霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 困客(こんきやく)〔一八〇九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第71巻 山河草木 戌の巻 篇:第3篇 惨嫁僧目 よみ:さんかそうもく
章:第20章 第71巻 よみ:こんきゃく 通し章番号:1809
口述日:1926(大正15)年02月01日(旧12月19日) 口述場所:月光閣 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1929(昭和4)年2月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
月の国々を宣伝に回っている照国別、照公、梅公別の三人は、宣伝歌を歌いながら入江村の近くまでやってきていた
3人はスガの里への道程として、入江村に逗留しようとしていた。そこへ、草むらの中から人の唸り声が聞こえてくる。梅公別は倒れている坊主を見つけ、天の数歌を奏上すると、坊主は息を吹き返した。
梅公別がふと見れば、それはオーラ山で自分が言向け和した、玄真坊であった。玄真坊はここまできてようやく改心し、一行の共に加えてくれと梅公別に頼み込む。
一行は入江村の浜屋旅館に宿を取る。まず、梅公別が高姫に気づき、玄真坊は高姫に黄金を奪い取られたことを一同に話す。
一方、高姫も照国別一行に気づく。宣伝使たちを恐れた妖幻坊の杢助と高姫は、旅館を抜け出すと夜陰にまぎれ、舟を盗んでハルの海をスガの里に向けて漕ぎ出し、逃げてしまった。
翌朝、照国別一行も船をあつらえ、スガの港を指して出立した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm7120
愛善世界社版: 八幡書店版:第12輯 599頁 修補版: 校定版:282頁 普及版:133頁 初版: ページ備考:
001瑞魂(みづのみたま)大神(おほかみ)
002勅命(みこと)(かしこ)みフサの(くに)
003ウブスナ(やま)霊場(れいぢやう)
004(つき)神国(みくに)(わだか)まる
005大黒主(おほくろぬし)悪身魂(あくみたま)
006言向和(ことむけやは)天国(てんごく)
007神園(みその)(すく)(たす)けむと
008照国別(てるくにわけ)宣伝使(せんでんし)
009一行(いつかう)四人(よにん)河鹿山(かじかやま)
010(はげ)しき(かぜ)()かれつつ
011(ほこら)(もり)山口(やまぐち)
012(あや)しの(もり)()()えて
013彼方(あなた)此方(こなた)()けめぐり
014(かみ)(まこと)御教(みをしへ)
015国人達(くにびとたち)()(つた)
016()めるを(いや)(まづ)しきを
017(すく)(たす)けて(いま)此所(ここ)
018(もも)神業(かむわざ)(つか)へつつ
019トルマン(ごく)危難(きなん)をば
020(すく)ひて此所(ここ)(まで)(きた)りけり
021あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
022(かみ)身魂(みたま)(さちは)ひて
023吾等(われら)使命(しめい)詳細(まつぶさ)
024()げさせ(たま)へと()(まつ)
025大日(おほひ)()るとも(くも)るとも
026(つき)()つとも()くる(とも)
027仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
028曲津(まがつ)(かみ)(たけ)ぶとも
029(まこと)(かみ)御力(おんちから)
030(わが)()()びし(その)(うへ)
031如何(いか)なる(まが)(おそ)れむや
032(すす)めや(すす)めいざ(すす)
033吾等(われら)(かみ)()(かみ)(みや)
034(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
035(おに)大蛇(をろち)曲神(まがかみ)
036如何(いか)(ほど)(たけ)(くる)ふとも
037(なに)(おそ)れむ敷島(しきしま)
038大和男子(やまとをのこ)宣伝使(せんでんし)
039勝利(しようり)(みやこ)(いた)(まで)
040いつかな(ひるま)雄心(をごころ)
041大和心(やまとごころ)()(おこ)
042(すす)みて()かむ大野原(おほのはら)
043地獄(ぢごく)(たちま)天国(てんごく)
044(わが)言霊(ことたま)()(なほ)
045(かみ)王侯(わうこう)貴人(きじん)より
046(しも)旃陀羅(せんだら)(いた)るまで
047(かみ)(すく)ひの()()べて
048一蓮托生(いちれんたくしやう)(すく)()
049(みづ)(みたま)神力(しんりき)
050(あら)はしまつる(わが)使命(しめい)
051()げさせ(たま)惟神(かむながら)
052皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
053(かしこ)(かしこ)()(まつ)
054三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
055一度(いちど)(ひら)(かみ)(くに)
056(ひら)いて()りて()(むす)
057()大神(おほかみ)(つき)(かみ)
058大地(だいち)(まも)らす荒金(あらがね)
059(つかさ)とゐます瑞魂(みづみたま)
060神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
061(ふか)(めぐみ)(わす)れまじ
062(たふと)勲功(いさを)(わす)れまじ
063(すす)めよ(すす)めいざ(すす)
064悪魔(あくま)(とりで)立向(たちむか)
065摂受(せつじゆ)(つるぎ)()()ちて
066言向和(ことむけやは)すは(あん)(うち)
067アヽ(いさ)ましや(いさ)ましや
068(かみ)使命(しめい)()()けし
069()さへ(たふと)宣伝使(せんでんし)
070(いた)(ところ)(てき)はなし
071バラモン(けう)やウラル(けう)
072如何(いか)(ほど)刃向(はむか)(きた)るとも
073皇大神(すめおほかみ)(たま)ひてし
074厳言霊(いづことたま)(ひかり)にて
075暗夜(やみよ)()らし神徳(しんとく)
076(つき)御国(みくに)(かがや)かし
077()らさにやおかぬ(わが)使命(しめい)
078(まも)らせ(たま)へと()(まつ)
079アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
080(みたま)(さちは)ひましませよ』
081 ()(うた)(なが)入江(いりえ)(むら)(ちか)田圃道(たんぼみち)まで、082やつて()たのは照国別(てるくにわけ)083照公(てるこう)084梅公別(うめこうわけ)三人(さんにん)であつた。
085照公(てるこう)『モシ、086先生(せんせい)087モウ()()(ちか)くなりましたが今晩(こんばん)入江(いりえ)(むら)宿(やど)をとり、088(ゆつく)休息(きうそく)(いた)しまして、089明日(みやうにち)(ふね)でスガの(みなと)()かうぢやありませぬか』
090照国別(てるくにわけ)成程(なるほど)091大分(だいぶん)(つか)れたやうだ、092()此所(ここ)一服(いつぷく)しよう。093モウあの(むら)へは(とほ)くはあるまいから』
094梅公別(うめこうわけ)先生(せんせい)095今晩(こんばん)是非(ぜひ)入江村(いりえむら)(とま)りませう。096浜屋(はまや)()景色(けしき)よい宿屋(やどや)御座(ござ)いますから是非(ぜひ)そこへ(とま)つて、097明日(あす)スガの(みなと)()(こと)(いた)しませう。098スガの(みなと)にはアリスと()薬屋(くすりや)長者(ちやうじや)がありまして、099その息子(むすこ)には、0991イルク、100(むすめ)にはダリヤ(ひめ)()熱心(ねつしん)三五教(あななひけう)信者(しんじや)()ります。101キツト()つて()るに(ちが)ひありませぬから』
102照国(てるくに)『さうだ、103梅公別(うめこうわけ)さまは一度(いちど)(とま)りになつた(こと)があるさうだから、104(こころ)(やす)くてよからう』
105(てる)四方八方(よもやま)景色(けしき)(とほ)見渡(みわた)せば
106コバルト(いろ)遠山(とほやま)かすめり』
107照国(てるくに)薄墨(うすずみ)にぼかしたやうな山影(やまかげ)
108スガの(さと)なる高山(たかやま)ならむ』
109(うめ)夏草(なつぐさ)()(しげ)りたる広野原(ひろのはら)
110(すす)()()(たの)しくもある(かな)
111今日(けふ)()()()れむとす草枕(くさまくら)
112(たび)(つか)れを宿(やど)(いや)さむ』
113 三人(さんにん)(やす)んでゐる(うしろ)(くさ)(なか)から(なん)だか、114ウンウンと(うな)(ごゑ)(きこ)えて()る。115梅公別(うめこうわけ)耳敏(みみざと)くも(これ)()き、116ツカツカと(くさむら)(なか)(うめ)(ごゑ)(たづ)ねて(ちか)づき()れば、117(みにく)(いや)しい(つら)をした坊主(ばうず)一人(ひとり)半死半生(はんしはんしやう)(てい)(たふ)れて()る。118梅公別(うめこうわけ)直様(すぐさま)(あま)数歌(かずうた)奏上(そうじやう)するや、119(たふ)(びと)はムクムクと()(あが)り、
120何方(どなた)()りませぬが、121よくまア(たす)けて(くだ)さいました。122拙僧(せつそう)はバラモン(けう)修験者(しゆげんじや)天真坊(てんしんばう)(まを)します』
123 梅公別(うめこうわけ)は、124どこか見覚(みおぼ)えのある(かほ)だなア……とよくよく念入(ねんい)りに調(しら)べて()ると、125オーラ(さん)立籠(たてこも)つて大望(たいまう)(たくら)んでゐた妖僧(えうそう)玄真坊(げんしんばう)なる(こと)()り、
126『やアお(まへ)玄真坊(げんしんばう)ぢやないか、127オーラ(さん)改心(かいしん)をすると()(なが)ら、128(ふたた)(あく)(かへ)つて三百(さんびやく)手下(てした)引率(ひきつ)れ、129各地(かくち)押入強盗(おしいりがうたう)をやつて()ると()(うはさ)であつたが、130天罰(てんばつ)(おそ)ろしいものだ。131何人(なにびと)に、132(まへ)(しひた)げられて、133こんな(ところ)(たふ)れて()たのだ。134(さつ)する(ところ)持前(もちまへ)のデレ根性(こんじやう)(おこ)し、135(をんな)一物(いちもつ)(しめ)つけられ、136(いき)()()まつたのを(さいは)ひ、137かやうな(さび)しき原野(げんや)遺棄(ゐき)されたのだらう、138(さて)(さて)(あは)れな代物(しろもの)だな』
139(げん)『これはこれは(おそ)()りました。140(わたし)はお(さつ)しの(とほ)り、141(をんな)睾丸(きんたま)()めつけられ、142三万両(さんまんりやう)(かね)をぼつたくられ、143かやうな(ところ)へ、144ほかされたもので御座(ござ)います。145只今(ただいま)(かぎ)悪事(あくじ)()めまする。146さうして(をんな)(など)には、147キツト今後(こんご)()をくれませぬから、148何卒(どうぞ)(わたし)をお荷物持(にもつもち)にでも(かま)ひませぬ、149(とも)()れて()つて(くだ)さいませぬか』
150(うめ)『やア、151(おれ)にはお師匠様(ししやうさま)がある。152(おれ)一人(ひとり)一量見(いちりやうけん)では如何(どう)する(こと)出来(でき)ぬ。153()づお師匠様(ししやうさま)御意見(ごいけん)()いた(うへ)(こと)にしよう』
154 照国別(てるくにわけ)最前(さいぜん)から二人(ふたり)問答(もんだふ)()(をは)様子(やうす)()つて()るので、155梅公別(うめこうわけ)言葉(ことば)()たず、
156『ヤ、157玄真坊(げんしんばう)とやら、158最早(もは)()(くれ)にも(ちか)いから、159(ゆつく)りと宿屋(やどや)にでも()つて(はなし)(うけたま)はらう。160(これ)から吾々(われわれ)入江村(いりえむら)浜屋旅館(はまやりよくわん)一泊(いつぱく)するつもりだ。161(まへ)一緒(いつしよ)()かうぢやないか』
162(げん)『へ、163(なん)仰有(おつしや)います、164浜屋旅館(はまやりよくわん)にお(とま)りで御座(ござ)いますか。165あの(いへ)はお(きやく)があまり沢山(たくさん)で、166どさくつてゐますから、167(すこ)景色(けしき)(わる)御座(ござ)いますが、168玉屋(たまや)()立派(りつぱ)宿屋(やどや)がありますから、169其処(そこ)へお(とま)りになつては如何(いかが)御座(ござ)いませう。170(わたし)もお(とも)をさせて(いただ)きますから』
171(うめ)『ヤ、172一旦(いつたん)浜屋旅館(はまやりよくわん)相談(さうだん)(きま)つた(うへ)是非(ぜひ)とも浜屋(はまや)()かう。173吾々(われわれ)精霊(せいれい)(すで)浜屋(はまや)(をさ)まつて()るのだから』
174(げん)『そら、175さうで御座(ござ)いませうが、176ならう(こと)なら待遇(あしらひ)()し、177夜具(やぐ)上等(じやうとう)なり、178(いへ)(あたら)しう御座(ござ)いますから、179玉屋(たまや)になさつたら如何(いかが)御座(ござ)いませうかな』
180(うめ)『ハヽヽヽヽ、181(この)(をとこ)十日(とをか)(ばか)浜屋旅館(はまやりよくわん)(とま)つてゐたのだらう。182越後獅子(えちごじし)(こつ)ぴどくこみ()られ、183捕手(とりて)にフン()まれた鬼門(きもん)場所(ばしよ)だから、184浜屋(はまや)(いや)だらう。185ヤ、186それは無理(むり)もない。187(しか)吾々(われわれ)がついてゐる以上(いじやう)大丈夫(だいぢやうぶ)だ。188ソツと(うしろ)から()いて()い。189(まへ)身柄(みがら)引受(ひきう)けてやるから、190その(かは)191(いま)(まで)のやうな(こころ)では一日(いちにち)だつて安心(あんしん)()(くら)(こと)出来(でき)ぬぞ。192(こころ)(そこ)から()(あらた)めるか、193どうぢや』
194(げん)『ハイ、195(うま)赤子(あかご)になつてお(つか)(いた)します。196何卒(なにとぞ)(たす)(くだ)さいませ』
197(うめ)『ウン、198ヨシ、199先生(せんせい)200(いま)斯様(かやう)(まを)してゐますが、201(しか)(なが)此奴(こいつ)悪事(あくじ)(しば)(かぶ)らねば(なほ)らない(やつ)御座(ござ)いますが、202(わたし)(なん)とかして、203改心(かいしん)をさして()()御座(ござ)いますから、204(とも)をさせて(くだ)さいませ。205梅公別(うめこうわけ)無調法(ぶてうはふ)のないやうに()()けますから』
206照国(てるくに)()(かく)207二三日間(にさんにちかん)()れて()よう。208如何(どう)してもいかなけりや、209突放(つつぱな)(まで)(こと)だ。210さア()()れかかつた、211(いそ)いで()かう』
212(また)もや(こゑ)(すず)しく宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)213入江村(いりえむら)浜屋(はまや)をさして(すす)()く。
214 浜屋(はまや)表口(おもてぐち)にさしかかると客引(きやくひき)(をんな)が、215二三人(にさんにん)門口(かどぐち)()つて、
216(をんな)『もしお(きやく)さま、217どちらにお(いで)御座(ござ)います。218明日(みやうにち)(ふね)都合(つがふ)(よろ)しう御座(ござ)いますから此方(こちら)にお(とま)(くだ)さいませ。219十分(じふぶん)丁寧(ていねい)に、220待遇(あしらひ)(いた)しますから。221さうして、222加減(かげん)のいい潮湯(しほゆ)()いてゐますから、223何卒(どうぞ)当家(たうけ)でお(とま)りを(ねが)ひます』
224(うめ)『ヤ、225(まへ)がさう()はなくても、226此方(こちら)(はう)からお世話(せわ)になりたいと(おも)つて()たのだ。227一行(いつかう)四人(よにん)だ、228よい居間(ゐま)があるかな』
229(をんな)『ハイ、230(うら)離棟(はなれ)御座(ござ)いまして、231そのお座敷(ざしき)からはハルの(うみ)(かがみ)()(なが)らに()えまする。232(なん)なら二三日(にさんにち)御逗留(ごとうりう)(くだ)さいますれば、233真帆(まほ)片帆(かたほ)()()景色(けしき)は、234まるで胡蝶(こてふ)(はる)野辺(のべ)()()ふやうで御座(ござ)います』
235(うめ)『もし先生(せんせい)236さアお這入(はい)(くだ)さい』
237照国(てるくに)『そんなら御免(ごめん)(かうむ)らうか』
238(さき)()つて縄暖簾(なはのうれん)をくぐる。239玄真坊(げんしんばう)はビクビク(ふる)(なが)ら、240照国別(てるくにわけ)(うしろ)になり(ちひ)さくなつて()いて()く。241(つぎ)照公(てるこう)242梅公別(うめこうわけ)亭主(ていしゆ)下女(げぢよ)愛嬌(あいけう)()()(なが)ら、243(おく)離棟(はなれ)(すす)()く。
244 ()入浴(にふよく)()ませ夕食(ゆふしよく)(をは)り、245四人(よにん)浴衣(ゆかた)がけになつて、246団扇(うちは)片手(かたて)(つみ)のない(はなし)(ふけ)つて()ると、247(おもて)二階(にかい)()に、248なまめかしい(こゑ)(きこ)えて()る。249梅公別(うめこうわけ)不思議(ふしぎ)さうに(くび)(かたむ)()いてゐる。
250(てる)『これ梅公別(うめこうわけ)さま、251(なに)思案(しあん)をして()るのだい。252ありや何処(どつか)(をんな)(きやく)ふざけ()るのだい』
253(うめ)『いや、254どうも合点(がてん)()かぬ(こゑ)だ。255千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)ぢやあるまいかな』
256(てる)『ヘン、257馬鹿(ばか)()ふない、258千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)が、259こんな(ところ)(とま)るものか。260彼奴(あいつ)屹度(きつと)何処(どこ)かの王城(わうじやう)(しの)()り、261(また)もや刹帝利(せつていり)(きさき)()()んでゐやがるだらう』
262(うめ)『ヤ、263どうも(あや)しいぞ。264(ひと)照公(てるこう)265(まへ)調(しら)べて()てくれぬか』
266 玄真坊(げんしんばう)(ちひ)さい(こゑ)で、
267(げん)『モシお三人(さんにん)さま、268あの(こゑ)千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)間違(まちが)御座(ござ)いませぬ。269(わたし)睾丸(きんたま)()めつけ、270三万両(さんまんりやう)(かね)をぼつたくつた大悪人(だいあくにん)御座(ござ)います。271何卒(どうぞ)彼奴(あいつ)をとつちめ、272三万両(さんまんりやう)()(かへ)して(くだ)さい。273さうすりや一万両(いちまんりやう)(づつ)274(まへ)さま(たち)進上(しんじやう)(いた)しまする』
275(うめ)馬鹿(ばか)()ふな、276吾々(われわれ)(かね)なんか必要(ひつえう)はない。277()して左守(さもり)(やかた)でぼつたくつた(かね)ぢやないか』
278(げん)『ハイ、279(さつ)しの(とほ)りで御座(ござ)います』
280(うめ)『どうやら千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)相客(あひきやく)人間(にんげん)ぢやないらしいぞ。281先生(せんせい)282(これ)から(わたし)正体(しやうたい)見届(みとど)けて()ます。283何卒(どうぞ)(しばら)此処(ここ)()つて()(くだ)さいや』
284照国(てるくに)(ひと)さまの居間(ゐま)()()んで調(しら)べると()失礼(しつれい)(こと)はないぢやないか、285そんな(こと)せずとも自然(しぜん)(わか)つて()るよ』
286 ()(はな)(とき)しも二階(にかい)障子(しやうじ)をサツと()けて(はな)座敷(ざしき)(のぞ)いたのは千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)であつた、287梅公(うめこう)(かほ)高姫(たかひめ)(かほ)はピツタリと()つた。288千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)梅公(うめこう)(かほ)をパツと()るより、289(こひ)しいやら(おそ)ろしいやら、290(かほ)真蒼(まつさを)にしてピリピリと(ふる)ふた。291妖幻坊(えうげんばう)杢助(もくすけ)高姫(たかひめ)様子(やうす)(ただ)ならぬに不審(ふしん)(おこ)し、
292『オイ、293(たか)チヤン、294(まへ)様子(やうす)(へん)ぢやないか、295(なに)をオヂオヂして()るのだ』
296()杢助(もくすけ)さま、297あれ御覧(ごらん)なさいませ、298三五教(あななひけう)照国別(てるくにわけ)299照公(てるこう)300梅公別(うめこうわけ)(さん)宣伝使(せんでんし)離棟(はなれ)居間(ゐま)(とま)つて()ます。301そして玄真坊(げんしんばう)(よこ)にゐますのを()れば、302三万両(さんまんりやう)(かね)()(かへ)(ため)に、303(いき)をふきかへして()たものと(おも)はれます』
304(もく)『やアそりや大変(たいへん)だ、305三五教(あななひけう)(やつ)()けば(おれ)もチツト(むし)()かない、306(なん)とかしてお(まへ)二人(ふたり)307此所(ここ)()()さうぢやないか』
308()杢助(もくすけ)さま、309貴方(あなた)()(よわ)(こと)仰有(おつしや)いますな、310斎苑(いそ)(やかた)彼奴等(あいつら)家来扱(けらいあつかひ)をして()つたぢやありませぬか。311(ひと)貴方(あなた)(おほ)きな(こゑ)で、3111呶鳴(どな)つて(くだ)されば312照国別(てるくにわけ)(など)()へぼ宣伝使(せんでんし)は、313(ひと)たまりもなく()()すぢやありませぬか』
314(もく)『ウン、315それもさうだが、316(いま)荒立(あらだ)てては(こと)面倒(めんだう)になる。317(おれ)にも(ひと)つの(かんが)へがあるからのう』
318()智謀絶倫(ちぼうぜつりん)(きこ)えた貴方(あなた)(こと)ですから、319滅多(めつた)如才(じよさい)はありますまい。320それで(なに)()貴方(あなた)にお(まか)(いた)して()きます』
321(もく)『ウン、322今夜(こんや)処置(しよち)(おれ)(まか)しておけ。323(おれ)計略(けいりやく)があるから、324さア千草(ちぐさ)高姫(たかひめ)325此方(こちら)へおじや』
326()(なが)二階(にかい)段梯子(だんばしご)をトントントンと()り、327(おもて)()番頭(ばんとう)小判(こばん)一枚(いちまい)(にぎ)らせ、
328(もく)一寸(ちよつと)(つき)(しやう)して半時(はんとき)ばかり()てば(かへ)つて()るから、329表戸(おもてど)()けて()いてくれよ』
330と、331(うま)誤魔化(ごまくわ)高姫(たかひめ)(とも)浜辺(はまべ)()()し、332一艘(いつさう)(ふね)(ぬす)んで一生懸命(いつしやうけんめい)にハルの(うみ)(なみ)()けてスガの(みなと)()()いで()く。
333 照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)一夜(いちや)此所(ここ)()かし、334あくる()(あさ)(はや)くより一艘(いつそう)(ふね)(あつら)へ、335(これ)(また)スガの(みなと)をさして(すす)()(こと)となつた。336あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
337大正一五・二・一 旧一四・一二・一九 於月光閣 北村隆光録)
338(昭和一〇・六・二四 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。