霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第26巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年6月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm268801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
()(なか)はいはゆる学者(がくしや)のみにして
真言(まこと)物識(ものし)(ひと)(すく)なし〈目次(三)〉
学者(がくしや)とは(まな)(もの)なり無学者(むがくしや)
(まな)(よう)なき(もの)(いひ)なり〈目次(三)〉
(まな)ばずも宇宙(うちう)真理(しんリ)(ことごと)
われはさとれり真言(まこと)(ちから)〈目次(三)〉
伊都能売(いづのめ)(かみ)とあらはれ瑞霊(ずゐれい)
なりて万事(ばんじ)をわれは()くなり〈序歌(三)〉
言霊(ことたま)(すべ)てのものの(はじ)めなり
天地万有(てんちばんいう)これより()まるる〈総説歌(三)〉
大宇宙(だいうちう)森羅万象(しんらばんしやう)(ことごと)
言霊(ことたま)水火(いき)(さち)より()まれし〈総説歌(三)〉
言霊(ことたま)(ひかり)()らず如何(いか)にして
(かみ)大道(おほぢ)のひらかるべきやは〈総説歌(三)〉
政治(せいぢ)宗教(しうけう)教育(けういく)美術(びじゆつ)(ことごと)
言霊(ことたま)()らずば(まつた)きを()〈第1章(三)〉
たまさかに言霊(ことたま)道説(みちと)(ひと)
一知半解(いつちはんかい)(もの)にはならず〈第1章(三)〉
(かみ)()ふは万物普遍(ばんぶつふへん)(みたま)なり
(ひと)天地(てんち)経綸(けいりん)につかふ〈第3章(三)〉
(ひと)にして神人合一(しんじんがふいつ)(きやう)にあらば
無限絶対(むげんぜつたい)力徳(りきとく)発揮(はつき)〈第3章(三)〉
言霊(ことたま)(さち)はふ(くに)()(もと)
言霊知(ことたまし)らぬ(ひと)ばかりなる〈第4章(三)〉
深遠(しんゑん)なる真理(しんり)到底(たうてい)(いま)()
言霊知(ことたまし)らぬ(ひと)にはわからず〈第4章(三)〉
(うつ)りゆく()有様(ありさま)をまつぶさに
(われ)はさとれり真心(まごころ)〈第4章(三)〉
言霊(ことたま)真言(まこと)(ひかり)(ちから)より
(ほか)(ひら)かむ(みち)なかりけり〈第5章(三)〉
()(つま)りゆき(つま)りたる()(ひら)
(ちから)(ひかり)言霊(ことたま)(さち)なり〈第5章(三)〉
千早振(ちはやふ)神代(かみよ)からなる神国(かみくに)
(けが)さじものと心配(こころくば)りつ〈第6章(初)〉
()(ひと)もなき谷底(たにそこ)本宮(もとみや)
()()(かみ)()れましにける〈第6章(初)〉
言霊(ことたま)()ける(かみ)なり言霊(ことたま)
()らでこの()(をさ)まるべしやは〈第6章(三)〉
天津御神(あまつみかみ)国津御神(くにつみかみ)御勲功(みいさを)
(よろづ)のものは()(とほ)すなり〈第7章(初)〉
言霊(ことたま)(みち)真実(まこと)千早振(ちはやふ)
(かみ)御稜威(みいづ)(をしへ)なりけり〈第7章(初)〉
ものみなの精神(こころ)(かみ)(たまもの)
(たか)(いや)しき(おほ)(ちひ)さき〈第7章(初)〉
我利我慾(がりがよく)のみに(こころ)をくもらせて
真言(まこと)()らぬ(ひと)のあはれさ〈第8章(三)〉
(かみ)にして(ひと)なり(ひと)にして(われ)
また(かみ)なりと自覚(じかく)せるなり〈第9章(三)〉
天地(あめつち)真理(しんり)()らず神界(しんかい)
経綸(しぐみ)をしらぬ常暗(とこやみ)()なり〈第12章(三)〉
愛善(あいぜん)(こころ)(かみ)(かよ)ふなり
(かみ)(あい)なり(ぜん)なるがゆゑ〈第13章(再)〉
()みきりし(こころ)(まなこ)天地(あめつち)
一切(いつさい)(われ)にうつりてあるも〈第15章(三)〉
(初は初版、再は再版、三は三版の略)

[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]