霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第46巻 舎身活躍 酉の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年12月15日(旧10月27日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
現代の科学の目から見れば、この物語は価値なきものと見えるでしょう。また凡夫の心から観察する時は不道理と矛盾と撞着で充満しているでしょう。現代人の耳に入りそうなことはないと思われる。
しかしながらこの物語は、現代人に対して二三年未満の愛読者を求めるものではない。幾千万年の後までも言葉の光を輝かすのが真の目的なのである。
ただ、一人なりとも多く読んで神界の真相を悟り、治国平天下・修身斉家の基本となすに至れば口述者にとって望外の喜びであり、かつ世道人心に裨益すること大なるべきと思って止まないのみである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm460001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第8輯 359頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 現代(げんだい)天文(てんもん)地文学(ちもんがく)002物理学(ぶつりがく)003化学(くわがく)004幾何学(きかがく)005機械学(きかいがく)006解析学(かいせきがく)007心理学(しんりがく)008哲学(てつがく)009歴史(れきし)010文学(ぶんがく)011批評(ひひやう)012言語(げんご)(とう)013所謂(いはゆる)科学(くわがく)(まなこ)から()れば、014この物語(ものがたり)(じつ)文厘(もんりん)価値(かち)もなきものと()えるでせう。015十悪無一善(じふあくむいちぜん)凡夫心(ぼんぶごころ)から観察(くわんさつ)する(とき)は、016不道理(ふだうり)矛盾(むじゆん)撞着(どうちやく)充満(じゆうまん)してゐるでせう。017ベルグソン、018オイケンの流行(りうかう)で、019生命(せいめい)生活(せいくわつ)(また)(せい)だのと色々(いろいろ)論議(ろんぎ)され、020近頃(ちかごろ)はまたプロレタリヤにブルジヨアに文化生活(ぶんくわせいくわつ)021相対性原理説(さうたいせいげんりせつ)など(しき)りに主唱(しゆしやう)さるる()(なか)だから、022現代人(げんだいじん)(みみ)()りさうなことはないと(おも)ふ。023(しか)しながら、024槿花一朝(きんくわいつてう)(ゆめ)にも(ひと)しき現代(げんだい)流行書(りうかうしよ)死線(しせん)()えて』とか『新約(しんやく)』『旧約(きうやく)』『復活(ふくくわつ)』『出家(しゆつけ)(その)弟子(でし)』『懺悔(ざんげ)生活(せいくわつ)(とう)(ごと)く、025現代人(げんだいじん)026(しか)二三年(にさんねん)未満(みまん)愛読者(あいどくしや)(もと)むるのではない。027幾千万年(いくせんまんねん)(のち)までも言葉(ことば)(ひかり)(かがや)かすのが(しん)目的(もくてき)なのである。028(ゆゑ)現代人(げんだいじん)()れられむことを(のぞ)むのでない、029唯々(ただただ)一人(ひとり)なりとも(おほ)()んで神界(しんかい)真相(しんさう)(さと)り、030(だい)にしては治国平天下(ちこくへいてんか)のために、031(せう)にしては修身斉家(しうしんせいか)基本(きほん)となすに(いた)らば、032口述者(こうじゆつしや)()つて望外(ばうぐわい)(よろこ)びなるのみならず、033世道人心(せだうじんしん)裨益(ひえき)する(ところ)(だい)なるべきを(おも)うて()まぬのみであります。
034  大正十一年十二月十五日  王仁識
   
オニド関連サイト最新更新情報
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。