霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 化地蔵(ばけぢざう)〔六八九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 篇:第4篇 反復無常 よみ:はんぷくむじょう
章:第15章 化地蔵 よみ:ばけじぞう 通し章番号:689
口述日:1922(大正11)年05月21日(旧04月25日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年4月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
国依別は六甲山の頂上を目指して登っている途上であった。枯れ草の中に地蔵が立っているところへやってきて、一休みするうち、動かず冷たい地蔵に対して、外面如菩薩内心如夜叉だと、文句を言い非難をし出した。
すると地蔵は石から離れて飛び出し、国依別も心に鬼を飼う宣伝使だと悪口を言って返した。国依別は地蔵の口が悪いので、幽界で高利貸しをしているのではないか、と返す。
地蔵は話を合わせて高利貸しの苦労を語り、地蔵としてじっと立っている苦労を語った。そして国依別が宗彦時代に女を苦しめた罪を数えた。
地蔵は国依別に、自分を背負って六甲山の上まで連れて行ってくれ、と頼み出した。渋る国依別に対して地蔵は、自分を背負って行くだけの甲斐性がなければ高春山の鷹依姫を言向け和すことはできない、と言い返す。
そして竜国別はすでに鬼娘に喰われて他界したと言って国依別の意気をくじこうとした。国依別はその話を信じずに鎮魂を始めた。すると地蔵は国依別の昔の女・お市の姿と化した。そしてここは六甲山ではなく、すでに幽界だと国依別を脅す。
国依別はお市と言い争ううち、五六人の男の声で目を覚ました。国依別は石地蔵の前で寝込んで夢を見ていたのであった。
国依別に声をかけて起こしたのは、高春山のテーリスタンの部下たちであった。男たちは三五教の宣伝使を召捕りにやってきたのであった。
しかし男たちの中に、国依別に妹を取られた常公がいて、見知っていた。そこで国依別は昔の女の一人である常公の妹・お松の消息を尋ねた。お松はその後、ウラナイ教に入って松姫として権勢を奮っていたという。
国依別はお松が松姫となっていたことに感心し、一時は自分の女だったことを男たちに自慢してのろけて見せた。男たちはその語り口に呑まれ、すっかり国依別に惚れ込んでしまった。
国依別は男たちを言向け和して信者となすと、一行を引き連れて高春山を目指すこととなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:245頁 八幡書店版:第4輯 354頁 修補版: 校定版:253頁 普及版:110頁 初版: ページ備考:
001バラモン(けう)(その)一派(いつぱ)
002アルプス(けう)樹立(じゆりつ)して
003高春山(たかはるやま)巣窟(さうくつ)
004(かま)へて()める鬼婆(おにばば)
005鷹依姫(たかよりひめ)悪業(あくげふ)
006言向(ことむ)(やは)(すく)はむと
007三五教(あななひけう)()(たか)
008高姫(たかひめ)黒姫(くろひめ)両人(りやうにん)
009(とり)岩樟船(いはくすぶね)()
010意気(いき)揚々(やうやう)中天(ちうてん)
011(くも)()(ひら)()(のぼ)
012高春山(たかはるやま)(ふもと)まで
013二人(ふたり)無事(ぶじ)着陸(ちやくりく)
014黄金(こがね)(くさ)(しげ)りたる
015胸突坂(むなつきざか)()(のぼ)
016岩窟(がんくつ)(なら)(あめ)(もり)
017(ほこら)(まへ)(やす)らひて
018(あま)瓊矛(ぬぼこ)()(まは)
019言霊戦(ことたません)最中(さいちう)
020テーリスタンやカーリンス
021鷹依姫(たかよりひめ)両腕(りやううで)
022(たの)曲津(まがつ)(さそ)はれて
023岩窟(いはや)(なか)()()かれ
024音信(たより)(いま)()れざれば
025二人(ふたり)(すく)(いだ)さむと
026言依別(ことよりわけ)神言(みこと)もて
027竜国別(たつくにわけ)玉治別(たまはるわけ)
028(かみ)使(つかひ)諸共(もろとも)
029(とほ)山路(やまぢ)打渉(うちわた)
030(やうや)此処(ここ)津田(つだ)(うみ)
031竜国別(たつくにわけ)(きた)(みち)
032玉治別(たまはるわけ)湖水(こすゐ)をば
033横断(よこぎ)(なが)(すす)()
034国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)
035(つづみ)(たき)(みぎ)()
036(かみ)(きみ)とに真心(まごころ)
037()くす(まこと)宝塚(たからづか)
038(みね)(つた)ひて六甲(ろくかふ)
039御山(みやま)()して(のぼ)()く。
040 国依別(くによりわけ)(つゑ)(ちから)巡礼姿(じゆんれいすがた)甲斐々々(かひがひ)しく、041六甲山(ろくかふざん)頂上(ちやうじやう)目蒐(めが)けて(のぼ)()くに(みち)(かた)への枯草(かれくさ)(なか)にスツクと()てる石地蔵(いしぢざう)がある。
042『アヽ大変(たいへん)にコンパスも疲労(ひらう)(うつた)()した。043(ひと)(この)石地蔵(いしぢざう)相手(あひて)一服(いつぷく)しようかなア。044……オイ地蔵(ぢざう)さま、045(まへ)何時(いつ)(うつく)しい(かほ)をして慈悲(じひ)権化(ごんげ)とも()(やう)()せて御座(ござ)るが、046随分(ずゐぶん)冷酷(れいこく)なものだなア。047どこを()でてもチツとも温味(ぬくみ)はありやしない。048何程(なんぼ)地蔵(ぢざう)だと()つても()蒲鉾(かまぼこ)(やう)(いし)半身(はんしん)をくつつけて、049半分(はんぶん)(からだ)()した(ところ)は、050まるで磔刑(はりつけ)()うた(やう)なものだよ。051(いま)世界(せかい)(あく)映像(えいざう)は、052恰度(ちやうど)(まへ)()代表者(だいへうしや)だ。053外面如地蔵(げめんによぢざう)054内心如閻魔(ないしんによえんま)()(なか)(かた)(うつ)つて()るのだなア』
055 地蔵(ぢざう)(いし)から(はな)れて()()(やう)に、056ヒヨコヒヨコと錫杖(しやくじやう)()いて、057一二間(いちにけん)(ばか)(あゆ)()し、
058『オイ国依別(くによりわけ)059イヤ女殺(をんなごろ)しの後家倒(ごけだふ)しの、060宗彦(むねひこ)巡礼(じゆんれい)(あが)りの宣伝使(せんでんし)061貴様(きさま)翫弄(ぐわんろう)した(をんな)(たち)に、062(いま)此処(ここ)()はしてやらうか。063(おれ)悪口(あくこう)()ひよつたが、064貴様(きさま)随分(ずゐぶん)(わる)(やつ)だよ。065貴様(きさま)こそ(こころ)(おに)沢山(たくさん)抱擁(はうよう)し、066外面(ぐわいめん)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)なぞと、067チツとチヤンチヤラ可笑(をか)しいワイ。068(その)(やう)(もの)言依別命(ことよりわけのみこと)信任(しんにん)するとは、069ヤツパリ(くら)がりの()(くら)がりの()だ。070盲目(めくら)ばかりの暗黒(あんこく)世界(せかい)だなア』
071『コレコレ石地蔵(いしぢざう)さま、072(いな)化地蔵(ばけぢざう)さま、073(まへ)はチツト言霊(ことたま)(わる)いぢやないか。074大方(おほかた)幽界(いうかい)高歩貸(たかぶがし)でも()つて()るのだらう。075中々(なかなか)娑婆気(しやばけ)があつて面白(おもしろ)いワイ』
076(いま)社会(しやくわい)(やつ)ア、077追々(おひおひ)(しぶ)とうなつて()やがつて、078(おれ)商売(しやうばい)もサツパリ算用(さんよう)()うて(ぜに)()らず。079あちらからも小便(せうべん)()け、080こちらからも小便(せうべん)をかけ、081まるで世界(せかい)(やつ)ア、082(いぬ)(やう)なものだよ。083()(とき)にや()()つて()()るが、084(かへ)せと()へば鬼権(おにごん)だとか(なん)とか()つてかぶり()く、085咬犬(かみいぬ)(やう)(やつ)ばつかりだ。086(おれ)仕方(しかた)がないで、087高歩貸(たかぶがし)をフツツリと断念(だんねん)し、088菩提心(ぼだいしん)(おこ)して石地蔵(いしぢざう)になり、089世界(せかい)亡者(まうじや)(たす)けてやらうと(おも)つて、090終始一貫(しうしいつくわん)不動(ふどう)精神(せいしん)(もつ)て、091(みち)(つじ)(しやち)こばつて()れば、092(おれ)(かね)()つた(やつ)093()(とき)地蔵顔(ぢざうがほ)094()(とき)閻魔顔(えんまがほ)095悪魔道(あくまだう)()ちた(むく)ひで、096(なさけ)ない、097(いぬ)(しやう)(へん)じて(ふたた)娑婆(しやば)(あら)はれ、098(また)しても小便(せうべん)をかけて(とほ)りよる。099本当(ほんたう)人間(にんげん)()(やつ)仕方(しかた)のないものだ。100(まへ)高歩貸(たかぶがし)(くるし)めなかつたが、101(をんな)随分(ずゐぶん)(くるし)めたものだのう。102キツト貴様(きさま)(その)(むく)いで、103今度(こんど)(ねこ)(うま)(かは)るのは、104閻魔(えんま)帳面(ちやうめん)にチヤンと()いて()たぞ。105国依別(くによりわけ)()ふのは娑婆(しやば)()(あひだ)雅号(ががう)だ。106貴様(きさま)()はヤツパリ竹公(たけこう)(また)()宗彦(むねひこ)107(みぎ)(かいな)(うめ)(はな)斑紋(はんもん)があると()(こと)(しる)してある。108どうだ間違(まちが)ひか』
109『それはチツとも間違(まちがひ)がない。110(しか)冥土(めいど)()けば美人(びじん)沢山(たくさん)()るだらうな』
111()らいでかい。112しかし(なが)婦人同盟会(ふじんどうめいくわい)創立(さうりつ)されて、113第一(だいいち)114宗彦(むねひこ)()(やつ)()()たら、115()つてかかつて、116()(いけ)へブチ()んでやらうと()(こと)に、117チヤンと()まつて()るよ』
118『お(まへ)一体(いつたい)(をとこ)(をんな)か』
119『それを(たづ)ねて(なに)にするのだ。120()(おれ)(をんな)だと()(こと)(わか)つたら、121(また)(なに)地金(ぢがね)()して註文(ちうもん)でもするのだらう』
122(たれ)がそんな(つめ)たい(やつ)秋波(しうは)(おく)馬鹿(ばか)があるかい』
123幽界(いうかい)()(をんな)は、124(たれ)もかれも(こほり)(やう)(つめ)たい(からだ)ばつかりだぞ』
125『お(まへ)(ひつじさる)金神(こんじん)別名(べつめい)で、126(じつ)(やさ)しい(かみ)権化(ごんげ)ぢやと()いて()つたが、127(ちが)ふのか』
128地蔵(ぢざう)にもイロイロの種類(しゆるゐ)がある。129(おれ)()(とき)地蔵顔(ぢざうがほ)130()(とき)閻魔顔(えんまがほ)()つて善悪(ぜんあく)両面(りやうめん)()ねた活仏(いきぼとけ)だ。131地獄(ぢごく)沙汰(さた)(かね)次第(しだい)132(おれ)がお(まへ)(たい)し、133(やはら)かく親切(しんせつ)()ちかけるのも(つら)(あた)るのも、134みんなお(まへ)(こころ)(ひと)つだ。135(ぜん)(あく)全部(ぜんぶ)(この)地蔵(ぢざう)方寸(はうすん)にあるのだ。136(むかし)から地蔵(ぢざう)地頭(ぢとう))に(はふ)なしと()つて、137天下(てんか)地蔵(ぢざう)自由(じいう)だ。138馬鹿正直(ばかしやうぢき)な、139(ぜん)だの(あく)だのと、140(にはか)上人(しやうにん)になつて迂路(うろ)()くものぢやない。141なぜ生地(きぢ)(その)(まま)正体(しやうたい)(あら)はさぬのか』
142『お(まへ)(やう)(ひと)三文(さんもん)もせぬ(やう)()つて(しま)へばそれまでだが、143これでも娑婆(しやば)世界(せかい)()いては最優等(さいいうとう)身魂(みたま)()つて()(かみ)のお使(つかひ)だぞ』
144(なに)()もあれ、145(おれ)背中(せなか)()うて六甲山(ろくかふざん)頂上(てつぺん)まで()れて()つて()れ。146(おれ)もこんな谷底(たにそこ)何時(いつ)までも(たち)(ばう)になつて()つては面白(おもしろ)くない。147そこらの景色(けしき)見飽(みあ)いて(しま)つた。148チツと世間(せけん)(ひろ)()たいからなう……』
149『それや(こと)(しな)によつたら、150()うて()つてやらない(こと)もない。151(しか)地獄(ぢごく)沙汰(さた)(かね)次第(しだい)だ、152(かね)(いく)()すか』
153(おれ)貴様(きさま)実地(じつち)目撃(もくげき)する(とほ)(いし)地蔵(ぢざう)だ、154(かね)があらう(はず)はないよ』
155『そんなら()めて()かうかい。156アタ(おも)たい。157(この)山坂(やまさか)自分(じぶん)(からだ)(だけ)でも()(あま)して()るのに、158(この)(うへ)重量(ぢうりやう)追加(つゐか)しては(たま)つたものぢやないワ』
159貴様(きさま)(わり)とは弱音(よわね)()(やつ)だなア。160そんな(こと)高春山(たかはるやま)鷹依姫(たかよりひめ)帰順(きじゆん)すると(おも)ふのか。161(おれ)山頂(さんちやう)まで()れて()(だけ)勇気(ゆうき)がなければ、162どうせ落第(らくだい)だ。163貴様(きさま)()れの玉治別(たまはるわけ)津田(つだ)湖水(こすゐ)で、164遠州(ゑんしう)165駿州(すんしう)166武州(ぶしう)(ため)(ほろ)ぼされ、167竜国別(たつくにわけ)鬼娘(おにむすめ)()はれて(しま)つたぞ。168(あと)(のこ)るは貴様(きさま)一人(ひとり)だ。169到底(たうてい)(この)言霊戦(ことたません)駄目(だめ)だから、170(おれ)()うて(うへ)まで()()かぬ(くらゐ)なら、171(むし)(かぶと)()いで、172(これ)から引返(ひきかへ)したがよからうぞ』
173(なに)ツ、174竜国別(たつくにわけ)鬼娘(おにむすめ)()はれたと。175それや本当(ほんたう)かい』
176『それや本当(ほんたう)だ。177地蔵(ぢざう)自業(じごふ)自得(じとく)だ』
178『コレヤ石地蔵(いしぢざう)179貴様(きさま)洒落(しやれ)てるのか。180(うそ)だらう』
181(たれ)(うそ)(こと)()つて、182あつたら(くち)(かぜ)()かす馬鹿(ばか)があるかい。183玉治別(たまはるわけ)寂滅為楽(じやくめつゐらく)運命(うんめい)(おちい)り、184(あたま)三角(さんかく)霊衣(れいい)(かぶ)つて、185たつた(いま)やつて()る。186マア(しばら)()つて()るが()からう』
187 国依別(くによりわけ)は「ハテナア」と()()大地(だいち)にドツカと()し、188鎮魂(ちんこん)(しう)し、189(みづか)虚実(きよじつ)判断(はんだん)心力(しんりよく)熱中(ねつちゆう)して()る。
190『ハヽヽヽヽ、191何時(いつ)まで(かんが)へたつて、192一旦(いつたん)国替(くにがへ)した(もの)(かへ)気遣(きづか)ひはない。193(はや)(おれ)要求(えうきう)()れないか』
194八釜(やかま)しく()ふない。195自分(じぶん)(からだ)自由(じいう)にならぬ中風地蔵(ちうぶぢざう)()196()うて()つてやるも、197やらぬも、198(おれ)(かんが)(ひと)つだ。199(いま)臍下丹田(さいかたんでん)200()高天原(たかあまはら)八百万(やほよろづ)(かみ)神集(かむつど)ひに(つど)ひ、201神議(かむはか)りに(はか)らむとして、202諸神(しよしん)鎮魂(ちんこん)にて()ぎまつり()最中(さいちう)だ』
203 地蔵(ぢざう)何時(いつ)()にか、204なまめかしい美人(びじん)姿(すがた)(くわ)して(しま)つた。
205『サア(くに)さまえ、206(わたし)はお(まへ)さまに娑婆(しやば)随分(ずゐぶん)(なぶ)られたお(いち)ですよ』
207『ナニ、208(いち)だ、209馬鹿(ばか)()ふな。210大方(おほかた)金毛九尾(きんまうきうび)奴狐(どぎつね)め。211(おれ)(ばか)(つも)りだらうが、212そんな(こと)(たぶら)される国依別(くによりわけ)(おも)つて()るかい』
213(わたし)最早(もはや)幽界(いうかい)人間(にんげん)214(まへ)も、215(なん)(おも)つてらつしやるか()らぬが、216此処(ここ)六甲山(ろくかふざん)ぢやない、217六道(ろくだう)(つじ)ぢやぞえ。218よう(かんが)へて()なさい。219そこらの光景(くわうけい)娑婆(しやば)とはスツカリ(ちが)ひませうがな』
220馬鹿(ばか)()ふない。221何処(どこ)(ちが)つたとこがあるか。222グツグツ(ぬか)すと、223(きつね)正体(しやうたい)(あら)はしてやらうか』
224『ホヽヽヽヽ、225あの(むね)さまの気張(きば)りようわいなう。226(はら)(そこ)から(おそ)ろしくなつて()たと()え、227(あせ)をブルブルかいて、228あらむ(かぎ)りの(ちから)()して、229空威張(からいば)りして()らつしやるワ、230そんなこつて、231どうして鷹依姫(たかよりひめ)往生(わうじやう)しますかい』
232往生(わうじやう)さす、233ささぬは(この)(はう)自由(じいう)(けん)だ。234(をんな)だてら我々(われわれ)行動(かうどう)を、235喋々(てふてふ)容喙(ようかい)する権利(けんり)があるか』
236『あつても()くても、237(わたし)妖怪(えうくわい)だから容喙(ようかい)するのが当然(あたりまへ)だ。238(まへ)さまは現界(げんかい)()つた(とき)から、239沢山(たくさん)(をんな)誘拐(いうかい)しなさつただらう。240それだから今度(こんど)幽界(いうかい)()て、241反対(はんたい)(をんな)から(なに)()容喙(ようかい)されるのは、242過去(くわこ)(つく)つた罪業(ざいごふ)(むく)うて()たのですよ、243ホヽヽヽヽ、244あのマア不快(つま)らぬさうなお(かほ)……』
245『エー()つときやがれ』
246()つとけと仰有(おつしや)つても、247(まへ)さまの(やう)悪党(あくたう)何程(なにほど)気張(きば)つても(ほつとけ)にはなれませぬぞえ。248(おに)にもなれず、249マア石地蔵(いしぢざう)小便(せうべん)をかけて(ある)(いぬ)(くらゐ)なものだ。250けれども幽界(いうかい)では(かほ)(だけ)人間(にんげん)たる(こと)(ゆる)される。251それだから人犬(にんけん)()ふのだ。252人犬番犬妻王(にんけんばんけんさいわう)(うま)()つて(わたし)(いま)まで(うま)にして()たが、253今度(こんど)妻王(さいわう)(うま)にしてあげるのだ。254サア其処(そこ)四這(よつば)ひに()ひなさいよ』
255『どこまでも(をとこ)をチヨン(なぶ)るのか。256(をとこ)(うで)には(ほね)があるぞ』
257(をんな)だつて(ほね)はありますよ。258(ほそ)うても(かし)()259(まへ)(うで)(ふと)()えても新米竹(しんまいだけ)(やう)な、260(なか)空虚(うつろ)でヘナヘナだ。261娑婆(しやば)では(うで)振廻(ふりまは)して、262こけ(おど)しが()いただらう。263新米竹(しんまいだけ)(たけ)さんと()つて、264威張(ゐば)つて()けたが、265幽界(いうかい)ではチツと様子(やうす)(ちが)ひますよ』
266『エー(すずめ)親方(おやかた)()たいに、267(をんな)()(やつ)娑婆(しやば)でも(さへづ)るが、268幽界(いうかい)()てもヤツパリ(さへづ)るのかなア。269雀女(すずめをんな)()が』
270(たけ)さんに(すずめ)(しな)よくとまる、271とめて()まらぬ(こひ)(みち)だ。272あちらからも(あを)(かほ)して(ほそ)()()し、273こちらからも(ほそ)()()して、274(たけ)さん()()いと()んで()る……あの(いや)らしい亡者(まうじや)姿(すがた)御覧(ごらん)275それ芒原(すすきはら)彼方(あなた)から、276(まへ)翻弄(ほんろう)された雀女(すずめをんな)が、277沢山(たくさん)(あたま)()してゐるぢやないか。278チツとは(おも)()つただらう』
279『オモイ()るも、280(かる)()るもあつたものかい。281(をんな)なら亡者(まうじや)であらうが、282化物(ばけもの)であらうが、283ビクとも(いた)さぬ(たけ)さん(けん)宗彦(むねひこ)(けん)国依別命(くによりわけのみこと)(さま)だ。284サアお(いち)285()(どく)だが貴様(きさま)ここへユウカイして()()れ。286(おれ)一々(いちいち)因縁(いんねん)()いて、287諒解(りやうかい)()(やう)にしてやる。288ワツハヽヽヽ。289(をんな)()(やつ)化物(ばけもの)でも気分(きぶん)()いものだワイ』
290『お(まへ)娑婆(しやば)で、291石灰竈(いしばひがま)(いたち)のやうにコテコテ()つた魔性(ましやう)(をんな)や、292化女(ばけをんな)293売淫女(ぢごく)294夜鷹(よたか)なぞに、295何時(いつ)(うつつ)()かして、296鼻毛(はなげ)()かれ、297眉毛(まゆげ)()まれ、298(よだれ)()らかし、299(ほね)まで蒟蒻(こんにやく)(やう)()られて()代物(しろもの)だから、300化物(ばけもの)()配偶(はいぐう)だ。301どんな(やつ)でも(かま)はぬ物喰(ものく)ひのよい助作(すけさく)だから、302ヤツパリ幽界(ここ)()ても(その)(くせ)()まぬと()える。303娑婆(しやば)から幽界(いうかい)へ、304そんな(かす)持越(もちこ)して(もら)つては、305閻魔(えんま)さまも(いささ)迷惑(めいわく)だらう。306地蔵顔(ぢざうがほ)してお(まへ)巾着(きんちやく)ばつかり(ねら)つて()魔性(ましやう)(をんな)は、307幽界(ここ)にも多数(たくさん)()るから、308御註文(ごちうもん)なら(いく)らでも召集(せうしふ)して()ませうか』
309『オイ一寸(ちよつと)()つた。310(もの)相談(そうだん)ぢやが、311貴様(きさま)一旦(いつたん)(ひま)をやつたのだが、312今度(こんど)(ひと)()(なほ)し、313ドント()()んで焼木杭(やけぼつくひ)()()いた(やう)に、314旧交(きうかう)(あたた)めたらどうだ。315さうすれば貴様(きさま)沢山(たくさん)(をんな)(あつ)めて()て、316修羅(しゆら)()やし修羅道(しゆらだう)()ちる心配(しんぱい)はないぞ』
317『ホヽヽヽヽ、318自惚(うぬぼれ)()加減(かげん)にしたがよいワイナ。319(たれ)がお(まへ)(やう)なヒヨツトコから(ひま)(もら)ふものかいナ。320(ひま)(もら)(ところ)までクツついとる馬鹿(ばか)があるものかい。321(はばか)(なが)ら、322(いち)(はう)から肱鉄(ひぢてつ)()はして、323鼻毛(はなげ)()いてお(ひま)()れたのだ。324三行半(みくだりはん)(たれ)()いたのだ。325(まへ)(おぼ)えがあるだらう』
326幽界(いうかい)()てまで、327そんな(はぢ)(さら)すものぢやない。328(おれ)ばつかりの恥辱(ちじよく)ぢやないぞ。329(をんな)温順(おんじゆん)なのが値打(ねうち)だ。330一旦(いつたん)女房(にようばう)になつたら、331仮令(たとへ)(をつと)馬鹿(ばか)でもヒヨツトコでも、332泥棒(どろばう)でも、333どこまでも(をんな)としての貞操(ていさう)(つく)すのが良妻賢母(りやうさいけんぼ)だ。334それに滔々(たうたう)(をんな)(はう)から(ひま)をやつたなぞと、335天則違反的(てんそくゐはんてき)行為(かうゐ)(みづか)(さら)()すと()不利益(ふりえき)(こと)があるか。336閻魔(えんま)さまに(きこ)えたら、337キツト貴様(きさま)冥罰(めいばつ)(かうむ)るに(きま)つて()るぞ』
338『ホヽヽヽヽ、339ガンザカ(ばうき)(やう)(をとこ)が、340どこを()したらそんな真面目(まじめ)くさつた言葉(ことば)()るのですかい。341貴方(あなた)はそんな(こと)()(だけ)資格(しかく)はありませぬよ』
342『アヽしようもない。343石地蔵(いしぢざう)亡者女(まうじやをんな)(さまた)げられて、344(おも)はぬ光陰(くわういん)空費(くうひ)した。345サア()れから高春山(たかはるやま)出陣(しゆつぢん)せねばならぬ、346そこ退()け』
347退()けと()つたつて、348どうして退()けませう。349(わたし)だつてアヽ()ふものの、350ヤツパリ、351仮令(たとへ)三年(さんねん)にもせよ、352(まへ)と、353(をつと)(つま)よと()んで(くら)した(なか)だもの、354チツとは同情心(どうじやうしん)(のこ)つて()るのだから、355(まへ)(きつ)(をんな)だと(おも)はずに、356(はら)(そこ)をよく(かんが)へて(くだ)さらぬと(こま)りますよ。357(この)(くらゐ)(こと)(おこ)(やう)では、358人犬(にんけん)たる資格(しかく)はありませぬぞえ。359夫婦(ふうふ)喧嘩(げんくわ)(いぬ)()はぬと()ふぢやありませぬか。360(まへ)もあんまり夫婦(めをと)喧嘩(げんくわ)(つの)()てて(おこ)ると、361(ほか)人犬(にんけん)()馬鹿(ばか)にしますよ。362そこらの(をんな)小便(せうべん)()けさがし高利(たかぶ)()つては(ばば)()けさがしたか……そいつア()らぬが、363後家倒(ごけだふ)しの婆喰(ばばくら)ひの人犬(にんけん)ぢやないか。364(まへ)()はれた後家婆(ごけばば)アも、365(くさ)(かほ)して随分(ずゐぶん)沢山(たくさん)色欲道(しきよくだう)(つじ)()つて()りますぜ。366これからがお(まへ)性念場(しやうねんば)だ。367マア(たの)しんで()かつしやい。368(わたし)夫婦(ふうふ)交誼(よしみ)でこれ(だけ)注意(ちゆうい)(あた)へて()く。369(なん)()つても地蔵(ぢざう)自業(じごふ)自得(じとく)だから(あきら)めて()きなさい』
370(おれ)何時(いつ)()幽界(いうかい)()たのだらうかなア。371オイお(いち)372(おれ)にはテンと顕幽(けんいう)分離(ぶんり)時期(じき)(わか)らない。373貴様(きさま)()つて()るだらう。374()つて()れないか』
375『オホヽヽヽ、376(わか)りますまい。377(まへ)がモウ(この)(さき)七十年(しちじふねん)()つた未来(みらい)に、378()うして(わし)()ふのだよ』
379『なあんだ。380それならまだ大丈夫(だいぢやうぶ)だ』
381『お(まへ)丙午(ひのえうま)(とし)だから、382随分(ずゐぶん)これから(をんな)沢山(たくさん)(ころ)して、383七十年後(しちじふねんさき)になれば(いま)何十倍(なんじふばい)()亡者(まうじや)出来(でき)て、384歓迎会(くわんげいくわい)でも(ひら)くだらうから、385(くる)しんで()つて()るがよからう』
386『お(かま)御無用(ごむよう)だ。387(おれ)(たの)しんで()つて()る。388楽天主義(らくてんしゆぎ)統一主義(とういつしゆぎ)進展主義(しんてんしゆぎ)清潔主義(せいけつしゆぎ)標榜(へうぼう)する三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)だ』
389如何(いか)にもお(まへ)畜生道(ちくしやうだう)落転主義(らくてんしゆぎ)だらう。390さうして現界(げんかい)高春山(たかはるやま)征服(せいふく)し、391鬼婆(おにばば)(ばば)をかけられ、392(あめ)真名井(まなゐ)()きもつて、393吠面(ほえづら)かわいて立帰(たちかへ)り、394(はた)宣伝使(せんでんし)からドツサリ(こほり)(やう)(つめ)たい(みづ)打掛(ぶつか)けられ、395アヽこれで清潔主義(せいけつしゆぎ)実行(じつかう)だと(よろこ)ぶのだらう。396折角(せつかく)人犬(にんけん)になつた(たましひ)(くも)らして、397(ふたた)(いたち)となり、398(ひと)最後屁(さいごぺ)をひりかけ、399(ごふ)()(てん)(すす)む、400進貂主義(しんてんしゆぎ)実行(じつかう)なさいませ』
401娑婆(しやば)にある(あひだ)は、402どうしようと()うしようと(おれ)(うで)にあるのだ。403(かま)御無用(ごむよう)だ。404亡者(まうじや)亡者(まうじや)らしく石塔(せきたふ)(した)蟄伏(ちつぷく)して、405時々(ときどき)(かぜ)()いたら(くび)突出(つきだ)し、406糠団子(ぬかだんご)でも()()れば()いのだ、407マア(しばら)(たの)しんで()つて()れ。408七十年未来(しちじふねんさき)になれば、409(おれ)(ころ)した女亡者(をんなまうじや)(かぎ)り、410全部(ぜんぶ)統一主義(とういつしゆぎ)実行(じつかう)し、411幽冥界(いうめいかい)(ひと)つの国依別王国(くによりわけわうごく)建設(けんせつ)するから、412それまでにイロイロと()持方(もちかた)研究(けんきう)をして()くのだよ。413(その)(とき)には貴様(きさま)伴食大臣(ばんしよくだいじん)登庸(とうよう)してやる』
414(たれ)が、415(まへ)部下(ぶか)になるものが一人(ひとり)でもありますかい。416エー娑婆臭(しやばくさ)(こと)()ひなさるな』
417 ()かる(ところ)五六人(ごろくにん)(をとこ)418(いばら)(つゑ)()(なが)()(きた)り、
419『オイ三五教(あななひけう)の……貴様(きさま)宣伝使(せんでんし)だらう。420(おれ)高春山(たかはるやま)のテーリスタンの部下(ぶか)(もの)だ。421(はや)()きぬかい』
422『ハハア、423貴様(きさま)悪業(あくごふ)()ちて幽界(いうかい)()せたのだなア。424()加減(かげん)改心(かいしん)せぬかい。425貴様等(きさまら)何奴(どいつ)此奴(こいつ)独身(どくしん)生活(せいくわつ)()えるが、426何程(なにほど)幽界(いうかい)()ても、427女房(にようばう)()しいだらう。428チツト使(つか)(ふる)しでお()()らぬか()らぬが、429(おれ)のお(ふる)一寸(ちよつと)十打(じふダース)(ほど)此処(ここ)にあるのだ。430(ひと)()(たた)けば「アーイ」と()つてやつて()るのだ。431旦那(だんな)さん、432こんちは」と()つてお()でになるぞ。433(なか)にや随分(ずゐぶん)素敵(すてき)(やつ)もあるから、434()れなつと()()見取(みど)りだ。435一品(ひとしな)一銭九厘屋(いつせんくりんや)御座(ござ)い』
436『オイ貴様(きさま)(なに)寝惚(ねとぼ)けて()やがるのだ。437辻地蔵(つじぢざう)(まへ)寝転(ねころ)びやがつて、438シツカリさらさぬかい』
439 (この)(こゑ)国依別(くによりわけ)四辺(あたり)をキヨロキヨロ()まはし、
440『ハハア、441なあんだ。442(ゆめ)()()つたのか……オイ貴様(きさま)何処(どこ)(やつ)だい』
443(おれ)()はいでも()れた、444高春山(たかはるやま)鷹依姫(たかよりひめ)(さま)御家来(ごけらい)だ。445貴様(きさま)(ただ)一人(ひとり)高春山(たかはるやま)(なに)しに()くのだ。446此処(ここ)(みなみ)関所(せきしよ)だぞ』
447『アヽさうだつたか。448マアゆつくり一服(いつぷく)せい。449相談(そうだん)がある』
450貴様(きさま)相談(そうだん)をかけられるのは、451(ろく)(こと)ぢやあるまい』
452(その)()ちつかぬ様子(やうす)はなんだい。453(たたか)はぬ(うち)から()けてるぢやないか、454地震(ぢしん)神懸(かむがかり)をしやがつて………チツと(どう)()ゑないか』
455貴様(きさま)国依別(くによりわけ)のヘボ宣伝使(せんでんし)だらう。456サア白状(はくじやう)せい』
457『アハヽヽヽ、458天晴(あつぱ)堂々(だうだう)たる天下(てんか)宣伝使(せんでんし)だ。459貴様(きさま)(やう)小童武者(こわつぱむしや)に、460(なに)(かく)必要(ひつえう)があるか。461国依別命(くによりわけのみこと)とは(おれ)(こと)だ』
462『ヤア貴様(きさま)竹公(たけこう)ぢやないか。463何時(いつ)やら(おれ)(いもうと)をチヨロまかした曲者(くせもの)()
464『ウンお(まへ)はお(まつ)兄貴(あにき)常公(つねこう)だつたなア。465()はば義理(ぎり)兄貴(あにき)だ。466(しか)貴様(きさま)もよく零落(れいらく)したものだなア。467さうしてお(まつ)はどうなつたか』
468貴様(きさま)余程(よほど)迂濶者(うつそり)だなア。469(おれ)(いもうと)のお(まつ)生意気(なまいき)(やつ)で、470(おれ)信仰(しんかう)(こと)にし、471到頭(たうとう)ウラナイ(けう)高姫(たかひめ)乾児(こぶん)になりやがつて、472高城山(たかしろやま)松姫(まつひめ)名乗(なの)り、473立派(りつぱ)にやつてけつかるのだ。474(おれ)(こころ)()はないから()つた(こと)がないが、475中々(なかなか)(おれ)(いもうと)だけあつて(ぜん)にもせよ、476(あく)にもせよ、477傑出(けつしゆつ)した(ところ)があるワイ』
478(なに)ツ、479あの松姫(まつひめ)がお(まつ)だと()ふのか。480其奴(そいつ)大変(たいへん)だ。481さう()へば(なん)だか合点(がてん)がゆかぬと(おも)つて()たのだ。482松姫(まつひめ)中々(なかなか)(おれ)(たち)とは(ちが)うて、483(いま)三五教(あななひけう)錚々(さうさう)たる宣伝使(せんでんし)だ。484ヤツパリ(おれ)秋波(しうは)(おく)(やう)(やつ)だから、485代物(しろもの)がどつか(ちが)つた(ところ)があるのだな、486アハヽヽヽ』
487『オイ()んな(とこ)惚気(のろけ)()かしやがつて、488(なん)だ、489チツと確乎(しつかり)せぬかい』
490(うらや)ましいだらう。491随分(ずゐぶん)松姫(まつひめ)別嬪(べつぴん)だぞ。492知慧(ちゑ)もあれば(ちから)もあり、493愛嬌(あいけう)もあり、494あんな(やつ)ア、495滅多(めつた)にあつたものぢやない。496(おれ)もさう()くと、497松姫(まつひめ)一層(いつそう)崇高(すうかう)人格者(じんかくしや)(やう)()えて()たワイ』
498 一同(いちどう)は、
499『ワツハヽヽヽ』
500(わら)()ける。501(かふ)502(おつ)503(へい)504(てい)505(ぼう)506()六人(ろくにん)(つい)国依別(くによりわけ)言向(ことむ)(やは)され、507(こころ)(そこ)より国依別(くによりわけ)洒脱(しやだつ)なる気品(きひん)惚込(ほれこ)み、508信者(しんじや)となつて高春山(たかはるやま)筒井順慶式(つつゐじゆんけいしき)発揮(はつき)すべく、509がやがや(ささや)きながら(すす)()く。
510大正一一・五・二一 旧四・二五 松村真澄録)