霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 (くに)(ひかり)〔一七四九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 篇:第1篇 清風涼雨 よみ:せいふうりょうう
章:第4章 第69巻 よみ:くにのひかり 通し章番号:1749
口述日:1924(大正13)年01月19日(旧12月14日) 口述場所:伊予 道後ホテル 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1927(昭和2)年10月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
珍の都にも、貧しい人々がかなり出てくるようになり、松若彦以下の施政方針に対して、いたるところに不平不満が勃発してきています。
人力車の帳場に、三人の車夫が、政治談義にふけっています。
国公:上流階級の出だが、わけあって車夫になっているようです。
愛公:社会改造のために地位を捨て、民情を研究し、上下揃え升掛けひきならす活動をしようと目論んでいます。
浅公:現在の不公平な施政に不満を持つ車夫。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6904
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 297頁 修補版: 校定版:73頁 普及版:66頁 初版: ページ備考:
001 (うづ)(みやこ)大都会(だいとくわい)にも、002()変遷(へんせん)につれて()チン(ばう)貧民窟(ひんみんくつ)が、003場末(ばすゑ)(はう)には、004()なり沢山(たくさん)出来(でき)た。005そして国依別(くによりわけ)国司(こくし)(たい)しては(あま)怨嗟(ゑんさ)(こゑ)(はな)たなかつたが、006松若彦(まつわかひこ)以下(いか)施政方針(しせいはうしん)については、007(いた)(ところ)不平(ふへい)(こゑ)勃発(ぼつぱつ)し、008何時(いつ)不祥事件(ふしやうじけん)突発(とつぱつ)するかも(わか)らないやうになつて()た。009人力車(くるま)帳場(ちやうば)二三人(にさんにん)()()があぐら()になつて、010配達(はいたつ)して()新聞紙(しんぶんし)()(なが)ら、011捩鉢巻(ねじはちまき)した(まま)政治談(せいぢだん)(ふけ)つてゐる。
012(かふ)『オイ愛州(あいしう)013つまらぬぢやないか、014(おれ)(たち)(あさ)から(ばん)(まで)015(ひたひ)(あせ)をし(ほこり)まぶれになつて、016ゼントルメンとかいふ(やつ)(うま)となり、017(おも)たいゴム()をひいて(おく)つてやつた(ところ)で、018御苦労(ごくらう)とも()かさず、019(ふだ)さまを一枚(いちまい)(ほど)(あた)へられ、020ヘイヘイハイハイと(こめ)つきバツタ(よろ)しくといふ体裁(ていさい)生活(せいくわつ)(おく)つてゐるのだが、021(この)()平等愛(べうどうあい)(かみ)(ござ)るとすれば、022なぜ何時(いつ)までも、023こんなみじめな生涯(しやうがい)(おれ)(たち)()すてておくのだらうか、024本当(ほんたう)合点(がつてん)がゆかぬ』
025(あい)『オイ(あさ)026今日(けふ)(また)弱音(よわね)()くのか、027チツとしつかりせい。028車輓(くるまひき)だつて、029さう悲観(ひくわん)したものだない。030(うづ)(みやこ)国司(こくし)だつて、031(わか)(とき)は、032バラモン(けう)巡礼(じゆんれい)にもなり、033(ひと)(かど)()つて乞食(こじき)もなさつたといふ(こと)だ。034車夫(しやふ)だつて(とき)()れば、035どんな出世(しゆつせ)出来(でき)よまいものでもないワ。036なア国公(くにこう)037(まへ)()(おも)ふか』
038(くに)『ウン、039そらさうだ。040(あま)()にする必要(ひつえう)もあるまい。041(おれ)がたつた(いま)042アルゼンチンの大統領(だいとうりやう)となつてお(まへ)たちを(すく)ふてやるから(たのし)んで()つてゐるが()いワ。043(なん)()つても(くに)さまは(くに)代表者(だいへうしや)……ヲツトドツコイ(くに)(はしら)だからなア』
044(あさ)『ヘン、045(えら)さうに()ふない、046(じや)(すん)にして(ひと)()む、047栴檀(せんだん)二葉(ふたば)より(かん)ばしいといふぢやないか、048(まへ)のやうな青瓢箪(あをべうたん)蒲柳性(ほりうせい)肉体(にくたい)()つてゐて、049()うしてそんな(だい)それた(こと)出来(でき)やうかい、050法螺(ほら)()くも(ほど)があるワイ』
051(くに)『マア()ておれ、052新政党(しんせいたう)でも組織(そしき)して衆生(しゆじやう)教導(けうだう)し、053捲土重来(けんどぢうらい)054タコマ(やま)風雲(ふううん)をまき(おこ)し、055一挙(いつきよ)にして天教(てんけう)地教(ちけう)(やま)()(くだ)き、056天国(てんごく)浄土(じやうど)建設(けんせつ)してみせる。057(おれ)天下(てんか)救世主(きうせいしゆ)だからなア。058(きさま)(やう)与力(よりき)同心(どうしん)(おそろ)しうて、059自転倒島(おのころじま)地震(ぢしん)のやうにビリビリ(ふる)つてゐるやうな(あま)(じやく)例外(れいぐわい)だが、060(おれ)(たち)は、061(おれ)(たち)としての成案(せいあん)十二分(じふにぶん)にあるのだ』
062(あさ)『ヘン、063(たれ)(ふる)うてゐるか、064(くに)065(きさま)こそ陰弁慶(かげべんけい)(そと)すぼり、066朝寒(あさざむ)にボロ一枚(いちまい)(ふる)(とほ)してゐるだないか。067(あま)(ふる)つた(こと)をいふと、068車夫仲間(しやふなかま)から除名(ぢよめい)するぞ、069アン』
070(くに)『ハヽヽヽ、071(ふる)ふのは(この)(ごろ)流行物(りうかうぶつ)だ。072不断的(ふだんてき)大地(だいち)震動(しんどう)()ふも(さら)なりだが、073()()(なか)人間(にんげん)(ども)()(こと)(かんが)へてみよ。074(みな)(ふる)うてるだないか。075(きさま)女房(にようばう)(もら)ふた(とき)にも三々(さんさん)九度(くど)()つただらう。076(その)(とき)には()(ふる)胴体(どうたい)(まで)(ふる)うたといふだないか。077(はじ)めての泥棒(どろばう)に、078近所(きんじよ)火事(くわじ)079遺書(かきおき)文句(もんく)080女房(にようばう)から(もら)うた三行半(みくだりはん)をよむ(とき)081(はじ)めての大道演説(だいだうえんぜつ)082(ねぶか)義太夫(ぎだいう)出歯(でば)包丁(ばうちやう)小包(こづつみ)(もら)うた(とき)083取締(とりしまり)一喝(いつかつ)された(とき)084()んだ(くちびる)085弱虫(よわむし)夜道(よみち)086死刑(しけい)宣告(せんこく)087まあザツとこんなものだ、088(みな)ふるつてゐるだらう。089(ふる)ふのが今日(こんにち)世態(せたい)だ。090普選即行(ふせんそくかう)だと()つて、091衆生(しゆじやう)一致団結(いつちだんけつ)092城下(じやうか)(せま)るや(いな)や、093元老(げんらう)自由(じいう)とか言論(げんろん)自由(じいう)とかが、094圧迫(あつぱく)するとか、095圧迫(あつぱく)されたとか()つてふるひ(おと)されるだないか。096清遊会(せいいうくわい)でさへも分裂(ぶんれつ)して新党(しんたう)()て、097悪玉(あくだま)をふるひおとしてゐるだないか。098まだもふるふてゐるのは、099古手親爺(ふるておやぢ)跋扈跳梁(ばつこてうりやう)だ。100車夫(しやふ)だつて、101(ふるく)なりや(くるま)もロクに()けやしないぞ。102車夫組合(しやふくみあひ)でも(つく)つて、103(まへ)(たち)のやうな老齢(らうれい)(しよく)にたへざる(もの)(ふる)ひおとす(かんが)へだ、104イツヒヽヽヽヽ』
105(あさ)『オイ愛公(あいこう)106(きさま)(ひと)加勢(かせい)してくれ、107国公(くにこう)(その)(すぢ)(いぬ)かも()れないよ。108どうみても乗馬面(じやうめづら)をしてゐるだないか。109松若彦(まつわかひこ)(やつ)110()(なか)(おそ)ろしくなつたものだから、111俺等(おれたち)仲間(なかま)様子(やうす)(かんが)へようと(おも)つて国公(くにこう)をよこしよつたのかも()れぬ。112此奴(こいつ)113車夫(しやふ)似合(にあ)はぬ銭使(ぜにつか)ひがあらい。114そしていつも帳場(ちやうば)(すわ)つて、115(あし)(いた)いの(こし)(いた)いのと()かして、116一度(いちど)(きやく)()せた(こと)はないぢやないか。117うつかりしてると足許(あしもと)から(とり)()つやうな()(あは)されるかも()れぬぞ。118(おれ)(たち)下層社会(かそうしやくわい)秘密(ひみつ)(さぐ)つてる(やつ)だから、119どうだ(いま)(うち)(たた)んで(しま)はふだないか、120エヽーー』
121(あい)『オイ(あさ)122(きさま)国公(くにこう)(いま)(まで)普通(ふつう)車夫(しやふ)(おも)つてゐたのか、123エヽトンマだな。124そんなウス野呂(のろ)では車夫(しやふ)だつて(つと)まりやしないぞ。125今日(こんにち)()(なか)有様(ありさま)(かんが)へてみろ、126宣伝使(せんでんし)比丘(びく)連中(れんちう)はいかめしく法衣(ほふい)をまとつて淫事(いんじ)(ふけ)り、127神仏(しんぶつ)悪用(あくよう)して正直(しやうぢき)人間(にんげん)をだまし、128武士(さむらい)(ぜに)(あい)129暫消(ざんせう)(ちから)悪用(あくよう)して衆生(しゆじやう)圧迫(あつぱく)し、130黄金力(わうごんりよく)濫用(らんよう)してトラストを(つく)り、131利権(りけん)獲得(くわくとく)し、132不時(ふじ)災害(さいがい)(つけ)()んで暴利(ばうり)(むさぼ)商人(せうにん)頻出(ひんしゆつ)し、133懺悔(ざんげ)生活(せいくわつ)喰物(くひもの)にする偽君子(ぎくんし)(あら)はれた()(なか)だ。134(おれ)(たち)のやうにボロ(ぐるま)()いたり、135(その)(あひだ)には俯向(うつむ)いて(つち)()り、136(あせ)(あぶら)(とり)()げた収獲(しうくわく)()ひとられ137本当(ほんたう)地獄道(ぢごくだう)生活(せいくわつ)をしてゐるやうなものだ。138(おほ)きな(つら)をしてゐやがる連中(れんちう)139懐手(ふところで)(にぎ)睾丸(きんたま)(めし)をくらひ、140白昼(はくちう)大道(だいだう)真中(まんなか)自動車(じどうしや)土埃(つちぼこり)()(なが)ら、141売笑婦(ばいた)(とも)にかけ(まは)142(ひと)迷惑(めいわく)はそ()らぬ(かほ)143おまけに(おれ)(たち)子供(こども)(ひき)(たふ)しておいて、144()(ひと)()りかけてゆくといふ不人情(ふにんじやう)な、145不合理(ふがふり)な、146不正義(ふせいぎ)無人道(むじんだう)()(なか)(たれ)だつて(なげ)かないものがあらうか。147(おれ)(たち)(これ)からかふいふ邪道(じやだう)(とほ)横着者(わうちやくもの)内面(ないめん)(ことごと)暴露(ばくろ)し、148天地(てんち)道理(だうり)(あきら)かにして、149純真(じゆんしん)人道(じんだう)(かへ)し、150(この)宇宙(うちう)をして光明世界(くわうみやうせかい)捩直(ねぢなほ)さねばならないのだ。151(じつ)(ところ)()へば、152(この)(くに)さまも(この)(あい)さまも、153(うま)れついての車夫(しやふ)だない。154一寸(ちよつと)様子(やうす)があつて社会改造(しやくわいかいざう)(ため)に、155顕要(けんえう)地位(ちゐ)をすて、156両親(りやうしん)家来(けらい)(そむ)いて、157貧民窟(ひんみんくつ)研究(けんきう)にかかつてゐるのだ。158実際(じつさい)(こと)いへばお(まへ)(たち)可愛相(かあいさう)なものだ。159弥勒菩薩(みろくぼさつ)(つち)から(あら)はれると()ふことだが、160今日(こんにち)乗馬社会(じやうめしやくわい)には吾々(われわれ)徹底的(てつていてき)(すく)ふて()れるやうな聖人君子(せいじんくんし)(あら)はれないだらう。161それだから(おれ)(たち)()(くだ)して下層社会(かそうしやくわい)仲間(なかま)()り、162民情(みんじやう)研究(けんきう)してゐるのだ。163(しか)(なが)最早(もはや)天運循環(てんうんじゆんくわん)164上下(うへした)(そろ)へて(ます)かけひきならす165()御神勅(ごしんちよく)実現期(じつげんき)近付(ちかづ)いたのだから166まア安心(あんしん)(たま)へ。167やがて普選(ふせん)にもなるだらうから、168(その)(とき)はお(まへ)代議士(だいぎし)名乗(なのり)()げて議政壇上(ぎせいだんじやう)咆哮(はうかう)し、169(うづ)天地(てんち)(むかし)神代(かみよ)(かへ)すのだな、170アツハヽヽヽ』
171(あさ)(はた)して普選(ふせん)即行(そくかう)され172(おれ)(たち)でも代議士(だいぎし)になつて社会(しやくわい)(ため)(つく)(やう)なことがあるだらうかな。173(すべ)()(なか)(おも)ふやうに()かぬものだ。174まして現代(げんだい)(ごと)信用(しんよう)出来(でき)()(なか)では、175(おれ)(たち)()うて()れるものはあるまい。176(なに)(ほど)普選(ふせん)即行(そくかう)しても177矢張(やは)り、1771ゼントルマンが黄白(くわうはく)をまきちらして、178益々(ますます)(おれ)(たち)泥濘(でいねい)(なか)へつき(おと)すに(ちが)ひなからうと(おも)ふよ。179何故(なぜ)(また)(これ)(ほど)虚偽(きよぎ)罪悪(ざいあく)()ちた()(なか)だらう。180よく(かんが)へて()ろ、181(ひと)つだつて信用(しんよう)されることはないぢやないか。182地震博士(ぢしんはかせ)予言(よげん)183天気予報(てんきよはう)184海老茶式部(ゑびちやしきぶ)(にい)さまと()ひ、185媒介者(なかうど)(くち)から()初婚(しよこん)品行問題(ひんかうもんだい)186新聞(しんぶん)攻撃記事(こうげききじ)(にはか)中止(ちうし)187如何(いか)なる重症(ぢうしやう)一週間(いつしうかん)根治(こんぢ)すると()梨田(なしだ)ドラックの広告(くわうこく)188新聞(しんぶん)雑誌(ざつし)発行部数(はつかうぶすう)189福引(ふくびき)一等当選品(いつとうたうせんひん)行衛(ゆくへ)190葬礼(さうれい)出棺時間(しゆつくわんじかん)191売薬屋(ばいやくや)御礼(おれい)広告(くわうこく)192連日(れんじつ)連夜(れんや)満員(まんゐん)大入(おほいり)提灯持(ちやうちんもち)193正何時(しやうなんじ)御来会(ごらいくわい)(くだ)され度候(たくさふらふ)194天下無比(てんかむひ)大勉強店(だいべんきやうてん)弊店(へいてん)のみ195と、196(なに)から(なに)(まで)(うそ)(かた)めた()(なか)ぢやないか。197普選(ふせん)だつて、198矢張(やつぱり)売薬屋(ばいやくや)広告(くわうこく)同様(どうやう)で、199一時(いちじ)(のが)れの人気取(にんきとり)だらうよ。200(おれ)(けつ)してここ二年(にねん)三年(さんねん)(あひだ)には普選(ふせん)実行(じつかう)されるものとは(おも)はないね。201マア(まご)(だい)(ぐらゐ)になつたら、202せうことなしに普選(ふせん)断行(だんかう)()かけるだらうよ。203それよりも俥夫(しやふ)俥夫(しやふ)としての立場(たちば)から、204一文(いちもん)でも高値(たかね)()きかけて、205不当(ふたう)賃銭(ちんせん)()つてやるのだなア。206(まへ)(たち)両人(ふたり)(なん)だか乗馬(じやうめ)()(やう)口吻(くちぶり)をもらしてゐたが、207自分(じぶん)から名乗(なの)(やつ)にロクな(やつ)アありやしないワ。208大方(おほかた)稲田大学(いなだだいがく)落第生(らくだいせい)(ぐらゐ)だらうよ。209取締(とりしまり)にもなれず、210教員(けうゐん)にもなれず、211政治家(せいぢか)になるには(かね)()るし、212放蕩(はうたう)結果(けつくわ)俥夫(しやふ)()(さが)213見事(みごと)理窟(りくつ)(だけ)(おぼ)えて()法螺(ほら)()いてるのだらう。214(おれ)霊眼(れいがん)215(きさま)(かほ)堕落生(だらくせい)だと()いてあるのが()えすいてゐるのだからな、216ウツフツフヽ』
217(たがひ)不得要領(ふとくえうりやう)法螺(ほら)()ひかはしてゐる。218其処(そこ)靴音(くつおと)(しの)ばせやつて()たのは交通係(かうつうがかり)(しるし)(うで)()いた(いろ)青白(あをじろ)営養不良的(えいやうふりやうてき)(つら)をした取締(とりしまり)であつた。219三人(さんにん)(おも)はず、220かいてゐた胡坐(あぐら)(もと)(なほ)し、221キチンとすわり()んだ(まま)取締(とりしまり)(かほ)見上(みあ)げた。
222大正一三・一・一九 旧一二・一二・一四 於道後ホテル、松村真澄録)