霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第三章 落橋(らくけう)〔一〇八七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第40巻 舎身活躍 卯の巻 篇:第1篇 恋雲魔風 よみ:れんうんまふう
章:第3章 第40巻 よみ:らっきょう 通し章番号:1087
口述日:1922(大正11)年11月01日(旧09月13日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年5月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
鬼熊別は、大雲山の会議を終わって悄然として我が家に帰った。そこへ家老の熊彦がやってきて、大黒主が近侍を刺客に仕立てて鬼熊別に向かわせたという急報を注進した。
鬼熊別は、大黒主がそのようなことをするはずがないと一生に付したが、熊彦は、ハルナの館に仕える自分の親友が特に報せてくれた重大事だと主人をいさめた。鬼熊別はたとえそれが真実だとしても、大自在天に任せて主人たる大黒主に最期まで忠義を通す覚悟を熊彦に示した。
熊彦は逆に鬼熊別の覚悟を知り、諭されてただ涙を流して声を忍ばせ、しゃくり泣きをするのみであった。
刺客に仕立てられた大黒主の侍従たちは、黒装束に身を固めて鬼熊別の館を指して進んでいた。しかし館に通じる森の中の橋が落とされていることに気が付いた。熊彦が部下に命じて落とさせておいたものであった。
刺客たちはもともと怖気づいていたので、橋が落ちていたのを幸い、夜明けに間に合わなかったと大黒主に言い訳が立つとかえって喜び合う始末であった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4003
愛善世界社版:34頁 八幡書店版:第7輯 430頁 修補版: 校定版:35頁 普及版:16頁 初版: ページ備考:
001 (そら)一面(いちめん)にドンヨリとかき(くも)り、002あたり陰鬱(いんうつ)として(かぜ)もなく蒸暑(むしあつ)(あき)(ゆふ)べ、003内地(ないち)(あき)とは事変(ことか)はり、004初秋(はつあき)今日(けふ)(この)(ごろ)松虫(まつむし)鈴虫(すずむし)(こゑ)もなく、005(こずゑ)にとまつて千切(ちぎ)千切(ちぎ)れに()(せみ)(こゑ)006轡虫(くつわむし)(など)(やかま)しく(さわ)()きたつる有様(ありさま)は、007(つき)(みやこ)のハルナ(じやう)内外(ないぐわい)(おだや)かならぬ(こと)勃発(ぼつぱつ)する前兆(ぜんてう)にはあらずやと(おも)はるるばかりであつた。008(やかた)(あるじ)鬼熊別(おにくまわけ)大雲山(たいうんざん)岩窟(がんくつ)()ける会議(くわいぎ)()へて、009悄然(せうぜん)として(わが)()(かへ)り、010(おく)一間(ひとま)()をしめて、011双手(もろて)をくみ、012青息吐息(あをいきといき)(てい)であつた。
013 ()かる(ところ)家老職(からうしよく)(つと)めてゐた熊彦(くまひこ)(ふすま)()しあけ()(きた)り、014叮嚀(ていねい)会釈(ゑしやく)しながら、
015『モシ旦那様(だんなさま)016(うけたま)はりますれば、017貴方様(あなたさま)大変(たいへん)嫌疑(けんぎ)がかかり、018大黒主(おほくろぬし)(さま)近侍(きんじ)誰彼(たれかれ)(つか)はして、019夜陰(やいん)(まぎ)れ、020旦那様(だんなさま)(いのち)()りに()るとの急報(きふはう)自分(じぶん)親友(しんいう)よりソツと()きました。021どうぞ御用心(ごようじん)(くだ)さいませ。022(いま)にも刺客(しきやく)(まゐ)るかも()れませぬから……』
023 鬼熊別(おにくまわけ)平然(へいぜん)として打笑(うちわら)ひ、
024『アハヽヽヽ風声鶴唳(ふうせいかくれい)(おどろ)いてはならぬ。025真心(まごころ)(もつ)真心(まごころ)(かみ)(つか)ふる鬼熊別(おにくまわけ)如何(どう)して不義(ふぎ)(やいば)()てられようか。026(けつ)して心配(しんぱい)(いた)すものではない。027かやうな騒々(さうざう)しい(とき)にはいろいろの(うはさ)()つものだから、028(まへ)冷静(れいせい)(もの)(かんが)へ、029(けつ)して(さわ)いではならないぞ』
030(わたくし)大抵(たいてい)(こと)ならば(さわ)(をとこ)では(ござ)いませぬが(たしか)証拠(しようこ)(ござ)います。031大黒主(おほくろぬし)(さま)近侍(きんじ)(つか)へてゐる友行(ともゆき)といふ(をとこ)032(じつ)(わたくし)義理(ぎり)兄弟(きやうだい)(ござ)いますが、033(かれ)がソツと(わたくし)まで(みみ)うちをしてくれました。034グヅグヅしては()られませぬ。035キツと今夜(こんや)攻寄(せめよ)せて()るに間違(まちが)ひはないので(ござ)います。036これが(ちが)うたら、037(この)熊彦(くまひこ)二度(にど)とあなたのお()にはかかりませぬ』
038(げん)(おれ)(いま)039大雲山(たいうんざん)岩窟(がんくつ)集会(しふくわい)(まゐ)り、040大黒主(おほくろぬし)(さま)面前(めんぜん)(おい)議論(ぎろん)(たたか)はし、041種々雑多(しゆじゆざつた)疑惑(ぎわく)()き、042(やうや)氷解(ひようかい)されて、043(つひ)には石生能姫(いそのひめ)推薦(すいせん)()り、044(もと)(ごと)左守(さもり)(にん)ぜられ(かへ)つて()(ところ)だ。045(けつ)して左様(さやう)(こと)はあるまい。046大方(おほかた)(なん)らかの間違(まちが)ひだらう』
047『イヤ(その)(こと)友行(ともゆき)から()()いて()ります。048(しか)しそれが今晩(こんばん)大事変(だいじへん)(おこ)した原因(げんいん)です。049大黒主(おほくろぬし)嫉妬(しつと)(ふか)人物(じんぶつ)050そこへ()ても()めても(わす)れられぬ()()つた石生能姫(いそのひめ)さまが、051旦那(だんな)さまの(かた)()ち、052大黒主(おほくろぬし)(もつと)(きら)(たま)旦那(だんな)さまを左守(さもり)(にん)じ、053城内(じやうない)一切(いつさい)教務(けうむ)(およ)国務(こくむ)総括(そうくわつ)せしめむとされたので、054大黒主(おほくろぬし)()()でならず、055ぢやと()つて最愛(さいあい)女房(にようばう)石生能姫(いそのひめ)(げん)打消(うちけ)(わけ)にもゆかず、056イヤイヤながら承諾(しようだく)したので(ござ)います。057それより大黒主(おほくろぬし)一時(いちじ)(はや)旦那(だんな)さまを()(もの)(いた)さねば大変(たいへん)だと(かんが)へ、058石生能姫(いそのひめ)さまに極内々(ごくないない)今夜(こんや)(うち)鬼熊別(おにくまわけ)をやつつけて(しま)へと、059数多(あまた)近侍(きんじ)(めい)じて今宵(こよひ)御館(おやかた)襲来(しふらい)することになつたので(ござ)います。060(その)(なか)一人(ひとり)なる友行(ともゆき)がソツと密書(みつしよ)(もつ)(わたくし)(まで)()らしてくれたので(ござ)いますから、061メツタに間違(まちが)ひは(ござ)いますまい。062サア旦那(だんな)さま、063さう安閑(あんかん)としてゐる(とき)ぢや(ござ)いませぬ。064一時(いちじ)(はや)防戦(ばうせん)用意(ようい)(いた)されるか、065(ただし)(いま)(うち)(この)(やかた)逐電(ちくでん)なさらねば、066呑噬(どんぜい)(くい)(のこ)すとも(およ)びませぬ。067(およ)ばぬながらも熊彦(くまひこ)がどこ(まで)もお(とも)(いた)し、068苦労(くらう)艱難(かんなん)共々(ともども)()めても、069旦那様(だんなさま)御身辺(ごしんぺん)(まも)らねばなりませぬ。070サア(はや)御決心(ごけつしん)を……』
071(うなが)せば、072鬼熊別(おにくまわけ)高笑(たかわら)ひ、
073『アハヽヽヽ(なん)とマア()(なか)面白(おもしろ)いものだなア。074昨日(きのふ)(てき)今日(けふ)味方(みかた)075今日(けふ)味方(みかた)明日(あす)(てき)076昨日(きのふ)(かは)大空(おほぞら)(くも)077千変万化(せんぺんばんくわ)()のならひ、078どうなり()くも宿世(すぐせ)因縁(いんねん)だ。079(さわ)ぐな、080あはてな。081(ただ)何事(なにごと)(この)()(つく)(たま)ひし梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)御心(みこころ)(まか)すより(ほか)()るべき手段(しゆだん)はない』
082『それはさうでも(ござ)いませうが、083ミスミス(てき)襲撃(しふげき)されるのを前知(ぜんち)しながら傍観(ばうくわん)してゐるのは(あま)()()かぬぢやありませぬか。084(なん)とかそれに(たい)する方法(はうはふ)手段(しゆだん)(かう)ぜねば、085如何(どう)してあなたの(ぜん)()(なか)(わか)りませう。086今宵(こよひ)やみやみと彼等(かれら)(ほろ)ぼされなば、087何時(いつ)()にかあなた(さま)(うらみ)()れませう……(いな)(うたが)ひがとけませう』
088吾々(われわれ)(ひと)(うら)まない、089(また)(てき)(にく)まない。090妻子(つまこ)には(はな)れ、091何程(なにほど)結構(けつこう)()(うへ)になつたとて、092一寸先(いつすんさき)(わか)らぬ(ひと)()(うへ)093ただ何事(なにごと)(かみ)(まか)すより手段(しゆだん)がない。094(かみ)さまが吾々(われわれ)(ころ)さうと(おも)へば、095(ひと)()をかつてお(ころ)(あそ)ばすだらうし、096まだ娑婆(しやば)必要(ひつえう)があると思召(おぼしめ)したら、097(ころ)さずにおかれるだらう。098一寸先(いつすんさき)人間(にんげん)()からは(やみ)だ。099(ただ)刹那(せつな)(こころ)(たの)しみ、100神司(かむづかさ)としての最善(さいぜん)のベストを(つく)せばいいのだ』
101『エヽこれ(ほど)申上(まをしあ)げても、102旦那(だんな)さまはお()(くだ)さりませぬか。103最早(もはや)是非(ぜひ)には(およ)びませぬ。104(まこと)にすまぬ(こと)ながら、105旦那(だんな)さまのお(いた)はしい姿(すがた)()(うち)にお(ひま)(たま)はり、106ここにて切腹(せつぷく)(つかまつ)ります。107左様(さやう)ならば旦那様(だんなさま)
108(なみだ)夕立(ゆふだち)(ごと)くパラパラとこぼしながら、109(はや)くも懐剣(くわいけん)引抜(ひきぬ)き、110(はら)十文字(じふもんじ)掻切(かきき)らむとするを、111鬼熊別(おにくまわけ)はグツと(その)()(にぎ)り、
112『アハヽヽヽ、113(なん)()(はや)(をとこ)だなア。114(ひま)をくれと()つても(ひま)はやらぬ、115()なしてくれと(まを)しても(けつ)して()なしはせぬぞ。116主従(しゆじゆう)間柄(あひだがら)といふものは左様(さやう)水臭(みづくさ)いものではない。117(まへ)()にたければ、118(おれ)先途(せんど)見届(みとど)けて(その)(のち)()んだがよからう。119主人(しゆじん)より(さき)勝手気儘(かつてきまま)自殺(じさつ)するとは不心得(ふこころえ)千万(せんばん)だ』
120ときめつけられて、121熊彦(くまひこ)()()(なほ)し、
122『これはこれは若気(わかげ)(いた)り、123血気(けつき)にはやり、124(まこと)にすまない(こと)(いた)しました。125主人(しゆじん)意志(いし)(したが)ふのは下僕(しもべ)(やく)126モウ(この)(うへ)何事(なにごと)(まを)しませぬ。127どうぞ主従(しゆじゆう)(えん)()ること(だけ)(ゆる)して(くだ)さいませ。128(けつ)して旦那(だんな)さまより(さき)へは(はや)まつた(こと)(いた)しませぬ。129(おな)()ぬのならば、130()()(てき)(わた)()ひ、131旦那(だんな)さまの馬前(ばぜん)(おい)て、132斬死(きりじに)(いた)します』
133『コリヤコリヤ斬死(きりじに)などとは不穏当(ふをんたう)きはまる。134如何(いか)なる(てき)(きた)るとも、135(かれ)がなすままに(まか)しておけ、136(かみ)さまがよきやうにして(くだ)さるだらうから……』
137 熊彦(くまひこ)は、
138『ハイ』
139(こた)へてさし(うつ)むき、140左右(さいう)(かた)()()げしながら、141(こゑ)(しの)ばせ、142しやくり()きつつあつた。
143
144 大黒主(おほくろぬし)側近(そばちか)(つか)へたる侍従(じじゆう)面々(めんめん)は、145丑満(うしみつ)刻限(こくげん)(うかが)ひ、146裏門(うらもん)よりソツと()()し、147檳榔樹(びんらうじゆ)(はやし)(つつ)まれたる鬼熊別(おにくまわけ)(やかた)()して、148黒装束(くろしやうぞく)()をかため、149草鞋(わらぢ)脚絆(きやはん)穿(うが)ちながら手槍(てやり)(ひつさ)(すす)()く。150如何(いかが)はしけむ、151如時(いつ)()にやら横幅(よこはば)五間(ごけん)ばかりの深溝(ふかみぞ)橋梁(けうりやう)()もなく墜落(つゐらく)して()た。152一同(いちどう)立止(たちど)まり、
153(かふ)『ヤアこりや大変(たいへん)だ。154鬼熊別(おにくまわけ)(やつ)155(はや)くも俺達(おれたち)()くのを天眼通力(てんがんつうりき)にて前知(ぜんち)したと()え、156(はし)(おと)して(しま)ひよつた。157下手(しもて)(はし)へまはれば、158これより一里半(いちりはん)ばかり、159さうかうしてる()()()けて(しま)ふ。160(こま)つたことが出来(でき)たワイ』
161(つぶや)いてゐる。162これは熊彦(くまひこ)がひそかに部下(ぶか)数人(すうにん)(めい)じ、163主人(しゆじん)危難(きなん)(すく)ふべく(おと)させておいたのであつた。
164(おつ)『オイ、165(はし)(おと)して用意(ようい)をして()るくらいなれば、166先方(むかふ)にも準備(じゆんび)をして()るだらう。167何程(なにほど)鬼熊別(おにくまわけ)部下(ぶか)がないと()つても(やかた)(なか)(かか)へてある部下(ぶか)(もの)七八十人(しちはちじふにん)(たしか)()る。168何奴(どいつ)此奴(こいつ)(みな)(いのち)()らずの強者(つわもの)ばかりだ。169到底(たうてい)吾々(われわれ)(ちから)では(およ)ぶまい。170騙討(だましうち)ならば彼奴等(あいつら)(ねむ)つてゐる(うち)に、171(おく)()へふみ()んで仕止(しと)められぬ(こと)もないが、172モウ()うなつては公然(こうぜん)(たたか)ひだ。173オイ今晩(こんばん)はモウ中止(ちうし)したら如何(どう)だ。174そして(てき)油断(ゆだん)をさせ、175二三日(にさんにち)()つた(ところ)で、176ソツと夜襲(やしふ)(こころ)みることにしようかい』
177(かふ)『それだと()つて、178御主人様(ごしゆじんさま)俺達(おれたち)御信任(ごしんにん)(あそ)ばし、179是非(ぜひ)前達(まへたち)()をからねばならぬと、180(なみだ)(なが)して仰有(おつしや)つたでないか。181沢山(たくさん)強者(つわもの)もあるに、182俺達(おれたち)のやうな奥勤(おくづと)めをする(もの)御命令(ごめいれい)(さが)つたのは、183(じつ)光栄(くわうえい)といはねばらぬ。184御信任(ごしんにん)(あつ)ければこそ、185こんな秘密(ひみつ)御用(ごよう)()たして(くだ)さつたのだ。186(その)御信任(ごしんにん)(たい)してもノメノメと引返(ひきかへ)(わけ)には()くまいぞ』
187(おつ)何程(なにほど)御命令(ごめいれい)だと()つても、188(はし)(おと)され、189(てき)数倍(すうばい)勢力(せいりよく)190到底(たうてい)駄目(だめ)だ。191(なん)とか口実(こうじつ)(まう)けて、192今晩(こんばん)はゴミを(にご)しておかうぢやないか』
193(かふ)()しからぬことをいふな。194家来(けらい)分際(ぶんざい)として、195旦那様(だんなさま)(いつは)るといふことがあるか。196仮令(たとへ)(いのち)はなくなつても、197(この)使命(しめい)(はた)すのが吾々(われわれ)(つと)めだ。198(こと)成否(せいひ)はさておき、199如何(どう)しても良心(りやうしん)承知(しようち)をせぬ。200(なん)とかして(この)(はし)向方(むかふ)(わた)り、201(わが)良心(りやうしん)満足(まんぞく)(あた)へ、202精忠(せいちう)無比(むひ)(やつ)()められねばならないではないか』
203(おつ)『ハヽヽヽヽ、204良心(りやうしん)精忠(せいちう)無比(むひ)()いて(あき)れるワイ。205とは()ふものの、206(おれ)主人(しゆじん)(ため)207()(こな)にしてでも(この)目的(もくてき)(たつ)したいのだが、208(つばさ)なき()如何(いか)にせむ、209(この)(はし)(わた)ることが出来(でき)ねば(なん)()つても駄目(だめ)だ。210()よ、211大雲山(たいうんざん)より(なが)(きた)(この)激流(げきりう)212もし(あやま)つて水中(すゐちう)(おちい)りなば、213それこそ(いち)もとらず()もとらず、214(いぬ)()まれたやうなものだ』
215(かふ)『イヤ(じつ)(ところ)216(おれ)もかうはいふものの、217(おれ)良心(りやうしん)良心(りやうしん)だ。218チツとは(あや)しくなつて()たよ。219不精忠無比(ふせいちうむひ)副守護神(ふくしゆごじん)が、220ソロソロ(あたま)をもたげて()さうで……ないワイ。221()うしてゐる(うち)()明方(あけがた)(ちか)くなる。222さうすりや、223(かへつ)俺達(おれたち)言訳(いひわけ)()つ、224あの(はし)()ちてゐた(ため)に、225架橋(かけう)工事(こうじ)暇取(ひまど)り、226とうとう()があけて(しま)つたから、227(また)出直(でなほ)して夜襲(やしふ)(まゐ)りませうと、228(うま)口実(こうじつ)出来(でき)たぢやないか。229これ(まつた)大自在天(だいじざいてん)(さま)吾々(われわれ)(あい)(たま)慈悲(じひ)大御心(おほみこころ)230あゝ有難(ありがた)勿体(もつたい)なし、231(ねが)はくは自在天(じざいてん)(さま)232(この)(はし)はいつ(まで)もかからずに()ります(やう)に……とは(まを)しませぬ。233それは鬼熊別(おにくまわけ)(まを)言葉(ことば)234どうぞ一時(いちじ)(はや)完全(くわんぜん)(はし)()り、235旦那様(だんなさま)(うら)みの(てき)(ほろ)びますやう、236御守護(ごしゆご)(ひとへ)(こひねが)()(たてまつ)ります』
237(おつ)『ウフヽヽヽ』
238一同(いちどう)『イヒヽヽヽ』
239大正一一・一一・一 旧九・一三 松村真澄録)
   
逆リンク[?]このページにリンクを張っている外部サイトを自動的に探して表示します。ブログの場合、トップページやカテゴリページは無視されます。エントリーのページだけです。該当ページからすでにリンクが削除されている場合もありますが、反映されるのに数週間かかります。[×閉じる]逆リンク集はこちら
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)