霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 篇:前付 よみ:
章:第21巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年05月21日(旧04月25日) 口述場所:松雲閣 筆録者:口述著者 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年4月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
霊界は想念の世界であって、無限に広大な精霊世界である。現実界はすべて、神霊世界の移写・縮図である。
霊界の真象を写したのが、自然界なのである。神霊界は現界人が夢想しえないほど広大である。現界の一間四方の神社の内陣も、霊界では十里四方くらいもある。神霊は情動想念の世界であるから、自由自在に想念の延長をなしうる。
世界は霊界が主であり、現界すなわち形体界が従である。一切万事が霊主体従的に組織されているのが宇宙の真相であり、大神の御経綸なのである。
現実界の他に神霊界が厳然として存在することを知らない人が聞いたら、一笑に付するかもしれないが、無限絶対無始無終の霊界の事象は、現界に住む人間の智力では到底会得できるものではない。
この物語は現・幽・神の三界を一貫しており、過去・現在・未来を透徹している。それゆえ、読む人によって種々の批評が出てくるであろうが、現実界を従とし神霊界を主として熟読するなら、幾分かその真相を掴むことができるであろう。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm210003
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第4輯 265頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第四篇 神霊世界 > 第二章 現界は霊界の移写
001 霊界(れいかい)想念(さうねん)世界(せかい)であつて、002無限(むげん)広大(くわうだい)なる精霊(せいれい)世界(せかい)である。003現実(げんじつ)世界(せかい)(すべ)神霊(しんれい)世界(せかい)移写(いしや)であり、004(また)縮図(しゆくづ)である。005霊界(れいかい)真象(かたち)をうつしたのが、006現界(げんかい)007(すなは)自然界(しぜんかい)である。008(ゆゑ)現界(げんかい)(しよう)してウツシ()()ふのである。009例之(たとへば)一万三千尺(いちまんさんぜんしやく)大富士山(だいふじさん)(わづ)二寸(にすん)四方(しはう)(くらゐ)写真(しやしん)にうつした(やう)なもので、010その写真(しやしん)所謂(いはゆる)現界(げんかい)(すなは)ちウツシ()である。011写真(しやしん)不二山(ふじさん)(きは)めて(ちひ)さいものだが、012(その)実物(じつぶつ)世人(せじん)()(ごと)く、013駿(すん)014(かふ)015()三国(みくに)にまたがつた大高山(だいかうざん)であるが(ごと)く、016神霊界(しんれいかい)到底(たうてい)現界人(げんかいじん)夢想(むさう)だになし()ざる広大(くわうだい)なものである。017(わづ)一間(いつけん)四方(しはう)(くらゐ)神社(じんじや)内陣(ないぢん)でも、018霊界(れいかい)にては(ほとん)現界人(げんかいじん)()()十里(じふり)四方(しはう)(くらゐ)はあるのである。019(すべ)現実界(げんじつかい)事物(じぶつ)は、020(いづ)れも神霊界(しんれいかい)移写(いしや)であるからである。021(わづか)一尺(いつしやく)()らずの(ちひ)さい祭壇(さいだん)にも、022八百万(やほよろづ)神々(かみがみ)(また)祖先(そせん)神霊(しんれい)(あま)狭隘(けふあい)(かん)(たま)はずして(しづ)まり(たま)ふのは、023(すべ)神霊(しんれい)情動(じやうだう)想念(さうねん)世界(せかい)なるが(ゆゑ)に、024自由自在(じいうじざい)想念(さうねん)延長(えんちやう)()()るが(ゆゑ)である。025三尺(さんじやく)四方(しはう)(くらゐ)(ほこら)()てておいて下津岩根(したついはね)大宮柱(おほみやばしら)太敷立(ふとしきたて)026高天原(たかあまはら)千木高知(ちぎたかし)りて云々(うんぬん)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)するのも、027(すこ)(ばか)りの供物(くもつ)(けん)じて、028横山(よこやま)(ごと)八足(やたり)机代(つくゑしろ)置足(おきた)らはして(たてまつ)云々(うんぬん)とある祝詞(のりと)意義(いぎ)も、029(けつ)して虚偽(きよぎ)ではない。030(すべ)現界(げんかい)はカタ(すなは)(かたち)世界(せかい)であるから、031その(ほこら)供物(くもつ)(まへ)()べた不二山(ふじさん)写真(しやしん)()すべきものであつて、032神霊界(しんれいかい)にあつては(きは)めて立派(りつぱ)(ほこら)()てられ、033(また)八百万(やほよろづ)神々(かみがみ)知食(きこしめ)しても不足(ふそく)()げない(ほど)供物(くもつ)となつて()るのである。034(すべ)世界(せかい)霊界(れいかい)(しゆ)現界(げんかい)(すなは)形体界(けいたいかい)(じう)である。035一切万事(いつさいばんじ)霊主体従的(れいしゆたいじうてき)組織(そしき)されてあるのが、036宇宙(うちう)真相(しんさう)大神(おほかみ)御経綸(ごけいりん)である。037現実界(げんじつかい)より(ほか)神霊界(しんれいかい)儼然(げんぜん)として存在(そんざい)する(こと)()らない(ひと)()んな(せつ)()いたならば(さだ)めて一笑(いつせう)()して(かへり)みないでありませう。038無限(むげん)絶対(ぜつたい)無始(むし)無終(むしう)霊界(れいかい)事象(じしやう)は、039極限(きよくげん)された現界(げんかい)()人間(にんげん)智力(ちりよく)では、040到底(たうてい)会得(ゑとく)する(こと)出来(でき)ないでせう。
041 この物語(ものがたり)は、042(げん)043(いう)044(しん)045三界(さんかい)一貫(いつくわん)し、046過去(くわこ)現在(げんざい)未来(みらい)透徹(とうてつ)したるが(ゆゑ)に、047()人々(ひとびと)()つて種々(しゆじゆ)批評(ひひやう)()るでせうが、048(すべか)らく現実界(げんじつかい)(じう)とし、049神霊界(しんれいかい)(しゆ)として御熟読(ごじゆくどく)あらば、050幾分(いくぶん)(その)真相(しんさう)(つか)(こと)出来(でき)るであらうと(おも)ひます。
051 惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
052   大正十一年五月廿一日
053於松雲閣 口述著者識