霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 怪道(くわいだう)〔一六一八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第63巻 山河草木 寅の巻 篇:第3篇 幽迷怪道 よみ:ゆうめいかいどう
章:第11章 第63巻 よみ:かいどう 通し章番号:1618
口述日:1923(大正12)年05月24日(旧04月9日) 口述場所:教主殿 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1926(大正15)年2月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6311
愛善世界社版: 八幡書店版:第11輯 315頁 修補版: 校定版:153頁 普及版:64頁 初版: ページ備考:
001 カークス、002ベースの両人(りやうにん)は、003(にはか)四辺(あたり)光景(くわうけい)一変(いつぺん)した大原野(だいげんや)真中(まんなか)無言(むごん)(まま)トボトボと、004何者(なにもの)にか()さるるやうに(すす)んで()く。005(あたま)禿()げた饅頭形(まんぢうがた)(ちひ)さい(をか)(ふもと)辿(たど)つて()くと006其所(そこ)には、0061(まつ)(さくら)()一株(ひとかぶ)のやうになつて(むつ)まじげに()つてゐる。007(ふゆ)景色(けしき)()えて008(とが)つた松葉(まつば)(かぜ)()られて009パラパラと両人(りやうにん)頭上(づじやう)にふつて()る。010(さくら)はもはや真裸(まつぱだか)となつて(こがらし)(こずゑ)(ふる)うて()た。
011カークス『オイ、012ベース、013(おれ)(たち)はスーラヤの死線(しせん)()えて、014伊太彦(いたひこ)(つかさ)(とも)竜王(りうわう)岩窟(がんくつ)(たしか)這入(はい)つた(つも)りで()るのに、015何時(いつ)()にか、016かふ()(ところ)()てゐるのは不思議(ふしぎ)ぢやないか。017さうして(おれ)()つた(とき)はまだ(なつ)(をは)りぢやつたが018いつの()にかう(ふゆ)()たのだらう。019合点(がつてん)()かぬ(こと)だなア』
020ベース『ウン、021さうだなア、022(なん)とも合点(がつてん)()かぬ(こと)だ。023大方(おほかた)(ゆめ)()()たのだらう。024矢張(やつぱり)スダルマ(さん)山腹(さんぷく)樵夫(きこり)をやつて()(とき)に、025グツスリと(ねむ)つて仕舞(しま)ひ、026(その)(あひだ)(ふゆ)()たのかも()れないよ』
027カークス『それだと()つて028伊太彦(いたひこ)()綺麗(きれい)神司(かむつかさ)とテルの(さと)へいつて、029ルーブヤさまの(やかた)宿(とま)()結構(けつこう)御馳走(ごちそう)(あづ)かり、030それから(ふね)()り、031スーラヤ(さん)死線(しせん)()えた(こと)(たしか)記憶(きおく)(のこ)つて()る。032大方(おほかた)(いま)(ゆめ)かも()れないよ。033(ゆめ)()(やつ)(わづ)五分(ごふん)六分(ろつぷん)かの(あひだ)(うま)れて()(まで)(こと)()るものだ、034(ゆめ)想念(さうねん)延長(えんちやう)だから、035かうして()るのが(ゆめ)かも()れない。036(なん)()つても(ゆめ)浮世(うきよ)()ふからなア』
037ベース『(なん)()つても此処(ここ)見馴(みなれ)ない(ところ)だ。038いつの()にスーラヤ(さん)から此処(ここ)()たのだらう。039さうして四辺(あたり)景色(けしき)(ふゆ)(けい)ぢや。040パインの老木(らうぼく)(あひだ)から(はり)のやうな枯松葉(かれまつば)()つて()る。041(さくら)()(ぱだか)になつて(ふる)つて()る。042()(かく)()(ところ)(まで)()かうよ。043(また)()(こと)があるかも()れないよ。
044ベース『(おも)ひきやスーラヤ(さん)岩窟(がんくつ)
045(すす)みし(われ)(かく)あらむとは。
046(ゆめ)ならば一時(いちじ)(はや)()めよかし
047(こころ)(そら)(くも)()らして』
048カークス『大空(おほぞら)(みな)黒雲(くろくも)(つつ)まれて
049行手(ゆくて)()らぬ(われ)(かな)しき。
050ウラル(ひこ)(かみ)(みこと)(いまし)めに
051()ひて(まよ)ふか(われ)二人(ふたり)は』
052ベース『ウラル(ひこ)(かみ)(をしへ)三五(あななひ)
053(みち)御神(みかみ)(つく)らしし(のり)
054(われ)(いま)途方(とはう)()れて(ふゆ)()
055いとも(さび)しき(たび)()つかな。
056伊太彦(いたひこ)やブラヷーダ(ひめ)(いま)いづく
057アスマガルダの(かげ)さへ()えず』
058カークス『村肝(むらきも)(こころ)(やみ)(つつ)まれて
059(いま)八衢(やちまた)(まよ)ふなるらむ。
060天地(あめつち)皇大神(すめおほかみ)(あは)れみて
061(われ)()二人(ふたり)行方(ゆくて)()らしませ。
062(つき)()(ほし)かげもなき(ふゆ)()
063彷徨(さまよ)(われ)()(こころ)(さび)しさ。
064如何(いか)にせば常世(とこよ)(はる)(はな)(にほ)
065(わが)故郷(ふるさと)(かへ)りゆくらむ』
066ベース『()(つき)西(にし)(かたむ)()(なか)
067(われ)(さび)しき荒野(あらの)(まよ)ふ。
068西(にし)きた(ひがし)()たか()らねども
069みなみ(つみ)(あきら)めゆかむ。
070西(にし)(ひがし)(みなみ)(きた)もわきまへぬ
071(いま)幼児(をさなご)となりにけるかな』
072カークス『エヽ仕方(しかた)がない。073(いぬ)(ある)けば(ぼう)(あた)るとやら()(こと)がある。074さア075これから膝栗毛(ひざくりげ)(つづ)くだけ(この)(みち)(すす)んで()よう』
076 (ここ)二人(ふたり)(こがらし)()(すさ)野路(のぢ)(さび)しみを()さむが(ため)出放題(ではうだい)(うた)(うた)つて077(あし)(まか)せトボトボと(すす)()(こと)となつた。
078カークス『あゝ(いぶ)かしや(いぶ)かしや
079(ここ)冥途(めいど)八衢(やちまた)
080(ただ)しは浮世(うきよ)真中(まんなか)
081四辺(あたり)景色(けしき)(なが)むれば
082山野(やまの)草木(くさき)(かれ)()てて
083(つゆ)もやどらぬ(さび)しさよ
084パインの木蔭(こかげ)()()つて
085(いき)(やす)めむと()(あふ)
086()れば枯葉(かれは)はバタバタと
087(はり)(ごと)くに(くだ)()
088(うす)(ころも)()(とほ)
089(さくら)(こずゑ)はブルブルと
090(つめた)(かぜ)(ふる)()
091合点(がてん)()かぬ(この)旅路(たびぢ)
092(ゆめ)(うつつ)(まぼろし)
093三五教(あななひけう)伊太彦(いたひこ)
094スダルマ(さん)間道(かんだう)
095(やうや)(わた)りてテルの(さと)
096ルーブヤ(やかた)()ちよりて
097天女(てんによ)のやうなブラヷーダ
098(ひめ)(みこと)にもてなされ
099それより(ふね)()(まか)
100一行(いつかう)五人(ごにん)スーラヤの
101(やま)(しづ)まるウバナンダ
102ナーガラシャーの宝玉(はうぎよく)
103(かみ)(おん)(ため)()(ため)
104()()(うづ)聖場(せいぢやう)
105(たてまつ)らむと(おも)ひしは
106(ゆめ)でありしかこれは(また)
107合点(がてん)()かぬ(こと)(ばか)
108(ゆめ)(なか)なる貴人(あでびと)
109(いま)はいづくに(ましま)すか
110(たづ)ぬるよしも()(ばか)
111(しも)(つるぎ)(つゆ)(たま)
112(わが)()にひしひし(せま)()
113これぞ(まつた)(いま)(まで)
114(をか)せし(つみ)(むく)いにか
115(ただ)しは前世(ぜんせ)因縁(いんねん)
116()(おそ)ろしき今日(けふ)(そら)
117(すす)みかねたる膝栗毛(ひざくりげ)
118あて()もなしに彷徨(さまよ)ひて
119地獄(ぢごく)(さと)(すす)むのか
120(ただ)しは常世(とこよ)(はな)(にほ)
121天国(てんごく)浄土(じやうど)(のぼ)るのか
122(かみ)ならぬ()吾々(われわれ)
123如何(いか)詮術(せんすべ)()(なみだ)
124暗路(やみぢ)(まよ)(くる)しさよ
125あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
126(かみ)(ひかり)一時(ひととき)
127(はや)(わが)()()らせかし』
128ベース『(あさひ)()らず(つき)()
129(ほし)(かげ)さへ()えぬ(そら)
130亡者(まうじや)(ごと)吾々(われわれ)
131()なれぬ(みち)辿(たど)りつつ
132あてどもなしに(すす)()
133(わが)()(さき)天国(てんごく)
134(ただ)しは聖地(せいち)のエルサレム
135黄金山(わうごんざん)八衢(やちまた)
136(ふか)濃霧(のうむ)(つつ)まれて
137大海原(おほうなばら)()(ふね)
138あてども()らぬ心地(ここち)なり
139あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
140天地(てんち)(かみ)のましまさば
141二人(ふたり)(いま)()(うへ)
142(あはれ)みたまひて現界(げんかい)
143はた霊界(れいかい)天国(てんごく)
144(ただ)しは地獄(ぢごく)八衢(やちまた)
145いと(あきら)けく()らしませ
146(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
147なりとの(をしへ)()きつれど
148かくも(まよ)ひし(わが)(たま)
149常夜(とこよ)(やみ)(ごと)くなり
150月日(つきひ)(ひかり)左程(さほど)には
151(たふと)(きよ)(おも)はざりし
152吾等(われら)(いま)(やうや)くに
153いづの御光(みひかり)瑞御霊(みづみたま)
154(つき)(ひかり)(たふと)さを
155(まさ)しく(さと)(そめ)てけり
156あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
157(われ)()(つく)りし皇神(すめかみ)
158一時(いちじ)(はや)(わが)(むね)
159(しこ)横雲(よこぐも)()(はら)
160完全(うまら)委曲(つばら)行方(ゆくへ)をば
161()らさせたまへ惟神(かむながら)
162(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる』
163 ()(うた)ひつつ(やうや)くにして濁流(だくりう)(みなぎ)河辺(かはべ)()いた。
164カークス『オイ、165此処(ここ)には(あめ)()らぬのに大変(たいへん)濁流(だくりう)(なが)れて()るぢやないか。166()んな(おほ)きな(かは)(わた)らうものなら、167(それ)こそ(いのち)安売(やすうり)だ。168もう仕方(しかた)がない。169二十世紀(にじつせいき)ぢやないが、170(なに)()()きつまりだ、171(あと)()きかへさうか』
172ベース『()きかへさうと(おも)つても、173何者(なにもの)(うしろ)から()して()るのだから仕方(しかた)()いぢやないか。174慢心(まんしん)(いた)すと(かみ)(ためし)()ふて(ゆき)(かへ)りもならないやうになる」と三五教(あななひけう)教典(けうてん)(しめ)されて()るが175矢張(やつぱ)吾々(われわれ)は、1751ソーシャリズムとか自由(じいう)平等(べうどう)主義(しゆぎ)だとか()つて神様(かみさま)(かろ)んじて()結果(けつくわ)176こんな羽目(はめ)(おちい)つたのだ。177どうしても(これ)現界(げんかい)とは(おも)はれないな。178竜神(りうじん)岩窟(がんくつ)(いのち)()られ此処(ここ)()たのだ。179もう()うなれば覚悟(かくご)をするより仕方(しかた)()いぞ』
180カークス『さうだ。181どう(かんが)へて()ても現界(げんかい)のやうぢやない。182(まへ)()(とほ)り、183これから(こま)(かしら)()(なほ)し、184(よわ)くてはいけないから、185仮令(たとへ)地獄(ぢごく)()かうとも(おほ)いに馬力(ばりき)()してメートルをあげ、186地獄(ぢごく)(おに)脅迫(けふはく)し、187(した)()かせ、188共和国(きようわこく)でも建設(けんせつ)しようぢやないか。189()(かく)今日(こんにち)()(なか)(よわ)くては()てぬのだからなア』
190ベース『さうだと()つて、191吾々(われわれ)両人(りやうにん)小勢(こぜい)では地獄(ぢごく)征服(せいふく)する(わけ)にも()くまい。192閻魔大王(えんまたいわう)とか()ふやつが()193帖面(ちやうめん)()つて吾々(われわれ)罪状(ざいじやう)一々(いちいち)()()194焦熱地獄(せうねつぢごく)へでも(おと)さうと()つたらどうする。195どうせ天国(てんごく)()かれる(やう)(おこな)ひはして()()ないからなア』
196カークス『(なに)心配(しんぱい)するな地獄(ぢごく)()(ところ)(つよ)(もの)(がち)()(なか)だ。197(ちひ)さい悪人(あくにん)(きび)しい刑罰(けいばつ)()けるなり、198(だい)なる悪人(あくにん)地獄(ぢごく)王者(わうじや)となつて大勢(おほぜい)亡者(まうじや)(あご)使(つか)ひ、199愉快(ゆくわい)生活(せいくわつ)(おく)らうと(まま)だよ。200閻魔(えんま)などはあるものぢやない。201霊界(れいかい)現界(げんかい)(おな)(こと)だ。202現界(げんかい)状態(じやうたい)(かんが)へて()よ。203(した)にあつて(らん)すれば(けい)せられ、204(うへ)にあつて(らん)すれば衆人(しうじん)より尊敬(そんけい)せらるる矛盾(むじゆん)暗黒(あんこく)()(なか)だ 205吾々(われわれ)(よわ)くてはならない。206(これ)から(ふんどし)(しつか)りと()め、207捻鉢巻(ねぢはちまき)をして(ほそ)(うで)(より)をかけ、208(この)濁流(だくりう)(むか)ふに(わた)り、209地獄(ぢごく)征服(せいふく)()かけようぢやないか。210人間(にんげん)精霊(せいれい)()ふものは211所主(しよしゆ)(あい)によつて天国(てんごく)なり、2111(また)地獄(ぢごく)(せき)()いて()るのださうだから、212(なに)地獄(ぢごく)だつて(かま)ふものか、213自分(じぶん)本籍(ほんせき)(かへ)るやうなものだ。214片端(かたつぱし)から暴威(ばうゐ)(ふる)つて四辺(あたり)小団体(せうだんたい)征服(せいふく)し、215大同団結(だいどうだんけつ)(つく)り、216カークス、217ベース王国(わうごく)()てようぢやないか。218(なに)219地獄(ぢごく)(くらゐ)屁古垂(へこた)れてたまらうかい。220何程(なにほど)地獄(ぢごく)(つら)いと()つても現界(げんかい)(くらゐ)のものだ。221現界(げんかい)所謂(いはゆる)地獄(ぢごく)映象(えいしやう)だと()(こと)だから、222吾々(われわれ)経験(けいけん)がつんで()る。223現界(げんかい)では大黒主(おほくろぬし)()大将(たいしやう)()るから吾々(われわれ)(おも)ふやうには()かないが、224地獄(ぢごく)では勝手(かつて)だ。225この(うで)一本(いつぽん)あればどんな(こと)でも出来(でき)るよ』
226ベース『さうだなア。227どうやら地獄(ぢごく)八丁目(はつちやうめ)らしい。228()つたか()たかだ。229(この)濁流(だくりう)(よこ)ぎり、230(その)(いきほひ)地獄(ぢごく)侵入(しんにふ)し、231(ひと)脅喝的(けふかつてき)手段(しゆだん)(ろう)して粟散鬼王(ぞくさんきわう)(たひら)げ、232天晴(あつぱれ)地獄界(ぢごくかい)勇者(ゆうしや)となるも(めう)だ。233ヤア(いさ)ましくなつて()た。234(どく)(くら)へば(さら)(まで)だ。235どうせ吾々(われわれ)天国代物(てんごくしろもの)ぢやないからなア。236アハヽヽヽ』
237 (かく)両人(りやうにん)河端(かはばた)(たたず)泡沫(はうまつ)(ごと)(のぞ)みを(いだ)いて雄健(をたけ)びして()る。238(かたはら)()(しげ)つた(かや)(なか)藁小屋(わらごや)から239(くろ)(やせ)こけた(あや)しい(ばば)(やぶ)れた茣蓙(ござ)(かた)にかけ、240ガサリガサリと萱草(かやぐさ)(ゆす)りながら二人(ふたり)(まへ)()241(ひだり)()(えのき)(つゑ)(たづさ)へた(まま)
242(ばば)(たれ)(たれ)だ、243あた矢釜(やかま)しい。244そんな(おほ)きな(こゑ)(しやべ)()らすと、245(おれ)(みみ)(たこ)になるわい。246貴様(きさま)はどこの兵六玉(ひやうろくだま)だ。247一寸(ちよつと)こちらへ()い』
248カークス『ハヽヽヽヽ。249(なん)とまア(きたな)(ばば)もあつたものぢやないかい。250(もの)()ふも(けが)らはしいわい。251(なん)()つても天下(てんか)豪傑(がうけつ)兵六玉(ひやうろくだま)のカークス王様(わうさま)だからなア』
252(ばば)『ヘン、253(ひと)()(ところ)でそつと猫婆(ねこばば)()()み、254(よく)(こと)(ばか)(いた)し、255(なに)()(ひと)(まへ)にカークス(おやぢ)だらう。256一匹(いつぴき)(やつ)(なん)()兵六玉(ひやうろくだま)だい』
257ベール『(この)(はう)失敬(しつけい)ながら(つき)(くに)にて()(たか)きベース(さま)だよ』
258(ばば)成程(なるほど)259どいつも此奴(こいつ)人気(にんき)(わる)(つら)つきだなア。260ベースをカークスやうな(その)(あは)れつぽいスタイルは(なん)だ。261此処(ここ)三途(せうづ)(かは)渡船場(わたしば)だ。262サアこれから貴様(きさま)衣類(いるい)万端(ばんたん)(はぎ)()つてやらう。263覚悟(かくご)(いた)したがよいぞい。264(いま)(さき)265伊太彦(いたひこ)266ブラヷーダの若夫婦(わかふうふ)(うれ)しさうに()()いて此所(ここ)(とほ)りよつた。267さうして馬鹿面(ばかづら)をした、268(なん)でも兄貴(あにき)()えるが、269アスマガルダと()(やつ)270(いもうと)(いもうと)婿(むこ)(しもべ)となつて(とほ)りよつたぞや』
271カークス『(なに)272伊太彦(いたひこ)さまが此所(ここ)(とほ)られたと()ふのか。273(なん)立派(りつぱ)(たま)でも()つて()られただらうなア』
274(ばば)(たま)沢山(たくさん)()つて()つたよ。275粟粒(あはつぶ)のやうな()つぽけな肝玉(きもだま)やら276(ちぢ)こまつた睾丸(きんたま)やら277どん(ぐり)のやうな()(たま)やらをぶらさげて、278悄気(しよげ)かへつて此処(ここ)(とほ)りよつた。279真裸(まつぱだか)にしてやらうと(おも)つたが280貴様(きさま)()とは余程(よほど)御霊(みたま)がよいので、281(この)(ばば)()をかける(こと)出来(でき)ず、282(この)(かや)(なか)(かく)れてそつと()()つたら、283綺麗(きれい)なナイスに()()かれ、284あの(かは)真中(まんなか)(とほ)りよつた。285大方(おほかた)天国(てんごく)()くのだらう。286(しか)(なが)貴様(きさま)(たち)(この)(ばば)()()て、287三途(せうづ)(かは)(わた)らずに一途(いちづ)(かは)(わた)り、288直様(すぐさま)地獄(ぢごく)()(おと)される代物(しろもの)だ。289ても()ても(あは)れなものぢやわいのう、290オンオンオン』
291ベース『ヤア此奴(こいつ)ア、292グヅグヅしては()られない。293(この)(ばば)()()かして()いて(この)(かは)(わた)り、294(ひと)地獄(ぢごく)征服(せいふく)()かけようか、295カークス(きた)れ』
296(はや)くも(しり)()(まく)り、297濁流(だくりう)目蒐(めが)けて(わた)らうとする。298(ばば)(ほそ)()せこけた()()して、299ベースの胸座(むなぐら)()り、300()()()する。
301ベース『これや(ばば)302どうするのだい。303失敬(しつけい)な、304(ひと)胸座(むなぐら)()りやがつて』
305(ばば)()らいでかい()らいでかい、306貴様(きさま)肝玉(きもだま)()()いてやるのだ。307こら其処(そこ)兵六玉(ひやうろくだま)308貴様(きさま)同様(どうやう)だから()つて()れ。309この(ばば)此所(ここ)荒料理(あられうり)をして310(ほね)(にく)()(やき)にして()つてやるのだ。311大分(だいぶん)(はら)()つた(ところ)へよい(ゑさ)()たものだ』
312 カークスは(うしろ)より(ばば)(あし)をグツと(つか)(ちから)(かぎ)()けども()せども、313()から()えた(いは)のやうにビクとも(うご)かない。
314カークス『ヤア(なん)(こし)(つよ)い、315強太(しぶと)(ばば)だな』
316(ばば)(きま)つた(こと)だよ。317(おれ)()(そこ)から()えたお(いは)()幽霊婆(いうれいばば)だ。318兵六玉(ひやうろくだま)十匹(じつぴき)二十匹(にじつぴき)()かつて()(ところ)319ビクとも(うご)くものかい』
320ベース『こら()アさま、321(はな)さぬかい。322(おれ)(いき)()れるぢやないか』
323(ばば)()まつた(こと)だい。324(いき)()れるやうに(つか)んで()るのだ。325(いき)()らして軍鶏(しやも)(たた)くやうに(たた)きつぶし、326(すな)にまぶし、327肉団子(にくだんご)をこしらへて()つて仕舞(しま)ふのだ。328こうなつたら貴様(きさま)(たち)ももう娑婆(しやば)年貢(ねんぐ)(をさ)(どき)だ。329(いさぎよ)覚悟(かくご)をして()るがよい』
330 二人(ふたり)進退(しんたい)(きは)まり、331如何(いかが)はせむかと(あん)(わづら)折柄(をりから)332(はる)(うしろ)(はう)から、333宣伝歌(せんでんか)(きこ)えて()た。334ハツと(おも)途端(とたん)335(いま)(まで)(ばば)()えたのは(かは)(かたはら)巨巌(きよがん)であつた。336(かは)()えたのは(はて)しも()られぬ薄原(すすきばら)で、337(その)(すすき)()(かぜ)()られて(みづ)()えて()つたのであつた。
338大正一二・五・二四 旧四・九 於教主殿 加藤明子録)