霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第71巻(戌の巻)

あらすじ[?]このあらすじは飯塚弘明の作成です。[×閉じる]
インドのタラハン国の物語。
玄真坊(げんしんぼう)、千草の高姫、妖幻坊(ようげんぼう)の杢助(もくすけ)といった悪役が出てきて悪事を重ねて行く。
第1~7章
第67巻第17章で、玄真坊がシャカンナの部下二百人を連れてダリヤ姫の捜索に出かけたが、その話の続きである。
ダリヤ姫は神谷村(かみたにむら)の玉清別(たまきよわけ)の家に匿われていた。ダリヤ姫は「スガの港」の富豪の娘で、玄真坊にだまされて、山賊のシャカンナの砦に連れて行かれたが、シャカンナの部下バルギーを色目で誘惑し、一緒に砦から逃げ出したのだ。
バルギーは玄真坊の部下のコブライとコオロに捕まり、ダリヤ姫の居場所を白状させるため暴行を受けて気絶してしまう。
バルギーの精霊は中有界をさまよい、バルギーによって金や命を奪われた人たちに責められる。玉清別やダリヤ姫によって救われ、バルギーは改心をする。
第8~15章
シャカンナはタラハン国の左守になっていた。
玄真坊、コブライ、コオロの三人はタラハン市に投宿し、大火災のドサクサに紛れて左守の館に入り、財宝を盗み出そうとするが、衛兵に捕まってしまう。
玄真坊はシャカンナの山賊時代の兄弟分で、そのことをネタにシャカンナを脅す。シャカンナは玄真坊に金を持てるだけ与えると、腹を切って命を絶った。
玄真坊たちは逃げる途中、捕り手に囲まれ、崖に飛び込む。
三人の精霊は中有界へ行き、シャカンナの霊に会い、欲望と罪に苦しんだ後、再び現界に戻って来る。気絶していた三人を介抱していたのは千草姫だった。
第16~20章
千草姫と玄真坊は、コブライとコオロを土中に生き埋めにして、金を持って立ち去る。
土中から何とか這い出したコブライとコオロは、玄真坊に復讐するため後を追い駆けるが、夢に神が現れて「何事も神に任せよ」と教訓を与える。二人は心を改め修験者になることにした。
千草姫と玄真坊は「入江の里」の浜屋旅館に滞在するが、千草姫は玄真坊を気絶させて金を独り占めにする。
そこへ杢助(妖幻坊の杢助)が現れ、三年ぶりに再会した二人は再び組んで悪事を始めることになる。
照国別一行が浜屋旅館にやって来ると、二人は逃げ出した。
主な登場人物[?]基本的にセリフやアクションがある人物のみ採録しています。名前だけしか出てこない人は省いています。[×閉じる]
天真坊玄真坊が改名
コブライ泥棒
バルギー泥棒
コオロ泥棒
ダリヤ姫スガの港の長者アリスの娘

玉清別神谷村の庄屋、元・日の出別の弟子
玉子姫玉清別の妻
神の子玉の子玉清別の息子

カンコキンスリンジャン春山村の住民

アリナタラハン国の右守
シャカンナ左守

照国別
照公
梅公別
概要:
凡例:
  • 現代では差別的表現と見なされる箇所もありますが修正せず底本通りにしました。
  • 文中[※]及び[#]記号で囲まれた部分は当サイトで独自に付けた脚注・注記です。底本にはありません。
  • 底本で傍点が付されている文字は太字で表記しています。
  • 漢字の旧字体は新字体に変更しています。
  • 本文中のアンカー(3~4桁の算用数字)は当サイトで独自に付けたものです。底本にはありません。
底本:『霊界物語 第七十一巻』愛善世界社、2009(平成21)年11月1日 第一刷
初版発行日:1929(昭和4)年2月1日