霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 (ぬま)(つき)〔一一〇二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第40巻 舎身活躍 卯の巻 篇:第4篇 関風沼月 よみ:かんぷうしょうげつ
章:第18章 第40巻 よみ:ぬまのつき 通し章番号:1102
口述日:1922(大正11)年11月04日(旧09月16日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年5月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
満月が葵の沼を照らす中、黄金姫と清照姫の二人は沼のほとりを通りかかった。二人は月を題材に道歌を交わす。
そこへ、沼に映った月を砕き、バサバサと水音を立てて八人の黒い影が沼を渡ってくる。これは、照国別たちから逃げてきたバラモン教徒たちであった。
黄金姫と清照姫は八人の前に立ち現われて、自ら蜈蚣姫だと名乗り立ちはだかった。母娘二人は、男たちをつかんで沼に投げ返した。この勢いに八人は沼を逆戻りしてまた照国別たちの所に逃げていく。
八人はカルとレーブに赦しを乞うが、カルとレーブは八人を片っ端から沼へ投げ落とした。八人は浅い沼を渡って逃げていく。
春公は、八人の会話から沼の反対側に黄金姫と清照姫がいるのではないかと照国別に諮り、一同は沼を渡って母娘を探しに出た。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4018
愛善世界社版:237頁 八幡書店版:第7輯 505頁 修補版: 校定版:245頁 普及版:110頁 初版: ページ備考:
001 十五夜(じふごや)満月(まんげつ)(みづ)(きよ)()なり(ひろ)(あふひ)(ぬま)()いてゐる。002(そら)には円満清朗(ゑんまんせいろう)(つき)003(いけ)(おも)にも(また)月影(つきかげ)をうつして、004小波(さざなみ)にゆらいでゐる。005そこを(とほ)りかかつた二人(ふたり)宣伝使(せんでんし)があつた。006これは黄金姫(わうごんひめ)007清照姫(きよてるひめ)二人(ふたり)である。
008黄金(わうごん)今日(けふ)御機嫌(ごきげん)のよいお(つき)さまの(おん)かむばせ、009まるで黄金色(わうごんいろ)のやうだ。010(ひと)(この)(いけ)(ほとり)(つき)賞翫(しやうぐわん)しながら休息(きうそく)(いた)しませうか』
011清照(きよてる)『お()アさま。012月様(つきさま)(いろ)黄金姫(わうごんひめ)(ござ)いますなア、013そして(きよ)()(かがや)(たま)(ところ)清照姫(きよてるひめ)といつてもいいやうですなア。014さうするとヤツパリ貴方(あなた)(たい)(わたし)(よう)といふやうなもの、015一日(いちにち)(はや)(この)娑婆(しやば)世界(せかい)をして黄金世界(わうごんせかい)(くわ)せしめ、016(きよ)()(わた)三五(あななひ)(をしへ)天下(てんか)(かがや)かしたきもので(ござ)います。017(この)(ぬま)(なん)といふ(ぬま)(ござ)いませうか』
018(なん)でも葵沼(あふひぬま)とかいふ(こと)だ。019青空(あをぞら)(うつ)つて、020(ほし)(かげ)さへ(うか)んでゐる。021(なん)ともいへぬ景色(けしき)だ。022(ひと)つここで(うた)でもよみませうか』
023『ハイ(よろ)しからう、024()アさまから(ひと)()して(くだ)さい、025(わたし)(しも)()をつけますから』
026黄金(わうごん)……大空(おほぞら)水底(みなそこ)までも葵沼(あふひぬま)
027清照(きよてる)………黄金色(わうごんいろ)(つき)(かがや)く。
028黄金(わうごん)(たま)姿(すがた)(あめ)(つち)
029(かがや)きわたり(きよ)()りぬる。
030(きよ)くてる(つき)(ひかり)(ひと)しほに
031(ぬま)(うつ)りていとどさやけし。
032(つき)うかび(ほし)さへ(うか)(この)(ぬま)
033高天原(たかあまはら)姿(すがた)なるらむ。
034三五(あななひ)(つき)(をしへ)をまつぶさに
035(うへ)(した)とに()らしゆかなむ。
036()りわたる(この)池水(いけみづ)(なが)むれば
037雲井(くもゐ)(そら)にまがふべらなり。
038(かぜ)さへも()ぎわたりたる(いけ)()
039黄金(わうごん)(つき)(きよ)()るなり。
040(もち)()(つき)姿(すがた)(なが)むれば
041心持(こころもち)よき(ぬま)(おも)かな。
042(ぬま)(つき)(なみ)(くだ)けてなみなみと
043(うご)姿(すがた)()れば()かぬかも。
044今宵(こよひ)こそ(ぬま)(ほとり)熟睡(うまゐ)して
045身魂(みたま)(つか)(やす)めむとぞ(おも)ふ。
046(わが)(たま)(いま)()(つき)(ごと)くなり
047(くだ)けむとしていかな(くだ)けず。
048大空(おほぞら)()(わた)りたる月影(つきかげ)
049清照姫(きよてるひめ)姿(すがた)ならまし。
050(きよ)()(つき)姿(すがた)素盞嗚(すさのを)
051(かみ)(みこと)(ひかり)なるらむ。
052月読(つきよみ)(かみ)姿(すがた)瑞御霊(みづみたま)
053(ぬま)(そこ)まで()りわたる(かな)
054黄金(わうごん)『オホヽヽヽ(きよ)さま、055中々(なかなか)上手(じやうづ)ですこと、056黄金姫(わうごんひめ)如何(どう)やら(うた)(たね)()れました』
057清照(きよてる)『お()アさま、058それなら(わたくし)(はじ)めますから、059どうぞ(あと)()をつけて(くだ)さい』
060黄金(わうごん)『それも面白(おもしろ)からう、061やつて()なさい』
062清照(きよてる)……われは(いま)(あふひ)(ぬま)(つき)()
063黄金(わうごん)………(つき)(をしへ)(ひら)(みち)にて。
064(つき)()れば(この)()(なか)(たの)しけれ
065みちかけ(しげ)(ひと)()なれど。
066(きよ)()(つき)(こころ)をあらはめや
067(あめ)(した)をば()らし()()は。
068(この)(ぬま)(ぬし)(さち)(おほ)からむ
069()()(きよ)(つき)(なが)めて。
070()(ひかり)打仰(うちあふ)(たび)()(くら)
071(つき)のみ(ひと)(まなこ)(やしな)ふ。
072()(ひかり)(くま)なく()らす()(なか)
073(また)もや(つき)(ひかり)めでたし。
074()(つき)世人(よびと)(ため)大空(おほぞら)
075(かがや)(たま)(かみ)御恵(みめぐみ)
076有難(ありがた)三五(あななひ)(つき)御教(みをしへ)
077(あさひ)(ごと)()りわたる()は。
078()(つき)波間(なみま)(うか)葵沼(あふひぬま)
079(こころ)(あか)きわれは(なが)めつ。
080(おや)()(あふひ)(ぬま)打眺(うちなが)
081(つき)(ひかり)をめづる今日(けふ)かな。
082バラモンの(かみ)(をしへ)晦日(つもごり)
083暗夜(やみよ)(ごと)姿(すがた)なるらむ。
084(やみ)()()らし(きよ)むる黄金(わうごん)
085(つき)(ひかり)雄々(をを)しかりけり。
086晦日(つもごり)大空(おほぞら)(とほ)(なが)むれば
087大黒主(おほくろぬし)暗夜(やみよ)なりけり。
088鬼熊(おにくま)(わけ)(みこと)(たましひ)
089(そら)()(くも)(つつ)まれし(つき)
090大空(おほぞら)もやがてハルナの神館(かむやかた)
091三五(あななひ)(つき)(きよ)()るらむ。
092清照(きよてる)『オホヽヽヽ(わたし)もこれで小出(こだ)しが()れました。093(また)(ひま)(とき)094倉庫(さうこ)よりドツサリ()してお()にかけませう』
095黄金(わうごん)『オホヽヽヽヽ(きよ)さま、096(まへ)さまも随分(ずゐぶん)杢助(もくすけ)さまの(そば)()たおかげで、097滑稽(こつけい)上手(じやうづ)になりましたな』
098清照(きよてる)『コツケコと東雲(しののめ)つぐる(とり)(こゑ)
099やがて()()(かみ)(のぼ)らむ』
100黄金(わうごん)『オホヽヽ早速(さつそく)滑稽(こつけい)(はじ)まつた。101ドレ(この)(はは)(ひと)(たび)(つか)れを(なぐさ)むる(ため)102駄句(だく)つて()ませう。
103葵沼(あふひぬま)(あか)(こころ)神司(かむづかさ)
104(しろ)三五(あななひ)(つき)()(かな)
105黄金(わうごん)(ひめ)(つかさ)(あら)はれて
106(あふひ)(ぬま)のわれた(つき)みる』
107清照(きよてる)『われた(つき)そりや(かあ)さまの(こと)ですよ
108(わたし)(つき)はまん(まる)(つき)
109黄金(わうごん)『オツホヽヽヽ()にも(あし)にも()はぬお(ぢやう)さまだなア』
110『われぬ(つき)とは()ふものの友彦(ともひこ)
111(なみ)(くだ)けし(はん)われの(つき)
112『うまうまと(はは)(まへ)にて(うそ)をつき
113つき(とほ)さむとするぞ可笑(をか)しき』
114(かた)われの(つき)さへ(もち)()となれば
115どこもかけない黄金(わうごん)(つき)
116黄金(わうごん)『オホヽヽヽヽ(あま)月々(つきつき)()うてると、117(つき)がひつくり(かへ)つて、118キズが()()ます。119モウいい加減(かげん)(うた)材料(ざいれう)つきだ。120サアサアここでゆつくり()ツキませう』
121清照(きよてる)(わたし)ツキ()ひにお(そば)ツキ()うて、122()ツキませう。123オホヽヽヽ』
124(わら)ひながら、125(つき)(ひかり)()びつつ、126(みの)()いて(ぬま)(ほとり)たわいもなく(よこた)はる。
127 ()かる(ところ)へ、128(ぬま)(うか)んだ(つき)(くだ)いて、129バサバサバサと(なみ)蹴破(けやぶ)り、130(はし)つて()七八人(しちはちにん)(くろ)(かげ)
131エル『あゝあ、132ドテライ()()うた。133蜈蚣姫(むかでひめ)134小糸姫(こいとひめ)両人(りやうにん)に、135テツキリと玉山峠(たまやまたうげ)南坂(みなみざか)出会(でつくは)し、136カルの大将(たいしやう)命令(めいれい)で、137遮二無二(しやにむに)()めかけた(ところ)138()もなく谷底(たにそこ)()つてほられ、139気絶(きぜつ)して一途(いちづ)(かは)まで(おに)()きゆかれ(こま)つてゐる(ところ)へ、140三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)がやつて()やがつて、141(なん)とも()れぬ甘露水(かんろすゐ)()ませて()れやがつたと(おも)へば、142谷底(たにそこ)にブツ(たふ)れて(ゆめ)()てゐたのであつた。143本当(ほんたう)にこはい(ゆめ)だつたが、144()がついて()ると馬鹿(ばか)らしい、145それにも(かかは)らず、146カルの大将(たいしやう)()147安眠中(あんみんちう)(おこ)されて、148(いのち)御恩人(ごおんじん)だなどと、149御追従(ごつゐしよう)百万陀羅(ひやくまんだら)(なら)べ、150胸糞(むねくそ)(わる)くつてたまらない、151とうと彼奴(あいつ)三五教(あななひけう)沈没(ちんぼつ)して(しま)ひやがつた、152(ねこ)()(たま)(ほど)よく()(かは)(やつ)だ。153俺達(おれたち)はどこ(まで)初心(しよしん)(へん)ぜず、154大黒主神(おほくろぬしのかみ)(さま)(ため)身命(しんめい)(ささ)げたのだから、155あんな柔弱(にうじやく)(こと)出来(でき)ない、156なあキル(こう)157本当(ほんたう)(つま)らぬ腰弱(こしよわ)ぢやないか』
158キル『オヽさうだ、159おれも(あま)りケツ(たい)(わる)くて、160あんな宣伝使(せんでんし)に………ハイハイおかげで(いのち)(たす)けて(もら)ひました………などと、161馬鹿(ばか)らしい、162(その)()(のが)れにお世辞(せじ)()つてやつたが、163(なん)だか()たぬ博奕(ばくち)()けた(やう)で、164気色(きしよく)(わる)くて(たま)らない。165(ひと)つは仇討(あだうち)(ため)166(ひと)つは大黒主(おほくろぬし)(さま)(まへ)功名(こうみやう)()てる(ため)167(みな)(やつ)寝息(ねいき)(かんが)へて、168ソツと宣伝使(せんでんし)(こし)(つな)をつけ、169(いつ)ぺんにグイと引張(ひつぱ)つて(のど)のしまる仕掛(しかけ)をしておいた(ところ)170宣伝使(せんでんし)(やつ)171大変(たいへん)古狸(ふるだぬき)だから、172寝真似(ねまね)をしてをつたと()えて、173いつの()にか魔法(まはふ)使(つか)ひ、174あべこべに俺達(おれたち)をフン(じば)り、175レーブに(つな)()かしやがつた(とき)(くる)しさ、176今度(こんど)こそ本当(ほんたう)幽界(いうかい)旅行(りよかう)をせねばならぬかと心配(しんぱい)したよ。177一体(いつたい)貴様(きさま)(たち)()()かぬ(やつ)だから、178(おほ)きな(こゑ)()しやがつて………(いのち)御恩人(ごおんじん)(おん)(あだ)(かへ)すよな(こと)をしたら神罰(しんばつ)(あた)るなんて(ぬか)しやがるものだから、179とうとう計略(けいりやく)(はづ)れ、180虻蜂取(あぶはちと)らずになつて(しま)つたぢやないか。181今度(こんど)から()をつけぬと、182どんな()()はされるか()れやしないぞ。183本当(ほんたう)馬鹿(ばか)だなア。184(いま)にも蜈蚣姫(むかでひめ)小糸姫(こいとひめ)(この)(ぬま)迂回(うくわい)して、185ここに()るに(ちがひ)ないから、186今度(こんど)はぬかつちやならないぞ。187おれ(たち)貴様(きさま)(たち)大黒主(おほくろぬし)(さま)のおかげで、188女房子(にようぼうこ)安楽(あんらく)(やしな)うてゐるのぢやないか。189よう(かんが)へて()い、190果物(くだもの)ばかり()つて(いのち)をつなぐ(わけ)にもゆくまい。191大黒主(おほくろぬし)(さま)から御扶持(おふち)(いただ)かなかつたら、192家内中(かないぢう)(みな)かつゑて()なねばならない。193それ(ほど)大恩(たいおん)(ふか)御主人様(ごしゆじんさま)(こと)打忘(うちわす)れ、194たつた自分(じぶん)一人(ひとり)(いのち)(たす)けてくれた宣伝使(せんでんし)が、195ナニそれ(ほど)有難(ありがた)いか、196(しか)安眠(あんみん)してゐる(ところ)(おこ)されたと()つていい(やう)なものだ。197大勢(おほぜい)(いのち)常住不断(じやうぢうふだん)につながして(くだ)さる大黒主(おほくろぬし)(さま)に、198如何(どう)して()へる(こと)出来(でき)ようか。199(みな)(やつ)200さうぢやないか』
201一同(いちどう)『さう(こと)()けて説明(せつめい)して(もら)へば、202大黒主(おほくろぬし)さまは有難(ありがた)いなア。203(この)御恩(ごおん)(むく)ゆるには如何(どう)しても蜈蚣姫(むかでひめ)204小糸姫(こいとひめ)二人(ふたり)(さが)して()(かへ)るのが第一(だいいち)御恩報(ごおんはう)じだ。205最早(もはや)将軍(しやうぐん)はイソ(やかた)進軍(しんぐん)され、206(とほ)()かれたに(ちがひ)ないから、207俺達(おれたち)到底(たうてい)本隊(ほんたい)をはなれて、208(この)小部隊(せうぶたい)では険呑(けんのん)(すす)(こと)出来(でき)ないから、209せめては母娘(おやこ)二人(ふたり)行方(ゆくへ)(さが)して、210彼奴(あいつ)捕縛(ほばく)して凱旋(がいせん)する(はう)が、211何程(なんぼ)手柄(てがら)になるか()れたものぢやないぞ。212(あさ)(ぬま)ではあるが、213時々(ときどき)泥深(どろぶか)(ところ)があつて、214睾丸(きんたま)(ふんどし)もズクタンボーになりよつた。215(なん)とかして此奴(こいつ)(はや)(かは)かさぬと、216気分(きぶん)(わる)くて仕方(しかた)ない。217(つき)()つてゐるが、218彼奴(あいつ)はあつてもなうてもよい(やつ)だから、219(おれ)(ふんどし)(ひと)つよう(かわ)かす(ちから)()つてゐやがらせぬワイ。220(その)(こと)(おも)へば、221日輪(にちりん)さまはエライものだなア。222三五教(あななひけう)(つき)(をしへ)だとか(ぬか)して()るが、223(よる)守護(しゆご)だから、224サツパリ駄目(だめ)だ。225サア(みな)(やつ)226ここで(ひと)一服(いつぷく)(いた)さうかい』
227 黄金姫(わうごんひめ)(くさ)(なか)から、
228『われこそは一途(いちづ)(かは)鬼婆(おにばば)だぞよ、229(その)(はう)此処(ここ)(あふひ)(ぬま)(おも)うて()るか、230ここは冥途(めいど)関所(せきしよ)だ。231サア(はや)(その)(ころも)()げ』
232キル『オイ(みな)(やつ)233ヤツパリ此奴(こいつ)(ゆめ)かも()れぬぞ。234宣伝使(せんでんし)(たす)けよつたと(おも)うたのは(うそ)だつたかいな。235一途(いちづ)(かは)のヤツパリここは連続(れんぞく)だ。236エヽもう()うなつてはヤケクソだ。237どつかここらの(くさ)(なか)脱衣婆(だついばば)(こゑ)がして()た。238サア突貫(とつくわん)々々(とつくわん)
239号令(がうれい)する。240黄金姫(わうごんひめ)241清照姫(きよてるひめ)(くさ)()けて八人(はちにん)(まへ)にスツクと立現(たちあら)はれ、
242黄金(わうごん)『バラモン(けう)悪人(あくにん)(ども)243サア(これ)から蜈蚣姫(むかでひめ)武勇(ぶゆう)(ため)(どき)244覚悟(かくご)いたせ』
245キル『ナヽ(なん)だあ、246蜈蚣姫(むかでひめ)だ、247(うま)(こと)(ぬか)すない、248一途(いちづ)(かは)星々婆(ほしほしばば)()249ガキも人数(にんず)だ。250八人(はちにん)一人(ひとり)では(かな)ふまい。251サア突貫(とつくわん)々々(とつくわん)
252清照(きよてる)(わらは)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)小糸姫(こいとひめ)だ。253バラモン(けう)悪人(あくにん)(ども)254一人(ひとり)(のこ)らず冥途(めいど)旅立(たびだち)をさしてやらう。255サア覚悟(かくご)はよいか』
256キル『ヤア此奴(こいつ)(また)(わか)脱衣婆(だついばば)アだ。257コリヤ両人(りやうにん)258蜈蚣姫(むかでひめ)小糸姫(こいとひめ)()をかたつても駄目(だめ)だぞ。259()()()ツ』
260といひながら、261八人(はちにん)二人(ふたり)(むか)つて武者振(むしやぶ)りつくを、
262『エヽ面倒(めんだう)
263母娘(おやこ)二人(ふたり)首筋(くびすぢ)つかんで(あふひ)(ぬま)真中(まんなか)へ、264一人(ひとり)(のこ)らず、265バサリバサリと()()んだ。266八人(はちにん)(この)(いきほひ)辟易(へきえき)し、267一生懸命(いつしやうけんめい)(ふたた)(ぬま)真中(まんなか)をバサバサバサと(きた)()して()げて()く。
268 八人(はちにん)(やつ)(おどろ)きの(あま)り、269照国別(てるくにわけ)(やす)んでゐる(ところ)へ、270以前(いぜん)(こは)さを(わす)れて(また)もやバサバサバサと(いのち)からがら(あが)つて()た。271レーブは(この)姿(すがた)()て、
272『アハヽヽヽ、273コリヤ()つの(かへる)274如何(どう)したのだ。275いかにカヘルだと()つて、276(ふたた)(もと)(ところ)()げカヘル(やつ)があるかい』
277キル『ヤア…………此奴(こいつ)アしまつた、278(あま)りビツクリして(わす)れてゐた。279前門(ぜんもん)(おほかみ)280後門(こうもん)(とら)だ。281オイ、282レーブ、283こらへてくれ。284(むか)ふへ(わた)ると蜈蚣姫(むかでひめ)285小糸姫(こいとひめ)()をかたつて(ばば)(むすめ)がヒユードロドロと()やがるなり、286こつちへ()れば(また)(この)(とほ)り、287進退(しんたい)これ(きは)まるだ。288モウ改心(かいしん)するから(ゆる)してくれ。289(たの)(たの)む』
290レーブ『たとへ宣伝使(せんでんし)がお(ゆる)しになつても、291貴様(きさま)(やう)不都合(ふつがふ)(やつ)(この)レーブが(ゆる)さぬのだ。292オイ、293カル、294貴様(きさま)(ひと)手伝(てつだ)つてくれ。295この八匹(はつぴき)(かへる)(もと)のドブ(いけ)突込(つつこ)んでやるのだから』
296『ヨシ()た』
297とカルは立上(たちあが)り、298()(つば)して、299(かた)つぱしからドブンドブンと(ぬま)()がけて投込(なげこ)んだ。300八人(はちにん)(また)もやバサバサバサと(あさ)(ぬま)(いのち)カラガラ(みなみ)()して()げて()く。
301春公(はるこう)『モシ宣伝使(せんでんし)(さま)302ヒヨツとしたら、303黄金姫(わうごんひめ)(さま)304清照姫(きよてるひめ)(さま)(この)(ぬま)向方(むかふ)あたりにお(やす)みになつてるのかも()れませぬぜ』
305照国(てるくに)『いかにもさうかも()れない、306(ひと)(この)(ぬま)(わた)つて、307()つついて(しら)べてみよう。308サア一同(いちどう)用意(ようい)だ』
309()ひながら、310(はや)くも照国別(てるくにわけ)(すそ)をからげ、311(あさ)(ぬま)をバサバサと(あゆ)()した。312(てる)313(うめ)314(はる)315レーブ、316カルの一行(いつかう)照国別(てるくにわけ)(あと)(したが)ひ、317(つき)()(わた)(ぬま)(なか)をバサリバサリと、318(なみ)(ゑん)(ゑが)きながら(いそ)()く。
319大正一一・一一・四 旧九・一六 松村真澄録)