霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 神丹(しんたん)〔一二九三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第49巻 真善美愛 子の巻 篇:第4篇 鷹魅糞倒 よみ:ようみふんとう
章:第19章 第49巻 よみ:しんたん 通し章番号:1293
口述日:1923(大正12)年01月19日(旧12月3日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年11月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
珍彦と静子の娘・楓は、杢助と高姫の企みを聞いてしまい、父母のところへ現れた。楓は夜前、文殊菩薩が夢に現れ、父母の危機を告げ神丹という薬を授けた。楓が目を覚ますと、立派な薬が三粒手に残っていたという。
この話を聞いた珍彦と静子は、楓と共に一粒ずつ神丹をいただいた。そこへ高姫がやってきて珍彦と静子を晩餐に誘った。珍彦たちは承諾し、大神様に無事を祈願してから高姫の居間に現れた。
珍彦夫婦は杢助と高姫にたくさんの御馳走やお酒を勧められたが、いくら食事が進んでも二人の体には何の変化もなかった。高姫が不機嫌になってきたため、珍彦と静子はにわかに気分が悪くなったと言って食事の場を辞した。後に杢助と高姫はほくそ笑んでいた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4919
愛善世界社版:280頁 八幡書店版:第9輯 135頁 修補版: 校定版:288頁 普及版:130頁 初版: ページ備考:
001 珍彦(うづひこ)002静子(しづこ)火鉢(ひばち)(なか)(かこ)み、003(はなし)(ふけ)つて()る。
004静子(しづこ)『もし珍彦(うづひこ)さま、005吾々(われわれ)親子(おやこ)はバラモン(けう)(とりこ)となり、006(あやふ)(ところ)治国別(はるくにわけ)(さま)(たす)けられ、007御恩(ごおん)(かへ)しやうもない(その)(うへ)に、008こんな結構(けつこう)宮番(みやばん)(まで)さして(いただ)き、009(なん)とも冥加(みやうが)(あま)つた(こと)ぢやありませぬか』
010珍彦(うづひこ)『さうだ。011(まへ)()(とほ)山海(さんかい)大恩(だいおん)()け、012(その)(うへ)013神様(かみさま)(こと)(わか)らないのに、014(この)(やかた)主人(しゆじん)(おほ)せつけられ(じつ)()(あま)光栄(くわうえい)だ。015(しか)吾々(われわれ)(かみ)のお(みち)には(まつた)くの素人(しろうと)だから、016(あま)()重過(おもす)ぎて迷惑(めいわく)だな。017()()(かみ)義理天上(ぎりてんじやう)とか()つて、018生神様(いきがみさま)がお(いで)になり、019主人顔(しゆじんがほ)をして御座(ござ)るが、020(なん)()つても生神(いきがみ)さまだから、021維命(これめい)維従(これしたが)ふより(ほか)はない。022主人(しゆじん)とは()ふものの有名無実(いうめいむじつ)吾々(われわれ)(おも)ふやうには一寸(ちよつと)もなりはしない、023神様(かみさま)のお(みち)()ふものはこんなものかなア』
024静子(しづこ)『それでも、025六人(ろくにん)役員(やくゐん)さまは矢張(やつぱ)(わたし)のやうな(もの)でも主人(しゆじん)()てて(くだ)さるのだから結構(けつこう)ぢやありませぬか。026(かへで)のやうな(なに)()らぬ(むすめ)をお(ぢやう)さまお(ぢやう)さまと尊敬(そんけい)して(くだ)さるのだから有難(ありがた)いものだ、027これと()ふのも(まつた)神様(かみさま)のお(かげ)だわ』
028 ()(はな)(ところ)(かへで)(ふすま)をそつとあけて()(きた)り、
029(かへで)『お(とう)さまお(かあ)さま、030(いま)高姫(たかひめ)さまが、031貴方(あなた)(がた)御馳走(ごちそう)()げたいと()ふて()びに()られたらお(いで)になりますか』
032珍彦(うづひこ)(それ)折角(せつかく)思召(おぼしめし)033()にする(わけ)には()かない。034(また)無下(むげ)(ことわ)ればお(こころ)(わる)くしてはならないからなア』
035(かへで)『お(かあ)さまも()(つも)りですか』
036静子(しづこ)珍彦(うづひこ)さまが()かれるのに、037女房(にようばう)(わたし)()かぬ(わけ)には()きますまい。038()(つよ)(をんな)だと義理天上(ぎりてんじやう)(さま)(おも)はれてはなりませぬからな。039杢助(もくすけ)さまと()立派(りつぱ)なお(かた)がお()でになつて()るのだから、040御挨拶(ごあいさつ)一度(いちど)()かうと(おも)ふて()(ところ)だ』
041(かへで)『それならお(かあ)さま、042(とう)さま、043(いで)なさいませ。044(つい)ては(わたし)夜前(やぜん)(ゆめ)文珠菩薩(もんじゆぼさつ)がお(いで)になりまして、045神丹(しんたん)()(くすり)(くだ)さいまして、046「お(まへ)両親(りやうしん)(うへ)危急(ききふ)(せま)つて()るから、047これを一粒(ひとつぶ)づつ()ましておけば大丈夫(だいぢやうぶ)」と(わた)して(くだ)さいました。048有難(ありがた)(ござ)いますとお辞儀(じぎ)をしたと(おも)へば(ゆめ)()めました。049()がさめましてもこんな立派(りつぱ)(くすり)三粒(みつぶ)050()(うへ)(のこ)つて()ました。051これを三人(さんにん)一粒(ひとつぶ)づつ(いただ)きませう、052さうすれば食当(しよくあた)りも(なに)もないさうですからなあ』
053珍彦(うづひこ)『それは有難(ありがた)(まつた)神様(かみさま)のお(めぐみ)だ。054(なに)()もあれ(いただ)いて()かう。055オイ静子(しづこ)(まへ)(いただ)きなさい』
056(かへで)『このお(くすり)(わたし)()から(くち)直接(ちよくせつ)()げなくては()かないと文珠菩薩(もんじゆぼさつ)仰有(おつしや)いました。057サア(くち)をお()けなさいませ』
058 珍彦(うづひこ)059静子(しづこ)二人(ふたり)(かへで)(めい)ずるままに(くち)をパツと()けた。060(かへで)一粒(ひとつぶ)づつ両親(りやうしん)(くち)(はふ)()んだ。061(たちま)()()はれぬ(にほひ)四辺(あたり)(つつ)(むね)(さはや)かになり、062身体(からだ)から(ひかり)()るやうな心持(こころもち)になつた。063(かへで)(また)押頂(おしいただ)いて(みづか)服用(ふくよう)した。064三人(さんにん)(にはか)面色(めんしよく)(うつく)しく、065(その)()益々(ますます)()(くは)へた。066()かる(ところ)高姫(たかひめ)満面(まんめん)(いや)らしき(ゑみ)(たた)へながら()(きた)り、067(ふすま)をそつと()けて、
068高姫(たかひめ)御免(ごめん)なさいませ。069珍彦(うづひこ)(さま)070静子様(しづこさま)071(この)(あひだ)から(まゐ)りまして、072(あんま)御神業(ごしんげふ)(いそが)しいのでとつくり御挨拶(ごあいさつ)(いた)しませず、073(まこと)()まない(こと)(ござ)いました。074ついては(おつと)杢助(もくすけ)(こころ)(ばか)りの御飯(ごはん)差上(さしあげ)たいと(まを)しますので、075義理天上(ぎりてんじやう)()出神(でのかみ)()づから(こしら)へましたる料理(れうり)076(くち)()ひますまいが、077御夫婦(ごふうふ)(そろ)ひなさつて御出(おいで)(くだ)さるまいか、078御酒(おさけ)(かん)出来(でき)()ますから』
079珍彦(うづひこ)左様(さやう)(ござ)いますかな、080(わたくし)(はう)から一度(いちど)御挨拶(ごあいさつ)(いた)さねばならぬのに、081貴方(あなた)(はう)から(かへ)つて御馳走(ごちそう)をして(いただ)くとは(まこと)()まない(こと)(ござ)います』
082静子(しづこ)()()(かみ)生宮様(いきみやさま)083左様(さやう)ならば御遠慮(ごゑんりよ)なう夫婦(ふうふ)(もの)御馳走(ごちそう)(あづ)かりませう』
084 高姫(たかひめ)()()ましたりと内心(ないしん)()(よろこ)び、085(わざ)(つや)つぽい(こゑ)()して、
086高姫(たかひめ)『これはこれは早速(さつそく)御承知(ごしようち)087()()(かみ)()にとり満足(まんぞく)(ぞん)じます。088杢助殿(もくすけどの)もさぞや(よろこ)(こと)(ござ)いませう。089(これ)にてお(たがひ)親睦(しんぼく)()(くは)御神業(ごしんげふ)参加(さんか)(いた)しますれば、090御神徳(ごしんとく)四方(よも)(かがや)き、091(したが)つて(この)(やかた)主人公(しゆじんこう)たる珍彦(うづひこ)(さま)御名誉(ごめいよ)世界(せかい)(ひび)き、092結構(けつこう)(こと)(ござ)います。093サアどうぞ(わたくし)についてお(いで)(くだ)さいませ』
094珍彦(うづひこ)『ハイ有難(ありがた)(ござ)います。095(しか)(なが)(はかま)もつけなくてはなりませぬから、096何卒(どうぞ)一足(ひとあし)(さき)にお(かへ)(くだ)さいませ。097(すぐ)(まゐ)りますから』
098 高姫(たかひめ)は、
099何卒(どうぞ)(はや)()(くだ)さい、100()(まをし)()ります』
101()()(わが)居間(ゐま)()(かへ)る。102(あと)珍彦(うづひこ)103静子(しづこ)(かへで)三人(さんにん)()(あら)ひ、104(くち)(すす)ぎ、
105神素盞嗚(かむすさのを)大神様(おほかみさま)106何卒(なにとぞ)(この)危難(きなん)をお(すく)(くだ)さいませ』
107祈願(きぐわん)し、108素知(そし)らぬ(かほ)して高姫(たかひめ)居間(ゐま)(あら)はれた。
109珍彦(うづひこ)唯今(ただいま)は、110態々(わざわざ)(たふと)御身(おんみ)をもつて(わたくし)夫婦(ふうふ)(ごと)きものをお(まね)きに(あづ)かり有難(ありがた)(ござ)います。111言葉(ことば)(あま)え、112御辞退(ごじたい)(いた)すも如何(いかが)(ぞん)夫婦(ふうふ)(もの)(まかり)()まして(ござ)ります』
113高姫(たかひめ)(それ)御苦労様(ごくらうさま)(ござ)いましたなア。114(なに)(ござ)いませぬが、115丁度(ちやうど)(かん)がよい加減(かげん)出来(でき)()ます。116サア(ひと)つお(すご)(くだ)さいませ』
117珍彦(うづひこ)有難(ありがた)(ござ)います』
118()ひながら地獄(ぢごく)(かま)一足(いつそく)とび (どく)()りつつ(あふ)(さかづき)……神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)119(まも)りたまへ……と高姫(たかひめ)()(さかづき)をグツと一口(ひとくち)()()した。
120杢助(もくすけ)『ヤア珍彦(うづひこ)(さま)()()(かみ)生宮(いきみや)(しやく)をして(もら)ひました。121(をとこ)(をんな)122よい配合(はいがふ)だ、123それでは(わたくし)静子(しづこ)さまに()がして(いただ)きませう、124アハヽヽヽ、125(をとこ)(をんな)とは(なん)とはなしに配置(はいち)のよいものですわ』
126 静子(しづこ)は『ハイ有難(ありがた)う』と()(ふる)はせながら(さかづき)差出(さしだ)した。127杢助(もくすけ)浪々(なみなみ)()いだ。128静子(しづこ)一生懸命(いつしやうけんめい)(かみ)(ねん)じ『神丹(しんたん)(かう)(あら)はしたまへ』と小声(こごゑ)(ねん)じながら、129グツト()()した。130それから高姫(たかひめ)(めし)()られ、131種々(いろいろ)煮〆(にしめ)()られ、132夫婦(ふうふ)十二分(じふにぶん)(はら)(ふく)らした。133されど両人(りやうにん)身体(からだ)には(すこ)しの変化(へんくわ)()かつた。134杢助(もくすけ)高姫(たかひめ)は、135(あん)相違(さうゐ)して不機嫌(ふきげん)(かほ)をして()る。136珍彦(うづひこ)(わざ)言葉(ことば)(まう)けて、
137珍彦(うづひこ)御両人様(ごりやうにんさま)138(あま)沢山(たくさん)(いただ)きましたので、139(なん)だか(あたま)がグラグラ(いた)し、140()()ひさうで(ござ)います。141そして(はら)(いた)うなりました。142何卒(どうぞ)これで失礼(しつれい)して(わが)居間(ゐま)でとつくりと(やす)まして(いただ)きます』
143静子(しづこ)『アヽ(わたし)(なん)だか(むね)(わる)くなりました。144あまりどつさりお(さけ)(いただ)いたものですから、145失礼(しつれい)ながら御免(ごめん)(かうむ)ります』
146高姫(たかひめ)『ハイお塩梅(あんばい)(わる)(ござ)いますかな。147(それ)はお()毒様(どくさま)148どうぞ御勝手(ごかつて)にお居間(ゐま)()つてお(やす)(くだ)さいませ』
149 両人(りやうにん)は、
150『ハイ有難(ありがた)(ござ)います。151左様(さやう)なればこれにて失礼(しつれい)
152(わざ)とに(あし)をヨロヨロさせながら自分(じぶん)居間(ゐま)()きとり、153布団(ふとん)沢山(たくさん)かぶり、154仮病(けびやう)(よそほ)()たりける。
155 (あと)見送(みおく)高姫(たかひめ)は、156(なが)(した)()し、157(あご)(ふた)()つしやくつて()る。
158杢助(もくすけ)『アハヽヽヽ、159願望(ぐわんまう)成就(じやうじゆ)時節(じせつ)到来(たうらい)だ、160南無悪魔大明神(なむあくまだいみやうじん)161(まも)(たま)(さち)はひ(たま)へ』
162高姫(たかひめ)『ヱヘヽヽヘン。163ヱヘヽヽヘン。164オホヽヽヽヽ。165オホヽヽヽヽ』
166大正一二・一・一九 旧一一・一二・三 加藤明子録)