霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 (たみ)虎声(こゑ)〔一二三一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第46巻 舎身活躍 酉の巻 篇:第4篇 謎の黄板 よみ:なぞのおうばん
章:第21章 第46巻 よみ:たみのこえ 通し章番号:1231
口述日:1922(大正11)年12月16日(旧10月28日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年9月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
コー、ワク、エムらバラモン軍の目付たちは再び怪しの森の警護に戻った。すると遠くから宣伝歌が雷のごとく響いてきた。一同は耳を抑えて木蔭にブルブルと震え、声が過ぎるのを待っている。
松彦と万公は、それぞれこれまでの経緯を宣伝歌に歌いながら道をやってくる。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4621
愛善世界社版:261頁 八幡書店版:第8輯 452頁 修補版: 校定版:274頁 普及版:109頁 初版: ページ備考:
001小北(こぎた)(やま)霊域(れゐゐき)
002(やみ)(まぎ)れて()(いだ)
003(こひ)欲望(よくばう)(たつ)せむと
004蠑螈別(いもりわけ)(かた)らひつ
005河鹿(かじか)(はし)()(わた)
006野中(のなか)(もり)()()れば
007(おも)ひがけなき(ひと)(こゑ)
008幾十人(いくじふにん)ともわかぬ(ほど)
009ザワザワザワと(きこ)()
010(たみ)(おどろ)倉皇(さうくわう)
011元来(もとき)(みち)()(かへ)
012(いき)をはづましノソノソと
013野中(のなか)(もり)目当(めあて)にて
014河鹿峠(かじかたうげ)本道(ほんだう)
015(まは)らむものと(すす)()
016(あや)しき(もり)木下蔭(こしたかげ)
017四五(しご)(をとこ)胡床座(あぐらざ)
018なりてヒソヒソ雑談(ざつだん)
019(ふけ)りて(ふゆ)夜寒(よさむ)をば
020(ふる)ひながらも(あか)()
021()かる(こと)とは(かみ)ならぬ
022()()るよしも()きながら
023(さび)しさ()にしむ(ふゆ)(みち)
024(あと)(こころ)()かれつつ
025すたすた(きた)(ひと)(かげ)
026コー、ワク、エムの三人(さんにん)
027(をんな)(むか)つて(こゑ)をかけ
028いづくの(やつ)()らねども
029バラモン(ぐん)御関所(おんせきしよ)
030通行(つうかう)(まか)りならぬぞと
031呶鳴(どな)れば(をんな)()(わら)
032天下(てんか)御免(ごめん)大道(だいだう)
033通行(つうかう)するのが何悪(なにわる)
034邪魔(じやま)ひろぐなと()ひながら
035一切(いつさい)かまはず()かむとす
036(をとこ)両手(りやうて)()(ひろ)
037一歩(いつぽ)もやらじといきまけば
038(たみ)(こゑ)(あら)らげて
039小童武者(こわつぱむしや)(のち)のため
040(こら)しめ()れむと()ひながら
041前後左右(ぜんごさいう)()()せる
042(をとこ)素首(そつくび)ひん(にぎ)
043(みぎ)(ひだり)()(たふ)
044(いど)(たたか)(をり)もあれ
045大地(だいち)をどんどん(ひび)かせて
046枯草(かれくさ)しげる細道(ほそみち)
047(はし)つて(きた)(をとこ)あり
048(この)有様(ありさま)()るよりも
049(まへ)はお(たみ)()つたきり
050(こし)()かして(みち)()
051ウンと(たふ)れた可笑(をか)しさよ
052(たみ)(あと)()()いて
053(まへ)蠑螈別(いもりわけ)さまか
054ようまあお()(くだ)さつた
055どうぞ助太刀(すけだち)(たの)みます
056蠑螈別(いもりわけ)()()いて
057アハヽヽヽヽヽヽアハヽヽヽ
058御供(ごく)にも()たぬ蠅虫(はへむし)
059相手(あひて)になすとは何事(なにごと)
060(おれ)此処(ここ)にゆつくりと
061さも(いさ)ましい活劇(くわつげき)
062見物(けんぶつ)(いた)(せい)()して
063愉快(ゆくわい)芝居(しばゐ)()せて()
064あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
065(なん)ぞと(にはか)負惜(まけを)しみ
066(その)()(つくら)ふをかしさよ
067(たみ)相手(あひて)(つか)()
068(たがひ)路傍(ろばう)(いき)やすめ
069(つひ)和睦(わぼく)曙光(しよくわう)をば
070(みと)めた(うへ)蠑螈別(いもりわけ)
071所持(しよぢ)大金(たいきん)()()して
072賠償(ばいしやう)気取(きど)りになつて()
073かかる(ところ)へバラモンの
074目附(めつけ)(やく)(えら)ばれし
075エキスが一人(ひとり)(あら)はれて
076(また)もや(ここ)談判(だんぱん)
077開設(かいせつ)せしぞ面白(おもしろ)
078無欲恬淡(むよくてんたん)金銭(きんせん)
079(こころ)()せぬ蠑螈別(いもりわけ)
080有金(ありがね)すつぽり()()して
081エキス目附(めつけ)のお()()
082(たみ)諸共(もろとも)陣中(ぢんちう)
083駕籠(かご)()せられ将軍(しやうぐん)
084帷幕(ゐばく)(さん)三五(あななひ)
085(をしへ)(たた)きやぶらむと
086(むね)一物(いちもつ)(いだ)きつつ
087本陣(ほんぢん)さして(すす)()
088コー、ワク、エムの三人(さんにん)
089(あや)しの(もり)(もと)(ごと)
090警固(けいご)(つと)むる(をり)もあれ
091(とほ)(きこ)ゆる宣伝歌(せんでんか)
092(らい)(ごと)くに(ひび)()
093一同(いちどう)両手(りやうて)(みみ)(おさ)
094木蔭(こかげ)(ひそ)んでブルブルと
095(こゑ)()ぐるを()ちにける。
096
097 松彦(まつひこ)小北山(こぎたやま)聖地(せいち)(はな)れ、098一本橋(いつぽんばし)(わた)り、099(ただち)宣伝歌(せんでんか)(うた)()した。
100(かみ)(おもて)(あら)はれて
101善神(ぜんしん)邪神(じやしん)()てわける
102(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
103(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
104(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
105直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
106()(あやまち)()(なほ)
107三五教(あななひけう)(かみ)(みち)
108国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
109(いづ)(をしへ)(かしこ)みて
110産土山(うぶすなやま)高原(かうげん)
111神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
112(うづ)御舎(みあらか)千木(ちぎ)(たか)
113(つか)へまつりて永久(とこしへ)
114(しづ)まりいまし(あめ)(した)
115四方(よも)国々(くにぐに)蒼生(たみぐさ)
116(すく)ひの(みち)()べたまふ
117(をしへ)にまつらふ宣伝使(せんでんし)
118治国別(はるくにわけ)一行(いつかう)
119河鹿峠(かじかたうげ)()()えて
120(みなみ)(さか)(くだ)(ぐち)
121(すす)()ませる(をり)もあれ
122バラモン(けう)片彦(かたひこ)
123久米彦(くめひこ)将軍(しやうぐん)()()して
124ランチの先鋒(せんぽう)とつかへつつ
125河鹿峠(かじかたうげ)八合目(はちがふめ)
126(すす)(をり)しも三五(あななひ)
127治国別(はるくにわけ)言霊(ことたま)
128()ちなやまされ散々(さんざん)
129(あき)()()()(ごと)
130()()()くぞ果敢(はか)なけれ
131(われ)片彦(かたひこ)将軍(しやうぐん)
132帷幕(ゐばく)(さん)秘書(ひしよ)となり
133斎苑(いそ)(やかた)征討(せいたう)
134(むか)(をり)しも皇神(すめかみ)
135慈光(じくわう)()れて(よみがへ)
136不思議(ふしぎ)(えん)にて恋慕(こひした)
137(あに)亀彦(かめひこ)にめぐり()
138(わか)れて程経(ほどへ)物語(ものがたり)
139(ここ)兄弟(きやうだい)名告(なの)()
140玉国別(たまくにわけ)(いとま)()
141(ほこら)(もり)()()でて
142(けは)しき(さか)(くだ)りつつ
143山口(やまぐち)(もり)一泊(いつぱく)
144不思議(ふしぎ)(かみ)経綸(けいりん)
145驚異(きやうい)(まなこ)見張(みは)りつつ
146野中(のなか)(もり)()()れば
147(また)(あや)しき(こと)ばかり
148一夜(いちや)(あか)(その)(うち)
149治国別(はるくにわけ)()(わか)
150(なん)詮方(せんかた)()()くも
151五三公(いそこう)万公(まんこう)(はじ)めとし
152アク、タク、テクの三人(さんにん)
153(したが)野路(のぢ)(すす)みつつ
154小北(こぎた)(やま)向岸(むかふぎし)
155一本橋(いつぽんばし)()()れば
156(また)もや不思議(ふしぎ)神縁(しんえん)
157()かれて(のぼ)小北山(こぎたやま)
158(ひそ)曲津(まがつ)言向(ことむ)けて
159(ただ)しき(かみ)(まつ)()
160(おも)ひも()らぬ(わが)(つま)
161(むすめ)(めぐ)()ひつつも
162(かみ)仁慈(じんじ)(よろこ)びて
163感謝(かんしや)(なみだ)せきあへず
164(ふたた)びここを()()でて
165治国別(はるくにわけ)(あと)()
166浮木(うきき)(もり)敵陣(てきぢん)
167旗鼓(きこ)堂々(だうだう)(すす)()
168あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
169正義(せいぎ)刄向(はむか)(かみ)はなし
170神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
171無限(むげん)神力(しんりき)(たまは)りて
172これの使命(しめい)(つつが)なく
173()へさせ(たま)惟神(かむながら)
174(いづ)御前(みまへ)()ぎまつる
175朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
176(つき)()つとも()くるとも
177仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
178(かみ)(まか)せし(この)(からだ)
179たとへ()なうが(たふ)れうが
180(けつ)して(くや)(こと)はない
181(ただ)何事(なにごと)神様(かみさま)
182(こころ)のままに()(まか)
183(すす)()()大丈夫(だいぢやうぶ)
184大和心(やまとこころ)(むね)()
185(かひな)(うな)(にく)(をど)
186幾百万(いくひやくまん)敵軍(てきぐん)
187()めず(おそ)れず堂々(だうだう)
188(すす)みて()かむ(たましひ)
189(はや)くも(うま)(かは)りけり
190あゝ(いさ)ましし(いさ)ましし
191(かみ)(ちから)()のあたり
192いやしき(わが)()()ひたまひ
193(むら)がる(てき)陣中(ぢんちう)
194無人(むじん)()をば()くごとし
195あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
196御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
197 万公(まんこう)(また)(うた)ふ。
198斎苑(いそ)(やかた)()()でて
199(やうや)此処(ここ)()()れば
200(おも)ひもよらぬお(とら)さま
201(きく)にまでも(めぐ)()
202()るに()られぬ宿縁(しゆくえん)
203(なみだ)(ぬぐ)(をり)もあれ
204(かみ)(めぐみ)()かされて
205小北(こぎた)(やま)聖場(せいぢやう)
206(ふたた)(はる)花盛(はなざか)
207常世(とこよ)(やみ)()()きて
208月日(つきひ)(きよ)()(わた)
209空気(くうき)はいとも()みきりて
210今迄(いままで)悪魔(あくま)()ぐひたる
211みやまも(いま)(かみ)(くに)
212天国(てんごく)浄土(じやうど)となりにけり
213松彦司(まつひこつかさ)(したが)ひて
214悪魔(あくま)征途(せいと)(のぼ)()
215(かみ)下僕(しもべ)万公(まんこう)
216()にも(まれ)なる宣伝使(せんでんし)
217治国別(はるくにわけ)のお(とも)して
218ハルナの(みやこ)()(おろ)
219(かみ)(しづ)まるエルサレム
220黄金山(わうごんざん)(むか)ひたる
221鬼春別(おにはるわけ)軍隊(ぐんたい)
222一人(ひとり)(のこ)らず三五(あななひ)
223(まこと)(みち)言向(ことむ)けて
224(すく)(たす)けむこの首途(かどで)
225あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
226(かみ)(めぐみ)(さち)はひて
227一日(ひとひ)(はや)片時(かたとき)
228(かみ)()さしの神業(かむわざ)
229(つく)させたまへ天地(あめつち)
230(うづ)御前(みまへ)万公(まんこう)
231(かしこ)(かしこ)()ぎまつる』
232大正一一・一二・一六 旧一〇・二八 加藤明子録)