霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 高姫騒(たかひめさわぎ)〔七二一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 篇:第3篇 有耶無耶 よみ:うやむや
章:第9章 第23巻 よみ:たかひめさわぎ 通し章番号:721
口述日:1922(大正11)年06月11日(旧05月16日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年4月19日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
若彦の館の門を潜って一人の女が入ってきた。門番がとがめると、女は門番をたしなめて足早に奥に入って行った。女は玄関番の久助と言い争い、そこへ若彦が現れて女を見ると、はっとして奥へ通した。
女は若彦の妻・玉能姫であった。玉能姫は、高姫が若彦に対して陰謀を企んでいる危急を知らせに来たのであった。玉能姫は、高姫またはその使いが食べ物を持って来たなら、決して口にしてはならない、と告げた。
若彦は承知して、玉能姫に礼を言う。そこへ玄関に騒々しい争いの声が聞こえてきた。高姫がやってきて、玉能姫がここへ来ただろうと怒鳴っている。
高姫は奥へ勝手に入ってきて、若彦と玉能姫が会談している部屋に現れた。そして憎まれ口を叩いている。高姫は二人を脅したりすかしたりして、玉の隠し場所を白状させようとする。
若彦は怒り、玉能姫は去ろうとするが、高姫は食ってかかって怒鳴りたてる。そこへ常楠夫婦、木山彦夫婦、秋彦、駒彦、虻公、蜂公がやってきて、奥の争い声を聞いてやってきた。
一行は若彦の前に平伏する。高姫は皆が陰謀を企てにやってきたのだろう、と非難を始めるが、駒彦、秋彦は何のことやらわからずに途方に暮れている。久助が一行を大広間に案内しようとすると、高姫はまたもや言いがかりをつけて一行の行く手を阻む。
秋彦と駒彦は、自分たちは教主・言依別命に絶対服従しており、若彦を玉能姫を崇敬していると言って高姫を無視して通ろうとした。
高姫は怒って秋彦と駒彦のえりを掴んで引き倒した。それを見た常楠は怒って、大力に任せて高姫の襟首を掴み、館の外へと放り出した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm2309
愛善世界社版:141頁 八幡書店版:第4輯 545頁 修補版: 校定版:143頁 普及版:65頁 初版: ページ備考:
001 若彦(わかひこ)(もん)(くぐ)つて()(きた)一人(ひとり)美人(びじん)があつた。002門番(もんばん)秋公(あきこう)003七五三公(しめこう)両人(りやうにん)(この)姿(すがた)()て、
004秋公(あきこう)『モシモシ、005何処(どこ)のお女中(ぢよちう)()りませぬが、006(なん)御用(ごよう)御座(ござ)るか、007門番(もんばん)(わたくし)一応(いちおう)御用(ごよう)(おもむき)()かして(くだ)さいませ』
008(をんな)(すこ)しく様子(やうす)あつて……()(かく)主人(しゆじん)()()御座(ござ)いますから』
009七五三公(しめこう)()(わか)らぬ(をんな)(とほ)(こと)(まか)()りませぬ』
010(をんな)『お(まへ)此処(ここ)門番(もんばん)ではないか、011(わたし)如何(いか)なる(もの)(わか)らぬ(やう)(こと)で、012門番(もんばん)(つと)まりますか』
013たしなめ(なが)ら、014足早(あしばや)(おく)(ふか)(すす)()つた。
015七五三公(しめこう)『アヽ薩張(さつぱり)駄目(だめ)だ、016(をんな)()(やつ)()(けつ)(つよ)いものだ。017(しか)彼奴(あいつ)何処(どこ)ともなしに気品(きひん)(たか)(をんな)であつたが一体(いつたい)(なに)だらうかなア』
018秋公(あきこう)『ひよつとしたら大将(たいしやう)レコかも()れぬぞ』
019小指(こゆび)()して()せる。
020七五三公(しめこう)当家(うち)大将(たいしやう)(かぎ)つてそんな(もの)があつて(たま)らうかい。021玉能姫(たまのひめ)(さま)()立派(りつぱ)奥様(おくさま)があるのだが、022(いま)再度山(ふたたびさん)(ふもと)生田(いくた)(もり)に、023三五教(あななひけう)(やかた)()てて熱心(ねつしん)活動(くわつどう)して()られると()(こと)だ。024御夫婦(ごふうふ)遥々(はるばる)(くに)(へだ)てて忠実(ちうじつ)御神業(ごしんげふ)()さると()つて、025大変(たいへん)評判(へうばん)だから、026そんな(こと)があつて(たま)るものか』
027秋公(あきこう)『さうだと()つて思案(しあん)(ほか)()(こと)がある。028ひよつとしたら玉能姫(たまのひめ)さまが御入来(おいで)になつたのぢやあるまいかな』
029七五三公(しめこう)馬鹿(ばか)()へ、030玉能姫(たまのひめ)(さま)がどうして一人(ひとり)入来(いで)になるものか。031(すく)なくとも一人(ひとり)二人(ふたり)のお(とも)は、032屹度(きつと)()いて()らねばならぬ(はず)だ』
033秋彦(あきひこ)『そこが……微行(しのび)()(こと)がある。034きつと大将(たいしやう)(こひ)しくなつて、035御微行(ごびかう)出掛(でか)けられたのだらう』
036門番(もんばん)美人(びじん)(うはさ)有頂天(うちやうてん)になつて()る。
037 美人(びじん)(おく)(ふか)(すす)()玄関先(げんくわんさき)()ち、038小声(こごゑ)になつて、
039(をんな)若彦(わかひこ)(さま)御在宅(ございたく)御座(ござ)いますか』
040(おとな)うた。041玄関番(げんくわんばん)久助(きうすけ)(この)(こゑ)(はし)()で、
042久助(きうすけ)『ハイ、043若彦(わかひこ)御主人(ごしゆじん)(いま)(おく)()られます。044誰方(どなた)御座(ござ)いますか、045御名(おな)()かして(くだ)さいませ』
046(をんな)(すこ)しく()(まを)()げられぬ仔細(しさい)御座(ござ)います。047()(まを)しさへすれば(わか)りますから、048何卒(どうぞ)(をんな)一人(ひとり)(たづ)ねに(まゐ)つた」と(つた)へて(くだ)さいませ』
049久助(きうすけ)(わたし)姓名(せいめい)(うけたま)はらずにお取次(とりつぎ)(いた)しますると、050大変(たいへん)(しか)られますから、051何卒(どうぞ)()()つて(くだ)さい、052さうでなければお取次(とりつぎ)絶対(ぜつたい)出来(でき)ませぬ』
053(をんな)左様(さやう)なれば(わたし)から(すす)んでお()(かか)るべく(とほ)りませう』
054久助(きうすけ)(これ)()しからぬ(こと)仰有(おつしや)る。055此処(ここ)(わたし)関所(せきしよ)056さう無暗(むやみ)(とほ)(こと)(まか)りなりませぬ』
057(をんな)左様(さやう)なれば取次(とりつ)いで(くだ)さいませ』
058久助(きうすけ)()れば貴女(あなた)相当(さうたう)人格者(じんかくしや)()えるが、059(わたし)()(こと)(わか)りませぬか。060玄関番(げんくわんばん)玄関番(げんくわんばん)としての職責(しよくせき)(まも)らねばなりませぬから、061何程(なにほど)(とほ)して()()くとも、062姓名(せいめい)(わか)らない(かた)化物(ばけもの)だか(なん)だか()れませぬ。063()(どく)(なが)何卒(どうぞ)(かへ)(くだ)さいませ』
064 美人(びじん)(やや)(こゑ)(たか)め、
065(をんな)『コレ久助(きうすけ)066(まへ)はまだ聖地(せいち)(のぼ)つた(こと)もなく、067生田(いくた)(もり)()(こと)()いので(わか)らぬのも無理(むり)はないが、068()名告(なの)らずとも玄関番(げんくわんばん)をして()(くらゐ)なら、069大抵(たいてい)(わか)りさうなものだ。070(なん)()つても(わたし)(とほ)るのだから邪魔(じやま)をして(くだ)さるな』
071何処(どこ)やらに強味(つよみ)のある()()り。
072 久助(きうすけ)(くび)(かたむ)け、
073久助(きうすけ)『ハテナ、074貴女(あなた)奥様(おくさま)では御座(ござ)いませぬか。075ア、076いやいや奥様(おくさま)ではあるまい。077(たふと)玉能姫(たまのひめ)(さま)結構(けつこう)御神業(ごしんげふ)(あそ)ばして、078(いま)では女房(にようばう)とは()(なが)ら、079格式(かくしき)がズツと(うへ)になられ、080当家(たうけ)御主人様(ごしゆじんさま)容易(ようい)にお(そば)()れないと()(こと)だ。081そんな立派(りつぱ)(かた)(とも)()れずに、082軽々(かるがる)しく一人(ひとり)御入来(おいで)(あそ)ばす道理(だうり)がない。083アヽ此奴(こいつ)は、084てつきり魔性(ましやう)のものだ。085……こりやこりや(をんな)086絶対(ぜつたい)(とほ)(こと)(まか)りならぬぞ』
087大声(おほごゑ)呶鳴(どな)りつけてゐる。088若彦(わかひこ)久助(きうすけ)大声(おほごゑ)何事(なにごと)(おこ)りしかと、089()()つて(この)()(あら)はれ(きた)り、090美人(びじん)姿(すがた)()()(おどろ)き、
091『ア、092(まへ)(たま)……』
093()ひかけて(にはか)(くち)つぐみ、094()(なほ)つて、
095(いづ)れの女中(ぢよちう)(ぞん)じませぬが、096何卒(どうぞ)(おく)へお(とほ)(くだ)さいませ』
097(をんな)『ハイ、098()(がた)御座(ござ)います。099御神務(ごしんむ)御多忙(ごたばう)(なか)御邪魔(おじやま)(あが)りまして、100(まこと)御迷惑(ごめいわく)(さま)御座(ござ)いませう。101左様(さやう)なればお言葉(ことば)(したが)ひ、102(おく)(とほ)して(いただ)きませう』
103若彦(わかひこ)『サア(わたし)()いて御入来(おいで)なさいませ。104コレ久助(きうすけ)105(まへ)此処(ここ)にしつかりと玄関番(げんくわんばん)をして()るのだよ、106一足(ひとあし)(おく)()てはいけないから』
107()()てて両人(りやうにん)(おく)()姿(すがた)(かく)した。108(あと)見送(みおく)つた久助(きうすけ)(くび)(やや)左方(さはう)(かたむ)(した)(はすかい)()()し、109(めう)目付(めつき)をして合点(がてん)()かぬ面持(おももち)にて天井(てんじやう)(なが)めて()る。110若彦(わかひこ)(おく)()(をんな)二人(ふたり)(しづ)かに()()め、
111若彦(わかひこ)貴方(あなた)玉能姫(たまのひめ)殿(どの)では御座(ござ)らぬか。112大切(たいせつ)御神業(ごしんげふ)奉仕(ほうし)しながら、113何故(なぜ)案内(あんない)()一人(ひとり)此処(ここ)へお入来(いで)になりましたか。114(わたし)神様(かみさま)(ちか)つた以上(いじやう)115貴女(あなた)(この)(やかた)面会(めんくわい)する(こと)(おも)ひも()りませぬ』
116玉能姫(たまのひめ)『お言葉(ことば)御尤(ごもつと)もで御座(ござ)いますが、117(これ)には(ふか)仔細(しさい)があつて(まゐ)りました。118貴方(あなた)御存(ごぞん)じの(とほ)り、119言依別(ことよりわけ)(さま)より大切(たいせつ)神業(しんげふ)(めい)ぜられ、120(つい)生田(いくた)(もり)(やかた)主人(あるじ)となりましたが、121それに()いて高姫(たかひめ)さまの部下(ぶか)(つか)へて()(ひと)(たち)が、122三個(さんこ)神宝(しんぽう)は、123屹度(きつと)(わたし)貴方(あなた)とが(まを)(あは)当館(たうやかた)(かく)してあるに相違(さうゐ)ないから、124若彦(わかひこ)生命(いのち)をとつてでも、125(その)神宝(しんぽう)所在(ありか)白状(はくじやう)させねばならぬ」と()つて、126大変(たいへん)陰謀(いんぼう)(くはだ)てて()りますから、127(わたし)もそれを()いて(こころ)()()かず、128(なん)にも御存(ごぞん)じの()貴方(あなた)御迷惑(ごめいわく)()けては、129(つま)たる(わたし)責任(せきにん)()むまいと(おも)つて、130長途(ちやうと)(たび)(ただ)一人(ひとり)(しの)んで御報告(ごはうこく)(まゐ)りました』
131若彦(わかひこ)左様(さやう)御座(ござ)つたか。132それは御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)御座(ござ)います。133(しか)(なが)何事(なにごと)神様(かみさま)(まか)した(わたし)134仮令(たとへ)高姫(たかひめ)如何(いか)なる(たく)みを(もつ)(まゐ)りませうとも、135神様(かみさま)のお(ちから)()つて()()ける覚悟(かくご)御座(ござ)います。136何卒(どうぞ)御安心(ごあんしん)(うへ)137休息(きうそく)なされたら一時(ひととき)(はや)くお(かへ)(くだ)さいませ。138万一(まんいち)(この)(こと)()()れましてはお(たがひ)迷惑(めいわく)若彦(わかひこ)139玉能姫(たまのひめ)立派(りつぱ)(もの)だと(おも)つて()たのに、140矢張(やつぱり)人目(ひとめ)(しの)んで夫婦(ふうふ)会合(くわいがふ)して()る」と()はれてはなりませぬから、141教主(けうしゆ)のお(ゆる)しある(まで)絶対(ぜつたい)にお()(かか)(こと)出来(でき)ませぬ。142その(かは)(わたし)何処(どこ)までも独身(どくしん)(みち)(まも)つて()りますから、143御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
144玉能姫(たまのひめ)貴方(あなた)(かぎ)つて左様(さやう)気遣(きづか)ひは()りますものか。145(たがひ)(こころ)(うち)信用(しんよう)()つた(なか)ですから、146(けつ)して(けつ)して左様(さやう)さもしい(こころ)(おこ)しませぬ。147御承知(ごしようち)御座(ござ)いませうが(いづ)(とほ)からぬ(うち)148高姫(たかひめ)さまか、149(また)部下(ぶか)方々(かたがた)食物(たべもの)(もつ)()えませうから、150(けつ)してお(あが)りになつてはなりませぬ。151(これ)だけは(とく)にお(ねが)(いた)して()きます』
152若彦(わかひこ)『ハイ、153()(がた)御座(ござ)います、154(なに)から(なに)まで御注意(ごちうい)(くだ)さいまして御親切(ごしんせつ)(だん)155何時迄(いつまで)忘却(ばうきやく)(いた)しませぬ』
156 玉能姫(たまのひめ)(うれ)()若彦(わかひこ)言葉(ことば)()いて笑顔(ゑがほ)(つく)り、157(うれ)(なみだ)(にじ)ませて()る。
158 ()かる(ところ)玄関(げんくわん)(あた)つて(あらそ)ひの(こゑ)おいおい(たか)くなつて()る。159二人(ふたり)何事(なにごと)ならんと(みみ)()ませ()()れば、160高姫(たかひめ)癇声(かんごゑ)として、
161此処(ここ)玉能姫(たまのひめ)()たであらう』
162久助(きうすけ)(こゑ)『イヤイヤ(けつ)して(けつ)して(をんな)らしい(もの)一人(ひとり)()ませぬ。163(この)(やかた)御主人(ごしゆじん)命令(めいれい)()つて当分(たうぶん)(うち)164(をんな)禁制(きんせい)御座(ござ)る』
165高姫(たかひめ)(こゑ)(なん)()つて(かく)してもチヤンと門番(もんばん)()いて()たのだ。166(をんな)一人(ひとり)此処(ここ)這入(はい)つて()(はず)だ、167(うへ)(した)(こころ)(あは)せ、168しやうも()(をんな)()()()み、169体主霊従(たいしゆれいじう)のあり()けを(つく)し、170表面(うはべ)(まこと)らしく()せて()若彦(わかひこ)(たく)みであらう。171彼奴(あいつ)青彦(あをひこ)()つて、172(わし)(そだ)ててやつた(をとこ)だ。173エー、174(とほ)すも(とほ)さぬもあるか、175()はば弟子(でし)(やかた)師匠(ししやう)()たのだ。176邪魔(じやま)(いた)すな』
177呶鳴(どな)()て、178久助(きうすけ)(とど)むるを()(はら)ひ、179三四人(さんよにん)(をとこ)玄関(げんくわん)()たせ()き、180(たたみ)(あし)にて(きつ)威喝(ゐかつ)させ(なが)若彦(わかひこ)居間(ゐま)(すす)(きた)り、
181高姫(たかひめ)『オホヽヽヽ、182若彦(わかひこ)さま、183(わる)(ところ)へカシヤ(ばば)(まゐ)りまして(まこと)御迷惑(ごめいわく)(さま)184折角(せつかく)意茶(いちや)つかうと(おも)ひなさつた(ところ)を、185風流気(ふうりうげ)()皺苦茶婆(しわくちやばば)這入(はい)つて()て、186折角(せつかく)(きよう)()ましました。187(まへ)さまは羊頭(やうとう)(かか)げて狗肉(くにく)()山師(やまし)(やう)宣伝使(せんでんし)ぢや。188玉能姫(たまのひめ)殿(どの)189(この)高姫(たかひめ)眼力(がんりき)(たが)はず、190表面(うはべ)立派(りつぱ)(こと)を……ヘン……仰有(おつしや)つて言依別(ことよりわけ)教主(けうしゆ)誤魔化(ごまくわ)して御座(ござ)つたが、191今日(けふ)醜態(ざま)(なん)御座(ござ)りますか。192貴方(あなた)御身分(おみぶん)一人(ひとり)(とも)()れずに、193大切(たいせつ)神業(しんげふ)(あそ)ばす(をつと)(そば)(しの)んで()るとは、194(じつ)立派(りつぱ)貴方(あなた)(おこな)ひ、195高姫(たかひめ)(じつ)感心(かんしん)(いた)しました。196本当(ほんたう)(すご)いお腕前(うでまへ)197(つめ)(あか)でも(せん)じて(いただ)()御座(ござ)いますワ。198オホヽヽヽ』
199若彦(わかひこ)『これはこれは高姫(たかひめ)(さま)200遠方(ゑんぱう)(ところ)ようこそいらせられました』
201高姫(たかひめ)『よう()たのでは()い、202(わる)()たのですよ。203(まへ)さまも気持(きもち)()(たの)しまうと(おも)つて()(ところ)へ、204皺苦茶婆(しわくちやばば)アがやつて()て、205折角(せつかく)(たの)しみを滅茶々々(めちやめちや)にされて(むね)(わる)いでせう。206(つき)村雲(むらくも)207(はな)には(あらし)208()(なか)(おも)(やう)には()きますまいがな。209西(にし)妹山(いもやま)210(ひがし)背山(せやま)211(なか)(へだ)つる高姫川(たかひめがは)212本当(ほんたう)(わる)(やつ)()(まゐ)りました。213コレコレ玉能姫(たまのひめ)さま、214(はづ)かし(さう)(あか)(かほ)して(なん)ぢやいな。215阿婆擦女(あばずれをんな)(くせ)に、216殊勝(しゆしよう)らしう()せようと(おも)つて、217そんな芝居(しばゐ)をしても、218(はた)のお(かた)誤魔化(ごまくわ)されませうが、219(この)高姫(たかひめ)(かぎ)つて(その)()()ひませぬぞエ。220「その()でお釈迦(しやか)(かほ)()でた」と()ふのはお(まへ)さまの(こと)だ。221アヽア(こは)(こは)い、222こりや一通(ひととほ)りの(たぬき)ではあるまい。223愚図々々(ぐづぐづ)して()ると高姫(たかひめ)睾丸(きんたま)……オツトドツコイ……胆玉(きもだま)まで()かれますワイ』
224玉能姫(たまのひめ)『これはこれは高姫(たかひめ)(さま)225遠方(ゑんぱう)(ところ)御苦労様(ごくらうさま)御座(ござ)いました。226(いま)(うけたま)はれば貴方(あなた)色々(いろいろ)我々(われわれ)夫婦(ふうふ)(こと)()いて、227誤解(ごかい)をして()らつしやいますが、228(けつ)して左様(さやう)(かんが)へを(もつ)()たのでは御座(ござ)いませぬ』
229高姫(たかひめ)『そんな(こと)今々(いまいま)信者(しんじや)仰有(おつしや)(こと)だ。230蹴爪(けづめ)()えた高姫(たかひめ)には、231()つから通用(つうよう)(いた)しませぬワイなア』
232小面憎気(こづらにくげ)(あご)をしやくつて()せる。233玉能姫(たまのひめ)(かへ)言葉(ことば)()迷惑相(めいわくさう)俯向(うつむ)いて()る。
234高姫(たかひめ)『コレ、235玉能姫(たまのひめ)さま、236イヤお(せつ)さま、237(わる)(こと)出来(でき)ますまいがな。238(まこと)水晶(すゐしやう)生粋(きつすゐ)日本魂(やまとだましひ)ぢやと教主(けうしゆ)見込(みこ)んで、239大切(たいせつ)御神業(ごしんげふ)()()けられた貴女(あなた)精神(せいしん)が、240さうグラ()(やう)(こと)では如何(どう)なりますか。241(わたし)(これ)から貴女(あなた)夫婦(ふうふ)会合(くわいがふ)実地(じつち)目撃(もくげき)した証拠人(しようこにん)だから、242三五教(あななひけう)一般(いつぱん)報告(はうこく)(いた)しまして信者(しんじや)大会(たいくわい)(ひら)き、243(まへ)さまの御用(ごよう)取上(とりあ)げて仕舞(しま)はねば、244折角(せつかく)大神様(おほかみさま)三千年(さんぜんねん)御苦労(ごくらう)(みづ)(あわ)になります。245サア如何(どう)ぢや、246返答(へんたふ)をしなされ。247()つの(たま)何処(どこ)(かく)してある。248それを()かねば、249(まへ)さまの(やう)なグラグラする瓢箪鯰(へうたんなまづ)には秘密(ひみつ)(まも)れませぬ。250サア玉能姫(たまのひめ)さま、251若彦(わかひこ)さま、252夫婦(ふうふ)共謀(きようぼう)してドハイカラの言依別(ことよりわけ)誤魔化(ごまくわ)して()つたが、253最早(もはや)()けの(あら)はれ(どき)254(なん)()つても高姫(たかひめ)承知(しようち)しませぬぞエ。255一般(いつぱん)報告(はうこく)されるのが(くる)しければ……魚心(うをごころ)あれば水心(みづごころ)ありとやら……(この)高姫(たかひめ)()もあれば(なみだ)もある。256(けつ)してお(まへ)さま(たち)御迷惑(ごめいわく)()て、257心地(ここち)よいとは滅多(めつた)(おも)ひませぬ。258サア玉能姫(たまのひめ)さま、259(まへ)さまはチツと(わし)()(やう)(きつ)うて(はら)()つであらうが、260そこは神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)()(なほ)して、261御神宝(ごしんぽう)所在(ありか)(わし)にソツと()つて(くだ)さい。262さうすればお(まへ)さま()夫婦(ふうふ)のアラも(わか)らず、263(わし)(また)(まこと)御神業(ごしんげふ)出来(でき)結構(けつこう)だから』
264玉能姫(たまのひめ)(わたし)一度(いちど)教主様(けうしゆさま)から(たま)はお(あづか)(いた)しましたが、265不思議(ふしぎ)(かた)(あら)はれて(とほ)(くに)()つて()かれましたから、266実際(じつさい)(こと)何処(どこ)(かく)されてあるか、267(わたし)風情(ふぜい)(わか)つて(たま)りますか。268(また)仮令(たとへ)()つて()りましても、269三十万年(さんじふまんねん)(あひだ)口外(こうぐわい)出来(でき)ない(こと)になつて()りますから、270それ(ばか)りは如何(どう)仰有(おつしや)つても(まを)()げられませぬ。271何卒(どうぞ)貴女(あなた)天眼通(てんがんつう)()出神(でのかみ)御守護(ごしゆご)とで、272(たま)所在(ありか)御発見(ごはつけん)なさるが(よろ)しう御座(ござ)いませう』
273高姫(たかひめ)『エー、274ツベコベと小理屈(こりくつ)()(かた)ぢやなア。275そんな(こと)勿体(もつたい)ない、276()出神(でのかみ)御苦労(ごくらう)()けたり、277天眼通(てんがんつう)使(つか)うて(たま)りますか。278(まへ)さまが(ただ)一言(ひとこと)()()うぢや」と()ひさへすれば()いぢやないか』
279若彦(わかひこ)現在(げんざい)(をつと)(わたくし)にさへも仰有(おつしや)らぬのですから、280何程(なにほど)(たづ)ねになつても駄目(だめ)ですよ』
281高姫(たかひめ)『エー、282(まへ)までが横槍(よこやり)()れるものぢやない。283夫婦(ふうふ)(はら)(あは)して(かく)して()るのであらう。284そんな(こと)はチヤーンと(わか)つて()るのだ』
285 若彦(わかひこ)(やや)語気(ごき)(あら)らげ、
286若彦(わかひこ)()つて()るのなら何故(なぜ)貴女(あなた)勝手(かつて)にお(さが)しなさらぬか。287貴女(あなた)仰有(おつしや)(こと)矛盾(むじゆん)撞着(どうちやく)脱線(だつせん)だらけぢやありませぬか』
288高姫(たかひめ)脱線(だつせん)とはお(まへ)(こと)だ。289教主(けうしゆ)御命令(ごめいれい)がある(まで)夫婦(ふうふ)(かほ)(あは)さぬと(ちか)(なが)ら、290今日(けふ)脱線(だつせん)()りは(なん)(こと)だ。291矛盾(むじゆん)撞着(どうちやく)はお前等(まへら)夫婦(ふうふ)(こと)ぢやないか。292(あんま)(ひと)(こと)けなす(くづ)()ますぞ。293オホヽヽヽ』
294(あざけ)(やう)(わら)ふ。
295玉能姫(たまのひめ)若彦(わかひこ)(さま)296(わたし)(これ)でお(いとま)(いた)します。297高姫(たかひめ)(さま)298何卒(どうぞ)()ゆるりと(あそ)ばしませ。299左様(さやう)なら』
300()(あが)らうとするを、301高姫(たかひめ)はグツと(かた)(おさ)へ、
302高姫(たかひめ)『コレコレ、303()(やう)()つたつて(にが)しはせぬぞえ。304金輪奈落(こんりんならく)(そこ)(まで)305神宝(しんぽう)所在(ありか)白状(はくじやう)させねば()きませぬぞ』
306玉能姫(たまのひめ)(なん)仰有(おつしや)つても(これ)(ばか)りは(まを)()げられませぬ』
307高姫(たかひめ)(なん)と、308マア、309夫婦(ふうふ)がよく(はら)(あは)したものだ。310本当(ほんたう)(うらや)ましい(ほど)311(なか)()御夫婦様(ごふうふさま)ぢや。312オホヽヽヽ』
313玉能姫(たまのひめ)何卒(どうぞ)高姫(たかひめ)(さま)314其処(そこ)(はな)して(くだ)さいませ。315(わたし)生田(いくた)(もり)(かへ)らねばなりませぬから、316一時(ひととき)()神業(しんげふ)疎略(おろそか)出来(でき)ませぬ』
317高姫(たかひめ)『オホヽヽヽ、318一時(ひととき)()疎略(おろそか)出来(でき)ない御神業(ごしんげふ)()()てて、319(をつと)(そば)へなれば幾日(いくにち)幾日(いくにち)もかかつて、320遥々(はるばる)()(くに)(まで)()(あそ)ばすのだから、321(じつ)立派(りつぱ)なものだ』
322玉能姫(たまのひめ)『それでも退引(のつぴ)きならぬ御用(ごよう)出来(でき)ましたので、323多忙(たばう)(なか)神様(かみさま)にお(ねが)(まを)して(まゐ)つたので御座(ござ)います』
324高姫(たかひめ)『その(よう)とは何事(なにごと)御座(ござ)るか、325サア、326それを()かして(もら)はう。327(わし)()かせぬ(やう)御用(ごよう)なら(いづ)(ろく)(こと)ではあるまい。328前達(まへたち)若夫婦(わかふうふ)()つて如何(どん)(たく)みをして()るか(わか)つたものぢやない。329サアもう()うなつては(わし)勘忍袋(かんにんぶくろ)()()れた。330(なん)()うても(した)()いてでも()はして()せる』
331癇声(かんごゑ)呶鳴(どな)()てて()る。
332 (この)(とき)玄関(げんくわん)騒々(さうざう)しき(ひと)足音(あしおと)(きこ)えて()た。333(しば)らくすると秋彦(あきひこ)334駒彦(こまひこ)335木山彦(きやまひこ)夫婦(ふうふ)(ほか)四人(よにん)兄弟(きやうだい)336(あわただ)しく(おく)()(こゑ)()きつけて(この)()(あら)はれ(きた)り、337八人(はちにん)一度(いちど)()をついて若彦(わかひこ)(まへ)平伏(へいふく)した。
338若彦(わかひこ)『ヤア、339其方(そなた)駒彦(こまひこ)340秋彦(あきひこ)宣伝使(せんでんし)では御座(ござ)らぬか、341何用(なによう)あつてお()しなされた』
342駒彦(こまひこ)『ハイ、343熊野(くまの)大神様(おほかみさま)へお(れい)()めに参拝(さんぱい)(いた)しました』
344 高姫(たかひめ)はカラカラと打笑(うちわら)ひ、
345高姫(たかひめ)『アハヽヽヽ、346オホヽヽヽようもようも(そろ)つたものだ。347(なに)かお前達(まへたち)(しめ)()はせ大陰謀(だいいんぼう)(くはだ)てて()(ところ)348アタ()(わる)い、349(にく)まれ(もの)高姫(たかひめ)がやつて()()るので(きも)(つぶ)し、350熊野(くまの)大神様(おほかみさま)へお(れい)(まゐ)りをしたとは、351子供(こども)(だま)しの(やう)逃口上(にげこうじやう)352立派(りつぱ)聖地(せいち)には大神様(おほかみさま)御座(ござ)るぢやないか。353それにも(かか)はらず熊野(くまの)へお(れい)(まゐ)りとは方角(はうがく)(ちが)ひにも(ほど)がある。354何事(なにごと)嘘言(うそ)(かた)めた(こと)(すぐ)()げるものだ。355オホヽヽヽ、356あの、357マア(みな)さんの首尾(しゆび)(わる)(さう)(かほ)わいな。358梟鳥(ふくろどり)夜食(やしよく)(はづ)れてアフンとした(やう)(その)様子(やうす)359写真(しやしん)にでも()つて()いたら、360よい記念(きねん)になりませうぞい』
361言葉尻(ことばじり)をピンと()ねた(やう)捨台詞(すてぜりふ)使(つか)つて()る。362駒彦(こまひこ)一行(いつかう)(なに)(なに)やら合点(がてん)()かず途方(とはう)()れ、363黙然(もくねん)として看守(みまも)つて()る。
364若彦(わかひこ)皆様(みなさま)365(あと)でゆつくりとお(はなし)(うけたま)はりませう。366何卒(どうぞ)御神前(ごしんぜん)へおいで(あそ)ばして、367(れい)()まして()(くだ)さいませ。368……オイ久助(きうすけ)369御神殿(ごしんでん)(この)方々(かたがた)御案内(ごあんない)(まを)せ』
370 久助(きうすけ)玄関(げんくわん)より若彦(わかひこ)(こゑ)()きつけ(はし)(きた)り、
371久助(きうすけ)『サア、372皆様(みなさま)373大広間(おほひろま)御案内(ごあんない)(いた)しませう』
374高姫(たかひめ)『コレコレ悪人(あくにん)(ども)375イヤ(おな)(あな)狐衆(きつねしう)376(しばら)くお()ちなされ。377若彦(わかひこ)(はら)()はせ、378御神殿(ごしんでん)へお(れい)()()て、379(うま)(この)()()げて()御所存(ごしよぞん)であらう。380そんなアダトイ(こと)()さつても、381世界(せかい)()()()出神(でのかみ)生宮(いきみや)はチヤンと()つて()りますぞえ。382何故(なぜ)(をとこ)らしう(この)()斯様々々(かやうかやう)次第(しだい)白状(はくじやう)なさらぬのだ。383今日(こんにち)三五教(あななひけう)(おい)て、384(まこと)神力(しんりき)(そな)はつた(かみ)生宮(いきみや)(この)高姫(たかひめ)御座(ござ)る。385高姫(たかひめ)(まを)(こと)()くか、386若彦(わかひこ)言葉(ことば)()くか。387サア(こと)大小(だいせう)388軽重(けいちよう)(かんが)へた(うへ)389(すみや)かに返答(へんたふ)なされ。390返答(へんたふ)次第(しだい)()つて(この)高姫(たかひめ)にも量見(りやうけん)御座(ござ)るぞや』
391 秋彦(あきひこ)392駒彦(こまひこ)(くち)(そろ)へて、
393(あき)394(こま)(わたくし)第一(だいいち)言依別(ことよりわけ)教主(けうしゆ)395(その)(つぎ)には玉能姫(たまのひめ)(さま)396(その)(つぎ)には若彦(わかひこ)さまの崇敬者(すうけいしや)ですよ。397何程(なにほど)高姫(たかひめ)(さま)御神力(ごしんりき)(つよ)いと()つて、398自家広告(じかくわうこく)()さつても、399()つから我々(われわれ)(みみ)には這入(はい)りませぬ。400サア(みな)さま、401御神殿(ごしんでん)参拝(さんぱい)(いた)しませう』
402(この)()()つて()かうとする。403高姫(たかひめ)夜叉(やしや)(ごと)立腹(りつぷく)し、404秋彦(あきひこ)405駒彦(こまひこ)襟髪(えりがみ)両手(もろて)にひん(にぎ)り、406(ちから)をこめて(うしろ)へドツと()(たふ)した。407常楠(つねくす)408木山彦(きやまひこ)(あま)りの乱暴(らんばう)にムツと(はら)()て、
409常楠(つねくす)何処(どこ)何人(なにびと)()らぬが、410(つみ)()我々(われわれ)(せがれ)打擲(ちやうちやく)するとは言語道断(ごんごだうだん)411(とし)()つても(むかし)()つた杵柄(きねづか)(うで)()えは(いま)(かは)りは(いた)さぬ。412さア高姫(たかひめ)とやら、413(おも)()れよ』
414とグツと襟首(えりくび)(つか)みて常楠(つねくす)強力(がうりき)(まか)せて、415(ねこ)(つま)んだ(やう)(やかた)(そと)(はう)()した。416高姫(たかひめ)はそれきり如何(どう)なつたか(しばら)姿(すがた)()せなかつた。417一同(いちどう)神殿(しんでん)(むか)感謝(かんしや)祝詞(のりと)奏上(そうじやう)して高姫(たかひめ)無事(ぶじ)(いの)りけるこそ殊勝(しゆしよう)なれ。
418大正一一・六・一一 旧五・一六 北村隆光録)