霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 国別(こくべつ)〔一七五八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 篇:第3篇 神柱国礎 よみ:しんちゅうこくそ
章:第13章 第69巻 よみ:こくべつ 通し章番号:1758
口述日:1924(大正13)年01月24日(旧12月19日) 口述場所:伊予 山口氏邸 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1927(昭和2)年10月26日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
国照別は、魂を磨き、真の神徳を治めるため、生まれ故郷の珍の国を出ていく。
共の浅公とともに、アリナ山を下り、最初の目的地、懸橋御殿を指して、歌を歌いながら進む。
霧は深く、太陽も沈み、やむを得ず山中にて一夜を明かすことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm6913
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 342頁 修補版: 校定版:195頁 普及版:66頁 初版: ページ備考:
001国照別(くにてるわけ)『われは(さび)しき(ふゆ)(つき)
002御空(みそら)(たか)(うち)ふるひ
003中空(ちうくう)(さへぎ)(くも)()
004(ひら)くよしなき(かな)しさに
005(くるし)(もだ)ゆる(をり)もあれ
006(たちま)()()時津風(ときつかぜ)
007十重(とへ)二十重(はたへ)(つつ)みたる
008(くも)()(はら)(やうや)くに
009地上(ちじやう)(くだ)(みち)(ひら)
010(くさ)片葉(かきは)におく(しも)
011(つめ)たき宿(やど)()(なが)
012(みやこ)(あと)(くだ)りゆく
013(わが)()(うへ)(たの)もしき
014(はるか)地上(ちじやう)見渡(みわた)せば
015(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
016伊猛(いたけ)(くる)荒野原(あれのはら)
017(ただ)しき(ひと)醜神(しこがみ)
018(あし)ににじられ()まれつつ
019悲鳴(ひめい)をあげて()(さけ)
020(まが)れる(ひと)揚々(やうやう)
021春野(はるの)(てふ)()(ごと)
022地上(ちじやう)(なや)みを他所(よそ)にして
023歌舞(かぶ)音楽(おんがく)にひたりゐる
024()にも矛盾(むじゆん)天地(てんち)かな
025いよいよ(かみ)(あら)はれて
026三千世界(さんぜんせかい)(ひき)ならし
027(くさ)片葉(かきは)(いた)(まで)
028(めぐみ)(つゆ)にしたしつつ
029(すく)はむ(とき)(ちか)づきぬ
030あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
031()れは国照別司(くにてるわけつかさ)
032(この)(くも)りたる国土(くにつち)
033三五(さんご)(つき)御教(みをしへ)
034(てら)(きよ)めて永久(とこしへ)
035国照別(くにてるわけ)御世(みよ)となし
036草木(くさき)もめぐむ春乃姫(はるのひめ)
037(つき)(はな)との兄妹(おとどい)
038(かみ)(たま)ひし(うづ)(くに)
039(むかし)神代(かみよ)(ひき)(もど)
040(うき)(なや)める人草(ひとぐさ)
041(すく)(たす)けむ(わが)(ねが)
042(たつ)せむ(ため)鹿島立(かしまだち)
043(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
044(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる
045()()(かぜ)(あら)くとも
046()()(あめ)(つよ)(とも)
047仮令(たとへ)(つち)()(いかづち)
048頭上(づじやう)(とどろ)()あり(とも)
049いかでか(おそ)れむ敷島(しきしま)
050(きよ)国照別(くにてるわけ)(たま)
051如何(いか)なる権威(けんゐ)物欲(ぶつよく)
052左右(さいう)()べき(ちから)なし
053(うづ)御国(みくに)()ふも(さら)
054高砂島(たかさごじま)(くに)()
055(くに)のことごと三五(あななひ)
056(かみ)(をしへ)とねぢ(なほ)
057()ける(まこと)(かみ)として
058(くだ)()くこそ(いさ)ましき
059あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
060御霊(みたま)恩頼(ふゆ)()(まつ)る』
061(うた)(なが)ら、062アリナ(やま)(たうげ)頂上(ちやうじやう)()いた。063国照別(くにてるわけ)東方(とうはう)原野(げんや)(はるか)()おろし(なが)ら、
064『あゝ(うづ)(くに)(しばら)くこれで()ることが出来(でき)ないだらう。065(その)(かは)今度(こんど)(かへ)つて()(とき)は、066(この)広大(くわうだい)なる荒野ケ原(あれのがはら)金銀(きんぎん)瑪瑙(めなう)067瑠璃(るり)硨磲(しやこ)068玻璃(はり)などの七宝(しつぽう)(かざ)られた地上天国(ちじやうてんごく)一変(いつぺん)するだらう。069(くも)(ふか)城中(じやうちう)(あと)(おや)兄弟(きやうだい)家来(けらい)()すてて、070(ひな)(くだ)り、071(いま)(また)(わが)城下(じやうか)にも()(こと)()ず、072(こころ)からとは()(なが)ら、073(うま)故郷(こきやう)(たち)()るは、074どこともなく(こころ)(さび)しいやうだ。075あゝ否々(いないな)076そんな()(よわ)いことで、077(この)神業(しんげふ)(つと)まらうか。078(うづ)(くに)国司(こくし)(もと)三五(あななひ)(をしへ)(もつ)人草(ひとぐさ)教化(けうくわ)するのが天職(てんしよく)であつた。079(あま)政治(せいぢ)などに(こころ)(もち)ひなくても自然(しぜん)(をさ)まつてゐたのだ。080(しか)(なが)今日(こんにち)となつては国外(こくぐわい)よりいろいろの主義(しゆぎ)思想(しさう)無用(むよう)学術(がくじゆつ)(なが)()んで()て、081(いにしへ)(ごと)簡易(かんい)信仰(しんかう)のみを(もつ)(くに)(をさ)むる(こと)出来(でき)なくなつて(しま)つた。082(しか)(なが)083どうしても()(なか)知識(ちしき)学問(がくもん)(ちから)では(をさ)まるものでない。084()(まつりごと)第一(だいいち)(とく)(もつ)てするより(ほか)にない。085自分(じぶん)(その)(とく)(やしな)はむが(ため)に、086城中(じやうちう)をぬけ()し、087(もつと)(いや)しき車夫(しやふ)仲間(なかま)()り、088下層社会(かそうしやくわい)事情(じじやう)(さぐ)り、089(いま)(また)侠客(けふかく)となつて、090市井(しせい)(ちまた)出没(しゆつぼつ)し、091(わが)霊魂(れいこん)をして金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)たらしめむと、092(あせ)れど藻掻(もが)けど如何(いか)にせむ、093(なが)(あひだ)(ぢやう)(ぼん)にて(そだ)てられ、094(すこ)しの(あら)(かぜ)にさへも(なや)まされるやうな(よわ)身体(からだ)で、095どうして衆生(しゆじやう)安堵(あんど)せしむることが出来(でき)ようか。096(なん)()つても自分(じぶん)(うづ)(くに)世子(せいし)097清家生活(せいかせいくわつ)顕要(けんえう)地位(ちゐ)(すこ)しも(のぞ)まぬけれど、098(この)(さき)自分(じぶん)(この)(くに)()らなくなつたならば、099信仰(しんかう)中心(ちうしん)100尊敬(そんけい)(まと)101思想(しさう)真柱(しんばしら)(うしな)ふたも同然(どうぜん)102容易(ようい)に、103如何(いか)なる賢者(けんじや)(あら)はれても、104徳望者(とくばうしや)(あら)はれても、105(をさ)むることは(むつ)かしいだらう。106それを(おも)へば、107一時(いちじ)(はや)(たま)(みが)き、108(しん)神徳(しんとく)()にうけて、109(ふたた)(この)(くに)(かへ)つて()なくてはならうまい。110(うづ)(くに)(ひろ)原野(げんや)(いま)(わが)視線(しせん)(はな)れるに(のぞ)んで、111(なん)となく、112山河草木(さんかさうもく)(はじ)(わが)(くに)衆生(しゆじやう)(こひ)しくなつて()た。113(しか)(なが)一旦(いつたん)決心(けつしん)した(わが)(たましひ)(ひるがへ)すことは出来(でき)ぬ。114あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)115国治立大神(くにはるたちのおほかみ)(さま)116何卒(なにとぞ)国照別(くにてるわけ)赤心(まごころ)御受納(ごじゆなふ)(くだ)さいまして、117(うづ)(くに)(まを)すも(さら)なり、118高砂島(たかさごじま)天地(てんち)をして119(むかし)神代(かみよ)歓楽郷(くわんらくきやう)にねぢ(なほ)させて(くだ)さいませ。120(また)両親(りやうしん)(はじ)(いもうと)春乃姫(はるのひめ)(その)()城中(じやうちう)老臣(らうしん)121(およ)友人(いうじん)()(うへ)特別(とくべつ)御恩寵(ごおんちよう)()れさせ(たま)ひて、122(うづ)国家(こくか)平安(へいあん)隆昌(りうしやう)(すす)ませ(たま)(やう)(ひとへ)御願(おねがひ)(まをし)(あげ)ます。123(うづ)(くに)(わか)るるに(のぞ)んで、124国魂神(くにたまのかみ)(さま)御前(みまへ)(つつし)んで御礼(おれい)(まをし)()げます。125あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
126感慨無量(かんがいむりやう)(てい)で、127(ふと)(いき)をついてゐる。128浅公(あさこう)(うづ)原野(げんや)()おろし(なが)ら、
129親分(おやぶん)さま、130(なん)とマア(うづ)(くに)(ひろ)いものですなア、131そして(なん)だか(うづ)(くに)山河草木(さんかさうもく)が……浅公(あさこう)()くな()くな 132(もと)()やせ……と手招(てまね)きするやうな気分(きぶん)(いた)しまして、133(これ)から(さき)()くのが、134(なん)だかおつくうなやうな、135(うれ)しくない(やう)()になりました。136(いま)親方(おやかた)様子(やうす)()てゐると(ふた)つの()から(なみだ)がポロリポロリと()ちてゐましたよ。137(なに)(ほど)侠客(けふかく)親分(おやぶん)でも、138人情(にんじやう)(かは)りはないとみえますな』
139国照(くにてる)『ウン、140(うま)れた(くに)といふものは、141(なん)とはなしに(こひ)しいものだ。142()はば自分(じぶん)(たち)(なが)らく(そだ)ててくれた(しん)(はは)だからな。143幼子(をさなご)(はは)(ふところ)をはなれて、144異郷(いきやう)(そら)()るのだもの、145(おれ)だつて、146チツトは感慨無量(かんがいむりやう)(なみだ)にくれるのは当然(あたりまへ)だ。147(なみだ)のない人間(にんげん)(おに)だ。148(おれ)()(おに)境遇(きやうぐう)だけは(まぬが)れたとみえるワイ。149アツハヽヽヽヽ』
150(にはか)(わら)ひに(まぎ)らす。151浅公(あさこう)()(ごゑ)(まじ)りに『アツハヽヽヽヽ』と附合(つきあひ)(わら)ひをする。
152国照(くにてる)浅公(あさこう)153(これ)から(さき)はつまりいへば、154他国(たこく)だ。155神様(かみさま)(はう)からいへば、156(みな)(かみ)(くに)境界(きやうかい)もなければ差別(さべつ)もないが、157地上(ちじやう)人間(にんげん)(ども)が、158(これ)(まで)(うづ)(くに)159(これ)から(さき)はテルの(くに)だとか、160カルの(くに)だとかヒルだとかハルだとか、161勝手(かつて)境界(きやうかい)をつけ、162(たがひ)権勢(けんせい)(あらそ)うてゐるのだから、163(その)(かんが)へでゐないと、164大変(たいへん)失敗(しつぱい)をするよ。165自分(じぶん)国内(こくない)では侠客(けふかく)羽振(はぶり)()くが、166様子(やうす)(わか)らぬ他国(たこく)では、167そういふ(わけ)にはゆかぬからのう』
168(あさ)(ところ)(ほえ)(いぬ)はないとかいひましてな』
169国照(くにてる)『オイ(あさ)170(いぬ)(たとへ)るとは殺生(せつしやう)ぢやないか、171ハヽヽ。172サアここを(くだ)つて、173懸橋御殿(かけはしごてん)といふのがあるさうだから、174それへ参拝(さんぱい)をして一夜(いちや)宿(やど)()り、175ゆつくり()くことにせう』
176(あさ)『ハイ、177(とも)(いた)しませう、178あーあ、179(これ)故郷(こきやう)(そら)(しばら)見納(みをさ)めかなア………
180()りかねて()(かへ)()(うづ)(くに)
181(つま)さへ()さへなき()なれ(ども)
182(なん)となく(こひ)しくなりぬ(うづ)(そら)
183(いま)(わか)れむとして(なみだ)こぼるる』
184国照別(くにてるわけ)(なれ)(また)(ひと)御子(みこ)なれ()のあはれ
185よくも(さと)れり(ふか)(さと)れり。
186足乳根(たらちね)(おや)のまします(うづ)(そら)
187()(あふ)ぎつつ(わか)()(かな)
188国愛別(くにちかわけ)(した)しき(とも)如何(いか)にして
189(わが)ゆく(あと)活動(くわつどう)やせむ。
190(わが)(とも)(しばら)()てよ国照別(くにてるわけ)
191(かみ)(あら)はれ(かへ)()(まで)
192(わが)()くは御国(みくに)をすつる(ため)ならず
193(まこと)(かみ)(くに)にせむ(ため)
194(わが)ゆくは(おや)(くるし)むる(ため)ならず
195大御心(おほみこころ)(なぐさ)めむ(ため)
196(わが)ゆくは国民(くにたみ)すつる(ため)ならず
197天国(てんごく)浄土(じやうど)(すく)はむが(ため)
198(うた)(をは)り、199金剛杖(こんがうづゑ)(ちから)急坂(きふはん)(くだ)りゆく。
200国照別(くにてるわけ)(かみ)(めぐみ)のアリナ(やま)
201(つゑ)(ちから)(くだ)りゆく
202(あさひ)()(とも)(くも)(とも)
203(つき)()(とも)()くる(とも)
204仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
205(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
206(かみ)(まか)せし(わが)身魂(みたま)
207(かみ)(くに)とに真心(まごころ)
208(つく)(わが)()(さち)あれと
209朝夕(あさゆふ)(いの)(いさ)ましさ
210故国(ここく)(そら)(あと)にして
211()みもならはぬ山阪(やまざか)
212(のぼ)りつ(くだ)りつ(すす)()
213国魂神(くにたまがみ)竜世姫(たつよひめ)
214(まも)らせ(たま)惟神(かむながら)
215(つつし)(うや)まひ()(まつ)
216(この)()(つく)(たま)ひたる
217国治立大御神(くにはるたちのおほみかみ)
218世人(よびと)(をし)(さと)しゆく
219(みづ)御霊(みたま)大御神(おほみかみ)
220(この)()(ちり)(うち)(はら)
221科戸(しなど)(かぜ)(あめ)となり
222(ゆき)ともなりて(まも)ります
223(うづ)(ちから)(たよ)りとし
224(てん)にも()にも掛替(かけがへ)
225なき垂乳根(たらちね)(いもうと)
226(あと)()すてて()でてゆく
227(なみだ)(あめ)(そで)()
228(まなこ)はかすむ今日(けふ)(そら)
229(めぐ)ませ(たま)惟神(かむながら)
230(かみ)かけ(ねん)(たてまつ)る』
231(うた)ひつつ、232国照別(くにてるわけ)(さき)()ち、233浅公(あさこう)(つゑ)(ちから)足拍子(あしびやうし)()(なが)ら、234九十九(つづら)(まが)りの(いし)だらけの(みち)(あと)(したが)()く。
235浅公(あさこう)『ウントコドツコイ、アリナ(やま)
236(うはさ)()いたきつい(さか)
237いよいよ(こひ)しい(うづ)(くに)
238(なみだ)(とも)(たち)わかれ
239ウントコドツコイ(あぶ)ないぞ
240(いし)のゴラゴラする(さか)
241親方(おやかた)用心(ようじん)なさいませ
242一時(いちじ)(はや)(この)(さか)
243無事(ぶじ)(くだ)つてウントコシヨ
244懸橋御殿(かけはしごてん)にまゐ(まう)
245(あし)(つか)れを(やす)めませう
246(かがみ)(いけ)とて()(たか)
247(むかし)(かみ)霊跡(れいせき)
248(いま)(のこ)つてゐるといふ
249名所(めいしよ)()るのも(いま)少時(しばし)
250あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
251何卒(なにとぞ)無事(ぶじ)(この)(さか)
252親方(おやかた)さまと諸共(もろとも)
253(くだ)らせ(たま)惟神(かむながら)
254御霊(みたま)恩頼(ふゆ)()ぎまつる
255(あさひ)もテルの国野原(くにのはら)
256(むか)つておりゆく二人(ふたり)()
257()しも国人(くにびと)(わが)姿(すがた)
258(なが)めて(そら)から天人(てんにん)
259(くだ)つて()たかと(あや)しんで
260いと(めづ)らしき穀物(たなつもの)
261八足(やたり)(つくゑ)におき(なら)
262(むか)へてくれれば(うれ)しいが
263ウントコドツコイ、アイタツタ
264メツタに左様(さやう)なうまい(こと)
265あらうと(おも)はぬボンの(くそ)
266雨露(うろ)(しの)がしてドツコイシヨ
267くれてもそれで満足(まんぞく)
268もうしもうし親分(おやぶん)
269(にはか)(きり)(ふか)くなり
270一間先(いつけんさき)(もや)(うみ)
271だんだん(さび)しうなつてくる
272一足(ひとあし)々々(ひとあし)阪路(さかみち)
273(くだ)(たび)(ごと)()(くに)
274(そこ)(くに)へと()(やう)
275(さび)しい気分(きぶん)になつて()
276あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
277神様(かみさま)(よろ)しく(たの)みます
278(あと)へは(かへ)さぬ男伊達(をとこだて)
279仮令(たとへ)(いのち)はすつるとも
280(おも)()つたる親分(おやぶん)
281気象(きしやう)はいつかな(ひる)むまい
282(わつち)此処(ここ)(まで)(とも)して
283卑怯未練(ひけふみれん)引返(ひつかへ)
284(わけ)にはゆかぬ(をとこ)意気地(いくぢ)
285()うなりやホンに侠客(けふかく)
286ウントコドツコイ(つら)いもの
287(あさひ)()るとも(くも)るとも
288(つき)()つとも()くるとも
289(きり)山路(やまぢ)(つつ)むとも
290大蛇(をろち)(やつ)行先(ゆくさき)
291(みち)(ふさ)いで()()とも
292(よわ)きを(たす)(つよ)きをば
293(くじ)いて(とほ)男伊達(をとこだて)
294それを(かね)たる宣伝使(せんでんし)
295国照別(くにてるわけ)(うづ)御子(みこ)
296御供(みとも)(つか)へた浅州(あさしう)
297(けつ)して(けつ)してひるまない
298あゝ(いさ)ましや(いさ)ましや
299一足(ひとあし)々々(ひとあし)ウントコシヨ
300勝利(しようり)(みやこ)(すす)()
301(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
302親分(おやぶん)吾等(われら)(とも)にあり
303吾等(われら)(まも)るは(かみ)にまし
304吾等(われら)(まも)るは親分(おやぶん)
305(また)親分(おやぶん)()(うへ)
306(まも)(まこと)神様(かみさま)
307国治立大御神(くにはるたちのおほみかみ)
308(つぎ)乾児(こぶん)浅州(あさしう)
309(あさ)から(ばん)(まで)テクテクと
310御後(みあと)(したが)(すす)()
311どこを(あて)とも白雲(しらくも)
312山路(やまぢ)(わく)(たび)(そら)
313()面白(おもしろ)(いさ)ましし
314あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
315御霊(みたま)(さち)はひましませよ
316ウントコドツコイ ドツコイシヨ
317ドツコイ ドツコイ ドツコイシヨ』
318とちぎれちぎれに山降(やまくだ)りの(うた)(うた)(なが)ら、319(やうや)くにして(やや)平坦(へいたん)緩勾配(くわんこうばい)阪道(さかみち)()いた。320(きり)益々(ますます)(ふか)くして咫尺(しせき)(べん)ぜず、321太陽(たいやう)西天(せいてん)にかくれしと()え、322(やみ)(とばり)はチクチクと二人(ふたり)(つつ)んで()た。323二人(ふたり)はやむを()ず、324此処(ここ)一夜(いちや)(あか)すこととなつた。325あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
326大正一三・一・二四 旧一二・一二・一九 伊予 於山口氏邸、松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)