霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 (ゆめ)懸橋(かけはし)〔六七六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 篇:第1篇 千辛万苦 よみ:せんしんばんく
章:第2章 夢の懸橋 よみ:ゆめのかけはし 通し章番号:676
口述日:1922(大正11)年05月16日(旧04月20日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年4月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫と黒姫が、アルプス教の鷹依姫を言向け和しに出発してから、何の連絡もないまま、三ヶ月が過ぎた。
言依別命は密かに竜国別(元松姫の部下の竜若)、玉治別(田吾作)、国依別(宗彦)の三人を呼んで、高春山に高姫・黒姫の消息を探りにやらせた。
三人は、鷹依姫の勢力範囲の地につながる岩の橋までやってきた。神智山の入口にあり、断崖絶壁を渡す天然の岩橋で、鬼の懸橋と呼ばれていた。
玉治別が橋を渡ると、どうしたはずみか岩橋が中ほどから脆くも折れて、玉治別ははるか下の谷川に墜落してしまった。
竜国別と国依別は青くなって、せめて遺骸を拾ってやろうと谷底まで降りてきた。すると玉治別は何事もなかったかのように、谷川で着物を絞っている。二人は、この高さから落ちて無事なことを信じられず、本当の玉治別かどうか疑う。
玉治別は神懸りの真似をして、二人が自分の無事を信じないことをなじる。国依別と竜国別も、神懸りの真似をして言い返すが、玉治別はさっさと谷川を下って行ってしまった。
すると辺りが真っ暗闇に包まれたと思うと、それは夢であった。三人は亀山の珍の館にやってきた。ここは、言依別命の命で、梅照彦・梅照姫が守っていた。
三人が珍の館の門を叩くと、梅照彦は召使の春公に、丁重に招くようにと言いつけた。しかし春公は勘違いして、立派な来客があると思い込み、みすぼらしい姿の宣伝使を乞食とみなして、追い払おうとする。
三人は怒って梅照彦を大声で呼びつけ、玉治別は抗議の宣伝歌を歌った。梅照彦はあわてて門に迎え出て、丁重に土下座をして不首尾を詫びた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:38頁 八幡書店版:第4輯 278頁 修補版: 校定版:40頁 普及版:17頁 初版: ページ備考:
001 高春山(たかはるやま)割拠(かつきよ)するバラモン(けう)一派(いつぱ)アルプス(けう)教主(けうしゆ)鷹依姫(たかよりひめ)言向(ことむ)(やは)すべく、002言依別命(ことよりわけのみこと)(むね)(ほう)じて(あま)磐樟船(いはくすぶね)()り、003(いきほひ)よく聖地(せいち)出発(しゆつぱつ)した高姫(たかひめ)004黒姫(くろひめ)(ほとん)三ケ月(さんかげつ)()るも(なん)消息(せうそく)もない。005言依別命(ことよりわけのみこと)(ひそ)かに竜国別(たつくにわけ)006玉治別(たまはるわけ)007国依別(くによりわけ)三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)(まね)き、008聖地(せいち)何人(なにびと)にも(あか)さず、009高春山(たかはるやま)二人(ふたり)消息(せうそく)探査(たんさ)すべく出張(しゆつちやう)(めい)じた。010竜国別(たつくにわけ)はもと高城山(たかしろやま)松姫館(まつひめやかた)(つか)へたる竜若(たつわか)改名(かいめい)である。011玉治別(たまはるわけ)田吾作(たごさく)012国依別(くによりわけ)宗彦(むねひこ)改名(かいめい)である。
013(をしへ)(はな)(かん)ばしく
014()(にほ)ひたる桶伏(をけふせ)
015(やま)(ふもと)にそそり()
016(にしき)(みや)()(をが)
017言依別(ことよりわけ)命令(めいれい)
018(ひそ)かに(ほう)じて三人(さんにん)
019(つき)(ひかり)()びながら
020(いさ)(すす)んで石原(いさ)(えき)
021長田野(をさだの)土師(はせ)(よる)()
022栗毛(くりげ)(こま)(またが)りて
023(ひづめ)(おと)(いさ)ましく
024(あした)(かぜ)福知山(ふくちやま)
025(しり)()かけてブウブウと
026()(うま)()()りながら
027青野ケ原(あをのがはら)右左(みぎひだり)
028(なが)めて(はし)黒井村(くろゐむら)
029(こころ)いそいそ石生(いそ)(えき)
030御教(みのり)(かしこ)柏原(かいばら)
031田圃(たんぼ)()えて(すす)()く。
032 此処(ここ)神智地山(じんちぢやま)入口(いりぐち)033アルプス(けう)鷹依姫(たかよりひめ)勢力(せいりよく)範囲(はんゐ)として()十里(じふり)四方(しはう)入口(いりぐち)である。034(おに)懸橋(かけはし)()つて、035(たに)から(たに)天然(てんねん)()(わた)された一本(いつぽん)(いは)(はし)がある。036此処(ここ)(とほ)らねば()うしても高春山(たかはるやま)(すす)(こと)出来(でき)ない嶮要(けんえう)()である。
037 幾百丈(いくひやくぢやう)とも()れぬ(やま)(いただ)きに天然(てんねん)()(わた)された石橋(いしばし)038眼下(がんか)(なが)るる谷川(たにがは)(みづ)淙々(そうそう)として四辺(あたり)(ひび)き、039(おのづか)凄惨(せいさん)()()たるる(ばか)りである。040玉治別(たまはるわけ)はこの(はし)(まへ)()くや(いな)や、041頓狂(とんきやう)(こゑ)()して、
042『ヨー要害(えうがい)堅固(けんご)絶所(ぜつしよ)だ。043アルプス(けう)(やつ)044中々(なかなか)()地点(ちてん)(えら)んで関所(せきしよ)にしやがつたものだなア。045(わが)(こひ)深谷川(ふかたにがは)(おに)かけ(ばし)046(わた)るは(こは)し、047(わた)らねば、048(こひ)しと(おも)鷹依姫(たかよりひめ)鬼婆(おにば)アさんに()はれない』
049無駄口(むだぐち)(たた)きながら半分(はんぶん)(ばか)(すす)んで()つた。050どうした(はづみ)か、051さしもに(なが)石橋(いしばし)は、052中程(なかほど)より(もろ)くも()れて、053(はし)(とも)玉治別(たまはるわけ)(ふか)谷間(たにま)顛落(てんらく)し、054泡立(あわだ)(ふち)にドブンと、055()()んで仕舞(しま)つた。
056 竜国別(たつくにわけ)057国依別(くによりわけ)(この)変事(へんじ)(きも)(つぶ)し、
058『ヤア、059(くに)さん、060()うしよう()うしよう』
061(かほ)見合(みあは)して(おどろ)きの(なみ)()たれて()る。
062今日(けふ)(なん)となしに気分(きぶん)(わる)()だと(おも)つて、063石生(いそ)(さと)から(うま)()ちやり、064三人(さんにん)()うしてテクついて()たが、065まアまア結構(けつこう)だつた。066(うま)にでも()つて()らうものなら玉治別(たまはるわけ)一緒(いつしよ)(うま)()んで仕舞(しま)ふところだつた』
067(なに)()つて()るのだ。068(うま)(くらゐ)()んだつて(あきら)めがつくが、069肝腎(かんじん)玉治別(たまはるわけ)谷底(たにそこ)(おと)して仕舞(しま)つて(つま)らぬぢやないか。070(なん)とか(かんが)へねばなるまい。071(うま)(おな)じやうに取扱(とりあつか)はれては玉治別(たまはるわけ)可憐(かはい)さうだ』
072『アヽさうだつた。073(あま)吃驚(びつくり)して狼狽(うろた)へたのだ。074サア川下(かはしも)へいつて、075何処(どこ)かの岩石(がんせき)宿泊(しゆくはく)して()るだらうから、076肉体(にくたい)なと(さが)してやらねばなるまい』
077(はや)くも引返(ひきかへ)す。078竜国別(たつくにわけ)(あと)についてトントンと四五丁(しごちやう)ばかり引返(ひきかへ)し、079谷川(たにがは)彼方(あちら)此方(こちら)眼配(めくば)り、080捜索(そうさく)(はじ)めた。
081 いくら(さが)しても(かげ)(かたち)もない。082二人(ふたり)途方(とはう)()れて(ほどこ)すべき手段(てだて)もなく、083(くや)(なみだ)()れて()る。084二三丁(にさんちやう)下手(しもて)(はう)より、
085『オーイ オーイ』
086()(もの)がある。087二人(ふたり)は、
088『ハテなア、089()(おぼ)えのある言霊(ことたま)だ』
090(こゑ)する(はう)(むか)つて駆出(かけだ)した。
091 ()れば玉治別(たまはるわけ)は、092谷川(たにがは)(なか)()大岩石(だいがんせき)ホテルの露台(ろだい)(うへ)にて、093着物(きもの)一生懸命(いつしやうけんめい)にしぼつて()る。
094『オー、095(まへ)玉治別(たまはるわけ)ぢやないか。096(なに)(かは)つた(こと)はなかつたかなア』
097玉治別(たまはるわけ)(かは)つた(こと)(おほ)ありだ。098堂々(だうだう)たる天下(てんか)宣伝使(せんでんし)がお(とほ)(あそ)ばしたものだから、099あれだけの(おほ)きい(いし)(はし)(もろ)くも()れよつて、100(たちま)玉治別(たまはるわけ)のプロパガンデイストは、101数千丈(すうせんぢやう)空中滑走(くうちうくわつそう)(うま)(えん)じ、102無事(ぶじ)御着水(ごちやくすゐ)103()谷川(たにがは)(みづ)(おく)られて(ほとん)下流(かりう)十丁(じつちやう)(ばか)り、104(たちま)(かは)(をとこ)洗濯婆(せんたくば)アさま、105(いま)()(ぎぬ)圧搾(あつさく)して()最中(さいちう)だ、106アハヽヽヽ』
107平気(へいき)(わら)つて()る。
108『オイ、109貴様(きさま)真実(ほんと)玉治別(たまはるわけ)ではあるまい。110あれだけ(たか)石橋(いしばし)から顛倒(てんたふ)し、111谷底(たにそこ)深淵(ふかぶち)墜落(つゐらく)しながら、112そんな平気(へいき)(かほ)して()れる(はず)がない。113大方(おほかた)貴様(きさま)化州(ばけしう)だらう。114オイ竜国別(たつくにわけ)115ちつと合点(がてん)()かぬぢやないか』
116『アヽさうだ。117彼奴(あいつ)(なに)かの変化(へんげ)であらうよ』
118矢庭(やには)眉毛(まゆげ)(つばき)をつけて()る。
119実際(じつさい)玉治別(たまはるわけ)()んだのだ。120大岩石(だいがんせき)(とも)墜落(つゐらく)し、121五体(ごたい)()()微塵(みぢん)122流血淋漓(りうけつりんり)として谷水(たにみづ)(あけ)()め、123(たちま)(かは)るインフエルノの()(かは)となつたと(おも)ひきや、124まアざつと()(とほ)御壮健体(ごさうけんたい)だ。125オイ(たつ)126(くに)両人(りやうにん)127(まへ)(はし)()いが、128あの橋詰(はしづめ)から一辺(いつぺん)()()んで()よ、129随分(ずゐぶん)愉快(ゆくわい)だよ』
130益々(ますます)()しからん(こと)()(やつ)だ。131オイ国依別(くによりわけ)132(すこ)(しも)(さが)して死骸(しがい)でも(ひろ)うて(かへ)らうぢやないか』
133『お(まへ)(さが)肝腎(かんじん)(たま)は、134この岩上(がんじやう)洗濯爺(せんたくぢい)となつて鎮座(ちんざ)()しますのを()らぬのか。135(まへ)(かんが)へはタマ間違(まちが)つて()る。136治別(たまはるわけ)宣伝使(せんでんし)二人(ふたり)もあつてたまるものかい。137死骸(しがい)(さが)すと()うても、138()なぬ(もの)死骸(しがい)何処(どこ)にあるか。139そんな至難(しなん)(わざ)はよしにせよ。140苦労(くらう)仕甲斐(しがひ)がないぞよ、141アハヽヽヽ』
142竜国別(たつくにわけ)本当(ほんたう)玉治別(たまはるわけ)間違(まちが)ひは()からうかのう、143国依別(くによりわけ)
144間違(まちが)ひがあつて(たま)らうかい。145(おれ)はお(かつ)婿(むこ)(もと)田吾作(たごさく)だ。146これでもまだ(うたが)ふのか。147(いま)人民(じんみん)薩張(さつぱり)(あく)(こころ)になりて仕舞(しま)うて()るから、148(うたがひ)がきつうて(なに)()うても(まこと)(いた)さず、149(かみ)迷惑(めいわく)(いた)すぞよ。150改心(かいしん)なされよ。151改心(かいしん)(いた)せば(めくら)()があき、152(つんぼ)(みみ)(きこ)えるやうになるぞよ。153灯台下(とうだいもと)真闇(まつくら)がり、154()(まへ)()友達(ともだち)真偽(しんぎ)(わか)らぬとは()くも此処(ここ)まで(くも)つたものだぞよ。155玉治別(たまはるわけ)(かみ)も、156(いま)人民(じんみん)さまには往生(わうじやう)(いた)すぞよ。157(あんま)(はな)(たか)(いた)すと、158(はな)邪魔(じやま)して(うへ)()えず、159(むか)ふも()えず、160足許(あしもと)(なほ)()えぬやうになつて仕舞(しま)ふぞよ。161()いた(くち)(ふさ)がらぬ、162煎豆(いりまめ)(はな)()いたやうな結構(けつこう)御神徳(ごしんとく)が、163()(まへ)にぶらついて()りながら、164灯台下(とうだいもと)真闇(まつくら)がり、165ほんに可憐(かはい)さうなものであるぞよ。166改心(かいしん)なされよ。167改心(かいしん)(いた)せば(その)()から()()えるぞよ。168身魂(みたま)(ひか)()すぞよ。169二人(ふたり)のお(かた)(うたが)()らして(くだ)されよ。170玉治別(たまはるわけ)幽宣伝使(いうせんでんし)間違(まちが)ひはないぞよ。171これが(ちが)うたら(かみ)(この)()()らぬぞよ。172(あんま)慢心(まんしん)(いた)して宣伝使(せんでんし)(うま)()つたり(いた)すから、173神罰(しんばつ)(かうむ)つて、174結構(けつこう)(かみ)のかけた(はし)()られ、175谷川(たにがは)(おと)されてアフンと(いた)さなならぬと()実地正真(じつちしやうまつ)()せてやつたのであるぞよ。176高姫(たかひめ)黒姫(くろひめ)()改心(かいしん)なされよ。177結構(けつこう)二本(にほん)(あし)神界(しんかい)から(いただ)きながら、178(えら)さうに飛行船(ひかうせん)()つて、179悪魔(あくま)征服(せいふく)なぞと()つて()かけるものだから、180(いま)行衛(ゆくゑ)()れぬではないか。181(その)(はう)()(かみ)御用(ごよう)(いた)宣伝使(せんでんし)だ。182(かがみ)何程(いくら)でも()してあるから、183(かがみ)()改心(かいしん)(いた)されよ。184この玉治別(たまはるわけ)(まこと)結構(けつこう)(かみ)守護(しゆご)して御座(ござ)るぞよ。185明神(みやうじん)高倉(たかくら)186(あさひ)眷属(けんぞく)(いた)して、187身代(みがは)りに()てたぞよ。188人民(じんみん)()らぬ(こと)であるぞよ、189アハヽヽヽ』
190『オイオイ田吾作(たごさく)191馬鹿(ばか)にするない。192貴様(きさま)稲荷(いなり)ぢやないか。193稲荷(いなり)なら稲荷(いなり)はつきり()へ、194(おれ)はこれから貴様(きさま)審神(さには)をしてやるから、195(はや)素直(すなほ)往生(わうじやう)(いた)さぬと()(かへ)しのつかぬ(こと)出来(しゆつたい)(いた)すぞよ。196ジリジリ(もだ)(いた)しても(あと)(まつ)り、197(くる)しむのを()るのが国依別(くによりわけ)可憐(かわい)さうなから、198()もない(うち)から()をつけるぞよ。199(まへ)(おれ)(いもうと)のお(かつ)婿(むこ)()けて()るが、200(はや)往生(わうじやう)(いた)して改心(かいしん)(いた)せばよし、201(あま)()張通(はりとほ)すと、202神界(しんかい)規則(きそく)()らして(ちよう)()るぞよ、203外国(ぐわいこく)()きに(いた)すぞよ』
204『こらこら(なに)()ふのだ。205彼方(あちら)にも此方(こちら)にも、206しようもない神懸(かむがかり)をやりよつて、207(おれ)馬鹿(ばか)にするのか』
208(かみ)()()きにものは()はれぬから田吾作(たごさく)肉体(にくたい)()りて()をつけるぞよ。209実地正真(じつちしやうまつ)手本(てほん)()せてあるぞよ。210大本(おほもと)大橋(おほはし)()えてまだ(さき)へ、211行方(ゆくへ)(わか)らぬ後戻(あともど)り、212慢心(まんしん)すると(その)(とほ)谷底(たにそこ)(おと)されて仕舞(しま)ふぞよ』
213『エヽ怪体(けつたい)な、214(はや)真正(ほんま)ものなら此方(こつち)()()い』
215玉治別(たまはるわけ)真正者(ほんまもの)でも贋者(にせもの)でも、216何時(いつ)(まで)もこんな(ところ)()つて()れるかい。217(はや)改心(かいしん)して()れ、218改心(かいしん)さへ出来(でき)たなら、219(かみ)はいつでも(たに)(わた)つて、220其方(そちら)()つてやるぞよ』
221国依別(くによりわけ)竜国別(たつくにわけ)改心(かいしん)出来(でき)ぬのは、222度渋太(どしぶと)豆狸(まめだぬき)守護神(しゆごじん)であるから、223玉治別神(たまはるわけのかみ)(さま)御降臨(ごかうりん)224イヤ御降来(ごくわうらい)(あそ)ばさぬのは無理(むり)もないぞよ。225(はや)豆狸(まめだぬき)や、226野天狗(のてんぐ)守護神(しゆごじん)()()して、227神様(かみさま)(もら)うた生粋(きつすゐ)水晶魂(すゐしやうだま)(みが)いて(くだ)されよ。228(かみ)(うそ)(まを)さぬぞよ』
229竜国別(たつくにわけ)『エヽ(あに)(おとうと)()りよつて、230(この)谷底(たにそこ)竜国別(たつくにわけ)馬鹿(ばか)にするのか』
231玉治別(たまはるわけ)馬鹿(ばか)にし()いは山々(やまやま)なれども、232頂上(ちやうじやう)(たつ)した完全(くわんぜん)馬鹿(ばか)だから、233(この)(うへ)もう馬鹿(ばか)にしようがないので、234(たま)もたまらぬから(かみ)(むね)(いた)めて()るぞよ』
235 竜国別(たつくにわけ)236自暴自棄(やけくそ)になつて、
237(あま)(この)()(のぼ)りつめて、238悪魔(あくま)(ばか)りの()になりて、239(かみ)三千年(さんぜんねん)苦労(くらう)艱難(かんなん)(いた)して(この)()(あら)はれて()たなれど、240(あんま)其処辺中(そこらぢう)(むさくる)しうて、241(あし)()つこむ(ところ)も、242指一本(ゆびいつぽん)(おさ)へる(ところ)もありは(いた)さぬぞよ。243(あんま)(この)豆狸(まめだぬき)身魂(みたま)世界(せかい)(くも)らしたによつて、244(かみ)仕組(しぐみ)(いた)して、245玉治別(たまはるわけ)身魂(みたま)懲戒(みせしめ)のために、246()れる(はず)のない石橋(いしばし)をポキンと()つて、247神力(しんりき)(あら)はし、248身魂(みたま)洗濯(せんたく)をして()せたぞよ。249(くも)つた()(なか)にも、250一人(ひとり)二人(ふたり)(まこと)(もの)があらうかと(おも)うて、251(かね)草鞋(わらぢ)(やぶ)れる(ところ)(まで)(さが)して()たが、252(たつ)一人(ひとり)(まこと)(もの)(あら)はれたぞよ。253(これ)()(いた)して三千世界(さんぜんせかい)立替(たてかへ)立直(たてなほ)しを(いた)すのであるぞよ。254竜国別(たつくにわけ)身魂(みたま)(まこと)結構(けつこう)因縁(いんねん)身魂(みたま)であるから、255(かみ)(うつ)りて何彼(なにか)(こと)()らさねばならぬから、256(なが)らく御苦労(ごくらう)になりて()るぞよ。257糞糟(くそかす)()ちて()りて(くだ)されと(かみ)(まを)したら、258一言(ひとこと)(そむ)かずに竜国別(たつくにわけ)()いて(くだ)されたおかげによつて、259(かみ)大望(たいもう)成就(じやうじゆ)(いた)したぞよ。260それについても因縁(いんねん)(わる)身魂(みたま)玉治別(たまはるわけ)261国依別(くによりわけ)のガラクタであるぞよ。262(この)身魂(みたま)さへ改心(かいしん)(いた)せば世界(せかい)一度(いちど)改心(かいしん)(いた)すぞよ。263(この)御方(おんかた)(まこと)結構(けつこう)(きよ)(たふと)(えら)立派(りつぱ)な、264世界(せかい)にもう一人(ひとり)とない生粋(きつすゐ)根本(こつぽん)(もと)分霊(わけみたま)であるから、265(かみ)(うつ)りて大望(たいまう)御用(ごよう)(あふ)せつけてあるぞよ。266世界(せかい)(もの)よ、267竜国別(たつくにわけ)(おこな)ひを()改心(かいしん)(いた)されよ』
268『アハヽヽヽ、269何奴(どいつ)此奴(こいつ)(みな)神懸(かむがかり)真似(まね)ばかりしよるわい。270サアサアこんな人足(にんそく)相手(あひて)になつて()れば()()れる。271一遍(いつぺん)出直(でなほ)して、272(ふたた)出陣(しゆつぢん)しようかい』
273と、274()れた着物(きもの)(わき)(かか)へ、275真裸(まつぱだか)のまますたすたと(たに)(なが)れを此方(こちら)(わた)り、276坂道(さかみち)(たに)沿()ひに(くだ)()く。277二人(ふたり)は、
278『オーイ()て』
279(あと)()ふ。
280 (をり)から(にはか)黒雲(くろくも)(ふさ)がり、281咫尺(しせき)(べん)ぜざるに(いた)つた。282玉治別(たまはるわけ)は、
283『オーイオーイ二人(ふたり)(やつ)284(おれ)(こゑ)目当(めあて)について()い』
285(ちから)一杯(いつぱい)呶鳴(どな)()てる。
286竜国別(たつくにわけ)『アヽ吃驚(びつくり)した。287(なん)だい、288夜中(よなか)(ゆめ)()やがつて、289(おほ)きな(こゑ)()しよつて、290()られぬぢやないか』
291国依別(くによりわけ)『アヽ(おれ)もエライ(ゆめ)()()つた。292玉公(たまこう)(やつ)293(おに)懸橋(かけはし)から谷川(たにがは)顛落(てんらく)し、294(やが)仕様(しやう)もない(こと)口走(くちばし)りよつたと(おも)つたら、295(なん)だ、296(ゆめ)だつたか。297(にしき)(みや)高殿(たかどの)七五三(しちごさん)太鼓(たいこ)()りかけた。298サア(はや)くお(れい)をして、299言依別(ことよりわけ)(さま)夜前(やぜん)俺達(おれたち)()ひつけられた高春山(たかはるやま)征伐(せいばつ)(むか)はうぢやないか』
300 (をり)からの(かぜ)小雲川(こくもがは)水瀬(みなせ)(おと)()()(ごと)(みみ)()る。
301言依別(ことよりわけ)御言(みこと)もて
302聖地(せいち)(あと)竜国別(たつくにわけ)
303(かみ)(みこと)宣伝使(せんでんし)
304(こころ)玉治別司(たまはるわけつかさ)
305国依別(くによりわけ)(ともな)ひて
306小雲(こくも)(なが)れを(さかのぼ)
307高春山(たかはるやま)鬼神(おにがみ)
308征服(せいふく)せむと()()きし
309高姫(たかひめ)黒姫(くろひめ)両人(りやうにん)
310(たす)けにや山家(やまが)肥後(ひご)(はし)
311(ひざ)栗毛(くりげ)(むち)()ちて
312草鞋(わらぢ)脚絆(きやはん)()(かた)
313(すげ)小笠(をがさ)(くさ)(みの)
314巡礼姿(じゆんれいすがた)()(やつ)
315(たに)(つた)ひてテクテクと
316須知(しうち)蒲生野ケ原(がまふのがはら)()
317観音峠(くわんのんたうげ)()()えて
318(をしへ)(はな)()(にほ)
319(うづ)園部(そのべ)小山郷(をやまがう)
320(つばさ)なけれど鳥羽(とば)(さと)
321(みち)広瀬(ひろせ)川伝(かはづた)
322高城山(たかしろやま)右手(めて)()
323()さへ目出度(めでた)亀山(かめやま)
324(うづ)(やかた)()きにける。
325 此処(ここ)には梅照彦(うめてるひこ)326梅照姫(うめてるひめ)二人(ふたり)327言依別命(ことよりわけのみこと)(めい)(ほう)じ、328(ささ)やかな(やかた)()て、329(をしへ)遠近(をちこち)(つた)へて()た。330三人(さんにん)姿(すがた)(おどろ)いて梅照姫(うめてるひめ)(おく)駆入(かけい)り、
331『モシモシ御主人様(ごしゆじんさま)332(めう)(をとこ)三人(さんにん)やつて()ました。333さうして門口(かどぐち)()つて(うご)きませぬ。334どう(いた)しませうか』
335誰人(どなた)()らぬが、336服装(ふう)(わる)くつても、337如何(いか)なる神様(かみさま)()けて御座(ござ)るか()れないから、338鄭重(ていちよう)にお(むか)(まを)したらよからう』
339 梅照姫(うめてるひめ)召使(めしつかひ)春公(はるこう)(まね)き、
340何人(どなた)(もん)()()られる(はず)だから、341鄭重(ていちやう)にお(むか)(まを)して()なさい』
342承知(しようち)(いた)しました』
343門口(かどぐち)(はし)つて()た。344春公(はるこう)其処(そこら)をきよろきよろ見廻(みまは)しながら独言(ひとりごと)
345庭長(ていちやう)にせよと仰有(おつしや)るから(むか)ひに()たが、346(たれ)()やせぬぢやないか。347乞食(こじき)三人(さんにん)()(ばか)りで、348大切(たいせつ)なお(きやく)さまは()えはせぬ。349ハヽア、350もう、351つい御座(ござ)るのであらう。352オイ其処(そこ)乞食(こじき)(ども)353其処(そこ)退()いて()れ。354唯今(ただいま)庭長(ていちやう)さまがお()しになるのだから、355(まへ)のやうな乞食(こじき)門口(かどぐち)()つて()ると、356()つとも()くない。357サアサア何処(どこ)かへ()つたり()つたり』
358竜国別(たつくにわけ)貴方(あなた)当家(たうけ)召使(めしつかひ)ですか。359梅照彦(うめてるひこ)()られますかな』
360『エヽ(なに)をごてごて()ふのだ。361(ひと)見下(みさ)げて召使(めしつかひ)かなんて、362其様(そん)なものとはちつと(ちが)ふのだ』
363竜国別(たつくにわけ)(しか)らば貴方(あなた)当家(たうけ)御主人(ごしゆじん)ですか』
364『マアマア()うでもよいわい。365どつちかの(うち)ぢや』
366御主人(ごしゆじん)とあれば、367一寸(ちよつと)(うけたま)はり()(こと)があつて(まゐ)りました』
368『そんな(もの)当家(たうけ)主人(しゆじん)(よう)()いわい。369(はや)何処(どこ)かへ退散(たいさん)せぬか。370(いま)庭長(ていちやう)さまがお()しになるのだ。371邪魔(じやま)(いた)すと(この)(はうき)(なぐ)りつけるぞ』
372玉治別(たまはるわけ)『これや、373(まへ)此処(ここ)召使(めしつかひ)だらう。374下男(しもをとこ)だらう。375門前(もんぜん)三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)()えて()るのに主人(しゆじん)にも()()がず、376()()すと()(こと)があるものか。377(はや)()()いで()れ』
378()(つぎ)がぬ(こと)もないが、379今日(けふ)(にはか)にお取込(とりこ)みが出来(でき)たのだ。380庭長(ていちやう)さまがお(いで)になるのだから、381(いづ)御馳走(ごちそう)をせなくてはならぬ、382さうすれば(また)ちつとは(あま)るから、383明日(あした)()けて()いてやるから、384(あらた)めて()()い。385それ(まで)其辺(そこら)うちを迂路(うろ)ついて、386今日(けふ)はまア他家(よそ)(もら)ふが()からう』
387玉治別(たまはるわけ)『お(まへ)我々(われわれ)乞食(こじき)()()るのだなア。388それや(あんま)りぢやないか』
389(あんま)りも(くそ)もあつたものかい。390(たて)から()ても、391(よこ)から()ても乞食(こじき)間違(まちが)ひはない。392(あんま)りぢやと()うたが、393今日(けふ)御馳走(ごちそう)(あんま)るとも(あんま)らぬとも見当(けんたう)がつかぬ。394明日(あす)()()い。395屹度(きつと)(にぎ)(めし)あんまり(ひと)(くらゐ)(おれ)がそつと()けて()いてやる。396貴様(きさま)(はら)()つとるだらうが、397まア辛抱(しんばう)をして()れ。398(おれ)だつて(うま)れつきの悪人(あくにん)ぢやない。399つい十日(とをか)(ほど)(まへ)まで、400乞食(こじき)(ある)いて、401(みち)(はた)(うゑ)(せま)(たふ)れて()つたところ、402此家(ここ)主人(しゆじん)(ひろ)()げて(くだ)さつたのだから何処迄(どこまで)大切(たいせつ)(この)(もん)(まも)らねばならぬのだ。403何卒(どうぞ)(たの)みだから(しばら)他家(よそ)()つて()()れ。404(いま)庭長(ていちやう)さまがお()えになるのだ。405()しその庭長(ていちやう)さまが、406(この)(いへ)主人(しゆじん)にでも(なに)かの(はし)に、407此方(こなた)門口(かどぐち)には乞食(こじき)三人(さんにん)()つて()ましたと()はつしやらうものなら、408それこそ(おれ)(この)()()()されて(また)(もと)乞食(こじき)になり、409前等(まへたち)仲間(なかま)逆転(ぎやくてん)せなくてはならぬから、410()うぞここは(おれ)(たす)けると(おも)つて、411(しばら)退却(たいきやく)して()れ。412乞食(こじき)(あぢ)(おれ)もよく()つて()る。413(つら)いものだ。414本当(ほんたう)同情(どうじやう)するよ。415(わけ)(わか)らぬ無慈悲(むじひ)(やつ)だと(うら)めて()れな』
416 国依別(くによりわけ)大声(おほごゑ)(はつ)し、
417梅照彦(うめてるひこ) 々々々(うめてるひこ)
418呶鳴(どな)つた。419(はる)吃驚(びつくり)して、
420『コラコラ、421そんな非道(ひど)(こと)()ふものぢやない。422(おれ)(しか)られるぢやないか。423乞食(こじき)()うたと(おも)はずに、424(おれ)主人(しゆじん)()()てにしたやうにとられては(たま)らぬぢやないか。425(ちつ)とは(おれ)()にもなつて()れ』
426 (たつ)427(たま)428(くに)三人(さんにん)宣伝使(せんでんし)一時(いちじ)(こゑ)(そろ)へて、
429梅照彦(うめてるひこ) 々々々(うめてるひこ)
430呶鳴(どな)()ける。431(はる)は、
432『やアこいつは(たま)らぬ、433ぢやと()うて(ひと)(くち)()()てる(わけ)にも()かないわ。434(ひと)(おく)()つて()(わけ)をして()う』
435とバタバタと(おく)駆込(かけこ)む。436梅照彦(うめてるひこ)人待顔(ひとまちがほ)にて、
437『お(きやく)さまはどうなつたか。438(はや)くこちらへ御案内(ごあんない)せぬか』
439『イヤ、440()()えませぬ。441()うしてこんなに(おそ)いのでせうなア』
442(いま)(なん)だか大勢(おほぜい)(こゑ)がしたではないか』
443『あれは乞食(こじき)(うた)(うた)つて御門前(ごもんぜん)(とほ)つたのですよ』
444『お(まへ)(こゑ)ではなかつたかな』
445『イエイエ滅相(めつさう)もない、446誰人(だれ)御主人様(ごしゆじんさま)梅照彦(うめてるひこ)なんて()びつけに(いた)しますものか。447(なん)でも貴方(あなた)のお()()つて()乞食(こじき)()つたのでせう』
448『ハテナ、449それでも(いま)(つま)が、450門口(かどぐち)三人(さんにん)のお(かた)(もん)()けて()れと()つてお()ちになつて()ると()うて()た。451(いま)御飯(ごぜん)仕度(こしらへ)をすると()つて炊事場(すゐじば)(はう)にいきよつたが、452もうお(きやく)さまは(かへ)つて仕舞(しま)はれたのかなア』
453『イヽエ、454まだお(きやく)さまは()えませぬ。455(ただ)三人(さんにん)()すぼらしい乞食(こじき)が、456蓑笠(みのかさ)()て、457(もん)(はた)()つて()ります』
458(なに)459まだ()つて()られるか』
460御主人様(ごしゆじんさま)461貴方(あなた)はあんな乞食(こじき)丁寧(ていねい)言葉(ことば)をお使(つか)ひになるのですなア』
462乞食(こじき)だつて誰人(だれ)だつて、463(おな)神様(かみさま)から(うま)れた人間(にんげん)だ。464丁寧(ていねい)(いた)さねばならぬではないか』
465『それでも(わたし)(たい)しては(あま)丁寧(ていねい)ぢやありませぬな。466いつも(はる)467(はる)()びつけになさるでせう』
468『そんならこれから、469(はる)さまと()つたらお()()りますかなア』
470御尤(ごもつと)もでございますなア』
471 ()(はな)(をり)しも、472門口(かどぐち)から宣伝歌(せんでんか)(きこ)(きた)る。
473(かみ)(おもて)(あら)はれて
474(ぜん)(あく)とを()()ける
475(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
476(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
477(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
478直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
479()(あやま)ちは()(なほ)
480三五教(あななひけう)(かみ)(のり)
481四方(よも)(つた)ふる亀山(かめやま)
482(うづ)(やかた)(まも)()
483梅照彦(うめてるひこ)(もん)(まへ)
484遥々(はるばる)(たづ)()()れば
485(たたず)()たる(やま)(かみ)
486我等(われら)姿(すがた)()るよりも
487(きびす)(かへ)(おく)()
488嗚呼(ああ)(いぶ)かしや(いぶ)かしや
489主人(あるじ)(つま)下婢(はしため)
490不思議(ふしぎ)(かど)()()まり
491(もん)(ひら)くを()つうちに
492(をど)(いで)たる下男(しもをとこ)
493我等(われら)(まへ)竹箒(たけばうき)
494掃出(はきだ)すやうな捨言葉(すてことば)
495庭長(ていちやう)さまが(きた)るまで
496(かへ)つて()れいと頑張(がんば)つて
497(また)もや(もん)をピシヤと()
498蒼惶(さうくわう)姿(すがた)(かく)しけり
499(なんぢ)梅照彦司(うめてるひこつかさ)
500三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
501(なん)(おも)ふか()(ひと)
502貴賤(きせん)老幼(らうえう)(わか)ちなく
503(すく)(たす)けて皇神(すめかみ)
504(をしへ)(とく)(なび)かせつ
505世人(よびと)(まも)神司(かむづかさ)
506()にも(たふと)天職(てんしよく)
507もはや(なんぢ)(わす)れしか
508(かみ)(をしへ)(かさ)()
509体主霊従(たいしゆれいじう)利己主義(りこしゆぎ)
510発揮(はつき)()るは三五(あななひ)
511(かみ)(をしへ)(あら)ずして
512バラモン(けう)()(かた)
513(われ)御国(みくに)(すく)はむと
514(あした)(かぜ)(ゆふ)(あめ)
515そぼち()れつつ高春(たかはる)
516(やま)(むか)うてアルプスの
517(かみ)(をしへ)(つかさ)なる
518鷹依姫(たかよりひめ)言向(ことむ)けて
519世人(よびと)(すく)神柱(かむばしら)
520言依別(ことよりわけ)御言(みこと)もて
521(やうや)此処(ここ)(きた)りしぞ
522(なんぢ)日頃(ひごろ)のやり(かた)
523(いま)(あら)はれた下男(しもをとこ)
524言葉(ことば)(はし)によく()える
525(たふと)(きぬ)()(まと)
526表面(うはべ)(かざ)曲人(まがびと)
527(よろこ)(むか)()れながら
528服装(みなり)(いや)しき我々(われわれ)
529(ただ)一言(ひとくち)(にべ)もなく
530()(かへ)さむと(つと)むるは
531(まつた)(そなた)指金(さしがね)
532(ただし)下男(しもべ)(あやま)りか
533詳細(つぶさ)御答(おこた)(いた)されよ
534朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
535(つき)()つとも()くるとも
536仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
537(かみ)(つか)へし()(うへ)
538如何(いか)なる(いや)しき姿(すがた)をも
539如何(いか)なる見悪(みにく)服装(みなり)せる
540乞食(こじき)(はし)(いた)るまで
541(すく)(たす)けにやおかれまい
542(なんぢ)(やす)きに()()ぎて
543(すく)ひの(みち)(わす)れしか
544(かみ)我等(われら)(とも)にあり
545(かみ)(みこと)(かしこ)みて
546曲津(まがつ)征途(せいと)(のぼ)()
547我等(われら)一行(いつかう)三人連(みたりづ)
548竜国別(たつくにわけ)玉治別(たまはるわけ)
549国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)
550此処(ここ)(いとま)()げまつる
551あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
552恩頼(みたまのふゆ)(かかぶ)りて
553()()れかかる(ふゆ)()
554御稜威(みいづ)(たか)高熊(たかくま)
555御山(みやま)()して(すす)むべし
556梅照彦(うめてるひこ)妻神(つまがみ)
557随分(ずゐぶん)(まめ)でお達者(たつしや)
558(かみ)のお(みち)()くされよ
559(わたし)はこれにて(いとま)()
560三人(みたり)(つかさ)凱旋(がいせん)
561(ゆび)をり(かぞ)へて()つがよい
562さアさア()かうさア()かう
563門前(もんぜん)(ばら)ひを()はされて
564(あま)(うれ)しうは()けれども
565これも(なに)かのお仕組(しぐみ)
566()けるとこ(まで)()つて()よう
567(けつ)して世界(せかい)(おに)()
568三五教(あななひけう)()(うち)
569梅照彦(うめてるひこ)(おに)()
570もしや我等(われら)()(こと)
571()(さは)れば(ゆる)してよ
572あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
573御霊(みたま)(さち)(たま)へかし』
574玉治別(たまはるわけ)大声(おほごゑ)にて(こころ)(たけ)(うた)(をは)つた。
575 梅照彦(うめてるひこ)(この)(うた)()くや、576(おどろ)いて表門(おもてもん)()けつけ砂上(しやじやう)(かうべ)()げ、
577『これはこれは宣伝使(せんでんし)(さま)御座(ござ)いましたか。578まことに下男(しもべ)粗忽(そそう)(いた)しまして、579申訳(まをしわけ)御座(ござ)いませぬ。580さアさアどうぞお這入(はい)(くだ)さいませ』
581玉治別(たまはるわけ)『イヤ有難(ありがた)う。582かういふ立派(りつぱ)なお(やかた)乞食(こじき)這入(はい)りましては、583(やかた)名誉(めいよ)にかかはりますから、584今日(けふ)はまアこれで御免(ごめん)(かうむ)りませう』
585『お腹立(はらだち)御尤(ごもつと)もで御座(ござ)いますが、586つい失礼(しつれい)(いた)しまして……(まつた)下男(しもべ)(わざ)御座(ござ)いますから、587どうぞ(ゆる)して(くだ)さいませ。588さアさア御機嫌(ごきげん)(なほ)して、589トツトとお這入(はい)(くだ)さいませ。590コレ梅照姫(うめてるひめ)591春公(はるこう)592(わび)申上(まをしあ)げないか』
593呶鳴(どな)つて()る。594二人(ふたり)(この)(こゑ)(おどろ)いて様子(やうす)(わか)らねど、595梅照彦(うめてるひこ)土下座(どげざ)をして()るのを()て、596自分(じぶん)(おな)じく大地(だいち)平伏(へいふく)して(かうべ)()げた。
597玉治別(たまはるわけ)(いま)貴方(あなた)下男(しもべ)(わる)いのだと()はれましたな。598(けつ)して下男(しもべ)ぢやありませぬよ。599責任(せきにん)矢張(やつぱり)主人(しゆじん)にある。600さう()()のつかない馬鹿(ばか)(をとこ)を、601門番(もんばん)にするのが第一(だいいち)(あやま)りだ』
602『ハイ、603(なん)(あふ)せられましても弁解(べんかい)(ことば)がありませぬ』
604『サア、605(こと)(わか)れば()いぢやないか。606玉治別(たまはるわけ)607国依別(くによりわけ)608世話(せわ)になりませうかい』
609(さき)()つて(すす)()る。610二人(ふたり)もニコニコしながら、
611『アヽ、612エライお()()ませました。613もうこれで一切(いつさい)経緯(いきさつ)帳消(ちやうけし)だ。614さア梅照彦(うめてるひこ)御夫婦(ごふうふ)さま、615(はる)さま、616()うぞ安心(あんしん)して(くだ)さいませ』
617有難(ありがた)御座(ござ)います』
618安心(あんしん)(むね)()(おろ)し、619(つま)諸共(もろとも)三人(さんにん)(あと)()いて(おく)()る。620春公(はるこう)(もん)(かたはら)佇立(ちよりつ)し、
621『アヽ庭長(ていちやう)さまの御挨拶(ごあいさつ)だつた。622(かげ)免職(めんしよく)もどうやら(のが)れたやうだ』
623大正一一・五・一六 旧四・二〇 加藤明子録)