霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 超死線(てうしせん)〔一六一六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻 篇:第2篇 日天子山 よみ:すーらやさん
章:第9章 第63巻 よみ:ちょうしせん 通し章番号:1616
口述日:1923(大正12)年05月24日(旧04月9日) 口述場所:教主殿 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6309
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 305頁 修補版: 校定版:124頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001 水面(すいめん)()(こと)002七千三百(しちせんさんびやく)(しやく)のスーラヤ(さん)中腹(ちうふく)(まで)一行(いつかう)五人(ごにん)(やうや)(のぼ)りつめた。003これより(うへ)夜前(やぜん)妖怪(えうくわい)()つた死線(しせん)地帯(ちたい)である。004(やま)中腹(ちうふく)邪気帯(じやきたい)があつて四方(しはう)取囲(とりかこ)み、005(いづ)れもこの死線(しせん)突破(とつぱ)せむとして、006邪気(じやき)にうたれ、007身体水症病(しんたいすいしやうびやう)(おこ)し、008ここにパタリパタリと(たふ)れて一人(ひとり)もこれより(うへ)(のぼ)つたものはない。009何程(なにほど)夜光(やくわう)(たま)燦爛(さんらん)(かがや)(わた)高価(かうか)(たから)()(まへ)にブラ(さが)つて()つても010(この)死線(しせん)()へる(こと)到底(たうてい)人間業(にんげんわざ)では出来(でき)(こと)であつた。011(この)地帯(ちたい)(ほと)んど七八十間(しちはちじつけん)ばかりの(はば)であつた。012死線(しせん)近辺(きんぺん)(まで)()()ると白骨(はくこつ)累々(るゐるゐ)として(よこ)たはつて()る。013伊太彦(いたひこ)(この)光景(くわうけい)()て、014これは到底(たうてい)一通(ひととほ)りでは突破(とつぱ)する(こと)出来(でき)ない。015神力(しんりき)()(のぼ)るに()かずと、016ここに伊太彦(いたひこ)導師(だうし)として天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、017(あま)数歌(かずうた)(うた)()(なが)(いきほひ)(まか)せて()(のぼ)つた。018(やうや)くにして一行(いつかう)五人(ごにん)死線(しせん)突破(とつぱ)する(こと)()た。
019伊太(いた)『あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)020開闢(かいびやく)以来(いらい)竜王(りうわう)(いへど)(この)死線(しせん)突破(とつぱ)して(くだ)(こと)()ない危険帯(きけんたい)無事(ぶじ)()へられたのも021(まつた)神様(かみさま)御神徳(ごしんとく)だ。
022皇神(すめかみ)(めぐ)みの(きぬ)(つつ)まれて
023(あやふ)死線(しせん)(わた)りけるかな。
024惟神(かむながら)(かみ)(まか)せば()(なか)
025(おそ)るべきものはあらじとぞ(おも)ふ』
026ブラヷーダ『千早(ちはや)()神世(かみよ)()かぬ()(せき)
027無事(ぶじ)()へたる(ひと)(たふと)き。
028(たま)()はふ(かみ)(まも)りのなかりせば
029如何(いか)(わた)れむ(しこ)死線(しせん)を』
030アスマガルダ『伊太彦(いたひこ)(かみ)(つかさ)功績(いさをし)
031神代(かみよ)にも()かぬためしなりけり。
032ウバナンダ・ナーガラシャーも伊太彦(いたひこ)
033武者(むしや)()()れば(おどろ)くなるらむ。
034スーラヤの(うみ)(うか)びし(この)(やま)
035(はじ)めて(のぼ)今日(けふ)(うれ)しさ』
036カークス『(おそ)ろしき(しこ)死線(しせん)突破(とつぱ)して
037(のぼ)(きた)りぬ(やま)()()に。
038ウラル(ひこ)(かみ)(つか)ふる信徒(まめひと)
039(かばね)さらせしスーラヤの(やま)
040ベース『三五(あななひ)(かみ)(ちから)(まも)られて
041(やす)(のぼ)りぬ(たから)(やま)に。
042さり(なが)(むね)(くる)しくもなりにけり
043(しこ)死線(しせん)()れたる(ため)か』
044カークス『(われ)(また)(むね)(さわ)がしくなりにけり
045(まも)らせ(たま)三五(あななひ)(かみ)
046ブラヷーダ『肉体(からたま)(にはか)(おも)くなり()きて
047()きなやみけり(この)山道(やまみち)を』
048伊太彦(いたひこ)村肝(むらきも)(こころ)ひきたて(かみ)()
049(のぼ)れば(のぼ)(みち)もありけり』
050アスマガルダ『(なん)となく(むね)(さわ)ぎぬ()(あし)
051(こころ)(まま)(うご)かずなりぬ』
052伊太彦(いたひこ)()にし()死線(しせん)突破(とつぱ)したる()
053(すこ)しの(なや)みは(まぬ)かれざらまし。
054いざさらば(こころ)(こま)(むちう)ちて
055(すす)()かなむ竜王(りうわう)岩窟(いはや)に』
056 伊太彦(いたひこ)(さき)()つて一行(いつかう)(こころ)(はげ)ませ(なが)057自分(じぶん)(おも)たい(あし)引摺(ひきず)りつつ(みね)()()(かぜ)()かれ、058(うた)(うた)つて元気(げんき)よく(すす)()く。059四人(よにん)(あと)(うし)(あゆ)みの捗々(はかばか)しからず、060(あせ)をタラタラ(なが)(なが)(あへ)(あへ)(したが)()く。
061伊太彦(いたひこ)(かみ)(おもて)(あら)はれて
062(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
063三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
064伊太彦(いたひこ)(つかさ)(いま)ここに
065(かみ)御言(みこと)(かうむ)りて
066ナーガラシャーの永久(とこしへ)
067(まも)らせ(たま)(みづ)(たま)
068神政(しんせい)成就(じやうじゆ)のその(ため)
069(わが)()()けてエルサレム
070(うづ)(みやこ)大前(おほまへ)
071(たてまつ)らむと(のぼ)()
072(この)(やま)(まも)るウバナンダ
073ナーガラシャーに(もの)(まを)
074(なれ)(みこと)千早(ちはや)()
075神代(かみよ)(とほ)(むかし)より
076(かみ)(いか)りを(かうむ)りて
077スーラヤ(さん)岩窟(がんくつ)
078()()められて千万(ちよろづ)
079(なや)みを()けしいたはしさ
080三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
081一度(いちど)(ひら)(とき)()
082八大竜王(はちだいりうわう)(ことごと)
083(かみ)(めぐみ)御許(みゆる)しに
084天津御国(あまつみくに)(すく)はれて
085(たふと)(かみ)御柱(みはしら)
086(つか)へまつらむ()となりぬ
087(よろこ)(たま)へウバナンダ
088竜王(りうわう)(まへ)()げまつる
089朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
090(つき)()つとも()くるとも
091仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
092(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
093(かみ)言葉(ことば)二言(にごん)ない
094(こころ)(たひら)(やす)らかに
095(この)伊太彦(いたひこ)使命(しめい)をば
096(うべな)ひまして逸早(いちはや)
097夜光(やくわう)(たま)(わた)せかし
098(なれ)身霊(みたま)(これ)よりは
099(ひろ)世界(せかい)(あら)はして
100五六七(みろく)神政(しんせい)(はしら)とし
101天地(てんち)日月(じつげつ)相並(あひなら)
102(かみ)(ひと)との(へだ)てなく
103いと(やす)らかに()()らし
104(しこ)曲霊(まがひ)(ことごと)
105言向和(ことむけやは)神国(しんこく)
106常世(とこよ)(はる)(はな)(にほ)
107目出度(めでた)御代(みよ)(ひら)()
108(この)神業(しんげふ)(うべな)ひて
109一日(ひとひ)(はや)帰順(きじゆん)せよ
110あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
111(かみ)(したが)武士(つはもの)
112(すこ)しの(なや)みに(たゆ)まずに
113(こころ)引立(ひきた)(すす)めかし
114(かみ)(なんぢ)(とも)にあり
115(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
116如何(いか)死線(しせん)()ゆるとも
117障害(さはり)のあるべき道理(だうり)なし
118(こころ)(ひと)つの()ちやうぞ
119(きた)れよ(きた)()(きた)
120竜王(りうわう)岩窟(いはや)(ちか)づきて
121御空(みそら)(てら)光明(くわうみやう)
122(ひる)とは()へど(あきら)かに
123(わが)()(うつ)(きた)りけり
124勝利(しようり)(みやこ)(ちか)づきぬ
125(いさ)めよ(いさ)言霊(ことたま)
126(かみ)使(つかひ)御軍(みいくさ)よ』
127 カークスは一丁(いつちやう)ばかり(おく)(なが)128(あし)引摺(ひきず)りもつて(うた)(はじ)めた。
129『あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
130(かみ)(まも)りに吾々(われわれ)
131さも(おそ)ろしきスーラヤの
132死線(しせん)()へて(のぼ)りけり
133さはさり(なが)(なん)となく
134足許(あしもと)(おも)(むね)(さわ)
135(あゆ)(あぐ)みし(くる)しさよ
136伊太彦(いたひこ)(つかさ)()(たま)
137如何(いか)(こころ)(いら)つとも
138自由(じいう)にならぬ(わが)(からだ)
139(あは)れみ(たま)(いま)一度(いちど)
140伊吹(いぶき)狭霧(さぎり)曲津身(まがつみ)
141(はら)はせ(たま)惟神(かむながら)
142(かみ)かけ(ねん)(たてまつ)る』
143ブラヷーダ『(わが)()(きみ)()(たま)
144()みも(なら)はぬ高山(たかやま)
145一瀉千里(いつしやせんり)(のぼ)りつめ
146(わが)肉体(からたま)(つか)()
147手足(てあし)(おも)くなりにけり
148(なれ)(みこと)宣伝使(せんでんし)
149如何(いか)なる(まが)棲処(すみか)をも
150(おそ)(たま)はずさり(なが)
151(あに)(みこと)のアスマガルダ
152その(ほか)二人(ふたり)伴人(ともびと)
153死線(しせん)邪気(じやき)(おそ)はれて
154手足(てあし)(こころ)もままならぬ
155(かな)しき()とはなりましぬ
156ナーガラシャーの岩窟(がんくつ)
157(わが)()(まへ)(よこた)はり
158夜光(やくわう)(たま)御光(みひかり)
159四辺(あたり)(かがや)(たま)へども
160(われ)()(こころ)(なん)となく
161(くも)りて黄泉(よみ)道芝(みちしば)
162辿(たど)るが(ごと)(おぼ)ゆなり
163(やす)ませ(たま)()(きみ)
164(ひとへ)(ねが)(たてまつ)る』
165 伊太彦(いたひこ)はブラヷーダの(この)(うた)()いて166四人(よにん)(もの)行歩(かうほ)(なや)んで()(こと)(あは)れみ、167山頂(さんちやう)碁布(ごふ)せる岩石(がんせき)(こし)かけて、168(しば)らく落伍者(らくごしや)(おひ)()くを()(こと)とした。
169 カークスは気息(きそく)奄々(えんえん)として(いき)()()えに()ふやうにして(おひ)()(きた)り、
170カークス『もし先生(せんせい)171神様(かみさま)御用(ごよう)とは(まを)(なが)172どうにも()うにも(くる)しくて(たま)りませぬわ、173(ひと)神様(かみさま)(ねが)つて(くだ)さいな』
174伊太(いた)神様(かみさま)(ねが)ふのは、175(まへ)(こころ)(ねん)じた(はう)()い。176(わし)だとて全責任(ぜんせきにん)()ふてゐるのだから177(あし)(いた)いのも、1771(からだ)(くる)しいのも辛抱(しんばう)してここ(まで)やつて()たのだよ。178(いづ)神界(しんかい)御用(ごよう)をするのだから、179さう楽々(らくらく)(つと)まるものではない。180神徳(しんとく)さへあれば(なん)でもないのだが181ナーガラシャーでさへも死線(しせん)()へて()()(わけ)にもゆかず、182神代(かみよ)から此処(ここ)蟄伏(ちつぷく)して()(やう)険難千万(けんのんせんばん)(ところ)()へて()たのだから、183(すこ)(ぐらゐ)(くる)しいのは当然(あたりまへ)だよ。184(しば)らくここの山風(やまかぜ)(あた)つて(やす)んで()つたら(また)元気(げんき)恢復(くわいふく)するだらうよ』
185カークス『はい、186有難(ありがた)(ござ)います。187何事(なにごと)神業(しんげふ)だと(おも)へば、188仮令(たとへ)()んでも(うら)みとは(おも)ひませぬ』
189伊太(いた)『そんな()(よわ)(こと)()ふものぢやない。190永遠(えいゑん)(いのち)源泉(げんせん)たる(みづ)御魂(みたま)さまがお(まも)(くだ)さる以上(いじやう)大丈夫(だいぢやうぶ)だよ。191()(かく)(かみ)(しん)(かみ)(いの)るより(ほか)にないのだ。192あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
193ベース『先生(せんせい)194(わたし)(なん)だか弱音(よわね)()くやうですが、195(いき)がきれさうになつて()ました』
196伊太(いた)『エー、197()(よわ)(こと)()(をとこ)だな。198もう一息(ひといき)だ。199神様(かみさま)御神力(ごしんりき)(たよ)つて目的(もくてき)(たつ)せねばなるまい。200九分九厘(くぶくりん)()つた(ところ)成就(じやうじゆ)せない(こと)があるとどうするか。201そんな弱虫(よわむし)では現幽一致(げんいういつち)(まも)らせ(たま)神様(かみさま)御前(おんまへ)に、202復命(ふくめい)する(こと)出来(でき)ぬぢやないか』
203ベース『ハイ、204言葉(ことば)(とほ)りで(ござ)いますが、205どうも(くる)しくて(よく)にも(とく)にも(かへ)られなくなりました』
206伊太(いた)(こま)つたな。207()(かく)祈祷(いのり)肝腎(かんじん)だ』
208アスマガルダ『スーラヤの湖水(こすい)彼方(あなた)(なが)むれば
209(ちち)(はは)との(こひ)しくなりぬ』
210伊太彦(いたひこ)千早(ちはや)()(かみ)大道(おほぢ)(すす)()
211(この)()のものを(わす)るるに()かず。
212父母(ちちはは)(めぐみ)如何(いか)(たか)くとも
213(かみ)(めぐみ)(くら)ぶべきやは』
214ブラヷーダ『天地(あめつち)(まこと)(おや)(いだ)かれて
215神国(みくに)(のぼ)心地(ここち)しにけり』
216ベース『何事(なにごと)皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
217ままと(おも)へば(なに)をか(うら)みむ。
218(くる)しさの(のち)(たの)しみ(きた)るてふ
219(いづ)(をしへ)(おも)ひて微笑(ほほゑ)む』
220伊太彦(いたひこ)『いざさらば夜光(やくわう)(たま)所在(ありか)へと
221(すす)()かなむ諸人(もろびと)()てよ』
222 ()(たがひ)述懐(じゆつくわい)をのべ(をは)223伊太彦(いたひこ)(また)先頭(せんとう)()竜王(りうわう)(ひそ)むてふ岩窟(がんくつ)(そば)(ちか)(たち)()つた。
224 (この)岩窟(がんくつ)(ふか)井戸(ゐど)(ごと)縦穴(たてあな)()いてゐる、225そして幾丈(いくぢやう)とも()れぬ岩窟(がんくつ)(そこ)には226夜光(やくわう)(たま)()(まばゆ)きばかり(いく)つともなく(ひか)つて()る。227伊太彦(いたひこ)(やま)()()(あさ)つて藤蔓(ふぢつる)()(これ)にて(ふと)(なは)()ひ、228入口(いりぐち)岩窟(がんくつ)一端(いつたん)(くく)りつけ229(つな)(つた)ふてスルスルスルと(そこ)(ふか)(くだ)()いた。230一同(いちどう)勇気(ゆうき)()して伊太彦(いたひこ)(あと)(したが)231(ふぢ)縄梯子(なははしご)(あし)にて(きざ)(なが)ら、232(やうや)くに岩窟(がんくつ)(そこ)安着(あんちやく)した。233()れば其処(そこ)から(また)横穴(よこあな)()いてゐて234無数(むすう)(たま)(ひか)つて()る。235(おく)(はう)にはウバナンダ竜王(りうわう)沢山(たくさん)眷族(けんぞく)をつれて蜒々(えんえん)(わだか)まつて()るその(おそ)ろしさ、236伊太彦(いたひこ)双手(もろて)(あは)拍手(かしはで)をうち、237天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)せむとしたが、238どうしたものか(にはか)(した)(こは)ばり一言(いちごん)(はつ)()なくなつて239(その)()昏倒(こんたう)して(しま)つた。240アスマガルダを(はじ)(ほか)一同(いちどう)(まくら)(なら)べて(その)()昏倒(こんたう)した。241あゝ五人(ごにん)運命(うんめい)如何(いか)になり()くであらうか。
242大正一二・五・二四 旧四・九 於教主殿 北村隆光録)