霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 (とら)(うそぶき)〔七七三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 篇:第2篇 蓮華台上 よみ:れんげだいじょう
章:第8章 第26巻 よみ:とらのうそぶき 通し章番号:773
口述日:1922(大正11)年07月18日(旧閏05月24日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年6月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
続いて杢助が立ち歌った。神伊弉諾大神の裳裾から生まれた時置師神が自分の来歴であることを明かし、その後、鉄彦の僕・時彦となり、石凝姥宣伝使がコーカス山から魔神を追い払った神業に参加したことを歌った。
その後神素盞嗚大神の命を受けて自転倒島に渡り、樵の杢助となって時を待ち、妻のお杉との間に初稚姫をもうけたことを明かした。
そして娘が遥か遠くの竜宮島に赴いて、見事に麻邇の宝珠の神業を成功させたことに対して、神素盞嗚大神と国武彦神への感謝を述べ立てた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2608
愛善世界社版:118頁 八幡書店版:第5輯 186頁 修補版: 校定版:131頁 普及版:43頁 初版: ページ備考:
001 杢助(もくすけ)()(あが)銀扇(ぎんせん)(ひろ)げて(みづか)(うた)(みづか)()うて()せた。
002天教山(てんけうざん)天降(あも)ります
003神伊弉諾大神(かむいざなぎのおほかみ)
004御裳(みそ)身魂(みたま)(うま)れたる
005魔神(まがみ)(はら)時置師(ときおかし)
006アルタイ(ざん)山麓(さんろく)
007人子(ひとご)(つかさ)鉄彦(かねひこ)
008(しもべ)(かみ)時公(ときこう)
009姿(すがた)(やつ)石凝姥(いしこりどめ)
010伊都(いづ)(みこと)宣伝使(せんでんし)
011三五教(あななひけう)(ひら)かむと
012荒野ケ原(あらのがはら)()(わた)
013(すす)(すす)みてコーカスの
014深山(みやま)(つつ)黒雲(くろくも)
015伊吹(いぶき)(はら)ひに()(はら)
016(みづ)御霊(みたま)側近(そばちか)
017(つか)へまつりし(わが)身魂(みたま)
018神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
019御言(みこと)(ひそ)かに(かうむ)りて
020自転倒島(おのころじま)()(わた)
021(こころ)(いろ)丹波(あかなみ)
022湯谷ケ峠(ゆやがたうげ)山麓(さんろく)
023樵夫(きこり)となりて()をひそめ
024(つま)のお(すぎ)(めと)りつつ
025(かみ)御水火(みいき)(さち)はひて
026初稚姫(はつわかひめ)御誕生(ごたんじやう)
027(てふ)(はな)よと(そだ)()
028五歳(いつつ)となりし(あき)(そら)
029(つま)(みこと)()()りて
030(あと)(のこ)りし(ちち)()
031(この)()果敢(はか)なむ折柄(をりから)
032灯火(あかり)目当(めあて)(たづ)()
033三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
034玉治別(たまはるわけ)神司(かむづかさ)
035(いよいよ)ここに杢助(もくすけ)
036(かみ)大道(おほぢ)(をど)()
037高春山(たかはるやま)にアルプスの
038(をしへ)()つる神柱(かむばしら)
039鷹依姫(たかよりひめ)言向(ことむ)けて
040(あや)聖地(せいち)参向(さんかう)
041再度山(ふたたびやま)山麓(さんろく)
042(をしへ)(やかた)(きづ)()
043生田(いくた)(もり)側近(そばちか)
044稚姫君(わかひめぎみ)生身魂(いくみたま)
045(いつ)きまつりて御教(みをしへ)
046(とほ)(ちか)きに(ひら)きつつ
047(かみ)(をしへ)()きしより
048再度山(ふたたびやま)()()でて
049(あや)聖地(せいち)参上(まゐのぼ)
050父娘(おやこ)(つく)(かみ)(みち)
051あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
052御霊(みたま)(さち)はへましまして
053年端(としは)()かぬ初稚(はつわか)
054(ひめ)(みこと)玉能姫(たまのひめ)
055玉治別(たまはるわけ)諸共(もろとも)
056万里(ばんり)波濤(はたう)()()えて
057竜宮島(りうぐうじま)()(わた)
058玉依姫(たまよりひめ)常久(とことは)
059(しづ)まりいます諏訪(すは)(うみ)
060(たつ)宮居(みやゐ)参詣(まゐまう)
061麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)(たま)はりて
062梅子(うめこ)(ひめ)(たてまつ)
063黄金(こがね)(からす)()せられて
064雲井(くもゐ)(そら)(おと)(たか)
065(わた)りて(かへ)由良港(ゆらみなと)
066人子(ひとご)(つかさ)秋山彦(あきやまひこ)
067(うづ)(みこと)庭園(ていゑん)
068一行(いつかう)十人(じふにん)(つつが)なく
069(くだ)()ませる(たふと)さよ
070梅子(うめこ)(ひめ)一行(いつかう)
071麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)(たづさ)へて
072(かへ)()ますと()きしより
073(こころ)(こま)(いさ)()
074言依別(ことよりわけ)(したが)ひて
075此処(ここ)(やうや)()()れば
076(おも)()けなき瑞御霊(みづみたま)
077神素盞嗚大御神(かむすさのをのおほみかみ)
078国武彦大御神(くにたけひこのおほみかみ)
079聖顔(せいがん)(こと)(うるは)しく
080(あら)はれ(たま)(うれ)しさよ
081それのみならず朝夕(あさゆふ)
082(こころ)()けて(その)無事(ぶじ)
083(いの)りまつりし(わが)(むすめ)
084初稚姫(はつわかひめ)殊更(ことさら)
085(たま)(かんばせ)にこやかに
086(いさ)(たま)へる(うれ)しさよ
087あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
088()つの御玉(みたま)常久(とことは)
089(かみ)のまにまに(をさ)まりて
090神政(しんせい)成就(じやうじゆ)基礎(いしずゑ)
091(きづ)(たま)ひし(その)(うへ)
092(いづ)御霊(みたま)(とな)ふべき
093竜宮城(りうぐうじやう)麻邇宝珠(まにほつしゆ)
094(また)もや聖地(せいち)(あつ)まりて
095(ひかり)(はな)(その)(うへ)
096(かみ)仕組(しぐみ)(いや)(ひろ)
097(いや)永久(とこしへ)(うご)きなく
098(あら)はれ(たま)()のあたり
099(かみ)(おもて)(あら)はれて
100(ぜん)(あく)とを()()ける
101(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
102(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
103(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
104直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
105()(あやま)ちは()(なほ)
106三五教(あななひけう)(かみ)(みち)
107(ふか)(こころ)()()りて
108()つの御玉(みたま)村肝(むらきも)
109(こころ)(たま)()かれつつ
110憂身(うきみ)(やつ)玉探(たまさが)
111(あき)御空(みそら)天津(あまつ)()
112(ひか)(かがや)(たま)(ごと)
113(さか)(すす)むは()のあたり
114仁慈無限(じんじむげん)瑞御霊(みづみたま)
115神素盞嗚大御神(かむすさのをのおほみかみ)
116国武彦大神(くにたけひこのおほかみ)
117御前(みまへ)杢助(もくすけ)慴伏(ひれふ)して
118(つつし)(ゐやま)()ぎまつる
119あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
120御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
121(うた)(をは)つて(もと)()についた。
122大正一一・七・一八 旧閏五・二四 北村隆光録)