ひろのがはら)辿(たど)りつく。089一行(いつかう)諏訪(すは)(うみ)(ほとり)()てたる(ちひ)さき(ほこら)(まへ)端坐(たんざ)し、090天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、091(かたはら)椰子(やし)()(もり)一夜(いちや)()かすこととなりぬ。
092 エスタン(ざん)後方(こうはう)(のぞ)いて(あら)はれたる大太陽(だいたいやう)は、093諏訪(すは)湖水(こすゐ)魚鱗(ぎよりん)(なみ)(えい)じ、094金銀(きんぎん)(むしろ)()()めたる(ごと)く、095(その)(うるは)しさ(たと)ふるにものなく、096一行(いつかう)五人(ごにん)湖水(こすゐ)身体(からだ)(きよ)め、097七日七夜(なぬかななよ)此処(ここ)(みそぎ)(しう)神恩(しんおん)感謝(かんしや)せり。
098 ()夕陽(せきやう)(かたむ)いて()()はれぬ(うるは)しき(とり)(こゑ)099(ねぐら)(もと)めて(おのおの)密林(みつりん)(かへ)()く。100純白(じゆんぱく)(つばさ)大鳥(おほどり)(やみ)()うて(ひく)黄昏時(たそがれどき)より(あら)はれ(きた)り、101湖面(こめん)縦横無尽(じうわうむじん)翺翔(こうしやう)する。102(その)(すう)幾千万羽(いくせんまんば)とも(かぞ)(がた)く、103(つき)()夜半(よは)(あか)るき(ばか)りの光景(くわうけい)なり。104(これ)信天翁(あはうどり)祖先(そせん)でアンボリーと()大鳥(おほとり)なりける。
105 一行(いつかう)五人(ごにん)椰子(やし)樹下(じゆか)()(ひそ)め、106天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)()()くるを()つ。107夜明(よあ)けに間近(まぢか)くなりたる(とき)しも、108頭上(づじやう)にバタバタと(とり)()ばたき(はげ)しく(きこ)()たる。109()れば両翼(りやうよく)(なが)三丈(さんぢやう)(ばか)りのアンボリー、110椰子(やし)樹上(じゆじやう)にとまつて、111一同(いちどう)(あたま)(おほ)ふて()る、112それが夜明(よあ)けに間近(まぢか)くなつたので一時(いちじ)()(あが)つた(おと)である。113一同(いちどう)(とり)()()方面(はうめん)()(はな)たず打看守(うちみまも)れば、114ほんのりと薄紅(うすあか)くうす(しろ)大空(おほぞら)()めながら、115際限(さいげん)もなき大原野(だいげんや)西北(せいほく)(そら)()して、116一羽(いちは)(のこ)らず飛去(とびさ)れり。
117
118ジヤンナの(さと)三五(あななひ)
119(かみ)(まつ)りし友彦(ともひこ)
120(やかた)一行(いつかう)()()かし
121一日二夜(ひとひふたよ)逗留(とうりう)
122タイヤ、ブースを(はじ)めとし
123数多(あまた)土人(どじん)皇神(すめかみ)
124(まこと)(みち)()(さと)
125鎮魂(みたましづめ)やバプテスマ
126一人(ひとり)(のこ)らず(ほどこ)して
127(ひる)なほ(くら)森林(しんりん)
128小径(こみち)(つた)郷人(さとびと)
129賑々(にぎにぎ)しくも(おく)られて
130(やうや)くセムの谷間(たにあひ)
131辿(たど)(きた)れる折柄(をりから)
132黄竜姫(わうりようひめ)皇神(すめかみ)
133(うづ)(みこと)(たま)()りて
134(おく)(きた)りし郷人(さとびと)
135(あつ)言葉(ことば)をかけながら
136(ひがし)西(にし)(わか)れつつ
137(つゆ)(まくら)数多(かずおほ)
138(かさ)ねて此処(ここ)玉野原(たまのはら)
139金銀(きんぎん)(かがや)(みち)(うへ)
140(いさ)(すす)んで諏訪(すは)()
141(ほとり)にやうやう安着(あんちやく)
142(ほこら)(まへ)端坐(たんざ)して
143一行(いつかう)五人(ごにん)安穏(あんのん)
144(たづ)(きた)りし神恩(しんおん)
145感謝(かんしや)(をは)清鮮(せいせん)
146湖水(こすゐ)()をば(ひた)しつつ
147七日七夜(なぬかななよ)(たま)(あら)
148椰子樹(やしじゆ)(かげ)()(ひそ)
149夜明(よあ)けを()てる折柄(をりから)
150樹上(じゆじやう)(きこ)ゆる()ばたきの
151(おと)(おどろ)(なが)むれば
152(ゆき)(あざむ)白翼(はくよく)
153パツと(ひら)いた大鳥(おほとり)
154(そら)(ふう)じて数多(かずおほ)
155西北(せいほく)()して()んで()
156一行(いつかう)五人(ごにん)空中(くうちう)
157(あふ)()つむる(をり)もあれ
158黄金(こがね)(つばさ)()せられて
159此方(こなた)(むか)つて()(きた)
160四五(しご)神人(しんじん)悠々(いういう)
161湖水(こすゐ)目蒐(めが)けて(くだ)()
162(その)光景(くわうけい)崇高(けだか)さに
163五人(ごにん)(おも)はず()(あは)
164祝詞(のりと)(とな)へつ(なが)()
165黄金(こがね)(とり)()せられし
166男女(なんによ)五人(ごにん)神人(しんじん)
167(なみ)(うへ)をばスレスレに
168(きた)(むか)つて(すす)()
169これぞ玉治別(たまはるわけ)宣使(せんし)
170初稚姫(はつわかひめ)玉能姫(たまのひめ)
171久助(きうすけ)(たみ)五人連(ごにんづれ)
172(かみ)御言(みこと)(かしこ)みて
173(うづ)(をしへ)(くま)もなく
174(つた)(みちび)(かみ)(わざ)
175〓(うまら)委曲(つばら)()(をは)
176玉依姫(たまよりひめ)御使(みつかひ)
177黄金色(わうごんしよく)霊鳥(れいてう)
178(すく)はれ御空(みそら)(かけ)りつつ
179(かへ)(きた)れる生神(いきがみ)
180通力(つうりき)()たる姿(すがた)なり
181嗚呼(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
182(かみ)(をしへ)(たふと)さよ。
183 (つばさ)一文字(いちもんじ)(ひろ)げた金色(こんじき)霊鳥(れいてう)は、184(かみ)使(つかひ)八咫烏(やあたがらす)である。185玉治別(たまはるわけ)一行(いつかう)()せた五羽(ごは)八咫烏(やあたからす)は、186日光(につくわう)()(かがや)きて中空(ちうくう)にキラリキラリと(ひかり)()げながら、187地上(ちじやう)までも金光(きんくわう)反射(はんしや)させ、188諏訪(すは)湖辺(うみべ)()(きた)り、189紺碧(こんぺき)(なみ)(うへ)(すべ)つて際限(さいげん)もなき湖水(こすゐ)を、190(きた)(きた)へと(すす)()く。
191 梅子姫(うめこひめ)192黄竜姫(わうりようひめ)()()つばかり(この)姿(すがた)()(おどろ)()(よろこ)べり。193一行(いつかう)(むね)(うち)(たと)へがたなき崇高(すうかう)にして(かつ)壮快(さうくわい)(おも)ひが(ただよ)うたからである。
194友彦(ともひこ)黄竜姫(わうりようひめ)(さま)195梅子姫(うめこひめ)(さま)196地恩城(ちおんじやう)(おい)園遊会(ゑんいうくわい)(とき)197天空(てんくう)(たか)(あら)はれた蜃気楼(しんきろう)光景(くわうけい)198紺碧(こんぺき)湖水(こすゐ)(あら)はれ、199四方(しはう)(つつ)青山(あをやま)崇高(すうかう)なる姿(すがた)は、200(いま)(この)湖面(こめん)()ると寸分(すんぶん)()()(やう)ですな、201大方(おほかた)清公(きよこう)202チヤンキー、203モンキー()の、204女神(めがみ)(みちび)かれ結構(けつこう)御用(ごよう)(あふ)せつけられて()(ところ)も、205(この)聖地(せいち)御座(ござ)いませうかなア』
206黄竜姫(わうりようひめ)(わたし)もそれに間違(まちが)ひないやうな(かん)じが(いた)します。207(むかし)から人跡(じんせき)()えしオセアニアの秘密郷(ひみつきやう)208斯様(かやう)立派(りつぱ)(みづうみ)があらうとは、209(ゆめ)にも()りませなんだ。210(なん)とかして神様(かみさま)御力(おちから)()り、211(この)湖水(こすゐ)(わた)つて()たいものですなア』
212梅子姫(うめこひめ)蜃気楼(しんきろう)拝見(はいけん)した(とき)には純白(じゆんぱく)白帆(しらほ)沢山(たくさん)航行(かうかう)して()ましたが、213(ふね)一隻(いつせき)()えないぢやありませぬか。214大方(おほかた)アンボリーの飛交(とびか)(かげ)(ふね)のやうに()えたのでせうかな』
215友彦(ともひこ)『サアさうかも()れませぬ。216……黄竜姫(わうりようひめ)(さま)217(ふね)()ければ(わた)(わけ)には()きませぬ。218玉治別(たまはるわけ)初稚姫(はつわかひめ)(さま)(やう)に、219黄金(わうごん)(とり)(むか)ひに()(くだ)さらば(じつ)結構(けつこう)だが、220(ふね)()ければ鳥船(とりぶね)もなく()吾々(われわれ)御神慮(ごしんりよ)(かな)(ところ)(まで)身魂(みたま)(みが)けて()ないのでせう』
221黄竜姫(わうりようひめ)神様(かみさま)一点(いつてん)(くも)りなき水晶魂(すゐしやうだま)でなければ、222肝腎(かんじん)神業(しんげふ)にはお使(つか)(くだ)さいませぬ。223折角(せつかく)(この)浜辺(はまべ)まで(まゐ)つたものの、224(かく)(ごと)三方(さんぱう)(かべ)()てた(やう)岩山(いはやま)225何程(なにほど)(あし)達者(たつしや)(もの)でも鳥類(てうるゐ)でない以上(いじやう)()(こと)出来(でき)ますまい。226(しか)しながら此処(ここ)まで無事(ぶじ)()いたのも(まつた)神様(かみさま)のお(めぐ)み、227此処(ここ)でもう一層(いつそう)徹底的(てつていてき)(こころ)修業(しうげふ)(はげ)みませう。228地恩城(ちおんじやう)女王(ぢよわう)だとか、229ジヤンナの(さと)救世主(きうせいしゆ)などと()はれて得意(とくい)になつて()るのが、230これが第一(だいいち)神様(かみさま)御心(みこころ)(かな)はないのでせう。231(おな)天地(てんち)(めぐみ)(うま)れた(ひと)()232善悪美醜(ぜんあくびしう)区別(くべつ)はあつても神様(かみさま)(あい)には()つとも依怙贔屓(えこひいき)はありますまい。233こりやもう(ひと)身魂(みたま)()(なほ)さなくては駄目(だめ)でせうよ。234勿体(もつたい)なくも神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)御娘御(おんむすめご)235梅子姫(うめこひめ)(さま)(かげ)御守護(ごしゆご)とし、236(いや)しき(わらは)()(もつ)地恩城(ちおんじやう)女王(ぢよわう)()ばれ、237神司(かむつかさ)()はれて、238勿体(もつたい)なくも直々(ぢきぢき)御血筋(おちすぢ)上位(じやうゐ)()つて()たのは、239恰度(ちやうど)(あたま)(した)になり、240(あし)(うへ)になつて()るやうな、241矛盾(むじゆん)撞着(どうちやく)()(かた)であつた。242……アヽ梅子姫(うめこひめ)(さま)(いま)までの御無礼(ごぶれい)何卒(なにとぞ)(ゆる)(くだ)さいませ。243(けつ)して貴女(あなた)押込(おしこ)(わたくし)(うへ)()つて覇張(はば)らうなどと()ふやうな、244(さも)しい(こころ)はチツトも()つて()ませなんだ。245(しか)(なが)名誉心(めいよしん)()られ、246本末(ほんまつ)自他(じた)公私(こうし)(べつ)を、247不知不識(しらずしらず)(あひだ)(をか)して()りました。248貴女(あなた)吾々(われわれ)天地霄壌(てんちせうじやう)懸隔(けんかく)がございます。249尊卑(そんぴ)(べつ)(わきま)へず(はなは)だもつて不都合(ふつがふ)(いた)り、250(いま)(あらた)めてお(わび)(つかまつ)ります。251さうして地恩城(ちおんじやう)女王(ぢよわう)たる地位(ちゐ)神様(かみさま)にお(かへ)(まを)し、252(うま)赤子(あかご)(ひら)信者(しんじや)となつて御神業(ごしんげふ)奉仕(ほうし)し、253貴女様(あなたさま)女王(ぢよわう)とも教主(けうしゆ)とも(あふ)いで、254忠実(ちうじつ)にお(つか)(いた)しますから、255不知不識(しらずしらず)御無礼(ごぶれい)御気障(おきざわり)256何卒(なにとぞ)神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)(くだ)さいますように、257黄竜姫(わうりようひめ)真心(まごころ)よりお(わび)(つかまつ)ります』
258(なみだ)(たき)(ごと)両眼(りやうがん)より(したた)らし、259悔悟(くわいご)(ねん)()へざるものの(ごと)涕泣嗚咽(ていきふをえつ)(つひ)(その)()()()した。260梅子姫(うめこひめ)儼然(げんぜん)として、
261黄竜姫(わうりようひめ)どの、262貴方(あなた)結構(けつこう)御神徳(ごしんとく)(いただ)きました。263(わたし)神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)()みの()(うま)れ、264()花姫(はなひめ)生宮(いきみや)として今日迄(こんにちまで)265貴方(あなた)のお(そば)()(くだ)し、266神業(しんげふ)輔佐(ほさ)して(まゐ)りました。267貴方(あなた)御言葉(おことば)今日(けふ)只今(ただいま)(まで)268(じつ)(ところ)()つて()たのでございます』
269微笑(びせう)()かべて()りつれば、270友彦(ともひこ)(また)もや両眼(りやうがん)(なみだ)()かべ(なが)ら、
271(わたくし)(うま)れついての狡猾者(かうくわつもの)272(いた)(ところ)悪事(あくじ)(はたら)き、273まぐ(あた)りに(はな)(あか)きを取得(とりえ)にてジヤンナの(さと)()(はや)され、274救世主(きうせいしゆ)()ばれ(なが)()()になり、275(こころ)にも()尊敬(そんけい)()け、276天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)()()まして()(こころ)(きたな)さ、277イヤもう塵埃(ぢんあい)(ひと)しき吾等(われら)身魂(みたま)278どうして肝腎要(かんじんかなめ)御用(ごよう)にお使(つか)(くだ)さいませう。279……何卒々々(なにとぞなにとぞ)梅子姫(うめこひめ)(さま)280貴女様(あなたさま)より大神様(おほかみさま)重々(ぢゆうぢゆう)(つみ)(ゆる)(くだ)さいます(やう)取成(とりな)(ねが)()(たてまつ)ります。281(また)(わたくし)(けつ)して今後(こんご)は、282人様(ひとさま)以上(いじやう)結構(けつこう)御用(ごよう)をさして(いただ)かうとは(ゆめ)にも(おも)ひは(いた)しませぬ。283如何(いか)なる(こと)にても(かま)ひませぬから、284どうぞ神様(かみさま)のお(つな)()れぬ(やう)に、285大神様(おほかみさま)にお(わび)のお取次(とりつぎ)(ひとへ)(こひねが)()(たてまつ)ります』
286梅子姫(うめこひめ)貴方(あなた)(こころ)(その)蓮花(はちすばな)287転迷開悟(てんめいかいご)(おと)()(ひら)()めました。288アヽいい(ところ)改心(かいしん)して(くだ)さいました。289これで梅子姫(うめこひめ)父大神(ちちおほかみ)より(めい)ぜられたる御用(ごよう)一端(いつたん)出来(でき)たと(まを)すもの、290(わたくし)(はう)より貴方(あなた)(たい)して感謝(かんしや)(いた)します』
291(うれ)(なみだ)両眼(りやうがん)()かべ、292()べたつれば友彦(ともひこ)(うれ)しさ()(あま)り、293大地(だいち)にひれ()(かほ)得上(えあ)げず、294歓喜(くわんき)悔悟(くわいご)(なみだ)(むせ)(かへ)つて()る。
295 蜈蚣姫(むかでひめ)梅子姫(うめこひめ)(まへ)()をつかへて、
296梅子姫(うめこひめ)(さま)297今迄(いままで)御無礼(ごぶれい)何卒々々(なにとぞなにとぞ)(ゆる)(くだ)さいませ。298(わたくし)貴女様(あなたさま)御存(ごぞん)じの(とほ)悪逆無道(あくぎやくぶだう)(かぎ)りを(つく)した、299鬼婆(おにばば)(やう)悪人(あくにん)御座(ござ)いました。300地恩城(ちおんじやう)(まゐ)りまして(むすめ)出世(しゆつせ)()るにつけ、301不知不識(しらずしらず)高慢心(かうまんしん)(おこ)り、302()愛着(あいちやく)(ねん)()られ、303肝腎(かんじん)大神(おほかみ)第二(だいに)(いた)し、304()貴女様(あなたさま)(たい)し、305平素(へいそ)軽侮(けいぶ)()(もつ)(むか)つて()りました心盲(しんまう)御座(ござ)います。306地恩城(ちおんじやう)(おい)友彦(ともひこ)()園遊会(ゑんいうくわい)(ひら)いた(をり)307貴女様(あなたさま)(むらさき)蓮華岩(れんげいは)(うへ)()たせ(たま)ひ、308(わたくし)素性(すじやう)(うた)つて(くだ)さつた(とき)(わたくし)は、309(こころ)(うち)にて非常(ひじやう)不満(ふまん)(いだ)きました。310(いま)(おも)へばあの(とき)のお言葉(ことば)(うち)には、311大神様(おほかみさま)大慈(だいじ)大悲(だいひ)(すく)ひの御心(みこころ)……なぜ(その)(とき)(わたくし)()()かなかつたでございませう。312森羅万象(しんらばんしやう)(たい)一切(いつさい)色盲(しきまう)(わたくし)313不調法(ぶてうはふ)ばかり(いた)しまして神様(かみさま)(たい)し、314(また)(たふと)貴女様(あなたさま)(たい)してお(わび)申上(まをしあ)げる言葉(ことば)もございませぬ。315どうぞ母子(おやこ)(もの)(あはれ)(くだ)さいまして、316今迄(いままで)大神様(おほかみさま)敵対(てきたい)(まを)した(ふか)(つみ)を、317(わび)(くだ)さいますようにお(ねが)(まを)します』
318とワツとばかりに(こゑ)をあげ()()するにぞ、319梅子姫(うめこひめ)莞爾(くわんじ)として、
320『アヽ蜈蚣姫(むかでひめ)(さま)321貴女(あなた)今日(こんにち)只今(ただいま)(はじ)めて(まこと)神柱(かむばしら)になられました、322結構(けつこう)でございます。323どうぞ(この)()とても(わたし)(とも)三五(あななひ)大神様(おほかみさま)御用(ごよう)誠心誠意(せいしんせいい)御尽力(ごじんりよく)あらむことを希望(きばう)(いた)します。324如何(いか)なる罪穢(つみけが)(あやまち)梅子姫(うめこひめ)(かは)りて千座(ちくら)()()()ひますれば御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
325 蜈蚣姫(むかでひめ)は『有難(ありがた)うございます』と()うたきり、326大地(だいち)にかぶりつき有難涙(ありがたなみだ)(むせ)()る。327テールス(ひめ)(また)もや梅子姫(うめこひめ)(まへ)両手(りやうて)をつき、
328何分(なにぶん)(つみ)(おほ)(わたくし)329不知不識(しらずしらず)御無礼(ごぶれい)気障(きざわり)何程(いくら)ございませうとも、330何卒(どうぞ)(ゆる)(くだ)さる(やう)331神界(しんかい)へお(ねが)(くだ)さいませ』
332合掌(がつしやう)して(たの)()る。
333貴女(あなた)(この)(なか)でも(もつと)(つみ)(かる)き、334身魂(みたま)(きよ)らかな(かみ)()です。335今日(こんにち)神界(しんかい)(たい)()したる不調法(ぶてうはふ)もございませぬ。336今後(こんご)今迄(いままで)(どほ)(あやま)()(やう)337(かみ)御用(ごよう)御奉仕(ごほうし)あらむことを希望(きばう)(いた)します』
338(こた)ふれば、339テールス(ひめ)梅子姫(うめこひめ)慈愛(じあい)言葉(ことば)に、340有難涙(ありがたなみだ)をしぼるのみであつた。
341 梅子姫(うめこひめ)湖面(こめん)(むか)合掌(がつしやう)しながら何事(なにごと)暗祈黙祷(あんきもくたう)する(こと)(しば)し、342(たちま)何処(いづこ)ともなく微妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)え、343西北(せいほく)(そら)(ふう)じて、344此方(こなた)(むか)つて一瀉千里(いつしやせんり)(いきほひ)にて()(きた)以前(いぜん)のアンボリー、345幾百(いくひやく)ともなく、346(つばさ)(なら)べ、347湖上(こじやう)目蒐(めが)けて()(かへ)(その)(うるは)しさ、348()にも(うつ)せぬ(なが)めなり。
349大正一一・七・一一 旧閏五・一七 谷村真友録)